虚実皮膜の狭間=ネットの世界で「康芳夫」ノールール(Free!)

  • ¥0

    無料

真の虚業家の使命は何よりも時代に風穴を開け、閉塞的状況を束の間でもひっくり返して見せることである。「国際暗黒プロデューサー」、「神をも呼ぶ男」、「虚業家」といった呼び名すら弄ぶ”怪人”『康芳夫』発行メールマガジン。・・・配信内容:『康芳夫の仕掛けごと(裏と表),他の追従を許さない社会時評、人生相談、人生論などを展開,そして・・・』・・・小生 ほえまくっているが狂犬ではないので御心配なく 。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
虚実皮膜の狭間=ネットの世界で「康芳夫」ノールール(Free!)
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年07月14日
 
発行部数
3,339部
メルマガID
0001649290
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 芸能界 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

----------
2017.07.14発行 NO:0059

『康芳夫』 official HP 連載 「神を呼ぶ男」( https://goo.gl/DHGPao )
より先行配信

拝聴 康芳夫先生「神を呼ぶ男」


虚実皮膜の狭間=ネットの世界で「康芳夫」ノールール(Free!)
---------- http://yapou.club/ --

----------

トーク・イベント「ヤプー倶楽部」をカナザワ映画祭2017 from 金沢21
世紀美術館で開催!

ヤプー倶楽部(トークショー)を熊切監督と小生で そして小生も衝撃をうけ
た熊切監督の鬼畜大宴会上映も実に楽しみである #家畜人ヤプー #鬼畜大宴会
#熊切和嘉 #康芳夫 http://yapou.club/archives/1682

----------

【50人限定】苫米地英人×康芳夫、公開対談イベント決定! 洗脳、陰謀、闇
の支配者などタブーを大暴露! http://yapou.club/archives/1746

----------

『康芳夫』 official HP 連載 「神を呼ぶ男」( https://goo.gl/DHGPao )より
先行配信


◆拝聴 康芳夫先生「神を呼ぶ男」


【本文】


櫻木 感じたときの歳って関係ありますかね?


康 年齢的な問題は絡んでくるよね。


上杉 宮崎学さんの『万年東一』は詳しいですね。


康 万年東一もなかなかの人だったね。そのころ歌舞伎町は正に西部開拓史の
町だった、最初に東声会が入ってきて、町井会長は在日でその頃のいわゆる第
三国人、即ち朝鮮系その他それにつらなる暴力スリを束ねたの、韓国の暴力ス
リって伝統があるんだけど、それを束ねて東声会を築いたの。


秋山 暴力スリと普通のスリの違いは?


康 囲んで強引に取っちゃうわけだよ。歌舞伎町に行くと安全保璋が必要だか
ら僕は歌舞伎町から10分位のところにあった出身高校である海城高校及びその
周辺の不良グループの全権代表として東声会に話をつけたの。落とし前はそれ
なりに払うんだけど。そのうち住吉が入ってきて、極東とか・・・・・・今は
山口組が押さえちゃったけど。


櫻木 最近動きが激しいんですよ。


康 いいのか?!こんな漫談で。


上杉 いいんです。そういう構造は戦後の闇市のころから基本的には変わって
ないんですか?


康 なにが?


上杉 裏と表の構造とか。


康 現在ははるかに深く多岐に渡ってるから。構造自体は極めて複雑になって
いますね。その後の犯罪組織及び構造ってみんなその方向に向かっているでし
ょ?


澁澤 著書のなかで「犯罪にだけは手を染めてない」とありましたが。


康 そんなこと書いたかな?


澁澤 書いてありましたよ。


康 犯罪と非犯罪の境界線がわからないんだよ。書いてあった?


澁澤 ありました。


康 何が犯罪なのかわからないんだよ。ずっと前、平岡正明とかが犯罪者同盟
とかなんとかデッチ上げたけど、あいつらなにやったのかな。一回書類送検程
度の軽犯罪やったぐらいか。


南 いいなあ(笑)。


櫻木 すごく複雑か、ものすごく単純かだよね。わからないっていうのは。


秋山 でも、芸術は犯罪じゃないと思ってらっしゃるでしょ?


上杉 芸術は犯罪でしょ。


秋山いや、限りなく犯罪に近くても・・・・・・。


康 芸術が犯罪であるって考えるまでもないし、本来的にきわめて犯罪的であ
る訳だし。捕まるか捕まらないかだけでしょ。捕まれば即犯罪ということであ
れば赤瀬川原平も立派な犯罪者だ。


上杉 宗教は犯罪ですって宗教の人は言わないわけだから。


秋山 限りなく犯罪でも・・・・・・。もう一度伺いますと、犯罪は犯したん
ですか?


