宮塚利雄
ID: 0001670237

宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」

宮塚利雄
  • 独占インタビュー
¥540(税込)/月 初月無料!
毎月 5日・20日
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001670237

宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元山梨学院大学教授の宮塚利雄が、甲府に立ち上げた宮塚コリア研究所から送るメールマガジンです。北朝鮮情勢を中心にアジア全般を含めた情勢分析を独特の切り口で披露します。また朝鮮半島と日本の関わりや話題についてもゼミ、そして雑感もふくめ展開していきます。テレビなどのメディアでは決して話せないマル秘情報もお届けします。長年の研究対象である焼肉やパチンコだけではなく、ディープな在日朝鮮・韓国社会についての見識や朝鮮総連と民団のイロハなどについても語ります。

著者プロフィール

宮塚利雄

宮塚コリア研究所代表。韓国・慶熙大学校碩士課程、檀国大学校博士課程修了。山梨学院大学教授(1992~2015年)。主な著書に『北朝鮮・驚愕の教科書』(宮塚寿美子と共著)、『北朝鮮観光』「がんばるぞ!北朝鮮』『アリランの誕生』『日本焼肉物語』『パチンコ学講座』、そのほか翻訳本多数あり。

サンプル号
サンプル号
……………………………………………………………………………………………
(目次)
1.宮塚代表挨拶
2.宮塚利雄の朝鮮半島ゼミとは
3.宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ内容の紹介
4.創刊特大号発行予告
5.編集後記
……………………………………………………………………………………………


1 宮塚代表挨拶(宮塚利雄の挨拶に代えて)
~私と朝鮮半島との不思議な因縁~

私と朝鮮半島との因縁は60年前から始まった。私の生まれた秋田県の山村に
は、戦前、朝鮮半島から鉄道敷設工事に動員されて来た労働者一家が、戦後も
朝鮮半島に帰国せず住んでいた。幼心にも変な話し方をする人たちだと思って
いたが、なぜかわが家には時々来ていた。朝鮮人だと教えられたが、別に差別
することもなく偏見もなかった。

小学校6年の時に北海道の叔父の家に養子に行ったが、中学校の社会科の先生
がこの小さな町を通っている鉄道の枕木の下には、戦前、鉄道工事に携わった
朝鮮人労働者の遺体が、あちこちに埋まっていると話したことがあった。にわ
かには信じられなかったが、終戦間近になると生産現場などでは、日本人より
も朝鮮人の労働者の方が多かった、と言うことを後に知った。また、保線区員
がトンネルに入って作業をしていると、どこからともなく分けのわからないう
めき声の様な音が聞こえてくるが、あれは戦前、作業中に亡くなった朝鮮人労
働者の怨念の声に違いないと、町では噂されていた。

また、この町にはある財閥系の銅鉱山があり、高校時代の1年間をこの銅山で
過ごしたことがある。鉱山住宅に戦前から住んでいる古老から、「戦前はこの
銅山には大勢の朝鮮人が働いた。朝鮮人労働者は一生懸命働いていたが、終戦
直後は暴れて怖かった」などと言う話も聞いた。

(…続きは創刊準備号でお読みいただけます)


2 宮塚利雄の朝鮮半島ゼミとは

平成25年7月に開設した宮塚コリア研究所から発信する「宮塚利雄の朝鮮半
島ゼミ」は、朝鮮半島研究の第一人者である宮塚利雄(元山梨学院大学教授)
が、ゼミ生(メルマガ読者)に送るメールマガジンです。北朝鮮を中心にアジ
ア全般を含めた情勢分析を独特の切り口で披露していきます。今一番気になる
朝鮮半島関連ニュースや朝鮮半島と日本の関わりを雑感もふくめ“授業”を展
開します。

そして朝鮮半島のことなら韓国・北朝鮮に限らず、在日朝鮮・韓国社会とパチ
ンコの歴史から焼肉の由来やグルメ、更には最高指導者の動向まで朝鮮半島情
勢についてわかりやすく解説するだけではなく、読者やファンからの投稿など
にも応える、いわゆる双方向で発信していくのが「宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ」
なのです。

宮塚利雄の朝鮮半島ゼミは、毎月5日と20日の月二回を基準に発行します。
また特ダネや臨時ニュースの際には「号外」も発行する場合があります。

どうぞよろしくお願いします。

3 宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ内容の紹介

1)宮塚利雄と朝鮮半島(宮塚利雄物語)
   
宮塚代表と朝鮮半島の関係について紹介します。

幼少期に出会った朝鮮半島からやってきた友人との思い出、朝鮮関係を研究す
るようになった大学時代や韓国留学と運命の出会い。そして宮塚コリア研究所
を立ち上げた理由を紹介していきます。以下はその紹介です。

