木村藤子さん まぐスぺインタビュー

"青森の神様 木村藤子" あなたに幸福をもたらすメールマガジン

  • 木村藤子に質問できる
  • 正しい生き方が学べる
  • 心に平安が訪れる
  • 発行日:毎月 第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(年末年始・祝祭日を除く)
  • 登録料:毎月¥864(税込)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『「気づき」の幸せ』30万部や、『幸せの絆』20万部など、大ベストセラーを数多く世に送り出し、自分の思うような人生を歩むためには「気づき」が必要だと説いた木村藤子さんが、ついにまぐまぐから有料メルマガを発行しました。恐山の麓、青森県むつ市で生まれ育った彼女が、全国的に知れ渡ったわけ、そして「気づき」の真髄についてインタビューさせていただきました。

神様から「自分の人生は自由にできない」と言われ……

――著書を読むと30代で今の仕事に就いたということでしたけれども、どういった経緯だったのでしょうか?

実を言いますと、私の母親も地元では有名な霊能者でした。聡明で優しい母親でした。毎日、相談者が家に来ていたので、小さいながらに「みんなの相談にのってあげてるんだな」と思っていたのを覚えています。

今の自分の仕事をそうやって目の前で見ていましたが、私自身は母親の仕事を継ごうとか、あんな仕事につきたいとか、そうしたことは微塵も思っていませんでしたし、母親もそんな気はなかったようです。この仕事は能力のあるなしですから、“継ぐ”“継がない”の問題ではないんですね。能力があれば継ぐかもしれませんし、なければ当然、継ぐ資格なんてありません。

現に、初めは普通に地元の企業で働く、普通の会社員でした。そのときは“透視能力”なんて持っていませんでしたし、本当に普通の暮らしをしていました。それがある日、私の人生は180度変わってしまったのです。自分でもまさかこんなことになるなんて思いもしませんでした。

――何があったんですか?

木村藤子さん1

この仕事を継ぐ以前、20代前半のとき、当時おつき合いしていた男性がいたのですが、彼との結婚について母に相談したことがありました。すると、母はそのことを神様に聞くために拝殿へと行きました。数分後、神様の言葉を聞き、居間に戻ってきた母親の顔はさっきとはまるで別人(笑)。「ああ、これはいい答えじゃなかったんだな」ということは、一瞬で悟りました。

苦渋に満ちた顔でただうなだれるばかりの母親からやっとで出た言葉は、

「大変なことに……とんでもないことになって……」

というものでした。

その言葉を聞かされたときは、「え? え? 一体何が起こってるの??」といった感じで、その場の状況を把握できませんでした。こっちは「結婚しよう!」という意気込みで相談に来たのに、目の前の母親の姿は尋常ではありません。

母親の「大変なことになった」という言葉を聞いた私は、ただ黙っていることしかできませんでした。そして、やっとで母親の口から出てきたひと言が、

藤子には気の毒だけど、神様が言われるには、自分の人生をなんら自由にはできない……」

でした。もう、唖然とするしかありませんよね(笑)。「自分の人生をなんら自由にはできない」ですよ? 何が何だかわかりませんでしたから、ひとまず考えを整理するために、「神様はなんて言われたの?」と母親に聞きました。すると母親は、

「実は、神様は“この家の二代目として藤子を使う”、そう言われた。そして、神様は将来、藤子が結婚する相手の映像も私に見せた。それは、藤子がいま交際している男性ではなかった……。でも私は、いくら神様がそう言われたからといって、あなたの母親として、神様の言う通りにしなさいとは言えない。私はあなたの人生を左右できない」

と言うのです。母親は涙を流して泣いてますし、「これはただごとではない」と悟り、逆に冷静になることができました。

いくら母親が「神様の言う通りにしなくてもいい」と言っても、それは無理な話。それで母親に、「よく考えてみる。その人、どこにいるの?」と聞いてみると、どうやら知り合いの会社にその人がいるということだったので、その会社の記念写真を借りてきたのです。そして、その写真の中に写っている男性を指差し、

