樋渡啓祐
ID: 0001649063

樋渡啓祐の地方創生ここだけの話

樋渡啓祐
  • 殿堂入り
  • 独占インタビュー
¥540(税込)/月
毎月 第1月曜日・第3月曜日(年末年始を除く) 今月2/2回(最終 2017/03/20)
PC・携帯向け/テキスト形式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001649063

樋渡啓祐の地方創生ここだけの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前武雄市長の樋渡啓祐です。

大好きな地方活性化の今までの取組やこれからの話など、ここだけでしか書けない話をどんどん発信していきます。様々な同士の方にも参加いただき、地方創生に興味ある方に役立つ情報を届けていきます。

メルマガ会員限定の少人数講演会なども積極的にやりたいと考えています。

著者プロフィール

樋渡啓祐

前武雄市長1969年佐賀県武雄市朝日町生れ。武雄高校から、東京大学へ進み、経済学部を卒業後、旧総務庁に入る。内閣府参事官補佐、総務省課長補佐、高槻市市長公室長などに任じられる。総務省大臣官房秘書課課長補佐を最後に同省を退職。2006年に武雄市長選に出馬し当選。当時の全国最年少市長として脚光を浴びる。以来、2014年12月まで8年8ヶ月の在職中に、様々な改革に取り組む。テレビドラマ『佐賀のがばいばあちゃん』のロケ誘致をはじめ、多くのユニークなアイデアで市の活性化を実現。なかでも2013年4月にカルチュア・コンビニエンス・クラブが運営を受託し、新装オープンをした武雄市図書館は画期的な公共施設として全国的に話題となる。

サンプル号
▼創刊準備見本号
                        2015/01/31
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
樋渡啓祐の地方創成ここだけの話
Vol.0(創刊準備見本号)

毎月第一、第三月曜日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

───────────────────────────────────
【今週の目次】
1.巻頭言
2.メルマガオープン特別連載〜我知事選をかく闘えり〜
3.樋渡啓祐の日常
4.樋渡啓祐の書棚
5.樋渡啓祐の食卓
6.×(かける)樋渡啓祐
7.Q&Aコーナー
8.講演・メディア出演などの予定
9.購読者さまからの感想
10.編集後記

【Facebook 】
https://www.facebook.com/keisuke.hiwatashi.9

───────────────────────────────────
【1】巻頭言
───────────────────────────────────
元武雄市長の樋渡啓祐です。
メルマガを始めることにしました。目的はただ一つ。

こちらから私しか知らないコアな情報を流しながら、皆さんしか知らない情報を
集めることで、これから夢のある実現性の高いことをしていきたいと思っています。

思えば、国家公務員として12年間、途中、地方自治体への出向、そして、8年
8か月に及ぶ武雄市長時代、数少ない成功例ともの凄い数の失敗例。そういった
地方創生そのものの軌跡を皆さんとシェアできればいいなって思っていますし、
また、読者の皆さんとは、いろんなところでサロンや限定講演会など接点を持ちた
いと思っていますので、末永いお付き合いのほどよろしくお願いします。

───────────────────────────────────
【2】メルマガオープン特別連載〜我知事選をかく闘えり〜
───────────────────────────────────
 ここでは、地域創成に関して僕が考えていること、やろうとしていること
を、メルマガ読者限定でどんどん発信していきたいと思っています。
 とはいえ、今現在は素浪人の身ゆえ、まずは最近の事柄から皆さんの関心が高い
と思われる「佐賀県知事選」の裏側を数回にわけてお話します。

【はじまり】
 それは一本の電話から始まった。僕にとっては、その電話が来るまで、佐賀の
知事選は全くもって他人事、だった・・・(以降創刊号にて)


───────────────────────────────────
【3】樋渡啓祐の日常
───────────────────────────────────
※BlogやFacebookでは書けない、最近の活動内容の裏の裏までお伝えします。

■1/21(水)■
佐賀県知事選後はじめての講演。知事前の結果が出て、講演キャンセルになるか
と思いきや、主催の自遊人岩佐十良さんからは、是非来て下さいとのお話が。
ありがたい限り。

朝武雄から移動。昼ご飯は東京にて。
僕が東京に来るというのを聞きつけて国会議員さんや経営者の方が一緒に会食を
ということで、急遽会食。これもまたありがたい。
夜はこちらのBlog( http://hiwa1118.exblog.jp/21494626/ )にも書いた
里山十帖での講演。
KBCさんの取材も入って、今後の活動である「樋渡社中」のお披露目。想像以上
に好意的に受け取っていただき、益々やる気になりました。
このメルマガのお話も、創刊を楽しみにしてます、という言葉をいただき、嬉し
い。

里山十帖はメディアと宿を組み合わせる、という変態な発想の宿で以前から注目
してたけども、最高の宿でした。またこういった講演を定期的にできればと思っ
てます。岩佐さんとも何かコラボレーションしたいですね。近々発表します。

■1/22(木)■
朝ゆっくり里山十帖の露天風呂を楽しみ、自分で作る味噌汁がついた朝食を
堪能した後は、東京での打合せのため帰京。
お土産に頂いた里山十帖特製の野菜ジュースが絶品で新幹線の中で悶絶。
これはもっと色んな方に知って欲しい。何かできないか考えたい。

