東條 英利
ID: 0001664451

東條英利の「日本の見方」

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
東條 英利
  • 独占インタビュー
¥540(税込)/月
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001664451

東條英利の「日本の見方」

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際教養振興協会という団体を設立し、日本人としての基礎教養力の向上に努めて参りましたが、内なるアイデンティティと向き合うにつれ、東條家としての本分とも、もっと向き合う必要があるのではないかと感じるようになりました。

いわゆるA級戦犯とされる東條英機は私の曽祖父でありますが、その直系の長男のみが、この「英」の字を継いでおります。私もその継承者として、時にはこの名を疎ましく思ったこともありましたが、戦後70年を迎える今こそ、この名前がもたらした様々な事実や経験、考えを語ってみたいと思っております。

著者プロフィール

東條 英利

1972年生まれ。第40代内閣総理大臣の東條英機は直系の曾祖父にあたる。教養力の再生が真のグローバリズムに求められるとして、2008年、日本文化・伝承の源泉となる神社・神道を学ぶ仕組み作りとして、全国神社情報専門ポータルサイト「神社人」を主宰。全国88,000社ある神社情報の体系化を目指し、現在の登録数は10,000社を超える(自身でも3,000社以上の神社を訪問)。全国で200回以上、のべ6,000人以上の方が参加。2013年、一般社団法人国際教養振興協会代表理事に就任。日本人の基礎教養力向上を目的とした勉強会、講演活動を全国的に展開し、神社、神道、文化、歴史、教養といったテーマで各種執筆活動を行っている。著書に『日本人の証明』(学研パブリッシング)、『神社ツーリズム』(扶桑社)、監修に『神社の基本』(エイ出版社)がある。

今まで様々なメディア媒体やコミュニケーション・ツールで自分なりの考えや意見を伝えてきましたが、新たに まぐまぐさん を通じて、有料メルマガを発刊することにしました。理由としては、自分の考えをもっと自由気ままに語ることのできるパーソナルな場所が欲しかったこと。もちろん、Facebookやアメブロなどでもいろいろ書せて頂いておりますが、やはり不特定多数の方の前では、それなりに表現に気を使うのも確か。その点ではこのメルマガはそれなりに理解・関心のある方に限定されるという点において、多少の自由度の高さは望めるかなぁと思っております。そういう意味では、家訓「一切語るなかれ」を意識しながらも、他では語ることのできなかった部分をこちらで披露できればと思っております。改めて、よろしくお願い申し上げます。

サンプル号
▼サンプル号
----------
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東條英利の日本の見方

毎月第2木曜 第4木曜発行
───────────────────────────────────

【今週の目次】
1、発刊のご挨拶
2、今日の戯言
3、東條的偉人紹介
4、Q&Aコーナー

【東條英利 Webサイト】
http://tojo-hidetoshi.jp/
東條英利 Facebook
https://www.facebook.com/hidetoshi.tojo?fref=ts

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━
1、発刊のご挨拶
━━━━━━━━━━━━━
今まで様々なメディア媒体やコミュニケーション・ツールで自分なりの考えや
意見を伝えてきましたが、新たにまぐまぐさんを通じて、メルマガを発刊する
ことにしました。

理由としては、自分の考えをもっと自由気ままに語ることのできるパーソナル
な場所が欲しかったこと。もちろん、Facebookやアメブロなどでもいろいろ書
せて頂いておりますが、やはり不特定多数の方の前では、それなりに表現に気
を使うのも確か。その点ではこのメルマガはそれなりに理解・関心のある方に
限定されるという点において、多少の自由度の高さは望めるかなぁと思ってお
ります。

そういう意味では、家訓「一切語るなかれ」を意識しながらも、他では語るこ
とのできなかった部分をこちらで披露できればと思っております。改めて、よ
ろしくお願い申し上げます。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━
2、今日の戯言
━━━━━━━━━━━━━
さて、曾祖父が東條英機というのは周知の通りだが、やはりよく聞かれる部分
として耳にするのが、『実際、東條英機ってどういう人だったんでしょう
か?』というもの。まぁ、実際に私も会ったことがあるわけではないので、確
実なことは言えませんが、それでも家内から聞く話というものはそれなりには
ある。もちろん、当家家訓に「一切語るなかれ」というものがあったので、今
までこの手の話はあまりしてこなかったのも事実だが、戦後70年という節目を
迎える今日とあって、こちらでは少しそのあたりにも触れてみたいと思う。

そもそもこの「一切語るなかれ」というのも父から聞いた言葉で、その意味合
いというのは、「周りからどう罵倒、揶揄されようとも、忍耐の『忍』の一文
字で、ただひたすら耐え忍びましょう。」というものだった。そして、「歴史
というものは自ずと正しいところに帰結するから、それまでじっと堪えましょ
う」と。まぁ、ご先祖様も、中国や韓国といった国々がここまで露骨に歴史を
政争の具に利用してくるとはつゆにも思っていなかっただろうが、結果的には、
その反動もあって、歴史に対する多面的な理解を生むようになったことは、む
しろ、間違っていなかったと思える部分も少なくはない。

ただ、そんな言葉には次のような文面が続く。
(続きは7月30日発行の第1号で・・・)



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━
3、東條的偉人紹介
━━━━━━━━━━━━━
勝手ながらに「偉人の紹介」と題してふと頭に浮かぶ名前は、「本間光丘(ほ
んまみつおか)」という偉人。名前を聞いて「あ!」と思う方は、多分、それ
なりに社会意識の高い?(笑)方かと思うが、私が思うに「社会起業家の元
祖」として挙げるのが、この「本間光丘(以下、光丘)」なる人物となる。

本名は、本間四郎三郎(ほんましろうさぶろう)といい、江戸時代のいわゆる
豪商にあたる。江戸時代の改革者として、上杉鷹山(うえすぎようざん)を知
る人は多いと思うが、その藩政を支えたのがこの光丘である。歴史というもの
を見ていると、一般的に表に立つ人物ばかりに目が行ってしまいがちだが、や
はり、人がそれなりに行動を起こすには、それを支える存在というものを忘れ
てはならない。
(続きは7月30日発行の第1号で・・・)



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━
4、Q&Aコーナー
━━━━━━━━━━━━━
募集中:専門である神社・神道に関するご質問から、個人的なことに至るまで、
「一切語るなかれ」を意識しながらも、答えられる範囲でご質問にお答えいた
します。

ご質問はメルマガにご返信ください。



───────────────────────────────────
発行責任者:東條英利事務所
http://tojo-hidetoshi.jp/

【Facebook 】
https://www.facebook.com/hidetoshi.tojo?fref=ts
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





ID: 0001664451

東條英利の「日本の見方」

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
東條 英利
¥540(税込)/月
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバー
2016/05/26 【Vol.22】東條英利の日本の見方
2016/05/12 【Vol.21】東條英利の日本の見方
2016/04/28 【Vol.20】東條英利の日本の見方
2016/04/14 【Vol.19】東條英利の日本の見方
2016/03/24 【Vol.18】東條英利の日本の見方
さらに以前のバックナンバー一覧