ヒマラヤ聖者ヨグマタ相川圭子の「本当の自分に出会う旅」

ヒマラヤ聖者ヨグマタ相川圭子の「本当の自分に出会う旅」

  • ヨグマタからの愛のメッセージが届く
  • ヨグマタがあなたの質問に直接答える
  • 瞑想秘法伝授の本当の体験談が読める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国連・インド政府が認めた究極の瞑想に導く日本人

マインド・フルネスという言葉が当たり前のように使われ、関連書籍も次々と発売され、瞑想ブームと言われる昨今。でも、その瞑想のマスターとして、世界でもっとも尊敬を集めている日本人がいるのはご存知だろうか?

それが、まぐまぐから有料メルマガ「本当の自分に出会う旅」を発行している、ヨグマタ=瞑想の母・宇宙の母だ。ヨグマタさんは、ヒマラヤでの修行を経て、世界で二人しかいないインド政府が公認したサマディ(究極の瞑想)・ヨガマスターとなった。その著書には、ダライ・ラマが推薦文を寄せ、国際ヨガデーでは、NYの国連本部で平和へのスピーチを行うなど、世界中で尊敬を集めている。そんなヨグマタさんに究極の瞑想について語っていただいた。

ヨグマタ相川圭子さん

ヒマラヤで体験した究極の瞑想

──ヨグマタさんは、どういう経緯でヒマラヤの秘境へとたどり着いたんですか?

長い話になるかもしれないけど(笑)。私は昔から普通の女になりたくないなと、自立したいなという思いがあったのね。だから、高校も工業高校に行ったり、就職したんだけど、辞めて大学に行き直したりして。気持ちだけは大きくて、何者かになりたくて、技術を身に付けたいってずっと勉強をしていたんですよ。ただ、ちょっと体が弱くて、結核にかかって。

それから踊りとかヨガとか、体を動かすようになったんです。当時は、誰もそういうことをやらなかったんですね。でも、ヒーリングや心理学、精神分析などを、海外にも行って勉強していたんです。いつももっと上へ行って、皆に良いことを教えよう教えようと思って、色々勉強してたんですよ。そのうち「ヨガを教えて」と頼まれるようになって、東京都内の50か所以上のカルチャーセンターで、ヨガを教えるようになったんです。そのうち本を出したり、色々な場所で講演して。それで、テレビ局の番組の収録を手伝う機会があって、パイロット・ババジ(大聖者)にお会いして「ヒマラヤに修行に来ないか」とお誘いいただきました。

──ヒマラヤに行くとすぐに決断できたんですか? 普通は「ハイ行きます!」とはならないのでは?

やっぱり真理を知りたかったから。それまでも体を治すことは研究していて、ありとあらゆるテクニックを学んでいたんです。でも、疲れるじゃないですか(笑)。ヨガだけでなく、心理学や色々な療法やボディーワークを勉強して、柔道まで習おうと思っていたから。それを全部やっていたら、しんどかっただろうし。でも、ヒマラヤに行くことで、そういう勉強ではなくて、自分が愛を持つことが一番なんだって気づいたの。身体の動きや心理を一つずつチェックして研究するのではなくて、自分が愛を持つことで皆が癒される。その真理、その究極の悟りがサマディなんです。

無償の愛につながるヒマラヤ秘境の教え

ヨグマタ相川圭子さん

──凡人なんで、そのサマディに至った状態が想像つきませんが。

ヒマラヤに行って、サマディに入ったら、全部よくなっちゃった。全部ゼロになっちゃった。生まれた状態になるというか、すべてを設計し直すみたいな感じです。全部の歪みが取れちゃうんです。でも、ヒマラヤに行く前は、どうやったらその状態になれるのかを、ずっと研究していたわけですよ。たとえば、思考がねじれたら、ちょっと過去に戻って紐解かなくちゃいけないでしょ。転んだ時の恐怖を、転ぶ前に戻るというような。トラウマの前に戻った状態を思い出すということね。でも、どこでトラウマになったかが分からない病気もある。性格に何か傷があって、そこから苦手になったとかね。苦手だというトラウマを取るには、心理的に取る場合と、身体で取る場合と、ディバイン(神のエネルギー)で取る場合と、本当は色々あるんです。でも、普通の人は見えるものしか分からない。神様とか言っても信じないですよね。

でも、この間も瞑想秘法伝授(ディクシャ)受けて、まだ3カ月くらいで合宿に参加した人が、「朝起きるのが本当に苦手で、長年朝起きれなくて、放っておいたら8時、9時、10時になってしまっていたんだそうなんです。まあ、その方は本を書いたりしている人だから、それでもよかったけれど、もう起きるたびに、毎日自己嫌悪だったと。それが、合宿後、パッと朝6時に目が開くようになって。シャキッと起きてそのまま瞑想できるようになった」と言うんですね。いつも奥さんに起こされていたのが、今は奥さんを起しているということで。
ディバインのパワーで長年の寝坊の癖が治っちゃった。どんな健康法、自己啓発をやっても、それは自分でコントロールしようと思ってるから治らない。どんなことをしても何十年も治らないんですよ。何十年も治らない癖が治る。それは違うエネルギーなんですね。

