ダグ・パーマー
ID: 0001674224

師傅、友、兄としてのブルース・リー

ダグ・パーマー
¥756(税込)/月 初月無料!
毎月 第2金曜日・第4金曜日 今月1/2回(最終 2017/02/10)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001674224

師傅、友、兄としてのブルース・リー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人々の人生に直接影響を及ぼしただけでなく、世界中の人々に深い感銘を与えて、特別な存在となったブルース・リー。そのブルースという人間を作り上げた「人となり」とはどのようなものだったのか。ダグ・パーマーが、自らの知るブルースを読者に語る。

著者プロフィール

ダグ・パーマー

1961年からシアトルにて、ブルース・リーにカンフーを学び、1963年の夏をブルースとその家族とともに香港で過ごす。現在もブルース・リーの家族と親交をもつ。 自身は、小学校5年生からボクシングを始め、イェール大学1年のときにヘビー級ボクシングチャンピオンとなる。大学では中国学を専攻。1965年に日本出身の後藤紀子(ヴァッサー大学65年卒)と結婚。ハーバード大学法学大学院を卒業後、東京の法律事務所に1969年から1974年まで勤務。現在は、シアトルで弁護士として勤務している。

サンプル号
ID: 0001674224

師傅、友、兄としてのブルース・リー

ダグ・パーマー
¥756(税込)/月 初月無料!
毎月 第2金曜日・第4金曜日 今月1/2回(最終 2017/02/10)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバー
2017/01/27 【Vol.010】ブルース・リー(シアトル時代に教えていた詠春拳風の基本的歩型)
2017/01/13 【Vol.009】ブルース・リー(ブルースのスタイルのルーツ、詠春拳)
2016/12/23 【Vol.008】ブルース・リー(カンフー流派の世界)
2016/12/09 【Vol.007】ブルース・リー(志望者すべてに開かれていた門戸)
2016/11/25 【Vol.006】ブルース・リー(選択)
さらに以前のバックナンバー一覧