落 雅季子
ID: 0001678567

百花繚乱文芸マガジン「ガーデン・パーティ」

落 雅季子
¥324(税込)/月 初月無料!
毎月 10日・25日
PC・携帯向け/テキスト形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001678567

百花繚乱文芸マガジン「ガーデン・パーティ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

批評/創作ユニットLittleSophy(リトルソフィ)主宰の落 雅季子がお届けするガーデン・パーティ。「園遊会」と名のつくとおり、演劇界の多彩な書き手に集まっていただきました。SNSのお手軽さに飽きたあなたに、メルマガならではの、しっとり熱量のこもった読み物をお届けします。どうぞお楽しみください。

著者プロフィール

落 雅季子

1983年東京生まれ。一橋大学法学部卒業後、ITエンジニアを経て、演劇レビュアー・ライターになる。「CoRich!舞台芸術まつり!」2014、2016審査員。BricolaQ(http://bricolaq.com)にて毎月のおすすめ演劇コーナー(マンスリー・ブリコメンド)やインタビューのシリーズ(セルフ・ナラタージュ)を担当し、ドラマトゥルクとして遊歩型ツアープロジェクト『演劇クエスト』を各地で創作した後に、2017年に独立。

サンプル号
百花繚乱文芸メールマガジン「ガーデン・パーティ」サンプル号

責任編集:落 雅季子


批評/創作ユニットLittleSophy(リトルソフィ)主宰の落 雅季子がお届けするガーデン・パーティ。「園遊会」と名のつくとおり、多彩な書き手に集まっていただきました。SNSのお手軽さに飽きたあなたに、メルマガならではの、しっとり熱量のこもった読み物をお届けします。どうぞお楽しみください。一年間限定の企画でございます。皆さま、どうぞご注目ください。発行は月2回。それぞれ異なった書き手の方に登場していただきます。



■■■下半期(2017.10~2018.3月)■■■

【10日発行】
★占われる蟹々(今田健太郎(トリコロールケーキ))
ナンセンスコメディ劇団の雄、トリコロールケーキの今田健太郎がお送りするあなたの今月の運勢。これを読めばあなたの一年はバラ色。下半期もフルスロットルで!! 毎日をラッキーに過ごすためのアドバイスが満載です?!


★往復書簡「手紙、沈黙に委ねて」(飴屋法水×落 雅季子)
劇作家・演出家の飴屋法水とLittleSophy主宰の落 雅季子による往復書簡。生きること、家族をつくること、死ぬこと、寛容さと優しさなどについて、対話を通して探る。全12回で奇数月は飴屋さん、偶数月は落が担当します。
飴屋さんの、ゆったりしながらも鋭い回答が読みどころ。


★「今はまだ演劇を語らず」(山田佳奈(□字ック))
レコード会社勤務を経て劇団□字ックを旗揚げした気鋭の劇作家、演出家、映像作家の山田佳奈が登場!!
パワフルで破天荒、人を愛し愛される彼女の魅力の詰まったエッセイ。全六回。


★「ファミリー・ポートレイト」(山本卓卓(範宙遊泳))
言わずと知れた人気劇団に駆け上がった範宙遊泳、山本卓卓の、娘が生まれてからの日々の記録。
「育児ものは初めてですね……」と言いながらも、嬉しそうに構想を練る山本さんでした。乞うご期待。全六回。


★「目と手」(大道寺梨乃(快快))※2017年12月まで
大人気連載、梨乃嬢のイタリア便りが12月まで延長! イタリア・チェゼーナでの子育て、彼女の周りに暮らす人々……
いろんな人が登場して、まるで記憶のネックレスのような連載になるでしょう。


★「21世紀ヨーロッパ便り」(仮)(岡田利規(チェルフィッチュ))※2018年1月〜6月
チェルフィッチュ岡田利規さんがついに登場。クリエイションのご都合上、来年1月からの連載となります。
ヨーロッパ各地で公演をしてきた中で、堅苦しい演劇論は抜きとして(ときどき入るかも)現地で出会った人々のこと、
印象的だった出来事の数々をエッセイとして寄稿いただく予定です。全六回。



