俣野成敏
ID: 0001673621

俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編

俣野成敏
  • まぐまぐ大賞2016
¥540(税込)/月 初月無料!
毎週 木曜日(年末年始を除く) 今月4/4回(最終 2017/02/23)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001673621

俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストセラー『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』(日本経済新聞出版社)やその他の公媒体では書けないお金の守り方や増やし方はもちろん、あなたのビジネスセンスを向上させる耳寄りの情報を解説しています。開講中の「IFP Tokyoプロ研マネースクール」(定価35万円)のエッセンス、そして、コミュニティオーナー、著者、投資家、ビジネスオーナー、マーケッターとしてのノウハウも公開します。毎回2万文字、一ヶ月で本1冊分の質と量となっています。

著者プロフィール

俣野成敏

ビジネス書著者/投資家/ビジネスオーナー
大学卒業後、シチズン時計(株)入社。リストラによる早期退職募集と同時に公募された社内ベンチャー制度に乗り、31歳の時にアウトレット流通を起業。年商14億円企業に育てる。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、さらに40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。

2012 年独立。2015年11月に『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』(日本経済新聞出版社)を出版後、初学者でも一生使えるお金の実践知識が身につく「IFP Tokyoプロ研マネースクール」を開講。メディア掲載実績多数。『ZUU online』『MONEY VOICE』『リクナビNEXTジャーナル』等にも寄稿している。まぐまぐスタンドで連載中の有料メルマガが『まぐまぐ大賞2016』にて1位(MONEY VOICE賞)を受賞。

サンプル号
★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★

俣野成敏の 『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編 Vol.1

★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★


こんばんは。俣野成敏です。

あなたは「投資で成功できるのは、ウォーレン・バフェットのような
一部の天才だけだ」と思ってはいませんか?
金融の専門家の話は難しくてわからないから、自分にはムリだと
諦めてはいませんか?

投資とは、一部の専門家がすることではありません。
大金持ちでなければ、資産を増やせないわけでもありません。

実際、投資とは常に我々の身近にあって、
生活と非常に密着しています。本当は、銀行にお金を置いておく
ことや、保険に加入すること、会社で働くことすら投資の一種と
言えるのです。

お金のことを知り、投資の判断が自分でできるようになれば、
お金のことで心配する必要はなくなります。お金で困る人が多いのは、
お金が難しいからではなく、知らないことが一番の原因なのです。

このメルマガでは、書籍では書けなかったお金の真実について、
より踏み込んで解説し、投資で資産を増やしていく方法も具体的に
お伝えしていきます。

内容は、誰でもできることしか書かれていません。
これをお読みになれば、「実行することが一番大切」なのだということが
お判りいただけるでしょう。

「お金から自由になる人生」をつかみとるのは、あなた自身なのです。


《目次》
1. イントロ:当メルマガ発行にあたり
2. 本文:投資をする上で大事な3つの考え方
★☆本日のワンポイントアドバイス☆★☆
3. セミナーのご紹介
4. Q&Aコーナー:日本は経済破綻をするのか?
5. 編集後記:フィリピン大統領選と海外投資への影響


1. イントロ:当メルマガ発行にあたり

2015年11月に
『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』を発売後、
幸いにして多くの方にご支持をいただき、現在に至るまで
版を重ねてまいりました。

本書は
国民が平素から感じているであろう、国の政策に対する
疑問点や将来への不安を、ある程度明らかにしたという点が、
皆さまからご支持を得られた理由のひとつだと考えております。

しかし、もともと情報の速さや鮮度という観点からすると、
紙媒体には限界があるのも事実で、読者の皆さまからは
「現状はわかったが、ではどうすればいいのか?」といったご意見を
多数頂戴しました。

筆者としましても、そういった声にお応えするべく、出版後は
具体的な資産運用方法をお伝えするセミナーの開催を増やして
まいりました。

このような状況下で今回、まぐまぐさんより有料メルマガのお話を
いただき、「ここでならセミナー以外でも、さらに踏み込んだ内容を
お届けすることができるのではないか」と考え、このたび当メルマガを
発行する運びとなりました。

このメルマガから、有益で生きた情報を発信することによって、
読者の皆さまがより自分らしい、活き活きとした人生を送って
くださるならば、筆者としてもこれ以上の喜びはございません。