康 何が犯罪かわからないから(笑)。君たちの倫理のなかでは犯罪かもしれ
ない。その意味では僕がやってることは犯罪だよ!


一同 (笑)


康 話が飛んでもいい?麻原が昔、僕のところにいたことがあるんだよ。イン
ドに行く前に。


上杉 どういう形でいたんですか?


康 出入りしてたの。三浦和義もきたし。たまたまかも知れないけど殺人犯や
殺人容疑者は俺のところに来ることもあるの。


秋山 面接なさるわけ?


康 いやいや、たまたまさぁ。オウム事件が問題になったとき、「ああ彼だな
」ってわかったんだけどね。それだけの話なんだけど。


澁澤 若いときですね。


康 彼、一度パクられたでしょ。あのころです。それでインドに行っちゃった
の「僕は宗教家になる」っていうから、それは自己責任でいいんだけれど、「
宗教は場合によっては究極のラディカリズムにいくしかないけど、そこら辺を
どう考えているのか」と言ったの。これは彼だけに言ってるんじゃないけど。


南 教唆ですね。


康 教唆と取るかどうかは・・・・・・。


南 頭悪いんですから(笑)。頭いい奴に言うならいいけど。


康 それは彼の問題であって担当検事から「康さん、いい加減なこと言わない
でくれ」って間接的に注意されたこともあるけど彼が僕のところにいたってこ
とは当時、TV新聞に出たから。随分いろんなところからいろいろやられたね。
要するに僕がアジったんじゃないかというから、「何を根拠にそういうことを
言うのか」と逆に言い返した。


澁澤 そのとき、どういう本を薦められたんですか?


康 何冊か渡してあげたんだけど、随分前のことなので詳しく覚えてないんだ。


秋山 そういう康さんは不完全とかいびつなものにものすごく愛情があるんで
すかね。


康 彼にはまったく愛情はないなぁ。ちょっと印象に残ってたところはあって
ね、事件が起こったときに「アイツか」ってことは思い出したんですよ。その
程度、あれがなければ忘れてたね。


澁澤 印象に残るような人なんですか?


康 無理に思い出そうとしたところもあるんだけどね。


澁澤 麻原さんみたいな同じような人がたくさん来てたってことですか?


康 そうですね。ここで勝手ながらオウム問題に関して一言いわせて下さい。
オウム問題は根源的にはなんの解決策も見出されていない。吉本隆明が麻原を
「キリストの再来」と持ち上げたまま、その後彼はこの発言に関してはふれる
ことなく今日に至っているが、麻原が法廷において一切の最終責任を明確に一
身に背負いかつ完全黙秘を貫くことができたなら吉本発言をそれなりに容認す
るということもあり得たでしょう。然しながら、言訳に終始し発狂者を装う四
流俗物の彼を目の当たりにして、いかにして「キリストの再来」であり得るの
か。吉本はこの問題に関して適切な説明をせざるを得ないのではないか。僕は
体制=市民社会の側が生理的次元での制度防衛策に基づき、例外として麻原に
対し超法規的対処を実行するのはやむを得ないと思います。ロッキード田中裁
判、赤軍派航空機ハイジャック等のケースも反対尋問の完全省略、服役犯の釈
放等、緊急時の超法規的対応はすでに先例がある。然も司法関係者は一斉にだ
んまりを決め込んだのです。要するに一日でも早く麻原を縛り首にするしかな
いということ。独裁国はもとより、先進国、後進国を問わずいざとなったらリ
ーガルプロセスなんて、その程度のものですよ。もうひとつ肝要なことは、い
わゆる市民社会の側が宗教的倫理的にオウムをのり超える抜本策を編みだせな
いということ。このままだと第二のオウム事件を宗教的、倫理的には「予防」
できない。こういう事態に例によって市民社会を代表すると称してマスコミに
登場する「宗教ゴロ説教者」一派が戯れ言をまき散らしているが、これこそ社
会的公害にすぎない。「福神」のグループも頑張ってほしい。見渡したところ
一番たよりになりそうだ。


・・・以上、拝聴 康芳夫先生「神を呼ぶ男」:Fukujin N0.11 2006 より抜粋


---

福神研究所(ふくじんけんきゅうじょ)Twitter https://twitter.com/fukujinken
『Fukujin ~漬物から憑物まで~』明月堂書店 http://meigetu.net/

---


----------
虚実皮膜の狭間=ネットの世界で「康芳夫」ノールール(Free!)
発行人:康芳夫
kyojinkouyoshio-magazine@yapou.club

**人生相談・質問・大募集!**
メールフォーム
http://yapou.club/contact_yapou

※当メールマガジンの無断転載を禁止します
----------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