河合薫さん まぐスぺインタビュー

デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』

  • 他のメディアには出ない河合さんの本音が読める
  • 生き方・働きかたを考えるきっかけになる
  • 河合さんに直接質問ができる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元ANA国際線のCAであり「ニュースステーション」の初代気象予報士としても知られる河合薫さん。現在は健康社会学者として大学で教鞭をとるだけでなく、執筆や講演、コメンテーターなども務めている。そんな河合さんが2016年11月に『デキる男は尻がイイ-河合薫の「社会の窓」』というメルマガを創刊した。一風変わったこのメルマガタイトルに込められた意味とは?そして河合さんが研究する健康社会学とは?ご本人にたっぷりとお話を伺った。

●『デキる男は尻がイイ』に隠された深い意味

――2016年11月に創刊した河合さんのメルマガですが、まずはメルマガを始めようと考えたきっかけを教えていただけますか?

河合:色んなサイトで文章を書かせてもらっているのですが、もっと読者と正面と向合いたかった。無料で誰でも読めるコラムだと、いい意味でも悪い意味でもコメントが荒れます。本当は「自分」の問題なのに、他人事になりがちなんです。

私がやっている健康社会学にある「健康」っていうのは、別に肉体的なことだけじゃなくて、社会的健康であり、あるいは精神的健康でもあるんです。つまり、誰もが「こうありたい」と思う姿を追求する社会学ですから、全ての人にとって足元の問題を専門にしてるんですね。だから自分のコラムに対しても、「河合さんの窓からはそういうふうに見えるけども、自分の窓からはこういうふうに見えるよ」っていう意見をもっと聞きたい。そして、書いて終わり、ではなく、そのコメントを読んだ人も私も「ああ、そういう意見もあるよね」と学び、「でも……」といった議論が活発にできるようなプラットホームを持ちたいっていうのは、以前からずっと思ってたんです。

社会にある問題って、小さなことからコツコツとやっていかないと解決しないんです。過労死の問題も育児の問題も介護の問題も、「明日は我が身」です。GDPやら経済成長、トランプ大統領就任で世界はどうなるだとか、そういう大きな問題ばかりがよく取り沙汰されますけど、みんなが本当に苦しんだり不安やストレスを感じてることって、やっぱり自分の足元の問題。今日どうするか、明日どうするかっていうことですよね。そういった問題について、自分が発信するだけじゃなくって、色んな人からの意見を聞きたいし、みんなにちゃんと考えてもらいたいっていう気持ちはすごくありました。

河合薫さん1

――より濃厚なやりとりといいますか、真剣度の高いリアクションを求めて、ということでしょうか?

河合:真剣というよりホンネ。普段書いているメディアでは書けない、ここでしか言えない私の本音の部分みたいなものも書いていければと。……例えば今こうしてインタビューを受けている時は、「河合薫スイッチ」が入ってるんですけど、そのスイッチを切った時の私は、皆さんと同じようにすごい不安を抱えていたり、悔しい思いをしたり、あるいは泣くこともあれば、怒ることもある、キレることもある。そういったこともちゃんと書いていくことで、同じような問題を抱える人たちが「なんだ、河合薫もそうなんだ」「私もこれでいいんだ」と思ってくれたりとか、そういったことも分かった上で向き合えればって思ったんです。

――そういった思いで始められたメルマガですが、実際に始めてみていかがですか?

河合:自分でハードルを上げ過ぎちゃって、もう大変です(笑)。ワンコインで気軽に読めるものをっていうことで始めたんですが、お金を出してもらう以上は、ちゃんと価値があるものを、役立つようなものを、ちょっと笑えるものをって、読んでくれる人の顔を思い浮かべて考えていたら、結構なボリュームになってしまって……。

一番最初にメルマガを出した後は、「こんなのずっと1人で続けていくの無理」って泣きそうになってたんですけど、そんな私を見透かしたように「ちゃんと読んでますよ」っていうメールがすぐに来て。救われたし、本当にうれしかった。涙がぼろぼろ出ちゃうぐらい。その後も、配信を重ねるごとにすごいボリュームの相談なども届いたりして……。掲載するために短くするのが大変なんですが、うれしい悲鳴です。読者のホンネのグチャグチャの相談がモチベーションになってますね(笑)。

――ところで『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』というメルマガのタイトルですが、とてもインパクトがありますよね。一体どういう経緯で決まったんですか?