昼ご飯は東京に行くとつい足がのびる共栄堂のスマトラカレー。美味しい!
その後打合せをこなし、一路武雄へ戻る。
今日も充実した日だった。

───────────────────────────────────
【4】樋渡啓祐の書棚 〜【映画】最強の二人〜
───────────────────────────────────
※僕が読んだり見たり聞いたり試したりした様々なもののレビューをどこよりも
早くお届けします。(見本のため内容は以前の僕のBLOGからの転載)
http://hiwa1118.exblog.jp/21236463/

圧倒的な話題作となった「最強の二人」。障がい者、黒人、フランス人、裕福、
ゲットー、相対立、相矛盾する要素が散りばめられた映画であることは見る前
から分かってました。
僕は、この手の映画が嫌いで、そもそも、表題の「最強の二人」って何なの?
原題は、アンタッチャブルなのに。ただ、過去に同じ題名の映画があるので、
そのまま使えないのは分かるが、それにしてもねぇ。

しかも、僕はTSUTAYAで、「最高の二人」ってのを間違って借りて観ました。
これはこれで良かったです。主人公の一人が車椅子というのも同じ。

さて、前置きが長くなりました。この映画。もう最高。カメラワーク、ライティング
の見事さもさることながら、フランス映画らしいウィットに富む会話、ユーモア満載
の対話、そして、何よりもこの手の映画にありがちなお涙頂戴の抑揚が全くないこと。
それでいて、スタートシーンからラストまで、一気に行きます。会話と名優たちの表情
が中心で、傑作中の傑作が生み出されています。

また、何度も観そうな映画でした。お薦めです。特にラスト。こんなに鮮やかで爽やか
なラストシーンは、この映画以外僕は知らない。

http://goo.gl/XUFvm3

───────────────────────────────────
【5】樋渡啓祐の食卓 〜共栄堂のスマトラカレー
───────────────────────────────────
※趣味は料理と言えるくらい、料理することも食べることも大好きです。
様々なところにいった中で、これは、と思うお店、メニューをご紹介します。
(見本のため内容は以前の僕のFacebookからの転載)
https://www.facebook.com/keisuke.hiwatashi.9/posts/673854166002304

カレー。だんだん蒸し暑くなってくると食べたくなる。いくつか大好きなお店が
あるんですが、生涯一番通ったカレー屋さんが、神田神保町の「共栄堂」。

もうはまる・くせになる・病みつきになる。

美味しいかどうかは個人差あると思うんだけど、ここの特徴は絶対に真似できない。
僕も何度かトライしたけど、無理(当たり前か)。
学生時代、特に本郷に住んでいたときは、自転車で週に2,3回行ってた。
ヒマだったし。
東京出張の際、ランチで行きたいけど、主戦場の霞が関や永田町からちょっと遠い
のがツライ。思い出のお店です。

http://www.kyoueidoo.com/

───────────────────────────────────
【6】×(かける)樋渡啓祐
───────────────────────────────────
※僕の真骨頂の一つは組み合わせ。図書館×スターバックス、自治体×Facebook
学校教育×塾・・・そんな組み合わせをこれからも色々としかけていきます。
対談だったりコラボレーション企画だったりいろいろなかけあわせを発信します。
創刊号では「樋渡社中」について、僕が考えてることをお話いたします。

───────────────────────────────────
【7】Q&Aコーナー
───────────────────────────────────
読者の皆さんからのご質問にどんどんお答えできればと考えています。
以下の要領でお願いします!
ーご質問の宛先は qa@hiwatashishachu.com まで
ーご質問のメールアドレスはメルマガ登録のアドレスで
ー一人一回質問は一つで(一つで複数の質問もNGとします)
ーご自分の事業の紹介、宣伝などが含まれるご質問への回答はいたしません
ーメルマガ発行日(第一、第三月曜日)の前週水曜日までのご質問をその翌週
 発行のメルマガで回答いたします。
 例)2/16発行 → 〆切2/11(受付期間 1/29ー2/11)
   3/2発行  →  〆切2/25(受付期間 2/12ー2/25)

───────────────────────────────────
【8】講演・メディア出演などの予定
───────────────────────────────────
(以降は創刊号にて)
ID: 0001649063

樋渡啓祐の地方創生ここだけの話

樋渡啓祐
¥540(税込)/月
毎月 第1月曜日・第3月曜日(年末年始を除く) 今月2/2回(最終 2017/03/20)
PC・携帯向け/テキスト形式
バックナンバー
2017/02/20 【Vol.50 】樋渡啓祐の地方創生ここだけの話 ~パクチーハウス東京トークイベント(第三回)~ ほか
2017/02/06 【Vol.49 】樋渡啓祐の地方創生ここだけの話 ~パクチーハウス東京トークイベント(中編)~ ほか
2017/01/16 【Vol.47 】樋渡啓祐の地方創生ここだけの話 ~パクチーハウス東京トークイベント(前編)~ ほか
2017/01/02 【Vol.47 】樋渡啓祐の地方創生ここだけの話~子どもの貧困・教育環境格差に関するシンポジウム(後編)~ほか
2016/12/19 【Vol.46 】樋渡啓祐の地方創生ここだけの話 ~子どもの貧困・教育環境格差に関するシンポジウム~ ほか~
さらに以前のバックナンバー一覧