【25日発行】
★はじめての「性教育」(糸井幸之介(FUKAI PRODUCE羽衣))
性と愛を語るならこの方しかいない。FUKAI PRODUCE羽衣の糸井幸之介さんが登場です。子どもの頃、はじめて誰かを好きになって、でもその気持ちをうまく言えなくて……というところから、大人の男女の性愛、男女にかぎらずセクシャルマイノリティ、人類に限らずこの世のすべての愛を語っていただく企画です。全六回。


★「今はまだ演劇を語らず」(山田百次(劇団野の上、青年団リンク・ホエイ))
飄々とした佇まいからぎょっと驚く、そしてどこまでも目に見えない「忘れられた人」「死者」への思いを忘れない劇作家、山田百次に、今のようなかたちで青年団リンクとして活動するようになるまでのことを、語っていただきます。青森での話には、津軽弁もきっと登場するでしょう。冷たく温かく、だけどやっぱりうら寂しい彼の心を覗くエッセイ。全六回。


★「ちょっとからだがあれになる」(白神ももこ(モモンガ・コンプレックス))
「読んだあと、読者の身体がちょっと変わるような文章を書いてほしいんです」とお願いして実現した彼女への依頼。バレエやコンテンポラリーダンス、カンパニーやコラボレーションでの作品づくりを自由に行き来しながら、彼女が見つめる人間の身体。あなたの世界をきっと、変えてくれるはず。全六回。


★「今はまだ演劇を語らず 〜西尾佳織・延長戦〜」(西尾佳織(鳥公園))※2017年11月まで
「えーっと、ちょっと書きたいことまとまらなそうなんですけど……」という彼女の一言に「よし、連載延長しよ!」と軽やかな私の判断により、西尾佳織延長戦が決定!! 読む者を深い思索へ誘い、傍観者であることに戸惑いを覚えてしまうような引力を持つ彼女の文体、これからもお楽しみに。


★「エンゲル日記」(山崎健太(演劇研究/批評))
「食」をテーマに、気鋭の批評家・山崎健太が他では見せない素顔を語るシリーズ。一見、するりとした喉越し、そこに秘められたノスタルジー。


★「お姉さんにまかせなさい!」(落 雅季子(舞台批評/文筆業))
劇評界随一の励まし上手(?)、落 雅季子によるお悩み相談コーナー。どんなことにもお答えします。暮らしの悩み、生きる道、気になるあの人とのこれからまで、ぜひどうぞ。ペンネームとお悩みを書いてlittlebylittlesophy@gmail.comまでお送りください。待ってます。







■■■上半期(2017.4~2017.9月)■■■※バックナンバーにてお読みいただけます

【10日発行・目次】
★占われる蟹々(今田健太郎(トリコロールケーキ))
ナンセンスコメディ劇団の雄、トリコロールケーキの今田健太郎がお送りするあなたの今月の運勢。これを読めばあなたの一年はバラ色。「蟹々」って何……という疑問はひとまず置いといて! 毎日をラッキーに過ごすためのアドバイスが満載です!!  全12回。


★往復書簡「手紙、沈黙に委ねて」(飴屋法水×落 雅季子)
劇作家・演出家の飴屋法水とLittleSophy主宰の落 雅季子による往復書簡。生きること、家族をつくること、死ぬこと、寛容さと優しさなどについて、対話を通して探る。全12回で奇数月は飴屋さん、偶数月は落が担当します。


★今はまだ演劇を語らず(大池容子(うさぎストライプ))
うさぎストライプ主宰の大池容子による、小劇場演劇に出会うまでのエピソードを散りばめたエッセイ。暗かった(?)少女時代、大阪での暮らしなどなど、今の大池容子を形づくる小さな物語たち。全6回。


★You’re Hero(加藤仲葉(ままごと))
知る人ぞ知るアイドル通、ままごと制作の加藤仲葉。彼女がこれまで出会ってきた「アイドル」「ヒーロー」たち、それを愛してきたファンたちの姿を通して、誰かを応援すること、それが時間を超えた力を持って誰かを動かす魔法について描く。全6回。