河合:デキる男って、本当に尻がいいんですよ。プリッとしてるってことじゃないですよ(笑)。例えば一緒に仕事してて「この人デキるな」とか「手ごたえのある人だな」って思う方っているじゃないですか。そういう人って、立ち上がってドアから出ていったりとか、「じゃぁ、また」って言って後ろを振り向いた時に、お尻が絶対にいいんです。鍛えてるお尻というわけではなく、キュッとしてるというか、周りの空気も含めてぼよよーんとしていないというか。……説明がしにくいんですけど、お尻の雰囲気が必ずいいんですよ。

河合薫さん2

そういう人は、お尻だけじゃなく、例えば仕事の締め方がキレイだったり、メールのやりとりがよかったり、お金の払い方がよかったりと、そういった色んな意味での尻がいいんですよね。……そんな話を打ち合わせのときにしていたら、まぐまぐのスタッフが「タイトルはそれでいきましょう」ってことになったんです。

でも、これって健康社会学とも通じるところがあるんです。お尻って、回りの人には見られるけど、自分じゃ見えない。健康社会学は、自分自身をとりまく周りの環境から「自分」を捉える学問なんですね。「社会の窓」を通じて自己を見つめます。……「尻」と「社会の窓」なら、前と後ろっていう意味でもイイかなって。ただ最近は「社会の窓」はすっかり死語ですから、30代後半の人じゃないとピンと来ないみたいなんですよ(笑)。

●健康社会学へと辿り着いた奇妙な道筋とは

――先ほどのお話の中にも少し出たんですが、河合さんが研究されてる健康社会学という学問について、どういうものなのか教えていただけませんか?

河合:健康社会学って、心理学と比較すると一番わかりやすいんですね。心理学は簡単に言うと、究極のところ自分自身が強くならなくちゃいけないんですよ。自分が変わらなくちゃいけない。いきつくところは自分で、自分が強くなって、どうやって前に進んでいくのかをゴールにするのが心理学です。

いっぽうで健康社会学は、へなちょこな自分でイイんですよ。どんなに強くなれって言われても強くなれない、「何か目標持てばイイ」と言われたって、どんな目標持てばいいのかさえ分からない。どんなに「自分を信じることが一番」と言われたって、自分は本当にこれでいいのかって不安だらけになる。そんなへなちょこな自分でも、この会社であれば、この人がいれば、このチームがあれば不安だけども一歩前に踏み出してみようって思える環境をゴールにするのが健康社会学です。人は環境で変わります。環境が人を作るというのが、健康社会学の考え方です。

ただ、環境というの必ずしも、自分の都合のいい環境ばかりではありません。でも、自分を取り巻く環境を、真正面からだけじゃなく横から見たり上から見下ろしたりすると、「あ、こんな面白いところがあった!」と気付くことがある。あるいは自分のちょっとした行動が環境を変えることもあります。だからこそ「自分が見ている社会の窓」だけではなく、「他の人の社会の窓」から見える景色を知る必要があるんです。さまざまな窓からのぞいてみることで、環境と自分との関わり方って変わるんですよね。健康社会学は「大変なこともあったし、全ては思いどおりにはいかなかったけど、意外といい人生だったな」と思える生き方を追求する。究極の悲観論の上で成立する楽観論。それが健康社会学です。

河合薫さん3

――この健康社会学とは、昔からある学問なんですか?最近できたものなんですか?

