Arikainaメールマガジン

  • ¥0

    無料

和歌山県有田・海南地方のフリーペーパー「Arikaina(アリカイナ)」の発行お知らせメールマガジンです。フリーペーパー配布開始のお知らせのほか、その号で特集した記事の補足や裏話を掲載しています。フリーペーパー本紙はネット上でもご覧いただけます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Arikainaメールマガジン
発行周期
月刊
最終発行日
2017年08月10日
 
発行部数
17部
メルマガID
0001676362
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 関西

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

------------------------
Arikainaメールマガジン 2017/8号
------------------------

皆様こんにちは、Arikaina発行人です。
今月は以下のような記事を掲載しています。

※本紙ホームページから全ての記事をご覧いただけます。
Arikainaホームページ
http://arikaina.com

=============================================================

谷崎潤一郎ゆかりの「ナオミの家」 関係者により移転目指す
http://arikaina.com/_article/201708/naomi-1.html

「非常に申し訳ない」 有田川町、遺跡の出土物をゴミ出し
http://arikaina.com/_article/201708/ikadachi-1.html

海南市のボートピア建設計画 業者撤退で白紙に
http://arikaina.com/_article/201708/boatpia-1.html

大反響!有田川鉄道公園のデゴイチ 8月いっぱいまで乗車体験
http://arikaina.com/_article/201708/d51-1.html

=============================================================

「ナオミの家」は、せっかく文化的な価値のある施設ができたのに、大変残念なことです。

どこかに移転できればいいのに…と、私を含め誰もがそう思うところだと思いますが、今回の取材でいろんな関係者の方に話を聞きましたが、どうも内情は色々複雑な様です。記事で書けない様なことも沢山ありました。

ただ取材した感じでは、おそらく移転自体はまず行われるのではないか、と思います。

しかし2年前に移転された時にはテープカットに知事とか代議士の方も来られていたそうですが、今のところ移転に際し、行政からとり立てて何かアプローチは無い様です。

以前にも別の件でこのメルマガにも書いた事があるかと思いますが、華やかな時や成功した時だけでなく、ピンチの時や不利な状況に追い込まれてる時も(こそ)、行政や政治家の方に協力、あるいは協力している姿勢を見せて欲しいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遺跡の件は最初知った時驚いたのですが、実際取材してさらに驚きました。

なぜゴミになっていたのか分からない、と言うことなのですが、一番懸念されるのは、ホントにこれだけなのか?という所です。

しかしこの問題を指摘した町議会議員の方も、町の職員の方から「申し訳ない」という報告があり「それで一見落着」と仰っていたのですが、果たしてそうなのでしょうか?

なぜこういう事が起こり、再発防止のためにどうすればいいか、現状保管している物に関して問題は無いのかどうか。

もちろんある程度はそういう事も行われているとは思いますが、取材した印象では、そこまで徹底的にされている感じではありませんでした。

そもそもこの件、特に報道されているわけではありません。記者発表自体されてなかったのかもしれません。もしそうだとしたら、それもまた問題です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以前取り上げたボートピアですが、結局撤退と言うことになりました。

この件に関しては、記事にした後もいろいろ取材していたのですが、最後まで業者側と住民側(自治会)の溝が埋まらなかったという印象です。

とにかくタイミングが悪かったと思います。話が持ち上がったのが、ちょうど藤白〜下津にかけての熊野古道が国の史跡に指定された頃であり、これから観光に力を入れて行こう、という所でした。

業者の方に話を伺った事もあるのですが、藤白神社や熊野古道の事などには、あまりお詳しく無い感じでした。そんな所も、少し影響したのかもしれません。

実際、地元の方は反対という方ばかりではありませんでしたが、積極的に賛成、という方にお会いしたり、声を聞いたこともありませんでした。反対の方は積極的に反対されていましたから、こういう結果になるのも宜なるかな、という感じはします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私もデゴイチ乗って来たのですが、なかなか「おお!」という感じのものでした(^^)

外観もそうですが中身も昔のまま。短い距離とは言え、有田鉄道の金屋口駅のホームに入りますので、列車に乗った感をかなり味わえます。

運営会社の方にも聞いたのですが、一般の方が乗車できる動くデゴイチと言うのは、現在おそらくこれだけではないかとのこと。

記事でも書きましたが9月以降乗車体験が行われるかはまだ未定なので、確実に乗りたい方は8月中に乗車されることをオススメします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
と言うわけで、とりあえず今月はこれ位にしておきます。それではまた来月〜
※次号は9月10日(日)発行です。
-------------------------------------------------------------
有田・海南のフリーペーパー Arikaina
発行 内河将史
http://arikaina.com
arikaina@gmail.com
〒649-0111 和歌山県海南市下津町方187-10
tel.090-5976-3963
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