大石英司
ID: P0001213

日刊 大石英司の代替空港

大石英司
  • 殿堂入り
¥540(税込)/月
日刊(祝祭日・年末年始を除く)
PC・携帯向け/テキスト形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: P0001213

日刊 大石英司の代替空港

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作家・大石英司が日々の出来事に関して alternative な視点を提供するマガジンです。

著者プロフィール

大石英司

作家、鹿児島県出身、川崎市高津区在住。

身の回りのニュース、時事問題に関して論評するメルマガです。

サンプル号
 これは、私が週末を除いて毎日web日記として公開している日記の一部です。
 有料メルマガ版は、基本的にこれと全く同じ内容です。なぜただで公開してい
るものに値段を付けて売るのか? は、当メルマガの紹介頁をご覧下さい。

※ 山拓愛人裁判で「自家製エロ雑誌」証拠提出 2003年7月15日
 秘蔵切り抜き写真、電話記録やメモなど次々

 うーみゅ、見てみたいぞ(~_~;)。自家製エロ本となると、みんな燃えるよね。
朝まで語り明かしたいほど皆それぞれ思い入れがあるはずだ(←と、遠くを見つ
める)。せっせと集めたよなぁ。週プレとか平凡パンチとか集めて。ネットでエ
ロ画像を収集するのとは全然違うんだから。でも、いざ出来上がるとこれが意外
と萌えないんだ。それをスクラップするという行為に意味があるのであって、実
は出来上がった自家製エロ本にはさほどの価値も衝動も無い。
 なぜかというと、これには鳴海章の至言があって、「エロ本はスカ頁が入って
こそ価値がある」。それを自分のオキニだけで作られた自家製エロ本には、エロ
スとしての波が無いんだな。言ってみればシンフォニーが第四楽章だけで成り立
っているようなもの。

---------------------------------------------------------------------
※ 「親は市中引き回しで打ち首に」鴻池防災担当相  朝日 2003年7月12日

 「市中引き回し」という部分だけがクローズアップされている観がありますが、
問題は発言の後段部分だろうと思う。

「信賞必罰というか、勧善懲悪の思想が戦後教育の中に欠落している」「沖縄も
長崎も数年前の神戸も、親を出すべきだ。そうすれば親も子どもも今後、気をつ
ける。道徳の規範がない日本国民になってしまったからしょうがない。それは縛
らないと。親に自覚を持たせないと」

 まず、少なくともモラルから最も縁遠い所にいて、日本人のモラルハザードの
最大原因を作っている与党政治家から、それ言われたかぁ無いよと思う。それに、
後半部分はもう全く出鱈目。親は今でだって十二分に気を付けていますよ。そん
なことは百も承知している。思春期世代の子を持つ親は、何処にも逃げようが無
いんだから。
 でも、親が罰せられたからと言って、犯罪に走ろうという子どもに対しての抑
止力にはならないでしょう。親がどういう目に遭うかどうかは、彼ら異常犯罪者
には関係ない。自分にとっての快不快でしか物事を判断できないのだから。彼ら
の大部分にとっては、親は不快な存在でしかない。
 親が責任を取って刑務所に入ったら、それで遺族はある程度納得するか? た
ぶん無理だと思う。世間が溜飲を下げるだけ。女子高生コンクリ殺人事件が起こ
った時に、家にその被害者がいることを知っていながら措置しなかった親がどう
して殺人幇助で逮捕されないのか私は不思議に思った。新潟の監禁事件にしても
そう。親の注意義務が問われて刑罰を受けるべきケースはあるけれど、この事件
がそれに該当するとはとても思えない。

 世間の大部分は、この鴻池発言を支持はしないまでも、メディアや野党が騒ぐ
程に批判するのはどうかなと思うでしょう。それは子どもがいるいないに関わら
ず。むしろ、思春期世代の親の間にこそ、この発言を支持する人々が多いのでは
と思う。誰も責任から逃れられようなどと甘いことは思ってはいない。鴻池大臣、
そして勝谷先生。
 世間に蔓延する、「あの犯人や親を晒せ!」という鬱屈した感情を扇動する政
治家やメディアの人々を心より軽蔑するし、それ自体、単なる問題のすり替えに
過ぎないと思う。
---------------------------------------------------------------------
※ パリ到着翌日 2003年6月12日