★目と手(大道寺梨乃(快快))
快快の看板女優、大道寺梨乃によるイタリア暮らし日記。2015年の結婚後、イタリアのチェゼーナで暮らしながら創作活動を続けている彼女には、もうすぐ赤ちゃんが生まれる。目と手、心と身体ぜんぶを使って生きる彼女の、渾身のエッセイ。全6回。


★< >から遠く離れて(吉田雄一郎(城崎国際アートセンタープログラム・ディレクター))
マレビトの会制作を経て、今は城崎国際アートセンターのプログラムディレクターをつとめる吉田雄一郎。彼がかつて置いてきたもの、離れてきた場所、それらをせつなく振返りながら力強く前に進むエッセイ。彼が見た、街での劇場のあり方、人々との交流を綴ってもらう。城崎から少し離れた町、豊岡からのレポートも。全6回。



【25日発行・目次】
★今はまだ演劇を語らず(西尾佳織(鳥公園))
鳥公園主宰の西尾佳織が、昔から気になっていること、最近考えていること、演劇ができるまでに浮かぶことをぽつりぽつりと語るエッセイ。周りから見るとちょっとふしぎな子だった少女時代から、アラサーを超えて自分のアイデンティティを掴むまでを描く。全6回。


★遠心、日々の背理(杉本奈月(N2))
N2主宰の作家・演出家、杉本奈月による京都暮らし日記。京都を選ぶこと、京都に住みつづけること、好きだった別のあの街のことを、淡々と綴ってくれるだろう。でも彼女の奥底には、きっとエモーショナルな情動がたぎっているはず。全6回。


★Three Bodies In Between(山田カイル(演出家/ドラマトゥルク))
若き演出家/ドラマトゥルクの筆頭、山田カイルが語る、あれとこれ、そして「私」の組み合わせの間にあるもの。どんな個人の切実さも、それは必ず社会に接続し、みずからに跳ね返ってくる。彼の鋭い視線と言葉は、その欺瞞を暴いてくれるだろう。全6回。


★路傍の石の目線にてながむ(森麻奈美(ドラマトゥルク・キュレーター・批評家)
ドラマトゥルクやキュレーターなど幅広く活躍する森麻奈美による、演劇レビュー。もの静かな佇まいの彼女は、その目で冷静に世界をジャッジしている。「虚構との距離」を測りながら、現実をタフに生き抜く方法を探る。全6回。


★エンゲル日記(山崎健太(演劇研究/批評))
演劇批評/研究者、山崎健太による食べものレポ。「他で書かないネタやって」とざっくりお願いしたらこれが出ました。演劇批評でつちかったシビアな批評眼を存分に生かした、お食事・スイーツエッセイ。演劇の話は(たぶん)まったく出てきません。全12回。


★お姉さんにまかせなさい!(落 雅季子)
劇評界随一の励まし上手、落 雅季子によるお悩み相談コーナー。どんなことにもお答えします。暮らしの悩み、生きる道、気になるあの人とのこれからまで、ぜひどうぞ。ペンネームとお悩みを書いてlittlebylittlesophy@gmail.comまでお送りください。待ってます。



※ご連絡はlittlebylittlesophy@gmail.comまでお寄せください。

※登録・解除が行えるメルマガ個別ページのURLは、
http://www.mag2.com/m/0001678567.html
となります。
ID: 0001678567

百花繚乱文芸マガジン「ガーデン・パーティ」

落 雅季子
¥324(税込)/月 初月無料!
毎月 10日・25日 今月2/2回(最終 2017/09/25)
PC・携帯向け/テキスト形式
バックナンバー
2017/08/25 ガーデン・パーティvol.10 あなたと彼らの距離について
2017/08/10 ガーデン・パーティvol.9 もし砂浜で瓶に入った手紙を拾ったら
2017/07/25 ガーデン・パーティvol.8 路地裏に陽炎おどる夏の夜
2017/07/10 ガーデン・パーティvol.7 希望と喪失の狭間であなたは
2017/06/25 ガーデン・パーティvol.6(後編) 夏至のあとには優しい梅雨が待っている
さらに以前のバックナンバー一覧