出たっきり邦人【欧州編】

  • ¥0

    無料

イギリス・フランス・ドイツ・オランダ・ルーマニア・スイスからのリレーエッセイ。姉妹誌のアジア・北米オセアニア・中南米アフリカ3編と、姉妹誌「出たっきり邦人Extra」もよろしく!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
出たっきり邦人【欧州編】
発行周期
週刊(金・火)
最終発行日
2018年08月17日
 
発行部数
3,499部
メルマガID
0000023690
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■□■  出たっきり邦人・欧州編・2018・8・17・1582  ■□■□■



           〓ドイツ・ミュンヘン発〓

           
             【にわとこ通信】



第37回 日本での食事は楽か苦か?



日本各地の激暑は数週間前より若干落ち着いたようにネットのニュ
ースで読んでいますが、いかがでしょうか。
こちらも熱波の影響で数週間毎日記録的な真夏日が続き、35度に
なる日もありましたが、数日前に雨が降って以来落ち着き、今は
25〜29度の丁度良いアルプスの麓の夏です。

今年は、相方氏と私の知り合いや元同僚たち(ドイツ人多数の他、
数人の欧州人)が次々に「日本へ旅行に行く事にしたんだけど・・・」と
言って来たので、計画を手伝ったりお勧めの観光名所の紹介したりしました。
そして、帰って来た人々から旅の話を聞いた中で、特に食に関しての
問題点などが印象に残ったのでその例を紹介したいと思います。

日本は食事が美味しいと言われている一方で、日本を旅行した欧州人
たちには食の問題を抱えた人も意外と多くいました。


* ベジタリアンの嘆き ****

元同僚のアンネはドイツ人、ベジタリアンです。
なんちゃってベジタリアンは魚介類は食べますが(彼女の弁)、彼女
はベジタリアンの王道を行く人で、お魚も食しません。
日本は人は親切で、どこにいっても清潔で、文化も素晴らしいと、
とても気に入った様子。ところが「食べられる物があまりなく非常
に残念だった」と、食に関しては嘆いていました。
何故かと言うと出汁がどこにでも使用されているからです。
確かに素材は野菜のみでも出汁が使用されていたら、王道を行くベジタリ
アンは食べません。京都で食べた植物性の素材のみで作られた精進料理
が一番美味しかったとか・・・
ベジタリアンが困るなら、もっとストイックなヴィーガンの日本旅行
は大ピンチでしょう。
ドイツではベジタリアンはもはや珍しくなく、最近は10代でもベジ
タリアンがいます。
そして時代の反映で、普通のレストランでもベジタリアン用のメニュ
ーを出す所が多くなりました。しかし「日本ではどこにいってもベジ
タリアン用のメニューなどなかったと・・・」う〜ん、確かにそうですね。
日本でベジタリアンメニューなど出している普通のレストランは、私も
あまり知りません。

そういう意味で我が国はベジタリアンおもてなし後進国かもしれません。


* アレルギー持ちの悩み ****

相方氏の元同僚マイクは大学の語学授業で日本語を選択し、10年前
まで3年間日本に住んでいて日本語が話せます。「10年ぶりに大好
きな日本に彼女と行き、案内するんだーーー」と、2週間のラブラブ
日本旅行へ。そして、旅行自体はとても良かったそうですが、彼女の
食ではいつも悩んだとのこと。

フランス人の彼女は小麦などグルテンと、鶏卵、牛乳にアレルギーを
持っています。
日本語が話せるマイクは、レストランで「〜抜き」などお願いしたことも
あったのですが(特にランチ時など)断られることも多かったようです。
また、どの料理に彼女にとってのアレルゲン食品が入っているかが、
分からないので、選択が難しかったようです。

まぁ、アレルギー持ちは日本に限らず、どの国にを旅行しても同じよう
な目に遭うでしょうから、日本が悪い訳ではありませんが、親切な例と
して、ここ近年ドイツのレストランで多く見かけるのが、メニュー内に
アレルギーを起こす可能性のあるどの食品が入っているか明記されて
いることです。
これでしたらアレルギー持ちはチェック後、安心して注文出来ます。


