携帯ディボーション L.i.C.

  • ¥0

    無料

著者サイト

いつでもポッケにみことばを。聖書のことばをおいしくいただく、ホッとひと息ケータイ向けメッセージ。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

日米間が険悪になってきた第一次世界大戦前、賀川豊彦は平和の使節としてアメリカに渡りました。
どこへ行っても平和を求め、涙ながらに「日本とアメリカの平和のために祈ろうではありませんか!」と訴えました。

ところが1941年12月8日、とうとう太平洋戦争の火ぶたが切って落とされました。
日本国内は、戦争への熱気でムンムンとしていました。
その一方、平和主義を唱える賀川に対する視線は冷たくなっていきました。

ある雑誌には、数カ月にも渡って賀川を非難する論評が載せられました。
「賀川豊彦は、国体の本義に反する者だ」
「天皇の尊厳を傷つけるものだ」
「彼の唱える隣人愛は、 国を売るものだ」
このようなビラが街頭に貼られたりもしました。

軍部当局は賀川を常に監視し、著作や出版物を出せないようにしました。
「祈るしかない」
彼は主だけを見上げて祈りました。
「主よ。すべてあなたにゆだねます」

4年後の1945年、日本軍は敗北し、戦争は終結しました。
人々は心の拠りどころを失い、魂の抜けがらのような状態になってしまいました。
そのような状況の中、賀川は東久邇宮(ひがしくにのみや)首相から招待を受け、このように言われました。
「今や日本の道徳は地に落ちてしまい、誰も救う力がありません。世界平和を目指しましょう、などと言えるのは賀川さん、あなたをおいては他にいません」

何という主のお計らいでしょう。
賀川は主の御名を掲げながら、主を賛美しました。
賀川は首相に答えました。
「日本の今まで思い上がっていた思いを悔い改める、『国民総ざんげ運動』を始めてはいかがでしょうか」
日本の新しい夜明けはここから始まったのでした。

一人の殉教者によって初代教会にさらなる聖霊の働きが現されたように、賀川豊彦という一人の祈りの人、主の弟子によって、日本が変えられ、再び立ち上がったのでした。

「そういうわけですから、あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて、神に立ち返りなさい」(聖書/使徒3:19)


□■□■□■□■□■□
【聖書を読んだ30人 夏目漱石から山本五十六まで】1,728円
◆各方面で活躍した日本人がキリスト信徒であるなしに関わらず、聖書とどう向きあい、生き方にどのような影響を受けたか。
■ 収録人物
夏目漱石/田中正造/内村鑑三/石井亮一/太宰治/高村光太郎ほか
歴史好きの方などにプレゼント!!
ケイタイ→http://saiwainahito.com/cgi/m_goods_detail.cgi?CategoryID=177&GoodsID=1040
PC→http://www.saiwainahito.com/29_1040.html
デンワ→029-864-8031

□■□■□■□
★ディボーションの輪を広げよう
このメルマガをぜひお友だちに転送してください♪(^-^)


【登録方法】
●ケイタイ ↓アドレスに「空メール」を送信。
a7000059527@mobile.mag2.com
●PC ↓HPに自分のアドレスを入力
http://www.mag2.com/m/M0059527.html

ディボーションメッセージ(約10分)も無料配信中
http://agapetv.jp
■□■□■□■
このみことばは、皆様の支援によって発信しております。
皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
郵便振替:アガペーインターネット放送局
00180-8-612842
__
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
携帯ディボーション L.i.C.
発行周期
平日刊
最終発行日
2017年06月22日
 
発行部数
3,071部
メルマガID
M0059527
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