Arikainaメールマガジン

  • ¥0

    無料

和歌山県有田・海南地方のフリーペーパー「Arikaina(アリカイナ)」の発行お知らせメールマガジンです。フリーペーパー配布開始のお知らせのほか、その号で特集した記事の補足や裏話を掲載しています。フリーペーパー本紙はネット上でもご覧いただけます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Arikainaメールマガジン
発行周期
月刊
最終発行日
2018年05月10日
 
発行部数
19部
メルマガID
0001676362
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 関西

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

------------------------
Arikainaメールマガジン 2018/5号
------------------------

皆様こんにちは、Arikaina発行人です。
今月は以下のような記事を掲載しています。

※本紙ホームページから全ての記事をご覧いただけます。
Arikainaホームページ
http://arikaina.com

=============================================================

▼有田海南道路 用地取得は進むも…事業進捗率未だ21%
http://arikaina.com/_article/201805/arida-kainan-1.html

▼紀の川〜有田川の巨大風力発電所計画 知事「おっちょこちょいなことはしない」
http://arikaina.com/_article/201805/windmill-1.html

▼広川町、高校卒業まで医療費無料に 「高校卒業まで」拡大広がる
http://arikaina.com/_article/201805/child-medical-1.html

▼森がキャンパス『地球自然学校 大地虹色』 紀美野町や紀の川市で活動
http://arikaina.com/_article/201805/daichi-nijiiro-1.html

=============================================================

今月は、有田海南道路について久しぶりに取り上げました。

かなり前にもこの道路のことを取り上げた際、「今のままでは、供用開始する際には渋滞も自然解消しているのではないか」みたいに書きましたが、どうもほんとにそういう感じになりそうです。

当初の予定通り今年頃に完成していればまだ多少は意味あったかもしれませんが、さすがにこれだけ遅れますと実際の効果の程は?という気がしてきます。

私自身、有田〜海南間の42号線沿線の住民です。たしかに朝夕は渋滞しますが、昔に比べればそれほど混まなくなって来た様に感じています。実際交通量も減っていますし。

もともと、渋滞すると言っても朝夕だけです。他の大部分の時間はスイスイです。

もちろんそれでも渋滞していることには違いないので、開通すればマシになることは間違いありません。私もそうですが、海南〜有田間をよく往復する人や、物流関係の方などには大いに恩恵あると思います。

しかし、かかるお金を考えますと。

有田海南だけで360億円、連結する冷水拡幅工事を含めればざっと400億。記事でも触れましたようにまたちょろっと増えてますし、今後もさらに膨らむ恐れもあります。

ほっといても渋滞が解消しそう(既にしかかってる)なとこに、それだけのお金をかける価値があるのでしょうか?

有田の市長さんなんかはこの道路のために「命の道」と言い出していますが、この言葉を聞く度にいつも思うのですが、これ言ってたら際限なく道路やらトンネルやら作っていかないといけなくなります。

高度成長の時代などとっくの昔です。日本自体、これからさらにGDP順位も下がって行くと予想され、高齢化で社会保証費も膨らむ中、こんなことやってたら他のことにお金回らなくなります。

別の記事で触れていますが、有田市は子どもの医療費助成でも、ようやく3年前に中学卒業までに拡大されました。周辺でもかなり遅い方です。

首長さんが何を重視するかで、身近な生活への影響がダイレクトに跳ね返って来る。財源が逼迫し使えるお金が少なくなる程、この傾向は強まる筈です。

渋滞解消どころか、解消し過ぎて「国廃れて道路あり」てなことにならないことを願います。

-------------------------------------------------------------

そろそろいつまでやんのと思われてるかもしれませんが、今月もまた風車です。

今月ははじめて、知事がこの計画についてどう思っているのかを聞くことができました。以前も触れましたが、風車が建設できるかどうかについては、知事が許可を出すかどうかが大きなポイントになっています。

以前インタビューさせていただいたこともありますが、仁坂知事は性格からしても、おそらく今回の様な案件には厳しく臨まれるのではないかと思います。ぶっちゃけ、心良くは思ってらっしゃらないでしょう。

ただそうは言っても、住民がみんな反対していると言うわけでもありません。紀美野はもう町議会も区長会もこぞって反対しており建設は難しいと思いますが、他はそうではありません。部分的には、知事が許可を出す可能性もあると思います。

-------------------------------------------------------------

デモクラティックスクールとかサドベリースクールと言うそうなのですが、和歌山ではおそらく「大地虹色」が始めてではないかと思います。

悲しい話なのですが、和歌山県はいじめの発生率で全国上位に付けています。こういう「場」の需要は大きいと言えるでしょう。

もちろんいじめだけではなく、発達障害の子や引きこもりの子にとって、日本の社会は生きずらいはずです。みんなと同じが尊ばれる、ムラ意識の強い田舎では尚更です。

しかしそんな意識とは関係なく、社会はどんどん変化しています。インターネットを通し、違う文化同志がリアルタイムに交錯する社会です。善悪や是非を問う以前に、様々な価値観がどんどん身近になっていく筈です。

今は「普通の」学校に行かない子ははみだし者みたく見られがちですが、こういう子たちこそ、これからの社会への適応力は高いのではないでしょうか。取材してみて、そんなことを感じました。

-------------------------------------------------------------

と言うわけで、今月はこれくらいにしておきます。なんか急に冷え出して少しお腹壊し気味で、さらにパソコンのハードディスクが壊れてあたふたしてる発行人です(^_^; 読者の皆様もお身体お気をつけ下さい。それではまた来月〜

※次号は6月10日(日)発行です。
-------------------------------------------------------------
有田・海南のフリーペーパー Arikaina
発行 内河将史
http://arikaina.com
arikaina@gmail.com
〒649-0111 和歌山県海南市下津町方187-10
tel.090-5976-3963
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