Gene
ID: P0000264

ネットワークのおべんきょしませんか?PREMIUM

Gene
¥432(税込)/月 初月無料!
毎週 金曜日(年末年始を除く) 今月4/5回(最終 2017/03/24)
PC・携帯向け/テキスト形式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: P0000264

ネットワークのおべんきょしませんか?PREMIUM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料版「ネットワークのおべんきょしませんか?」の広告掲載がないバージョンです。また、PREMIUM読者の方には購読料収入還元プレゼントとして、毎月、Amazonギフト券のプレゼントを行っています。他にも、PREMIUMだけのコンテンツなど拡大中です!!

著者プロフィール

Gene

2000年、転職してネットワークのおべんきょをすることに…おべんきょしたことをメールマガジンにしてみようとふと思い、「ネットワークのおべんきょしませんか?」を発行することにしました。

「わかりやすく!」をモットーにして、メルマガを書いていきます。ネットワークを身近に感じていただければとてもうれしいです。また、情報処理試験や各ベンダ試験についての情報も配信していきます!

サンプル号
┌──ALL_@bout_Network_PREMIUM────────────────────┐
| |
| ネットワークのおべんきょしませんか? |
| P R E M I U M |
| |
└─────────────────────ALL_@bout_Network_PREMIUM─┘
2003/02/19 Vol.128

┌──ALL_@bout_Network_PREMIUM────────────────────┐

〜Index〜
□はじめに
□IGMPその1
□平成15年テクニカルエンジニア(ネットワーク)午後1問2
□ネットワーク技術雑誌サマリー
□購読料還元プレゼント
□終わりに
□PREMIUM版コンセプト

└─────────────────────ALL_@bout_Network_PREMIUM─┘

┌──ALL_@bout_Network_PREMIUM────────────────────┐

「はじめに」

PREMIUM読者のみなさん、こんにちは。発行者の Gene です。

毎年、第一生命が募集している「サラリーマン川柳」のベスト10を決める投票
がインターネット上でできるようです。

http://event.dai-ichi-life.co.jp/senryu/index2.html


選ばれし100選の中からさらにベスト10を決定するという企画です。

ぼくが好きなのは、

「うちの子の 第一志望は ホグワーツ」

ですね。
ハリーポッターは、次ぐらいから大きく物語が動きそうですよね。ぼくもすご
く楽しみにして、5巻は原書を予約しちゃいました。
これだけ人気だから、こんな風に思う子供も出てきそうだなぁって思って。

みなさんも投票してみてはいかがでしょうか?

└─────────────────────ALL_@bout_Network_PREMIUM─┘

┌──ALL_@bout_Network_PREMIUM────────────────────┐

「IGMPv1」

ルータがマルチキャストのパケットを転送するためには、どのインタフェース
の先にどのグループのメンバー(Receiver)がいるのかを知っておかなければい
けません。スイッチのようにマルチキャストをすべてフラッディングしてしま
っては、ネットワークに余計なトラフィックを流してしまうことになってしま
います。


図はこちら↓
http://www.n-study.com/grafic/multicast15.gif


ルータがマルチキャストグループを管理するためのプロトコルが、IGMP(Internet
Group Management Protocol)です。
ホストはIGMPを使って、ルータに受信したいマルチキャストグループを通知し
ます。ルータは、IGMPによって得た情報により、マルチキャストグループが存
在するインタフェースにだけ該当のパケットを転送するようになります。

IGMPには、現在、v1、v2、v3と3つのバージョンがありますが、まずは最も基
本的なIGMPv1について解説します。

IGMPv1はRFC1112に定義されています。IGMPのメッセージは次の2つの種類があ
ります。


・メンバーシップクエリー
ルータが、「マルチキャストのメンバーの人いますか〜?」と問い合わせる
メッセージです。ルータは定期的(デフォルトでは60秒ごと)にこのメンバー
シップクエリーを送信して、マルチキャストグループのメンバーの存在を確
認しています。


・メンバーシップレポート
ルータからのメンバーシップクエリーに対する返事として、メンバーシップ
レポートを送信します。クエリーに対する返事としてだけではなく、あるホ
ストが「マルチキャストグループに入りたい!」というときの意思表明とし
ても使います。グループに入るときをとくにジョインメッセージと呼びます。


また、IGMPv1のパケットフォーマットは次のようになります。これは、IPパケ
ットで運ばれることになります。


図はこちら↓
http://www.n-study.com/grafic/multicast16.gif

・バージョン
IGMPのバージョンを表しています。

・タイプ
IGMPのメッセージのタイプを表します。
0x01 ホストメンバーシップクエリー
0x02 ホストメンバーシップレポート

・未使用
v1ではここの部分は無視します。

・チェックサム
IGMPメッセージのエラーチェックを行います。

・グループアドレス
ホストが所属するマルチキャストグループアドレスが入ります。


以上のIGMPv1のメッセージを利用して、ルータとマルチキャストホスト間で、


・マルチキャストグループへの参加
・マルチキャストグループの維持
・マルチキャストグループからの脱退


を制御します。
次回、これらについて解説していくことにします。


└─────────────────────ALL_@bout_Network_PREMIUM─┘

┌──ALL_@bout_Network_PREMIUM────────────────────┐

「平成15年テクニカルエンジニア(ネットワーク)午後1問2」


問2 インターネット利用システムの運用

設問2
(1)
【解答】

Webサイトの閲覧はプロキシサーバ経由で行う。同一サブネット上にプロキシ
サーバが存在していたため。(49字)