2. 本文:投資をする上で大事な3つの考え方

以前、いただいたレビューやアンケート結果などを精査してみると、
一番要望が多かったのが「どうしたら稼げるのかを知りたい」という
ご意見でした。

最初にお話しておきますと、
当メルマガのメインテーマは「資産運用の方法と考え方」です。

考え方までお話するのは、ただ単に方法論だけ知っていても、
なぜそうするのかという「土台となる考え方」がわかっていないと
結局応用が効かないからです。

ここでお伝えするのは
「手っとり早く儲ける方法」ということではありません。

投資にしろビジネスにしろ、
大事なことは「自分で考え、判断できるようになること」です。

「○○さんがいっていたから稼げること間違いなし」という
美味しい話などありません。あったとしても長続きはしないものです。

ここには、あなたを依存させるような仕組みはありません。

どうかぜひ
「ここに書かれていることを自分に当てはめるとするなら、
どう活かせるだろうか?」と自問しながら読み進めていただければと
思います。


さて。資産運用する上で軸となるのは「どうやって増やしていくか?」
という考え方です。

「稼ぐ」とは、基本的に自分自身が資本になります。
一方「増やす」とは、資産が資産を増やします。
それが「資産を投じる=投資」と呼ばれるものです。

投資は自分の労働で生み出すお金ではないため、
中には投資を賭博のように考える人がいますが、
そのような考え方では上手くいきません。

「当たり」か「外れ」かではなく、投資をする際には
きちんと根拠を求めることが大切です。

「何だ、そんな当たり前のこと」と思われるかもしれませんが、人間は
自分のことになると、どうしても希望や願望を優先してしまいがちです。

もし、今すでに投資している案件があるのなら、その案件は本当に
資産が増える根拠があるのかどうか。
すでに増えたのならなぜ増えたのか、減ったのならなぜ減ったのか、
その理由を考えてみてください。

「根拠もなく、お金は決して増えない」という大前提を、
どうか忘れないでいただきたいと思います。


投資で成功する方法とは何でしょうか?

投資をする上で大事な考え方が3つあります。それは、

(1) 無駄をなくす
(2) 守る
(3) 増やす・・・の3つです。

投資をする上で一番大切なのは、まずは「減らさない」ことです。

これもごく当たり前のことのように聞こえるかもしれません。
しかし「増やす」ことばかりに目を向けていると、「守る」ことを
怠りがちになります。

減らさなければ、収入がある限り、少しずつでも増えていきます。
投資の第一の原則とは、まずは無駄を削って減らさないことなのです。


続いて2番目の「守る」について。

お金を守る方法には、どんなものがあるでしょうか?

これまでは
「手元に大金を置いておくのは危険だから、銀行に預けておく」
というのが一般的な考え方でした。

最近は「マイナンバーで財産を把握されたくない」とか
「マイナス金利で手数料をとられるのではないか」と考えた人々が、
タンス預金のために家庭用金庫を買いに走り、
日銀の統計によるとその分、現金流通量が増えているといいます。

しかし残念ながら、銀行預金もタンス預金も、どちらも本当の意味で
資産を守れているとはいえません。

それはどういうことかというと、物価上昇や円安による
貨幣価値の目減りです。

ここでのポイントは
「銀行は数字の保証はしてくれるが、価値の保護はしてくれない」
ということです。


試しに、この40年間の物価上昇率を見てみましょう。

1970年から2012年の消費者物価指数を見ていくと、
たとえばお米でいえば、2012年は5キロで2,223円ですが、
40年前は200円を切っています。その差は何と12倍です。

他にも卵1パックは9倍、ガスの基本料金では4倍、水道代が9倍に
なっています。平均するとだいたい5〜6倍の開きといったところです。

生命保険などでよく「40年満期で掛け金が1.2倍になる」商品などが
あると思いますが、そういう金融商品に申し込む際は、物価変動を
考慮しないと結果的に損をしてしまいます。

銀行に預けっぱなしの預金やタンス預金なども同様に、
寝かせているだけでは、価値がどんどん減っていきます。

物価の上昇に伴って額面の金額も増えていかないと、
ただ置いているだけでは価値が1/5に目減りしてしまうのです。

このように、価値の変化を加味した上で、
資産運用はどういう手段をとっていくのか?ということを
考えていかなければなりません。

僕らが資産を形成していく場合、
「40年後はどうなっているのか?」ということを考慮しながら
自分のポートフォリオを組んでいく必要があるのです。


長くなりますので、今回はこの辺にしておきましょう。
続きはまた来週お話します。

じっくり、少しずつ理解していっていただければと思います。


★☆本日のワンポイントアドバイス☆★☆

投資をする上で一番大切なのは、まずは「減らさない」ことです。

そのためには「無駄をなくす」こと。

「どうしたら無駄がなくせるか?」といったら、
それは「現状把握」をすることです。

実は、多くの人がこれをやっていません。
将来に対する不安の多くは、「見えない」ことに対する不安なのです。


《課題》
(1)ご自分の1カ月の収支を把握してください。
ご家族が管理されている場合は、何にいくら使っているのかを
見せてもらいましょう。

(2)1ヶ月の収支がわかったら、
その金額×12ヶ月×20年(平均寿命85歳ー定年65歳)をしてみれば、
老後に最低限必要な資金がわかります。

いくらになりましたか?おそらく思っていたよりずっと多いと思いますが、
悲観的になることはありません。

ここからがスタートだということです。


3. セミナーご紹介

ダイジェスト版『IFPプロ研マネースクール』
http://www.matano.asia/seminar/
東京、大阪、名古屋にて開催!

