高野孟のTHE JOURNAL

高野孟のTHE JOURNAL

  • 政治経済・国際関係ニュースの真相を知ることができる
  • 大マスコミにミスリードされない判断力がつく
  • 直接メールでメッセージや質問を送れる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高野さんといえば「インサイダー」編集長を長く務められていますが、いつごろ始められたのですか?

1975年の秋ですね。月2回発行のニュースレターとしてスタートしました。当然紙媒体ですよ。その時は私の先輩が編集長だったんですが、1980年に私が編集長になりまして、同時に発行主体を株式会社にしました。

政治経済・国際関係といったお堅いテーマを扱う本格派のニュースレター媒体としては日本では先駆的たっだのかもしれないですね。時代の潮流を斬るという文字通りジャーナリスティックなニュースレターということで。

ニュースレターという形式のものは、当時はいろいろあったんですか?

例えば銀行なんかが出しているちょっとした金融情報誌とか、総会屋が出してる裏情報満載、みたいなちょっと怪しいようなものも含めていろいろあったんですけど、真正面から政治だ経済だ国際だっていうのを扱っているものは僕らくらいだったと思いますね。きちんと分析して、独自の視点を繰り出していたので、「おお、こんな見方もあるのか」「新聞は同じように横並びに書いてるけど、インサイダーは違うな」っていう評価をいただいてましたよ。そのへんを売りにしていましたしね。

そもそもどうして雑誌ではなくニュースレターという形式を選んだのですか?

当時、アメリカではニュースレター産業っていうのが一大産業ジャンルだったんです。デザインも洒落ていましたし、総合的なものから専門的なものまで揃っている。「日本ではバラバラにはいろんなものを出しているけれども、ニュースレターっていうものはないね」なんて話していて、だったら自分たちがそういう本格的なものをやろうよっていうのが始まりでしたね。

最初は本当に頑張ってしこしことやってたんですが、けっこう評判になって、それこそ国会議員、大手新聞社の部長さんクラス、外国大使館とか、おもしろい読者がついてくれたんです、部数はそんなに多くなかったですけど(笑)。

だから当然儲かりはしないんですけど、読者の中にプロの情報通がたくさんいて、そういう方々と仲良くなって、読者が逆に情報源にもなってくれるという、紙の時代なのに“双方向型の情報のやり取り”が成り立っていましたね。問題意識のある読者の方が「こういうレベルの情報分析が欲しかったんだよ」ということで接近してきてくれたし、逆にこっちが聞きに行っても教えてもらえたりして、どんどん輪が広がっていくっていう状況でした。

高野孟さん

その後、ネット上でもサービスを展開されます。

80年代半ばにパソコン通信っていうのが始まったんです。その先駆がアスキーネットだったんですけど、以前から知っていたアスキーの西和彦社長といろいろ話していた時に、「これからはパソコンの時代だから、インサイダーの内容をアスキーネットに載せたらどうですか」と言われ、すぐにOKしました。

ところが初期のパソコン通信っていうのは、パソコン好きのマニアックな世界で、国際政治がどうした、日本経済がどうなる、なんてことにはまったく関心がないんだよね(笑)。インサイダーのネット版は有料で始めたんですけど、読者数はなかなか伸びずに苦戦しました。まあ、お堅いニュース分析をネットに載せたのは最初だったかもしれないですね。

そのあともネット上での活動は続けられたのですか?

1994年だったかな、日本でインターネットが解禁されたのは。アメリカでは1990年くらいにネットがビジネスに解放されたんですけど、日本は4~5年遅れて。

それじゃあということで、「東京万華鏡」っていう、たぶん日本で初のウェブ週刊誌を元NHK会長の島ゲジこと島桂次と一緒に始めました。島ゲジさんが、「俺が金集めるから、お前は編集のことだけ考えろ」って言うんで、「わかりました」って(笑)。島ゲジさんといえば、NHKの天皇って言われた男ですよ。営業なんか一度もやったことのないおっさんです(笑)。

その島ゲジさんが、ある企業の会長のところに行くからお前も来るかって言うんで、ついて行ったことがあったんです。そしたらいきなり会長室に入っていって、「おい、金出せ」って。「島さん、それじゃあ強盗ですよ」って言ったんだけど(笑)。まあ彼のおかげで名だたる大企業10社ぐらいがバナー広告にお金を出してくれました。

その翌年、1995年の阪神大震災が起きると、日本語と英語両方で展開していたこともあって、世界中からアクセスが殺到しました。スリランカの学生から「何かできることはないか」とか、アメリカのドクターから「こういう時は子どもの精神的ケアが一番大事だけれど、日本ではそういう体制ができているのか」とか、そんなこと言われてもわかりません、みたいなものがワーッと集中しましたね。

もともとウィークリーでやってたわけですが、その時はみんな徹夜でデイリーで出しました。ようやく一段落ついて週刊ペースに戻そうとしていた時に、サリン事件が起きた。戻す間もなくデイリーですよ。

そんな感じで忙しくしていたんですが、数年して島ゲジさんが亡くなられて、それまで彼の「おい、金出せ」でやってたわけですから、スポンサー集めが厳しくなってきてしまった。それで、今の「ザ・ジャーナル」につながる、ウェブ・ジャーナリズム、後にはブログ・ジャーナリズムというものをやってみようじゃないかっていうことでいろいろ試行錯誤を続けてきました。

その「ザ・ジャーナル」のメルマガ版を出していただいているわけですが、どういった内容になるのですか?

国際的な大きなニュースや国内外の政治経済について、独自の視点を打ち出しながらやっていこうと思っています。例えばオバマが重大な発表をしたら、その裏にはこういう意図が隠されているんだとか、北朝鮮の体制チェンジはどうなるだとか、そういうことにも目配りしていきたいですね。

今は世界も日本も大変な危機というか転換期で、今までの常識は通用しなくなって、羅針盤のない航海を強いられる時代です。マスメディアはますます衰退してほとんど役に立たない。そういう中で、私は私なりの視点による分析を強く押し出して行きますので、それを羅針盤にしてくれとは言いませんが、読者の皆さんが自分で行き先を見つけていくための参考にしてほしいと思います。

高野孟さん

どういうふうにこのメルマガを読んでほしいですか?

そうですね、とにかく独断と偏見で、「こうだ!」って書いちゃいますから、それを批判的に読んでもらいたいですね。「この視点は面白いけども、これはちょっと違うんじゃないか」といった、自分自身の問題意識をかきたてていく刺激になるような読み方です。

一番困るのは、結論だけ見て「賛成だ」「反対だ」と言って終わってしまうことで、そうではなくて、この筆者はどういう思考回路でこういう結論に辿りついているのだろうか、自分はここのところをこんな風に考えて、別の結論に向かうけどな……といった、思考ゲームを展開するようなつもりで読んで頂ける読者が、昔からそうなんですが、私にとっての「いい読者」です。

特に若い方々に読んでいただくと、マスコミのくだらない情報の中をどう泳ぎ渡っていくかっていう作法が身につくんじゃないかと思いますし、そういうふうに役立ってほしい。そういうつもりで書いていきたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高野孟さんプロフィール

1944年東京生まれ。早稲田大学卒。通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任。94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊。2002年に早稲田大学客員教授に就任。05年にインターネットニュースサイト《ざ・こもんず》を開設。08年に《THE JOURNAL》に改名し、論説主幹に就任。現在は千葉県鴨川市に在住しながら、半農半ジャーナリストとしてとして活動中。

  • 対談
  • ジャーナリズム
  • ビジネス・経済
  • エンタテインメント
  • ライフ
  • スポーツ