ヒデキ
ID: 0001646353

熱血日記

ヒデキ
¥324(税込)/月 初月無料!
毎週 日曜日(祝祭日を除く)
PC・携帯向け/テキスト形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001646353

熱血日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルコールを飲まなくても脳内ドーパミンがどくどくあふれて快感になるメルマガです。毎週、メールが送られてくるたびにヤル気が出てきます。あなたの活力をほぼ自動的に補充します!

ブログ "外資系つれづれ" の著者が、ヤル気、刺激、知識をメルマガで全国に発信します。思わずあなたも熱くなる熱血派のメルマガ。

いつも心にカリフォルニアの青い空を! 落ち込んだ時にも心のスカッと晴れるメディアです。いろいろな考え方が、あなたの心を軽くするでしょう。

ビジネス、思考方法、頭の回転を速くする方法、元気の出る言葉、投資、ビジネス英語、創造力を強化する方法等、絶えず頭に刺激を送り続けます。

著者プロフィール

ヒデキ

静岡県浜松市出身。バブル期に大学を卒業し、総合商社にバッサバッサと落とされて外資系銀行に就職。ドイツ系銀行、米系証券会社、米系銀行と25年以上を外資系金融で過ごし、クリエイティブな発想を身につける。社会に刺激や知識をバラまくことで活性化させようと決意し、多忙な日々を縫って情報発信を続ける。

サンプル号
【 ポジティブ思考へ! 一瞬で自分を変える方法 (3) 】
新シリーズの3回目は、自分とのコミュニケーションの持つ力についてお話しします。

 “ 大物たちの 「 不思議なPower (力) 」 の正体 ”

 人生で何を成し遂げられるかは、コミュニケーション力と大きな関係がある。現代では 「 人生の質= コミュニケーションの質 」 なのである。

 コミュニケーションには2つあり、内的コミュニケーション、つまり自分の内面との対話や思考と、外的コミュニケーション、他社とのコミュニケーションをとるための言葉、声の調子、顔の表情、姿勢、身体の動きなどを指す。

 コミュニケーションとは、自分もしくは他人への “働きかけ” であり、効果的にコミュニケーションができる人は、人とは違った経験、成果を手にすることができる。

 “コミュニケーションは力である。” いかなる行動も感覚も、何らかのコミュニケーションに端を発している。多くの人の考えや感覚、行動に影響を与えるものは、力という道具の使い方を熟知している人間である。

 世界に大きな変化をもたらした人たちのことを思い出してほしい。ジョン・F・ケネディ、トーマス・ジェファーソン、マーティン・ルーサー・キング牧師、フランクリン・ルーズベルト、ウィンストン・チャーチル、マハトマ・ガンディー。

 見方を変えれば、あのヒトラーもその一人である。

 彼らはいずれ劣らぬコミュニケーションの達人だ。達人であればこそ、人類を宇宙に旅立たせるという夢や、憎悪に満ちた第三帝国を築き上げるという野望を、自分が思い描いたのと寸分たがわずに人々に伝え、人々を動かすことができた。

 コミュニケーションの力によって世界を変えたのだ。実を言えば、どんな分野であれ、一流の人が際立っているのが、コミュニケーションの力なのである。コミュニケーションという人を動かすためのツールを活用すれば、あなたも自分自身を動かせる。

 私たちが今いる世界でどれだけ成功できるかは、コミュニケーション力にかかっている。成功には、個人としての成功、精神的な成功、社会的成功、経済的な成功などがある。

 そして何よりも大切な自分の内面的成功 (幸福、喜び、歓喜、愛、その他自分が望むすべて) は、自身とのコミュニケーションのとり方と直接関わっているのだ。
 
 人生にはいろいろなことが起きるが、それを 「どう感じるか」 ではなく、 「どう意味づけするのか」 があなたの人生に結果となって表れてくる。 「何が自分の身にふるかかってきたか」 よりも、 「ふりかかってきたことにどう対処したか」 が人生の成否を決定づけるのである。