* なんちゃってフルータリアン(果実食主義)の大出費 ****

知り合いのスージーはプライベートではヨガを毎日行い、インドにも
練習に行く程のヨギーニです。
彼女は自称なんちゃってフルータリアンで、三分の一の食事はフルー
ツで取るようにしているとか。
仕事で日本へ行くこととなり「週末を挟むのでプライペートの時間が
取れるから、東京観光がしたいのだけど、お勧めは?」と、コンタクト
を取ってきたのでした。
さて、彼女が帰って来て、とても良かったし面白かった、とエピソード
など話してくれた後に「でもなんで日本はあんなに果物が高いの?」と。
フルーツを買うにも、バナナ、キゥイなど決まった果物以外は全て高
くて、桃がたった2個で12ユーロ(約1500円)なんて、ありえない、
とのコメント。結局、フルーツがあまりに高額すぎて、滞在3日目からは
日本では急遽フルータリアン返上したとか。
もしかして、スージーは高級店とは知らずに千疋屋とか、紀ノ国屋とか、
明治屋とかで果物を買おうとしたのではないだろうか・・・という気も
するけど、それを差し引いても、確かにドイツに比べて日本は果物が
すごく高いです。


* 大豆アレルギーはもう食べ物なしよ ****

友人の友人という繋がりで知り合った、ユリア。
旦那さんが旅行好きで昨年に「2年後は日本を旅行したい」と言って
いました。来年がその2年後にあたるのですが、その旅行の計画に
伴いユリアに「食べれる物リスト」の作成をする約束をする運びと
なりました。
彼女は大豆、ネギ(玉ねぎも)全て、キノコ類、キャベツ類にアレル
ギー持ちなのです。

しかし・・・

上記のアレルギー持ちには日本旅行ではイタリアンレストランにでも
行ってもらうしかないかも、という結論になりつつあります。
大豆から作られる醤油、味噌、豆腐が食せなかったら、致命的でもう
日本食に食べられる物を見い出すのは正直厳しい。

リストでは図入りで、
「これが『焼き鳥』(写真)。ただし注文時は『タレ』ではなく『塩』
にすること、そして念のために『ネギ抜き』と言うこと」。
または
「これが『ラーメン』(写真)。『塩ラーメン』か『豚骨ラーメン』を
注文すること。その他のラーメンしかなかったら店を出ること。注文時に
『ネギ抜き』と言うのを忘れないこと」。
「トンカツはソースに玉ねぎが入っているので、塩をもらうように。
キャベツは絶対に付いて来るけど残すしかない」などと作っていますが
なんだかな〜〜・・・
このリスト作成はなんだか不毛感が漂っててテンション下がるけど、
このリストを受け取ったユリアはもっとテンション下がることでしょう。



日本は食事も美味しかったと喜んでいたカップルや夫婦も数組いたけれど
食に対しては上記のようなフィードバックが多かったことにちょっと驚い
ていました。

彼らは外国人で、日本食は寿司くらいしか知らなかった人がほとんど。
日本で食事をするにあたり、何から作られているのか見当がつかない
のです。
旅先でアレルギー症状を起こしたくないでしょうから、食品アレルギ
ー持ちは怖くて手が出ないですね。

2年後のオリンピックに向けての、おもてなし計画の中にはこのような
食に関する外国人の声は反映し改善もテーマになっているか、疑問です。


ではでは。


Ciao!

ミュンヘン
KOKOLI



ご感想、ご意見をお待ちしております。
こちらのメールマガジンに返信してもメールは届きませんので、どうぞご注意下さい。
以下のアドレスへお願いします。

oberlaender29*gmail.com(お手数ですが*を@に置き換えてください)

◇◆次回8月21日(火)は、イタリア・ローマ郊外から配信予定です◇◆



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
電子出版 :出たっきり邦人【欧州編】<まぐまぐID:0000023690>
発行協力 :まぐまぐ http://www.mag2.com/
発行責任者:欧州編ライター一同 連絡先:oushuhen@hotmail.com
HP、BBS、登録・解除:http://detahome.daiwa-hotcom.com/wordpress/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