私はよく在日韓国・朝鮮人に間違えられる。学会などに出席していると、知り
合いの研究者が寄ってきて「宮塚さんは、在日(韓国人・朝鮮人)の出身なの
ですね」と言うので、私が「なぜ」と聞き返すと、某教授が「宮塚と言う人は
“パチンコ”や“焼肉”、“アリラン”の本を書いたり、北朝鮮問題などをやっ
ているが、あれは日本人では書けない。在日だから“朝鮮問題にのめり込める
のだよ”」と言っていたというのである。確かにそうかもしれない。

(…続きは創刊準備号でお読みいただけます)

2)朝鮮半島の今
   
今一番気になる朝鮮半島関連ニュースをわかりやすく、時には雑感を含め展開
していきます。

一 北朝鮮の権力闘争(崔竜海は粛清されたのか)
 
北朝鮮の権力層にまたもや粛清の嵐が吹き荒れていると言う情報が流れている。
金正恩が最高実力者になってから4年以上になるが、これまで政府・党・軍の
幹部連中を70人以上粛清し、公開銃殺したと伝えられている。今度、粛清さ
れたと伝えられているのは「崔竜海」である。私はこれまで崔竜海だけは粛清
されることはないと、ことあることに書いてきたし語ってきた。長老軍人の葬
儀名簿に名前が出ていないから、粛清されたのではないか、と言う。

粛清と言うとイコール公開銃殺と言うようなことを思い出すことが多いだろう
が、名簿に名前が出ていないくらいで崔竜海が粛清されるだろうか。「粛清」
とは何か。

北朝鮮の社会科学出版社発行の『政治用語辞典』(1970年10月1日 九
月書房翻刻)や『政治辞典』(社会科学出版社 1973年12月20発行)
には「スクチョン(粛清)」の単語は出てこない。

(…続きは創刊準備号でお読みいただけます)

3)教えて宮塚代表(読者参加型Q&A)

朝鮮半島を中心についてわからないことを質問してください。「今更、こんな
こと聞いたら恥ずかしい」なんてことや「朝鮮半島とは関係ないけどいいかな」
なんていう人生相談まで様々なメディアを用いて幅広く受付けます。

〈例〉
教えて宮塚代表
Q 在日朝鮮人と在日韓国人はどうちがうの?また在日朝鮮人は北朝鮮籍なの


A 在日朝鮮人は、日韓併合から太平洋戦争の終戦まで期間、日本国に在留し
ていた朝鮮半島出身者で戦後に日本籍に帰化や韓国籍を取らなかった人達であ
り、在日韓国人は大韓民国の国籍を持って日本に在留する人達の総称です。

(…続きは創刊準備号でお読みいただけます)


4)連載小説 国家安全保衛部捜査局特別捜査課24時 (月1回更新)

宮塚コリア研究所の機関誌『チュッペ』に好評連載中の半島小説の作者:チャ
ングンテ氏による新作です。高麗共和国(架空)の国家安全保衛部捜査局が共
和国に巣食う腐敗の輩を無慈悲に成敗する物語。なかでも捜査中に繰り広げら
れる愛と正義の人間模様に注目です。

5)事務局便り(不定期)

各地の研究員や専門家のレポート。現地でしか知りえない情報も発信するかも


6)その他

宮塚コリア研究所の講演会や研究会、宮塚利雄の活動などを紹介していきます。

(…続きは創刊準備号でお読みいただけます。ご登録初月は無料で当月配信分
すべて試読いただけますので、お気軽にご登録ください)

本メールマガジンの無断転載は禁止します。
ID: 0001670237

宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」

宮塚利雄
¥540(税込)/月 初月無料!
毎月 5日・20日 今月1/2回(最終 2017/10/05)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバー
2017/09/20 【宮塚メルマガ】金正恩名言集の中身は意外にも… Vol.045-平成29年9月20日配信
2017/09/09 【宮塚メルマガ号外】米朝開戦は間近?在米研究者より緊急報告 Vol.009-平成29年9月9日配信
2017/09/05 【宮塚メルマガ】北の暴走ミサイルと核実験について政府関係者の認識とは? Vol.044-平成29年9月5日配信
2017/08/20 【宮塚メルマガ】安部桂司のブログ記事を見て思うこと Vol.043-平成29年8月20日配信
2017/08/09 【宮塚メルマガ号外】メルマガ内容がまぐまぐニュースに登場!Vol.009-平成29年8月9日配信
さらに以前のバックナンバー一覧