その方は、合宿後は、それだけでなく、1か月間の仕事の売り上げが3倍、4倍近くになって、今まで過去の中でベストだったそうなんですね。奥さんと一緒に合宿に出たんですけど、「あーヨグマタ効果だ。有難うございます」って、先日お礼を言われて・・・。

ヒマラヤ秘教ではディクシャというのがあって、瞑想の秘法を伝授するのね。その時にタッチしてあげるわけですよね。それだけで、今まで感謝できなかった人に感謝できるようになったりするんです。でも、それは何ですかって言われても、理由が分からない(笑)。何か色々信じられないかもしれないですけど。

そういう人は、感謝よりも不平不満のほうが多かったわけです。それが消えちゃう。ネガティブなものが消えちゃうんです。高次元のエネルギーで溶けちゃう。たとえば夫婦喧嘩したりしてもハグしたら治っちゃうこともあるじゃないですか? 浮気したとか言われて「いや、違う」とか説明したり、奥さんにプレゼントしたりするけど、疑いは晴れないわけですよね。だけどハグしたらほぐれるかもしれないじゃない。犬とかイルカとか、アニマルセラピーもあるくらいだから、人間からもらえる愛は強いですよ。

誰もいない時に病気になると不安になりますよね。でも、励ます人がいたり、抱きしめる人がいたら安心して病気が早く治るんです。だけど不安になると、どうしようという緊張して、心臓の鼓動も速くなるだろうし、細胞も緊張するだろうし、ホルモンの出も悪くなるだろうし、もっと悪化しちゃうわけですよ。誰かに「大丈夫」って言ってもらえれば、それだけでも生理的にも変化が生じるでしょ。親なら安心できるというように、信頼できる人に囲まれていると安心しますよね。やっぱり愛は大事なの。「これも嫌い、あれも嫌い」って言ってると、ドンドンと閉じていってホルモンの出も悪くなるし、内臓の働きも悪くなるし、神経の働きも悪くなるしで、病気になっちゃうでしょ?

でも、皆さんは、頑張り過ぎて気を遣ってる愛だから消耗しちゃうの。でも、ディバイン(神)の愛のエネルギーにつながっていれば、それは無限の愛だから。頭で考えた「マインド」を使った愛だったら疲れちゃう。それは人から良く思われたいという、ギブ・アンド・テイクの愛で、無償の愛じゃないから。そうやって愛も進化していかないとならない。良く思われたい愛とか、見返りを期待する愛とか、褒められたい愛とか、全部マインドの愛でしょ。

無償の愛に進化させていくには、根源に繋がれればいいわけです。それには修行をして自分を見つめて、甘えとかエゴを落とさないと。でも、エゴってなかなか落ちないから、神様にゆだねる、根源にゆだねる、というのも必要なことなのね。普段は見えない存在にゆだねるとか、生かされているとかって思わないでしょ。「『自分、自分』って何でも自分でやってるって、頑張ってる」って言うから、疲れちゃうんですよ。だから頑張るエネルギーも「ありがとうございます」って、いただいていると思えれば、大丈夫なんだけど、「自分、自分」って頑張ってると、やっぱりエネルギーが枯渇しちゃって、うつになっちゃう。

体をどう動かしたらいいか、心はどう使ったらいいのかっていうのを、私は教えているんですね。瞑想していくと自分を愛することも大切、周りを尊敬するのも大切というように、いいエネルギーの使い方、心の使い方をしていく。そうすると調和が取れて充電されて、エネルギーを消耗しないで生きられるの。ただ頑張ればいいとか気を付ければいいというのではなく、どうしたらいいかと学び直していく。それがヒマラヤ秘教の真理の教えで、悟りのレベルからの知恵なんです。

意外に危険な瞑想ブーム

――今、瞑想がはやっていますが、瞑想にはどんな効果があるんですか?