河合:私の専門としている健康生成論に基づく健康社会学は、米国のイスラエル系健康社会学者アーロン・アントノフスキーの理論に基づき、1970年代から広まりました。健康生成論というのは、ひとことでいえば「病気じゃない=健康」ではない、という考え方です。それまでの医学の世界では、病気にさえならなければ人は健康は健康になれるとかんがえられていたんですね。

でも、病気でもイキイキと生活してる人もいるし、肉体的には健康なのに元気じゃない人もいる。アントノフスキーは人が健康でいるためには「元気になる力」が必要だと考えた。たとえば、がんを患っていても元気な人はいるでしょ? あるいは、残業が続いてもその仕事が終ったときに、「うぁ〜ビールが旨い!しんどかったけどがんばったな!」って思えるときってありますよね?

そういう時って、大切な人が地近くにいたり、同じ方向を向いてふんばる仲間がいたり、仕事が意味のあるものだったり、それなりの報酬が得られるものだったり……。そういった「元気になる力」が存在する。

一方、自分をきにかけてくれる人もいない、一緒にやる仲間のもいない、意味不明の仕事、信じられないほどの低賃金だったら、残業で心身蝕まれていって疲れ果てる。人が生きていくには「元気になる力」を増やすことが大切なんです。

ストレスや困難は雨だと考えてください。雨が降ってきても、傘があればぬれずにすみます。この傘の役目をするのが「元気になる力」です。傘をちゃんと準備して、雨をやりすごすことができれば、ストレスは成長の糧になる。雨上がりに草木が成長するのと同じです。

人生もそれと一緒で、生きてりゃ辛いこともあるんですよ。人生晴れ続きなんて、どんなに恵まれた人でもなかなかないんです。だから雨を無くそうと考えるんじゃなくって、雨をしのぐ傘……「元気になる力」を持っておこうと。雨は必ずやみますから。地球上に24時間365日、ず〜っと雨が降り続いてる場所はありません。止まない雨はありません。必ず太陽の光りが差し込みます。

――そんな健康社会学に、河合さんが出会ったきっかけとは何だったんでしょうか?

河合: CAをやっていた時に「自分の言葉で伝える仕事がしたい」って強く思って、CAを辞めました。その後に飛び込んだお天気の世界で、気象予報士の第1期生になり、『ニュースステーション』に出演することになった。そこで「生気象学」という学問に興味を持って、お天気コーナーの中で取り上げたりしていたんです。……生気象学というのは、例えば晴れている日は朝から気分がいいけど、逆に雨がずっと降ってると気が滅入るとか、あるいは花粉が飛んで来て具合が悪くなるとか、そういった天気によって人間の心とか身体の調子が変わるというのをテーマにした学問なんです。

『ニュースステーション』で4年間、その後TBSにお引っ越しして4年間やってきて、『体調予報―天気予報でわかる翌日のからだ』という一冊の本にまとめて出版しました。その延長線上にあったのが、健康社会学です。

確かにお天気で気分や体調は変わりますが、人間関係とか仕事とか、あるいは家族のことやお金のこととか、そういうことで悩んだり楽しんだりするわけで。天気っていうのはあくまでも人の周りを囲む環境のひとつでしかない。じゃぁ、他の社会的な様々な環境要因が人間の心や身体にどう影響するかを知りたい。もっと自分の言葉を持ちたいと思った。当時、東大の医学系研究科に健康社会学という研究室があり、そこを受験しました。

でも、社会人入試制度などないし、東大の研究室は研究者、世界に通じる博士を目指す人間しか採らないと言われた。事実上、門前払いです。ところが研究室の先生が私が書いた『体調予報―天気予報でわかる翌日のからだ』を読んでくれて、「あなたの本は面白い」「あなたみたいな人はすごくいい研究ができると思うから、試験を頑張りなさい」って言われたんです。

河合薫さん4

――でも、テレビなどのお仕事をやりながらの受験勉強は、大変だったんじゃないですか?

