「馬木のお大師さん」~秘密の教え~

  • ¥0

    無料

馬木大師・遍照寺に伝わる秘密の教えを可能な範囲でお伝え致します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
「馬木のお大師さん」~秘密の教え~
発行周期
週刊
最終発行日
2018年04月24日
 
発行部数
36部
メルマガID
0001667217
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
その他・ノンジャンル > 情報販売・無料レポート > 生活のノウハウ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

『馬木のお大師さん』

              ~秘密の教え~

――――――――――――――――――――――――――――― 第69号


第69号のメニューはこちらです。

■ご挨拶

■運上昇の三角形

■【神社仏閣の跡地には住むな】

___________________________________

■ご挨拶
___________________________________


こんばんは。

発行人の越田城全です。

このメルマガでは

他のブログよりも密教の深い部分を記しております。

故に密教に対して

半信半疑な人が読むべきではありません。

半信半疑で読んだところで意味を成さないでしょう。

そういう人は私が記すものの中にも

他に読みやすいものが多数ございます。

ここはそこを通り越して

密教をより深く知りたい人がたどり着く場所だと思って下さい。


馬木大師・遍照寺 http://umakidaishi.com
___________________________________

■運上昇の三角形
___________________________________


”運の悪さは流れの悪さ”

では「流れ」を変えるにはどうすれば良いのか。

供養→祈願→加持

馬木大師・遍照寺が取り組む

【運上昇の三角形】です。

目に見えないマイナスの力は

目に見えないプラスの力でしか

変えようがありません。

”運の良さは流れの良さ”

そういえるあなたに変わって下さい。


馬木大師・遍照寺 http://umakidaishi.com

___________________________________

■【神社仏閣の跡地には住むな】
_______________________________


神社仏閣の跡地には住むな。

これも昔から言われることです。

神仏が座した場所

神仏の性根が残る場所

そんな場所が

決して綺麗なことだらけとはいえない

日常生活を送る場所として

適切なわけはありません。

広島の町中にも

かつて大きなお寺が建っていた場所に

ホテルが建っていますが

トラブルが非常に多いですよね。

お寺を移転する際

お寺を取り壊す際には

清めの作法や

性根を抜く作法は行いますが

そう簡単に抜けるものではありません。

本尊力の強いお寺ならなおさらです。

神社仏閣の跡地には住むな。

もしもそういう場所にお住みなら

お知らせ下さい。


馬木大師・遍照寺 http://www.umakidaishi.com

_______________________________

発行人

馬木大師・遍照寺

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