頭で考えるマインドの奥には、本当は純粋なエネルギーの存在があるんです。そういうマインドを浄化してクリアにして、空っぽになるのが瞑想です。瞑想をすると本質的な静寂とか平和が表れてきます。本当の自分はすでに満ちている存在なので、自然に心が満ちてくる。でも、それはヒマラヤの秘法をもらって、エネルギーをもらってやると早いんですね。早く心をキレイにできる。

自己流で瞑想をやったら危ないんです。実際にそういう人もいたんですよ。本を読んで瞑想をやってて、何かに集中して一生懸命やることがいいと、その本には書いてあったんだそうです。頭を使って想像したりしないで、何かをひたすら一生懸命やる。でも、それをやり過ぎたかどうかは知らないけれども、3ヵ月それを続けて25年間精神病になりましたという人が私のところに来たんです。本来は瞑想は考えないためにやってるんだけど、それにとらわれ過ぎちゃって、「やらなきゃ、やらなきゃ」という状態になっちゃう人もいるんです。それで薬を飲んじゃったりすると、何十年もその状態が続いたりすることもある。だから自己流の瞑想は怖いんですよ。マスターがいない状態で、自分一人で瞑想をやっても、そこには愛がないんですね。瞑想のテクニックだけだから、励ましてもらえないし、頑張り過ぎちゃってやり過ぎてしまう。

ヨグマタ相川圭子さん

――今はビジネスマンにも瞑想がブームになっていますね。

やっぱりビジネスマンは心を日々使っていますからね。上司に気を使ったり、家庭サービスもやらないといけないし、安らげなくて、マインドがずっと動きっぱなしだと思うんです。それをお酒を飲んで忘れたり、タバコを吸ってほっとしたりして。でもそれは頭を麻痺させているだけなんです。瞑想して頭がリラックスするほうが、欲もなくなるし、充電もされます。

普段、頭をガチャガチャと使ってるわけだから、休ませればいいんです。そのままでは寝ても夢を見たりして、安らげない。瞑想というのは、自分のマインドを使わない人になって、マインドをリラックスさせて、さらに根源のパワーを引き出していく営みなんです。マインドを整理して空っぽにして、今にいて、頭を使わないことで充電される。

ビジネスマンの皆さんは、競争社会の中で、のんびりすることがなくて、先のことを心配したり、過去のことにとらわれたりして、常に何かをしなくてはいけない状態なんです。頭を使い過ぎているのに、自分の力でマインドを休めることができないから、お酒の力を借りたり、娯楽番組を見たりして休もうとする。でも、まだマインドは動いてるわけですよね。

だからこそ、自分のマインドをよく知っていかなくちゃいけないんです。自分=マインドだと思ってるものが、本当の自分はマインドじゃないんです。そのマインドを超えたところに本当の自分があるんですね。マインドは道具に過ぎないんだけど、主人公になっている。自分が主人でマスターとなって、マインドをコントロールできるように進化していかないと、いつもマインドに翻弄されて、安らぎがなくなるんです。

特にビジネスマンは、業績を心配したり、横の人間関係を心配したり不安でしょうがないでしょ。マインドも消耗するので疲れちゃう。マインドをリラックスさせるといってもできないわけですよね。楽しく瞑想をやったら、閃きも起きるし、もっと正しい考えが出てくるようになるんです。

どの人も、マインドにイライラや疑いやコンプレックスを載せて外に出しちゃうから、人間関係もうまくいかないし、仕事もうまくいかない。そういうものが根源から癒されることで、人を許す気持ちが出てきたり、人を理解できたりして、相手の立場に立って考えられるようになるんです。イライラがなくなることで、疑問がはっと解消されたりするんです。

イライラがあるのは、色々なものに執着してるんですね。与えたくないと思って閉じているんです。だからそれを手放すんです。悟りの道にも布施をしたり、最初に手放す練習をしますよね。自分が行為をしたこと、これまでの行為の集積が、今のマインドを形成して思考しているんです。初めに捨てるととらわれなくなります。

「自分、自分」っていうマインドにいるときは、自分のことしか考えていないんです。そこに隙間ができると「相手も大変なんだな」と理解できたり許すことができるんです。自分が「苦しい、苦しい」自分が「大変、大変」と考えていると、自分だけが頑張っていると思って、相手を理解できない狭い心になっちゃうんです。瞑想することによって、相手の立場も理解できる人になるんです。でも、先も言ったように、最初が肝心なんです。正しい瞑想をしてください。

――でも、時間がないから手っ取り早くやろうっていう人も多いですよね。

ゴルフでも適当にやってダメだったらもう打てないでしょ? ちゃんと正しく楽しめるように教えてもらうと、最初は全然できなかったことができて楽しくなる。だから馬鹿にしないでやらないといけない。

それと、よく知っている先生に習ったほうが、私はいいと思います。元々、皆さんの中にも神様というか、根源の存在があるんですね。生きたマスターがいると、その神様に橋がかかるんです。普段はそこにマインドが覆ってるから、そこからの光が届かないの。自分の心で色々と頑張って考えても消耗しちゃうんですよ。根源の存在につながる、そのエネルギーをいただくと、そこが活性化してルートができるわけ。そこの鍵を開けてあげるのが私のようなマスターの役割なんです。