思い立った時点で試験は2か月後だったので、地獄でした。その頃は朝の番組をやっていたんですが、朝2時起きで局に入って、朝8時半に仕事が終わった後は、ずっと勉強。結局、最後まで受かる自信はなかったんですが、いざ試験を受けてみると、英語論文のテーマがCA時代から縁深かった「エコノミー症候群」だったりとラッキーが重なって、なんとか合格できた。そういった偶然が味方してくれました。

最初は修士課程しか行く予定がなかったんですが、「博士まで行ってちゃんと学ばないと、自分の言葉なんか持てない」と思って、それで今に至っているというわけです。……

私自身も、環境の中で変わってきてるんですよね。ちゃんとした研究者を目指している研究室のみんなを見て、「修士だけじゃダメだ」って思い立ったわけですからね。

人生は想定外の連続です。

気象予報士や博士になるだなんて、CAをやっているときは想像したこともないですから。でもCAを振り出しに色々な経験を経て、思いもかけない今の自分につながった。環境で変わり、大変なことも元気になる力で乗り切った。まさしく健康社会学です。

人は環境で変わるし、環境を変えることもできる。おもしろいですよね。健康社会学って今の時代に必要な学問だと思うんです。

自分の中に行き詰まりを感じていたり、変わりたいと思いながら変われなかったりといった悩みを抱えている人に対して、元気になる力のことを伝えたい。「私も一緒だよ」「みんな一緒に社会の問題考えてみようよ」「あなたにも他の窓あるんじゃないの」ということを言いたい。そんな気持ちが、ものすごくあるんですよね。

――これまで色々な職業に挑戦して、どんどん自分を変えていらっしゃる河合さんですが、その原動力となるものは一体なんでしょうか?

河合:出会った人たちですね。最初の全日空の先輩たちから始まり、気象会社の気象庁OBのおじちゃんたち。テレビに出演するようになってからは、『ニュースステーション』の久米宏さんや制作スタッフや視聴者のみなさん、そして大学院に入ってからは先生や院生の人たち。それこそ最近なら、メルマガを初めて配信した直後にメールをくださった方たちとか。そういった人たちが「頑張ろうよ」「もっと世の中に発信していこうぜ」って後押ししてくれる。そういう、傘を差し出してくれる人たちがいることで、ここまで来てるんですよね。

ただ、ひとつだけ決めてるルールがあります。

それは最後まできちんとやり抜こうっていうことなんです。

河合薫さん5

期待したような結果につながる、つながらないにかかわらず、傘を差し出してくれた方がいるんだから、きちんと真面目にやり抜こうって。その繰り返しです。

世の中捨てたもんじゃなくって、腹の底から真面目にきちんとやっていると、ちゃんと見ていてくれる人がいるんですよね。そういう人がまた声を掛けてくれる。何度も「あー、もうダメだ〜」ってなるんですけど、不思議とそういうときに「ちゃんと見てるよ」とメッセージをくれる人がいる。しんどい雨が降り続くようなことがあっても、やがて晴れ間が出る……、人生ってその繰り返しなんですよね。

――こうやってお話を聞いていると、健康社会学というのはすごく優しさにあふれた学問なんだなぁという気がします。

河合:そうですね。ただね、傘を借りても傘を持つのは自分自身です。もちろん、傘が重たければ手を添えてもらえばいいんですけどね。あるいは、雨の中で一歩踏み出すのは自分自身。なかなか踏み出せないなら背中を押してもらう、あるいは手を引っ張ってもらう。つまり、傘の貸し借りをするということは、人生の伴走者を得るってことなんです。

おそらく誰もが、周りの人と傘の貸し借りができる関係になれればいいなって思ってるはずなんですよ。私自身、雨に濡れてる人の傘になれたり、元気な人のちょっとしたビタミン剤になれたらいいなっていう思っています。これもメルマガを配信している動機のひとつなんです。

●河合薫が送るおじさんへのエール

――河合さんのメルマガといえば、中高年の男性を題材に現代社会の生き方や働き方を論じていく連載企画「他人をバカにすることで生きる男たち」が、とても興味深い内容で面白いのですが、このように河合さんが他の媒体も含めて「おじさん」をよく取り上げるのには、何か理由があるのでしょうか。