僕らは生きている限り、お金と無関係ではいられません。
なのにお金について、僕らはどれだけのことを知っているのでしょうか?

現在、日本の教育機関ではお金のことはまったく教えてくれません。

このスクールで生きたお金の知識を身につけ、
将来の不安を払拭しませんか?

まずはダイジェスト版で
このスクールのエッセンスを汲み取っていただければと思います。

多数のご参加をお待ちしております!


4. Q&Aコーナー

Q. 日本は本当に経済破綻をするのでしょうか?

A. これについては、有識者の間でも「破綻する派」と「破綻しない派」
に意見が分かれており、決着はついていません。決着がついたとしても、
実際にどうなるのかを保証するものではありません。

それよりも大切なのは
僕らは「どちらになってもいいように準備をしておく」ことです。

1946年に日本国が預金封鎖(銀行からお金が下ろせなくなること)を
した時は、当然のことですが実行当日まで国民に知らされることは
ありませんでした。
知らせれば、そこから逃れようとする者が必ず現れるからです。

当時は新円切り替え(新札発行)を同時に行ったため、手元に現金を
持っていた人も、最高で90%課税される財産税から逃れることは
できませんでした。

「お金が紙切れになるのを受け入れるか?」
「高額な財産税を受け入れるか?」

以後、再び日本で預金封鎖が起こった場合は、
必ず同じ選択を迫られることになるでしょう。

実現しないことを願うばかりですが、
万一そうした事態になってもいいように、
今のうちから準備を進めておくことが重要です。

どのように準備すべきなのかは、
今後当メルマガでも徐々にお伝えしていくつもりです。


※読者の方からも、ご質問をお受けいたします。

◆ご質問は、

   info@proken-llc.com までお寄せください。


◆いただいたご質問は、ブログ・雑誌・書籍等に掲載される
可能性がございます。
◆「どの銘柄が儲かりますか?」といった質問にはお答え
できません。
◆明らかな宣伝と思われるなど、内容が不適切な質問は
ご遠慮ください。
◆要点を絞ったご質問をいただけますと、より的確な
ご返答が可能となります。
◆ご返答は、当メルマガをご購読の方のみとさせて
いただきます。
◆ご質問をいただいてから掲載まで時間があく可能性が
ございます。
◆ご都合により、お答えできない質問や掲載できない質問
もございますので、事前にご了承ください。

※皆さまからのご質問をお待ちしています。


5. 編集後記:フィリピン大統領選と海外投資への影響

僕は現在、日本IFP協会という、お金の研究機関と一緒に
フィリピン・ダバオの宅地開発プロジェクトを進めています。
おかげさまで第1期プロジェクトが早くも完売となりました。

去る5月9日にフィリピンの大統領選が行われ、ロドリゴ・ドゥテルテ氏が
当選しました。彼は元ダバオ市長であり、これまでダバオ発展のために
尽力してきた人物です。

これを受けて、
僕らのプロジェクトの将来もますます楽しみになりそうです。

ではまた。


ご購読ありがとうございました。次回もどうぞお楽しみに。


※当メルマガは、必ずしも資産が増える保証をするものでは
ございませんので、予めご了承ください。
ID: 0001673621

俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編

俣野成敏
¥540(税込)/月 初月無料!
毎週 木曜日(年末年始を除く) 今月4/4回(最終 2017/02/23)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバー
2017/01/26 【Vol.35】「諦めないで!」~被害者になってしまった場合のリカバリー方法~
2017/01/19 【Vol.34】「モノってどうやったら売れるの?」~売れる人が実行している「セールスの極意」~
2017/01/12 【Vol.33】仮想通貨って一体何?(下)~仮想通貨詐欺にご用心!~
2017/01/05 【Vol.32】仮想通貨って一体何?(上)~あなたの身近で起こっている金融革命~
2016/12/29 【Vol.31】 もはや「他人ごと」とはいえない?! ~相続・贈与のイロハ~
さらに以前のバックナンバー一覧