赤ちゃん誕生!123良い名前

  • ¥0

    無料

姓名の神秘性・名は体をあらわすの言葉通り赤ちゃん誕生に良い名前をつけましょう。 現在、不運名でお悩みの方「良い名前」に改名して倖せな人生を歩みましょう。 無料相談・無料通信講座、開催中!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
赤ちゃん誕生!123良い名前
発行周期
週刊
最終発行日
2017年11月18日
 
発行部数
86部
メルマガID
M0039947
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 占い > 姓名判断

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

読者からの質問コーナー】: N0.061

  発行:週1回(土)
                  2017年11月18日    
       
  ■メッセージ

 質問です。旧漢字で診るとありますが、なぜ旧漢字で診るのですか?
  新漢字ではなぜだめなのですか?統一性を持たせるためなのですか?
  この平成の時代にと、ふと思うのですが。。
  瀬という字は色々見たら19画ではなく20画という(サンズイは水の画数だからとかで)
  という方もいますが数え方は19画で良いのですか?

-----------------------

  あなたはクサカンムリを何画で数えますか?3画?4画?6画?またサンズイは
  何画でしょうか?クサカンムリは語源では6画ですが正漢字では4画になります。
  またサンズイは正漢字では3画ですが流派によっては、水をあらわすから4画だ
  という説もあります。
  また「郎」のオオザトは邑になり14画で普及されてきました。しかし、これは語源を
  示したにすぎないのです。語源で画数を計算するなら文字全体を語源でみるべきで
  一部分だけを語源で計算するのでは全く理屈に合いません。

  私の「統計数理姓名学」では略字・俗字などは使用しません。
  たとえ使用してもその鑑定・選名などはすべて正漢字によります。
  何故かといいますと正漢字によって統計をとっているからです。

  画数の多い正漢字は、いつ略字にされるかわかりません。
  政府によって略字にされたから画数が減った、吉数だったのが凶数になった。
  そのために運勢が狂ってきた、なんてことは絶対にあり得ないのです。
  インチキ姓名学では正漢字も略字も俗字もゴッチャにしている派もありますが、
  こんなのは問題になりません。
  「広」と書いてもかまいません。しかし、その効力は「廣」の15画にあること
  には絶対変わりはないのですから、この点は誤解のないようにしてください。



   くわしくは下記まで
   *****************************************************

           【良い名前のつけ方通信講座】

   東洋運命学会・ 吉田昌功
  E-mail  : yoi_namae123@alto.ocn.ne.jp
   URL   : http://yisao.gozaru.jp/
   ブログ  : http://blog.goo.ne.jp/yoinamae/

   *****************************************************












メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