フリーランスでもラクラク年収1000万円

  • ¥0

    無料

フリーランスの方向けに「年収1000万円を達成するための法則」を公開していきます。 ここだけの話ですが、40万円以上お支払いただいている講座で私がお伝えしている内容ばかりです。 2016年9月の時点で、この法則を学び、実践されている方のほぼ過半数が年収1000万円超えを果たし、受講生全員が年収アップを実現しています。 つまり、1000万円を稼ぐことや目標を達成することはスキルというわけです。 誰にでも可能な、再現性のあるスキルなのです。 ビジネス、マインドセット、マーケティング、健康、お金の事などについて詳しく、わかりやすくお伝えします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
フリーランスでもラクラク年収1000万円
発行周期
週3回以上発行
最終発行日
2018年06月21日
 
発行部数
5,544部
メルマガID
0001676810
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > 自営業

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  フリーランスでもラクラク年収1000万円

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《 あなたはどちらのタイプでしょうか? 》
《 「ちっちえ男」 》
__________________

こんにちは。

島田弘(しまだこう)です。

昨日のメルマガで
「ご協力いただけましたら嬉しいです」
とお願いしたところ、

メール、メッセージで20名を超える方からご連絡をいただきました。

ありがとうございます!!!

__________________________________

《 あなたはどちらのタイプでしょうか? 》

先日、全国チェーン店の「靴下屋」で有名なタビオの会長
越智 直正さまから学ばせていただく機会がありました。

越智様のところには、超有名企業の社長であるあの人やあの人、
さらにあの人なんかも経営の相談に来られるそうです。


越智さまのお話の中にいくつもの学びがありました。


そのうちの1つをご紹介させていただきます。



何か問題が発生したとき。

消極的な人と積極的な人とで違いが出る。


  問題発生 → 消極的な人 → 深刻になる

  問題発生 → 積極的な人 → 真剣になる




あなたはどちらのタイプでしょうか?


この話を聞いて、私が考えたのは
深刻になっても何も解決には繋がらないのに、
なぜそうする人がいるのか?ってこと。

消極的な人っていうのは、消極的でいるが
コンフォートゾーンに居られるわけです。

逆に、

積極的な人っていうのは、積極的でいる方が
コンフォートゾーンに居られるってこと。


悩んでいるフリ、考えているフリをして
深刻になっていると周囲が心配をしてくれたりしませんか?

これがコンフォートゾーンになってしまっている人って
毎回これを繰り返すんです。

こんなに頑張って悩んでいる私を見て!!!

ってことですね。

心配してもらえる自分が好きなんです、居心地がいいのです。


ちょっと難しい話をしちゃってますかね?



もう少しだけ続けます。


私たちっていうのは、

思考パターン、行動パターンは
コンフォートゾーンの中にあります。


これまでと違う自分になりたい、
違う結果を得たいと思うならば、
これまでと違う思考パターン、行動パターンを獲得する必要があるわけです。

つまり、コンフォートゾーンを変える(ずらす)必要が出てくるのです。


コンフォートゾーンを変える(ずらす)のに必要になるのが、
私の言葉で言うとマインドセットや信念です。


マインドセットを上書きし、
夢やゴールを鮮明にイメージできたら
あなたはなりたい自分になり、
得たい結果を得られるようになります。



セミナーで2時間から3時間かけてお伝えする内容を
ギュッと凝縮してみましたが、
凝縮しすぎでわからないかも???


___________________________________

《 メルマガ盗用事件のその後 》



「ちっちえ男」

「トチ狂ってるのに正義をかざしてると思ってる奴」

とFBで言われたのは、おそらく私のことだと思います。



私のメルマガが完コピされた事件について
続きが知りたい方はこちらからお願いいたします。


上記の言葉は以下のコメント欄から引用したものです
 
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1569592119829577&set=a.103330139789123.3949.100003364111104&type=3&theater


https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1570741606381295&set=a.103330139789123.3949.100003364111104&type=3&theater


一応、島田がどう考えて、実際に動いたのかを
時系列で簡単に説明してみます。

6月18日の午前中に、

「島田さんが今朝発行されたメルマガの前半部分を
 完全コピペでメルマガ発行した人がいました。
 タイトルもです」

と連絡がありました。

事実を確認すると、本当でした。

完全コピペをしたのは、ある講座で知り合った中村博氏。


中村氏に
「どういうことですか?」
とメッセージを直接送ろうと思ったのですが、
やめて、フェイスブックで公開しました。

お互いに講座を主宰している講師、そして著者という立場。
やってはいけないことをやった認識はあるはずだから。
わかっていてやるって最悪だと思うんです、私は。

だから公開という形を取りました。

公開したらすぐ、中村氏からメッセージが届きました。



その中に

「今回の件は許していただけますでしょうか?」

と書かれていました。


私は

「このまま許すつもりはありません」

と。

そして、自分でやらかしたことを、
適切な対応をするように伝えました。


具体的には

・中村さんのメルマガで経緯を説明
・中村さんのFBタイムラインに、私がタグ付けした投稿をあげる

この2点を2018年6月19日中に実施することはできますか?

って。


その結果、中村氏がとった行動が信じられません。

島田が投稿した記事を、前日の18時にシェアしたように操作したのです。
私の投稿が存在していない時間にシェアをしたということです。

さらに、いろいろな投稿などをして、
この件の記事がどんどん流れて行くようにしたと
思われても仕方のない不自然な投稿数。


信じられない対応でした。


私が中村氏に送ったメッセージは

「ご自分のダメージコントロールのことしか
 考えていませんね、中村さんは。

 対応が後手後手、一番ダメージが大きくなるやり方
 なのではありませんか?」

と。


ここまでが簡単な説明です。



「ちっちえ男」

「トチ狂ってるのに正義をかざしてると思ってる奴」

と評されたと思われる私ですが、


私としては、
この件に関して被害者は私であり、
中村氏が加害者なのは間違いないことだと認識しています。

他人(島田)のコンテンツを
なんの断りもなくパクったわけですから。


それから、

姑息な対応をした中村氏の方こそ「ちいさいなぁ」と
私などは感じてしまうわけです。


この件では、大変お世話になっている
原田翔太さんまで巻き込んでしまいました。

原田さん、すみません。
 
 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  フリーランスでもラクラク年収1000万円
┃ 
┃ 【発行責任者】株式会社ファーストレート
┃     島田 弘(しまだ こう)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、
無断転載することを禁止します。
各種コンテンツに転載する場合は事前に当社までご連絡下さい。


このメルマガの登録解除は、
以下のURLよりお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001676810.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