マスターがいなくて、自分だけで瞑想すると、悪い側のトラウマみたいなエネルギーにつながってしまうことがあるんです。良い光が見えればいいけど、ゴミばっかりが見えちゃうこともあるんです。今まで外を向いていたから気がつかなかったけど、自分の内側にはずっと思考が積み重なっているのね。それは気づきではあるんだけど、いい体験ばかりじゃないわけです。悪いことも思い出すじゃないですか。自分が目を閉じてあの時こうだったとか思い出すでしょ。小さい時の嫌な体験とか。そういうのを理解して「それも含めて学びなんですよ。体力が付いたら自分で心のゴミを片付けようよ」と言ってもらえれば、勇気が出るけど、自分はダメなんだって責めちゃう人もいるでしょ。潔癖症の人だったら早く良くなりたいとか欲の心が出ちゃう。

そういうのを時間をかけて理解していく必要があるの。でも、どれだけやったら空っぽになるかは分からないじゃない。「まだだ、まだだ」とか言ってやっていても「そういうものは、ずっとあるものですよ」と言われて仕方がないと思えるかどうか。心は死なない限りあるわけだから、その心をコントロールして、あっても気にしないというようになればいいの。

世界で活躍するヨグマタが見る未来とは

――ヨグマタさんは、世界ですごく活躍されてるじゃないですか? 日本よりもたぶん世界のほうが有名じゃないかなって思ってるんですけども。

いやいやまだまだです。国連でも世界を平和にしたいということで、瞑想をやってる人もいるんです。けれども世界でも瞑想の指導者がいないんですよね。正しい指導者が。

私は究極の体験までしているということで、国連で特別に取り上げられたんですね。世界中でヨガというか体操はやってるんだけども、でも体を動かすんじゃなくて心をストップさせて無心になって、奥に何があるかという、根源と一体になるっていう真理に到達するっていう本当の瞑想の意味までは伝わっていない。ヨガって本来は結ぶという意味なんです。それは調和が取れて一体になることなんです。体操をするのは、精神統一するための準備に過ぎないんですよ。それが単に体の健康だけじゃなくて、心をコントロールして心を超えていく道なんだということが伝わっていないんです。

瞑想も流行っているかもしれないけれど、単にリラックスするだけで、愛の人になる、平和な人になるというところまでは、まだ行き着いていないんです。やっぱり正しい先生が必要なんですね。

世界の平和と言っても、やはり色々価値観が国ごとに違って、すごく争っている。価値観が違うとエゴが取れないんですよね。ディバインの愛で溶かすことができて、宇宙的な価値観に近づける。本当の個人のカルマによる価値観とか国のカルマとか、社会のカルマとか、そういうものを見つめて気づいて愛で理解して、溶かして、空っぽになれれば、違いにこだわらない調和の取れた世界になる。一人一人がそういう風に自分の中に静寂と調和と愛を取り戻していくと、世界は平和になるんじゃないかと、国連でも瞑想の指導をしているんですね。

―――最後に、ヨグマタさんのメルマガはどのような内容になるんでしょうか?

人間はせっかく生まれてきても死んでいく存在なんです。真理に出会って、本当の生き方、豊かな生き方、自分の体を清めて心を清めて意識を進化させてほしい。それで世の中が平和になって皆が幸せになれる。そういうメッセージを毎号伝えていきたいと思います。

ヨグマタ相川圭子さん

世界中で認められたヒマラヤ聖者。でも、どこかで安心させてくれる不思議な存在。「毎号取っていただけたら、幸せなエネルギーが伝わりますよ」と茶目っ気たっぷりに語ってくれたヨグマタ。幸せを掴みたい方はこちらからご登録を。初月無料で楽しめます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒマラヤ聖者 ヨグマタ相川圭子さんプロフィール

女性で史上初、最終段階のサマディ(究極の悟り)に達したシッダーマスター、ヒマラヤ大聖者。現在、下界で会える世界でたった2人のシッダーマスターのひとり。仏教やキリスト教の源流である5000年の伝統を持つヒマラヤ秘教の正統な継承者。1984年、伝説の大聖者ハリババジに邂逅。毎年標高5000メートルを越えるヒマラヤの秘境にて死を超える究極のサマディ修行を成就、神我一如に何日もとどまり、真理を悟る。 その後1991~2007年の間に計18回、インド各地で世界平和と真理の証明のための公開サマディを行い、2007年、インドにて、最高指導者の称号「マハ・マンドレシュワリ」(大僧正)を授かる。インド、ネパールでチャリティ活動、日本をはじめ欧米などでも法話と祝福を授け、サマディパワーと瞑想秘法を伝授(各種ディクシャ)。幸福と悟りの各種瞑想研修と合宿を開催し、世界平和のためのワールドピースキャンペーンを推進。

  • 対談
  • ジャーナリズム
  • ビジネス・経済
  • エンタテインメント
  • ライフ
  • スポーツ