赤ちゃん誕生!123良い名前

  • ¥0

    無料

姓名の神秘性・名は体をあらわすの言葉通り赤ちゃん誕生に良い名前をつけましょう。 現在、不運名でお悩みの方「良い名前」に改名して倖せな人生を歩みましょう。 無料相談・無料通信講座、開催中!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
赤ちゃん誕生!123良い名前
発行周期
週刊
最終発行日
2017年07月15日
 
発行部数
93部
メルマガID
M0039947
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 占い > 姓名判断

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【読者からの質問コーナー】: N0.044

  発行:週1回(土)
                  2017年7月15日    
       
■メッセージ
山本と申します。いつもメルマガ楽しみに読ませていただいております。
実は今年の10月に子供が生まれることとなりまして、性別は男の子です。
この何ヶ月か本やメルマガなどでいろいろ調べたのですが、全てを完璧に
 することがなかなかできなくて、困っています。
そこで先生にお願いして、山本家に相応しい名前をつけるためのヒントを
 頂きたく、無料質問コーナーから依頼しました。
できれば山本家に適した配列・すべての吉数画数・良好な五気の組み合わせ
 を教えて頂ければ幸いに存じます。ご多忙中とは存じますが宜しくお願いします。


        -------------------------

 お答えします。
 山本家に良い配列とは名前を偶数・奇数の組み合わせにすることです。
 名前の画数は、8画・5画にすれば、すべて吉数の画数になります。
 五気組み合わせは、赤ちゃんの出生季が秋で受胎季は冬になります。
 本来なら名頭の五気は冬で水の性ですが、この水の性は良い名前には
 使用できません。
 
 そこで、出生季の前の夏の火の性を名頭にもってくるのがよろしいです。
 名頭に火の性を置いたときの良好な組み合わせは火-木・火-土・火-金の
 三つの内から選べばよろしいでしょう。

 その他、気をつけることは、父親の名頭を赤ちゃんの名頭に使用しないこと。
 不運を招く字を名頭にもってこないこと。などに注意すれば「良い名前」が
 選名されるはずです。
 親の義務ですから、赤ちゃんの一生涯の幸福を願って頑張って「良い名前」を
 命名してあげて下さい。

  3  5  8  5
  山  本  
  ○  ○  ● ○
 人数13・外数8.地数13.総数21で、すべて吉数になります。




   くわしくは下記まで
   *****************************************************

           【良い名前のつけ方通信講座】

   東洋運命学会・ 吉田昌功
  E-mail  : yoi_namae123@alto.ocn.ne.jp
   URL   : http://yisao.gozaru.jp/
   ブログ  : http://blog.goo.ne.jp/yoinamae/

   *****************************************************


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