「この人だ。会いに行ってみなさい」

と母に言われたのです。携帯なんてありませんでしたから、まずはお手紙を書いてみることにしました。女性のほうから手紙を書いたりすることは、当時はとても恥ずかしいことでしたが、事が事だけにかまっていられなかったのを覚えています。相手は見知らぬ女性からの手紙を不審に思ったようでしたが、とても心が広い方できちんとこちらの話を聞いてくれました。

結婚に関して悩んだ時期もありましたが、彼の母親にも不思議な夢のお告げがあり、私が24歳のときに彼が木村の家に入る形で結婚したのです。それが、今の主人です。

木村藤子さん2

――まさに運命の出会いというのでしょうか。すごいお話ですね。

出会いの話を聞くとそう思うかもしれませんが、結婚生活は普通の家庭と変わりません。時にはケンカもしますし、お互いに不満に思う部分もあるでしょう。普通の夫婦です。でも、30代で私の名前が全国に知れ渡ってしまったときから、生活は激変してしまいました。

――1990年の『ヘビ騒動』ですね。

瞬く間に全国区になった“青森の神様”

そうです。当時、地元の百貨店で『世界のヘビ・大爬虫類展』という催しをやっていたのですが、そこで展示されていた体調5メートルほどのニシキヘビが行方不明になったのです。もう街中大騒ぎ。対策室まで作って100名以上の人員を投入しても見つからなかったようで、私のところに相談にやってきたのです。それで見つかる時間と場所を神様に聞いて、お伝えしました。

それからは生活が激変です。全国からマスコミがやってきて、家の周りを取り囲むようになりました。田舎町ですから隣近所にも迷惑がかかります。私が取り上げられた週刊誌やテレビを見て興味半分で相談にやってくる方も激増しました。

私は透視という仕事のことで、家族に迷惑をかけてしまっているんじゃないか? 朝から晩まで相談を受けることで、家族を蔑ろにしているんじゃないか? さまざまな思いが当時の私には駆け巡っていました。そんな思いを払拭するため、朝から夜遅くまで相談者を家に入れ、半ばヤケクソのようにがむしゃらになって働くのですが、そうすれば当然、家族との時間はまったく取れなくなっていきます。

それでも文句ひとつ言わない家族に、私は逆に小さくなってしまったのです。主人なんかは、私に少しでも時間ができると、私に一切、炊事や家事をさせないように気を配ってくれました。家族はいつも温かく、見守ってくれました。

「大丈夫だよ。そんなに気を使わなくても。ちゃんとやっていくから」

主人はいつもそう私に言ってくれました。今の私があるのは、この言葉のおかげだと思います。

――そこで全国的に“ヘビの神様”“青森の神様”として名が知れ渡りますね。そのときから“気づき”というワードは使っていたのでしょうか。

はっきりとは言語化はしていませんでしたが、多くの相談者と対峙することで、「この人たちには何か共通することがある」「不幸になる原因がありそうだ」ということは掴んでいました。頭の中で、おぼろげながら“気づき”が形成されていたんだと思います。それが、本を出すということになったときに、ポンとはっきりと言語化されました。

“気づき”という言葉自体は、決して新しいものではありません。むしろ、言い古された言葉でもあります。でも、だからこそ多くの人の心の届くんじゃないかな? そう思っていました。

――その“気づき”をタイトルに使った処女本『「気づき」の幸せ』を2007年に出版される少し前、あの有名な金スマでの飯島愛さんとのやりとりがありますね。あれはどんなことをお話されたのですか? ヘビ騒動のとき以上に話題になったのではないでしょうか?

私がづけづけとふたりだけの話を公にすることは許されることではないと思いますので、ご了承いただければと思います。金スマに出たことは、“気づき”を広める上では大切なターニングポイントだと思っています。あの放送がなければ、ここまで“気づき”が全国に広がっていくことはなかったでしょう。

“気づき”というのは、簡単に言えば“自分の性格の欠点に気づいて、直すこと”です。言葉にするとものすごく単純です。ですが当時は、かなり多くの人が“気づき”について、「何か神秘的なことなのではないか」とか、「“悟り”なんじゃないか」とか、拡大解釈していました。だからこそ何冊も本を書いて、“気づき”の本質を伝え続けました。

――たしかに、“気づき”の意味がそれだけシンプルだと、最初は拍子抜けするかもしれません。

木村藤子さん1

私の仕事は相談者が聞きたくないことを伝えること

人は勝手に妄想を頭の中で繰り広げて、起こりもしないようなことを想像したり、あり得ないようなストーリーを過去に当てはめたりしますよね?