【解説】

企業などでは、Webサイトへのアクセスはプロキシサーバを利用していること
が多いです。プロキシサーバ経由でWebアクセスをする利点は、


・キャッシュによる高速なアクセスを行う
・内部のホストを隠蔽して、セキュリティを向上させる


ことなどがあげられます。

プロキシサーバを経由するWebアクセスは、次の図のようになります。


図はこちら↓
http://www.n-study.com/grafic/nsp2002-pm1-2-03.gif


まず、クライアントコンピュータからのHTTPのリクエストは、プロキシサーバ
へ送られます。(1)
プロキシサーバの設定は、ブラウザで行います。たとえば、Internet Explorer 6
であれば、

【ツール】−【インターネットオプション】−【接続】−【LANの設定】

の中にプロキシサーバの設定を行う画面があります。


図はこちら↓
http://www.n-study.com/grafic/nsp2002-pm1-2-04.gif


クライアントから受け取ったHTTPのリクエストをプロキシサーバがあらためて
インターネット上のWebサイトに送っていきます。この際、必要であれば、DNS
による名前解決を行います。(2)
Webサーバから見るとプロキシサーバが要求元になるので、要求されたファイ
ルをプロキシサーバに送ります。(3)
そして、プロキシサーバからもともとのHTTPリクエストを送信したクライアン
トコンピュータにファイルを返送します。(4)


というプロセスから、まずプロキシサーバにアクセスをするんだということを
頭に入れると、この問題の解答は明らかになります。


D営業店でWebアクセスができないという報告を受けて、本部にいたB君は手元の
パソコン(デフォルトゲートウェイが間違っている)で、確認したんですね。そ
うすると、Webアクセスはできるけど、ルータ3へのPingは届かない状況です。

図1のネットワーク構成を見ると、本部のパソコンとプロキシサーバは同一サ
ブネット上にあることがわかります。そのため、プロキシサーバとの通信は、
デフォルトゲートウェイは関係ありませんので、問題なくWebアクセスはでき
ます。
でも、ルータ3は異なるサブネットにいるので、デフォルトゲートウェイが間
違っていると正しく通信ができなくなってしまうわけですね。


(2)

【解答】
・ネットワークの障害発生時は物理的な接続を最初に確認する。(28字)
・自社内で障害の切り分けを行ってから通信事業者に確認する。(28字)

【解説】

トラブルシュートの手順に関する問題です。きちんとしたトラブルシュートの
手順を知っておかないと、余計な時間がかかってしまうことが良くあります。

・物理層から確認
「ケーブルが抜けていた!」というのは、本当によく聞くトラブル原因です。
パソコンとスイッチのケーブルがちゃんとささっているかを確認せずに、設
定を見てみたりして、悩んでいると余計な時間が取られてしまいます。
この問題でも、ケーブルの確認さえすればそれで終わったのに、いろんな人
の手間をかけてしまっていることになります。

・自分に近いところから確認
一番確認しやすいところから確認しましょう。いきなり、WANがおかしいと
か、相手のサーバがおかしいとか言い出すのではなく、まず、自分のパソコ
ンの物理的な接続、設定、スイッチ、デフォルトゲートウェイ・・・という
具合に。
通信事業者のネットワーク障害よりも、自社内のネットワーク障害の方が圧
倒的に多いです。いきなり、通信事業者に連絡するよりも、きちんと障害の
切り分けを先に行うべきです。


└─────────────────────ALL_@bout_Network_PREMIUM─┘

┌──ALL_@bout_Network_PREMIUM────────────────────┐

「ネットワーク技術雑誌サマリー 」


「日経コミュニケーション 2003.2.17」 特集より


Yahoo! BBでADSLのユーザを飛躍的に増加させたソフトバンクについての特集
です。

冒頭で孫社長のインタビューがあリますが、各質問に対してズバズバと答えて
いる様子が記事からもうかがわれ、誌面を通じて彼の迫力が伝わってくるよう
です。
Yahoo! BBの急拡大に伴って、さまざまな批判も浴びていますが、確固たるビ
ジョンに基づいてYahoo! BBのビジネスに取り組んでいることが感じられます。

ビジョンは、『通信事業者ではなく「ブロードバンド事業者」だ』という言葉
に表れています。既存の閉鎖的な通信事業者ではなく、もっと柔軟にユーザに
とってメリットのあるサービスをインターネットのインフラを利用して提供し
ていくことを目標に据えているようです。