 前日、いつものホテルでシャワーを浴びていたら、バスルームのドアが開かな
くなって青ざめる。なんとドアノブのネジが無くなっている。幸い、私は洗面道
具のポーチにスイス・アーミー・ナイフを仕舞っていたので事なきを得る。去年
ハンブルグで買い求めた新しいタイプだけど、この春「サイバー・ツール」とし
て日本でも発売されたらしい。ドライバー類が増えたのは良いけれど、ルーペは
残して欲しかったな。
 投宿先は、セーヌ河の南側なので、ル・ブールジェ空港からは遠い。つまり安
い。でも各国の招待武官とかもいつも泊まって、迎えの軍の車両もひっきりなし
にやってくるんだよね。
 RER(高速地下鉄)で出撃するも痛い目に遭う。前日、私のパリ旅行始まって
以来のCGDからの自然渋滞にはまってしまったんだが、地下鉄ストがあったら
しい。で、この国家の威信を掛けたイベント会場へと続くRERのBラインも止
まっていたらしいんだが、当日はひとまず動いていた。パリの地下鉄は、止まる
時は完全に止まる。管理職が出ての間引き運転などは無いと聞いていたが、とり
あえずCDG行きは動いている。ル・ブールジェはその手前なんだが急行は止ま
らない。
 所が鈍行が全然来ない。やむなく急行に乗ってゾーン1の最後まで出る。そこ
で、そこが始発となる電車に乗り換える。帰りも同様で必ず乗り換えが入る。こ
の辺りでストの駆け引きがあったらしい。お陰で時間をだいぶロストする。

 いつもなら、会場内で配られている無料のニューズペーパーが今回はナシ。プ
レスデーの発行は無かった。規模の縮小がこんな所に現れている。フランスの主
催者側の焦りは相当なもので、今回初めて日本出発前にプレスパスが届いた。
 でも、米軍の嫌がらせはたいしたことなかったんだよね。ストライク・イーグ
ルはいるし、ロングボウもいる。DODのブースもあった。強いて嫌がらせと言
えば、いるはずのホーネットのEF型の姿が見えないことと、F-16のフライトデ
モが消え、事実上アメリカ製戦闘機のデモが一切無かったことくらい。
 でも全体的に、例年の半分程度しか地上展示機がいない。翌日はもう少し増え
たが、ロシアは練習機しか持ってこないし。だいたいこの頃のロシア勢はすっか
りオオカミ少年と化して、毎回毎回フランカーやフルクラムをリストに載せてお
いて来た試しがない。
 とても天気が良い。信じられない程。午後、コンコルドが飛んできたら記者連
中はみんな引き揚げてゆく。ユーロファイター・タイフーンがデモしている瞬間
だけ雨が降る。
 実は今回、ビデオで大失敗をやらかしてしまった。出発前々日にVX1000をチェ
ックするため、試し撮りをしてみたら、酷いブロックノイズが出る。フレームが
静止状態だと問題ないが、カメラを左右に振ると、途端にブロックノイズが出る。
 この時代のソニーのデジカメって、この手のトラブルが頻発するんだよね。ま、
前回のFarnboroughを終えて以来、録画機としては使っていないので、この手の
故障も仕方ない部分はあるけど。なので、ビデオはPC101Kのみ。パリは前回から
滑走路際に出られないようになったので、ま良いかと、諦めムードで撮る。
 会場内のプロ・カメラマン。どいつもこいつもみんな一眼デジカメ。フィルム
を全く見ない。というわけで、今日はそのEOS-10Dの話まで行き着けなかった。
ID: P0001213

日刊 大石英司の代替空港

大石英司
¥540(税込)/月
日刊(祝祭日・年末年始を除く) 今月20/28回(最終 2017/11/21)
PC・携帯向け/テキスト形式
バックナンバー
2017/10/31 日刊 大石英司の代替空港
2017/10/30 日刊 大石英司の代替空港
2017/10/29 日刊 大石英司の代替空港
2017/10/28 日刊 大石英司の代替空港
2017/10/27 日刊 大石英司の代替空港
さらに以前のバックナンバー一覧