たとえば、最近は少なくなったのですが、「身内がガンになってしまいました。先祖の祟りでしょうか?」「息子が就職試験にまったく受かりません。何かに取り憑かれているのでしょうか?」といったものです。

世間では霊的な話を想像するとき、こうした“祟り”とか“呪い”といったネガティブなことを思い浮かべることが多いと思うのですが、これは映画や小説などの影響で、実際にはそのようなことは起こりません。

先祖にとっては、私たちはかわいい子孫なのです。そんな子孫に対して、理不尽なことはしません。ただし、たとえばお墓がすごく汚れていたりすると、それを伝えるために少しだけ体に不調を起こさせてサインを送るとか、夢に出てくるとか、そうしたことはあります。しかし、人間を不幸にさせようなどとすることはありません。

こうした固定観念があるため、“気づき”の本質を伝えると、多くの人は拍子抜けするのです。もっと何か神秘的なことを期待していたのに、「自分の性格の欠点に気づき、直す努力をしましょう」と言われるのですから。

この“気づき”を理解するには、不幸になるメカニズムと、幸福になるメカニズムを知識として知る必要があります。幸不幸というものは、運命に左右されるようなものではなく、目の前の現象について「自分がどう感じるか?」です。

失敗に対して、「チャンス!」ととらえるか、「終わった…」ととらえるか。些細な違いなようですが、こうした思考の違いが人生を大きく左右していくのです。

私の仕事は、相談者が聞きたくないことを伝えること。

「あなたの性格のこの部分が不幸の連載を作る原因となっています」

そう、面と向かってお伝えしなければならないのです。もちろん、反感を受けることも多々ありますが、それでも私は“幸福の正しい道”を伝えていかなければいけないと思っています。

――それでは最後に、これから読者になる方のためにメルマガの内容を教えていただけますか?

毎号、ひとつテーマを決めて原稿を執筆しています。たとえば「幸福の連鎖をについて」とか、逆に「不幸の連鎖について」といったように、ひとつのことを深く掘り下げて説明します。これはすべて、先ほど申し上げた“幸福になるメカニズム”と“不幸になるメカニズム”の知識の獲得のためです。

それから、最近読んだ本を紹介したりすることもあります。

一番ご好評をいただいているのは、メルマガ上での人生相談と質問コーナーですね。

人生相談は、個人的な相談を受けています。「仕事を首になってしまいました」とか「結婚ができない」とか、そういった個人的な悩みです。毎号1~2名を誌上鑑定しています。

質問コーナーはそうした個人的な相談ではなく、「気づきの意味はなんですか?」とか、「カルマとは?」などといったような、私が普段お伝えしていることや、拙著の中で書いていることについての質問です。

書籍の出版だけだと、メルマガのように読者と直接コミュニケーションを取ることができませんが、メルマガを執筆することで読者とやり取りができるのはとてもありがたいことで、私自身いつも勉強させていただいています。

ともに学び、向上していけるメルマガですから、ぜひご購読ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木村藤子さんプロフィール

1947年青森県生まれ。地元で有名な霊能者だった母親のもとで育つ。30代のとき、神の声を聞き、霊視・透視能力を授かる。以来、日々多くの人の悩みを救っている。全国的にその名が知れわたり、「青森の神様」といわれるきっかけとなったのが、1990年の「ヘビ騒動」。地元で行方不明になったニシキヘビが現れる場所、時間を透視によって言い当てた。著書に20万部突破のベストセラー『「気づき」の幸せ』(小学館)、『幸せの絆』(主婦と生活社)などがある。

  • 対談
  • ジャーナリズム
  • ビジネス・経済
  • エンタテインメント
  • ライフ
  • スポーツ