日経コミュニケーションの記者のコメントにもこのことが表れていると思いま
す。


『ソフトバンクBBが短期間で大量のユーザーを獲得できた理由を一言で言えば、
「ユーザーが求めるサービスを、手ごろな値段でタイミング良く提供する」
というコンセプトを具現化したことだ。』


これはいってみれば当たり前のコンセプトなのですが、当たり前のことを既存
の通信業界では行うことが難しかったのだと思います。当たり前のコンセプト
を素早く実現して、先行者利益を得て、他社が追随したときにはすでに圧倒的
な差になっているというのが現状ですね。

ただ、これからずっとソフトバンクがいまのように他の事業者を圧倒する立場
に立ち続けられるかどうかは、何とも言えないでしょう。ユーザー数が増える
ことによる運用費の増大や、継続的なインフラへの投資が必要になるでしょう。
そういったコストを削減しながら、利益率を上げていく努力をしないと生き残
っていくことは難しいと思います。

個人的には、ぜひがんばって通信業界を変えていってもって日本のブロードバ
ンド化を牽引していってもらいたいですね。
いま、自宅はFTTH環境なのでYahoo! BBの契約はしていませんが、ADSLを使う
ならYahoo! BBを利用したいと思っていますし。


日経コミュニケーションの詳しい情報、購読はこちら↓
http://www.n-study.com/nikkeicomu.htm

Yahoo! BBのADSL接続サービスの詳細、申し込みはこちら↓
http://www.dreampartner.jp/survive/bb/index.html

└─────────────────────ALL_@bout_Network_PREMIUM─┘

┌──ALL_@bout_Network_PREMIUM────────────────────┐

「購読料還元プレゼントのお知らせ」

毎月恒例のPREMIUM購読料還元プレゼントのお知らせです。
2月は、

「図書カード 3000円分」2名様

のプレゼントです。

プレゼントの当選者を決めるプレゼントクイズは、

【ここは内緒】

最近は、ちょっとは応募される方が増えてきているのですが、それでも10人
を少し超えるぐらいです。確率的に非常に高確率で、2回、3回と当選されて
いる方もいます。また、無料版も一緒に応募可能です!

今月は、まだ『3人』です!無料版の方も今月はあまり応募者が多くないです。
せっかくですから、ぜひ応募してくださいね!


└─────────────────────ALL_@bout_Network_PREMIUM─┘


┌──ALL_@bout_Network_PREMIUM────────────────────┐

「終わりに」

以前、オフ会の話をしていたのですが、ちょっとスケジュールが合わなくてそ
のままになってしまっていました。
これから引越しとかも入ってくるので、オフ会を開催するとすれば、4月以降
です。
なるべく早めに開催して、読者の方とお会いしたいと思っていますので、オフ
会を開催するときにはぜひ参加してくださいね!

└─────────────────────ALL_@bout_Network_PREMIUM─┘

┌──ALL_@bout_Network_PREMIUM────────────────────┐

「PREMIUM版コンセプト」

・無料版「ネットワークのおべんきょしませんか?」の広告掲載がないバージ
ョンです。
・ただし、付加価値を高めるためCCNA、CCNP、テクニカルエンジニア(ネット
ワーク)に関する話題を提供していきます。現在は、「Routing」シリーズで
CCNP Routing試験をうけるための必要最小限の知識を配信しています。
・毎月プレゼント企画を実施します。無料版でも行っていますが、無料版より
も賞品が豪華で当選確率も高いです。(実は、有料版の購読料収入はほとん
どプレゼントにあてています)

まぐまぐプレミアムでは、発行周期を明確に決めなくてはいけないので、一応
毎週金曜日としています。が、基本的には無料版発行時に一緒に発行していく
予定で、週1回以上の配信を行います。
なお、まぐまぐプレミアム発行周期を消化するために、同じ内容を配信するこ
とがありますので、ご了承ください。

末永く購読していただけると、非常にうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

└─────────────────────ALL_@bout_Network_PREMIUM─┘

┌──ALL_@bout_Network_PREMIUM────────────────────┐
| |
| ネットワークのおべんきょしませんか? |
| P R E M I U M |
| ご購読ありがとうございました!! |
| |
└─────────────────────ALL_@bout_Network_PREMIUM─┘
ID: P0000264

ネットワークのおべんきょしませんか?PREMIUM

Gene
¥432(税込)/月 初月無料!
毎週 金曜日(年末年始を除く) 今月4/5回(最終 2017/03/24)
PC・携帯向け/テキスト形式
バックナンバー
2017/02/28 ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM 2017/2 動画解説
2017/02/24 ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM Vol.1085
2017/02/17 ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM Vol.1084
2017/02/10 ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM Vol.1083
2017/02/03 ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM Vol.1082
さらに以前のバックナンバー一覧