河合:うーん、あんまり意識したことがないかもしれない(笑)。でも「生気象学」を学んでいたときに、「おじさんは正しいな」って思ったことはあって……。

例えばおじさんっておしぼりを出されたら、手だけじゃなくって顔から頭まで拭いたりするじゃないですか。周りからは「止めてよ」なんて言われちゃうんですが、これって生気象学的に見てみると、汗をかいたときに首元の汗を拭いたり、暑くて体温が上がった時に首の後ろを冷やすのっていうのは、とても理にかなった行動なんですよ。それ以外にも、室内でよく靴を脱いで足をブラブラさせてるおじさんっていますけど、あれも実は温度が上がって細菌が繁殖しやすい靴の中を乾燥させてるってことで、実に理にかなった行動なんですよね。

あとは私自身がこれまで、そういうおじさんの世界で生きてきたっていうのもあって。それこそ研究者の社会は男社会だし、私が連載を持っていた日経ビジネスやプレジデントにしても、読み手も書き手も男性がほとんどですからね。自分の中では全く意識をしてないんですけど、そういう風に男性の社会の中でずっと生きてきたので、おじさんたちの切ない気持ちだったりとか、悔しい気持ちっていうのは、すごく分かるんですよ。私も同じようなことを経験してるから。

――河合さんのメルマガでは、そんな様々なおじさんの姿をリアルに切り取ってらっしゃいますけど、過去の時代のおじさんと今を生きるおじさんとでは、その行動に結構違う特徴があったりするのでしょうか?

河合薫さん6

河合:おじさんだけじゃなく、若い学生とかを見ていても、確かにそういう違いはあります。でも根っこの部分にある悩みは、それほど違ってないと思うんですよ。

私が大学で授業をする時って、毎回学生からレビューシートを提出してもらうんですけど、社会学って学生にとってもすごく身近なテーマを扱うので、レビューシートにも人生相談のような内容をみんなすごく書いてくるんですよ。そういうのを読んでいると、私たちのときと何ら変わらない。同じようなことに悔しいと思ったり、悲しいと思ったりしてて。

人との接し方っていう点では、私たちの時代だと直接対面で会うしかなかったのが、今ならスマホとかでパーソナルなやりとりができるとか、そういう違いはあります。ただコミュニケーション手段は変わっても、根っこの部分はあまり変わっていない。だから、その人たちがおじさんになった時に、その時代なりに様々な問題にぶち当たるかもしれないけど、根っこの人間の本質の部分は変わらないから、今から当事者意識を持ってよく考えておけば、将来の問題を解決する方法が得られるかもしれないし、辛い中でもやっていける勇気をもらえるんじゃないかなと思うんです。

とはいえ、コミュニケーション手段が変化したことで、おじさんたちの女性や部下たちに対する距離の取り方に関しては、ちょっと変わったんじゃないかっていう気はします。例えば私たちの上の世代のおじさんは、それこそ失礼なことも平気で言うし、何事にもズケズケと立ち入って来る。でも私の世代だと、そういう部分もあるんだけど「いいのか、これで」って思わず立ち止まるところもある。で、それより少し若い世代になると、「いいのか」って心の中でも思いながらもズケズケとは立ち入らないで、実に微妙にバランスを取って、上と下との板挟みという状態になっている。さらに若い世代になると、色々と考えながらもどうすることもできなくなって、ものすごく孤立している。世代論ってあんまり好きじゃないけど、そういった状況はあると思います。

もっと言うと、より上の世代になるほど、学歴や社歴といった属性にしがみついている人が多いです。でも、そういう傾向って30代、20代にもあるんですよ。それを表に出すか出さないかの違いだけで。……そういった話を授業で学生とかにすると、みんなズキッと来るみたいで、「私は属性にしがみつかないでやっていこうと思います」みたいな反応になるんですけどね(笑)

