ほんの一手間でDIYを3割美しく見せる技

  • ¥0

    無料

リフォーム業に携わって20年。 現場で身に付けた9つのカテゴリーを建築の知識ゼロのあなたに要点を噛み砕いて説明します。 DIY初心者にでも使える即効性のあるスキルを曝け出します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ほんの一手間でDIYを3割美しく見せる技
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2017年09月20日
 
発行部数
14部
メルマガID
0001678326
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > 一戸建て

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

毎日夕方の時間帯に更新される画像付き現場レポート形式のBlog

http://blog.goo.ne.jp/nbpiana2

一戸建てを完成させるのに必要な11種類の職種のうち、9種類に対応可能な地域密着型のHP

→ http://benriya-ssk.com

ーーーーーーーーーーーーーーーー
便器を交換する前にチェックする項目とは?

それは『床の状態』です。



まず、住宅診断士からの見解

初期→床板orCF(クッションフロア)に水染みの形跡


☆これは便器と配管の接続部(フランジ)の

隙間を埋める樹脂性パッキンが

「何らかの要因」で隙間が出来て漏水した。



中期→床板の表面orCFが剥がれ腐食が進行中

☆先程のフランジ周辺の隙間から断続して

床板に水が浸透している状態。

板を部分的に貼り替える必要あり。



末期→床を踏み込むとベコベコする

☆水が板全体に浸透して板同士の接着面が剥がれ

空洞が出来『ミルフィーユ』状態に

床板は完璧に張り替えて下地の垂木の状態もチェック。



では、板張りとCFどちらがいいの?

前回、トイレリフォームはスピードだと伝えました。

床がしっかりしていないと取り付け出来ません。

ここで紹介する方法はスピードに特化した方法です。



床板を張り替えるのに注目する点

1、床の状態が初期~中期

2、ドアが外開き(トイレの外側にドアが開く)

3、ドアの真下の板(見切り板)よりも床が低い

上記の3つが揃っていれば、

反射的に板張りに着工します。



そうじゃない場合は条件次第で

例えば、

床が末期の状態でも下地の補強を入れたり。



ドアが内開き(トイレ側にドアが開く)でも

床が見切りよりも低くければ張り替えは可能。


ドアが外側開きで床が見切り板と同じ高さ(バリアフリー)でも

見切りで床を止めれが重ね張りOKです。



既存の床板を剥がして張り替える方法については

別な機会にお伝えしようと思います。



CF(クッションフロア)の場合の注目する点

1、既存の床がCFなら剥がして貼り替え

2、板張りであれば、凹凸を速乾パテで埋めてから

3、床の状態が初期症状ならそのまま貼り替え、

中期~末期なら床を部分的に剥がし板と下地の補強をする。



床の補修は『ベコベコした床を直す』のメルマガを

参考に作業して下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

住宅環境とライフスタイルの変化によって起きる問題を洗い出し、解決策を導き出すコミティーサイト

住まいの喜怒哀楽をリノベーションするコミティーホームページ→ http://home-renovate-ssk.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