 “ 人生をコントロールする力 ” を高める秘訣

 私たちは無意識のうちにさまざまなことを考え、解釈しているが、それを意識的に行うようにすれば、今すぐにでも世界が変わってくるはずだ。

 この連載の目的は、 “めざましい成果” を出すために全面的かつ集中的で、無駄のない行動を起こすきっかけを与えることだ。一言で言えば、 「結果を出せ」 ということ。

 考えてみてほしい。あなたが関心を寄せているのは、まさにそのことではないだろうか。もっと自分を変えたい、自分の環境を変えたいと思っているのではないだろうか。

 しかし、新たな成果を期待する前に言っておかなければならないことがある。あなたは、これまでにもいろいろな結果を残してきているが、必ずしも自分が望んだとおりの結果ではなかったかもしれない。そして、その原因は外側にあると思っているかもしれない。

 ところが実際は、人間の精神活動や行動は、想像以上に自分でコントロールできる。落ち込んだ時は、いかにも憂鬱そうな外観を自分でつくり出している。有頂天になっている時も同じだ。

 人間はたまたま憂鬱になるのではないと覚えておいてほしい。精神と肉体が憂鬱特有の活動をすることで、自ら憂鬱な気分をつくり出しているのだ。

 憂鬱な気分になるのは簡単だ。がっくりと肩を落とし、伏し目がちにするといい。暗い声で話し、最悪の人生シナリオを組み立ててみるのも効果的だ。バランスの悪い食事と酒で体をボロボロにし、血糖値も下がりすぎれば、必ず憂鬱になれるはずだ。

 世の中にはよく憂鬱になっている人がいて、そういう人にとってはそれくらい朝飯前だ。現に、彼らは憂鬱になる理由を見つける天才だ。憂鬱になれば、人から注目されたり、同情や愛情が手に入ったりするという思いがけない収穫があるので、それがごく自然なコミュニケーションの手段になったのだ。

 長い間そうやって生きてきたので、そうしていることが心地よい。憂鬱な気分が身についてしまっているのだ。しかし、精神と肉体の活動を変化させれば、すぐにでも人間の気持ちや態度は変わってくるものだ。

 “ 成功者は例外なく 「自分とのコミュニケーション」 がうまい! ”
 
 内面的コミュニケーションを成功者のそれにふさわしい状態にするには、映画監督の仕事に似ていると思う人もいるだろう。

 映画監督は観客を驚かせたいシーンがあれば、その瞬間に大きな音を立てたり、特殊効果を使ったりするだろう。感動を与えたいと思えば、それにふさわしい音楽や証明など、あらゆるものを駆使して画面を作り上げる。同じ映像でも、監督がそれをどう料理するかによって、悲劇にも喜劇にもなる。

 あなたの “心のスクリーン” でも同じことができる。頭の中にある積極的なメッセージの音量を上げ、そこに光を当てて、消極的なメッセージを目立たないようにするのだ。スピルバーグ監督やスコセッシ監督が撮影する時と同じ名人芸でもって、頭を働かせればいいのだ。

 この連載で紹介することは、なかなか信じてもらえないかもしれない。思いのままに自分の長所を引き出す方法があると言っても、にわかには信じてもらえないだろう。

 100年前に、 「いつかは月に行く」 などと言おうものなら、気がふれていると思われるか、奇人変人扱いされていただろう。ニューヨークからロサンゼルスまで5時間で行けるなどと言おうものなら、頭のおかしい人間と思われただろう。

 現在、ある航空宇宙関連の会社は、10年後にはニューヨークとカリフォルニアを12分で結ぶことのできる乗り物を開発中だという。

 それと同じように、この連載では、これまで自分にはないと思っていた能力を手に入れられるテクニックと 「法則」 を身につけられるのだ。

 (つづく)
.

ID: 0001646353

熱血日記

ヒデキ
¥324(税込)/月 初月無料!
毎週 日曜日(祝祭日を除く) 今月3/4回(最終 2017/08/20)
PC・携帯向け/テキスト形式
バックナンバー
2017/07/30 マネーセミナーを開催します! 8月23日
2017/07/23 外資系キャリアセミナー(2)
2017/07/16 創造力の学校 (3)THE CREATIVITY
2017/07/09 ファイナンシャル・プランナー飲み会@横浜
2017/07/02 祝 ! 日経平均株価が2万円台を回復
さらに以前のバックナンバー一覧