河合薫さん9

――そういうふうに属性にしがみつかないで生きるというのが、メルマガのタイトルにもある「尻がイイ」人間になるための、ひとつの秘訣ということですね。

河合:そうなんですよ。私はよくメルマガで「ジジイの壁」っていう言葉を使うんですけど……これって例えば、小池都知事の前に立ち塞がる人を想像すると分かりやすい。ジジイ独特な厚い壁って存在するじゃないですか。でも、ジジイというのは上の世代だけではなく現在40代ぐらいの人間でも、気が付けばジジイの壁の向こう側の住人になってしまうことがある。世代論ではなく、人間の弱さやズルさがジジイの壁を作るんです。

「ジジイの壁」はどこにでも存在します。ジジイとは単なる年齢ではなく、組織のためを装いながら自分のために生きる人の象徴としての言葉です。

なので私がおじさんを取り上げるのは、不毛な「ジジイの壁」を無くそうぜっていうメッセージでもあるんですよね。日本中にいる40~50代の男たちに「ジジイの壁の中で息をひそめるな」「あなたたちが変わんないと、後でしんどい思いをするし、その下の世代はもっとしんどい思いをするんだ」「あなたたちは、ジジイになりたいのか」って訴えかけるというか。……それってもちろんおじさんだけの話じゃなく、おばさんにも当てはまる話なんですけどね。

――さて、今後のメルマガの展望についてですが、取り上げたいテーマや、こういう企画をやってみたいなど、そういった構想はありますか?

河合:そうですね。今でもメールでご意見を送ってくださる読者の方は多いんですが、もっと送ってもらえるようにしたいと思っています。ひとつのテーマを持続的に考えていくのもいいんじゃないかなって思ってます。例えば介護の問題とか育児の問題だったりとか……。

今の時代ってニュースの寿命が、ものすごく短いじゃないですか。話題になるのは一瞬で、メディアが報じなくなると何事もなくなったようになっちゃう。でも、問題は起こり続けているわけですし、今は自分にとって関係ないと思っているテーマでも、将来的にその問題に直面することもあると思うんです。だから、読者のみなさんが当事者の意識を持って、色んな意見を寄せてくださるよう、私のほうからもどんどんと新しい情報、みんなが知らないような情報を出して行ければと思っています。

河合薫さん8

最近はフェイクニュースっていう言葉が流行ってますが、実際にフェイクじゃないと思われてたことでも、後からフェイクだったっていうこともあるんですよ。例えば古い話なんですけど、マイナスイオン効果ってあったのを覚えていますか? 私が天気予報をやっていたときにも、マイナスイオン効果の特集を組んだりして、取り上げたこともあるんですが、実はその後の研究で、当時言われていたような効果はないっていうのが分かった。後々になって初めて分かることって結構あるんで、そういう意味でも持続して考えることってすごく大切なんですよね。

メルマガ上での読者のみなさんと私とのやりとりは、書籍でもサイトでもいいんですが、まとめた形で世の中に出すことができれば、おもしろいと考えています。メルマガの読者のみなさんも、自分がメルマガに寄せたひと言が、他人や世の中を変えるひとつのきっかけになるかもしれないと思うと、モチベーションも上がるんじゃないかって。

とはいえ、これは私ひとりじゃできないことだから、みなさんにホント参加して欲しいです。初月無料の期間に4回ある配信の中で、みなさんがそれぞれ抱えている問題、心の中で密かに感じてたり引っ掛かってるようなテーマを、一度は絶対に取り上げる自信はありますので、試しにぜひとも読んで欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士 河合薫さんプロフィール

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。全日本空輸を経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。長岡技術科学大学、東京大学、早稲田大学非常勤講師などを務める。

◇主な著書
『考える力を鍛える「穴あけ」勉強法』草思社『穴あけ勉強法』(草思社)、『5年後必要とされる人材になる!人生を変えるココロノート』(東洋経済)「上司と部下の「最終決戦」』(日経BP) など他多数。

  • 対談
  • ジャーナリズム
  • ビジネス・経済
  • エンタテインメント
  • ライフ
  • スポーツ