システムトレードのすすめ

  • ¥0

    無料

著者サイト

1999年3月以来の日経225先物の値動きデータを徹底分析。デイトレードに役立つ豊富な統計データをご覧いただけます。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

みなさん、こんにちは。

トレイドエイドの鈴木です。

「システムトレードのすすめ 第2弾」では、デイトレードで活用できる日経225先物の特徴的なザラ場の値動きパターンをご紹介していきます。

 実際、これらのパターンはライブトレードセミナーで公開しているいくつかの手法のベースとなるものです。役に立たないはずがありません。

 今日は、

「寄り付きのギャップの方向とレンジブレイクアウトの方向が同じだと優位性が高まる」

と言うお話の続きです。ボリンジャーバンド(中心線=25日MA)の各σラインとの位置関係で、イニシャルレンジブレイクアウト(IRB)の優位性が変化するかどうかについてお話ししましょう。

 
 検証する条件は以下の通りです。

1.寄り付きのギャップ: 上窓
2.5日MA>25日MA(ブルパターン)

 前日終値がσラインとの位置別のIRBの成功率(ブレイクで順張り買い、大引け成り行き決済)は、以下の通りです。

+3σより上  2回中0回 0%
+3σ~+2σ 82回中38回 44%
+2σ~+1σ 350回中171回 49%
+1σ~0σ  189回中119回 63%
0σ~-1σ  54回中34回 63%
-1σより下  該当なし

 IRBの方向へ、相場が大引けまで継続して動くのは、前日終値が+1σ~-1σに位置している時だけであることがわかります。それ以外の場合は、流れが途中で変わる、あるいは失速して押し戻される方が多いという事が推測できますね。

 +1σより上に位置している場合、さらなる高値圏に突入すると、利食い売りが出やすくなると推測することもできます。

 一つの事象を分析して、統計的なデータがわかると、上記のように、なぜそうなるかを考えることができます。そして、その推測をデータで検証すれば、その推論が正しいかどうかも分かってきます。

こうして、相場の値動きパターンや仕組みが徐々に解明されることになるのです。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎日経225先物トレード手法の研究
 http://trade-225f.net/
◎日経225先物ライブトレード掲示板
 http://8426.teacup.com/gapper/bbs
◎このメールに関するお問い合わせは下記アドレスまで
 info@trade-225f.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
システムトレードのすすめ
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年05月23日
 
発行部数
30部
メルマガID
0001679367
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > 先物・オプション

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