出たっきり邦人【アジア編】

  • ¥0

    無料

アジア6カ国(香港・韓国・フィリピン・マレーシア・トルコ・イラン・ヨルダン)の在留邦人が発信するリレーエッセイ。現地からのとれとれピチピチ、旬の情報もりだくさん!欧州編、北米・オセアニア編&中南米・アフリカ編、出戻り編もヨロシク!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
出たっきり邦人【アジア編】
発行周期
週刊
最終発行日
2018年08月08日
 
発行部数
3,032部
メルマガID
0000023691
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
■□■□                            ■□■□
□■□■ 出たっきり邦人・アジア編・915号 18・08・06 □■□■
■□■□                            ■□■□
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
         

    ★バングラデシュという国に住んで★

           第 76 回

皆さまこんにちは。バングラデシュからお届けします。

雨期真っ只中のバングラデシュ、蒸し暑いにも程があるなと思っていたら、
日本の猛暑は生命の危険があるほどだと聞き、慌てて日本の実家に連絡を
取りました。

私の実家は西日本、観測史上まれにみる大雨で床下浸水の被害にあってい
ました。倉庫が泥水に浸かってしまい、どうしようもないから処分するよ
と私の荷物の写真が送られてきました。バングラでは使わない冬用の靴等
でした。

我が家のそばに川があります。堤防の決壊は免れたものの、一人暮らしの
母は2階でペットと一緒に一夜を過ごしたとの事。
それにしても2階以上の高い所に避難しろって言われても、お年寄りの一
人暮らしが多く、おまけに平屋が多い地域です。マンション経営なんて、
洒落た事が出来る地域でもなく、お米作りをを辞めたお年寄りは、古い民
家をわざわざ平屋に建て直しているほどなのです。
中には敷地内に息子や娘家族に家を建てて住んでいる人もいるけれど、仕
事の関係でそうもいかないでしょう。ともかく、田舎ののどかな地域で、
田んぼの切り売りをしてもらって私の家があります。

75歳になった母が、一人で住んでいますが近所では若者扱いです。
私の父が6年前に72歳で亡くなった時、近所からはこんな若者が早く逝
くなんて・・・と80歳から100歳までの先輩方に言われていたことを
思い出します。
ともかく、そんな地域の住人に2階以上に避難しろと言われても何処にも
行く場所がありません。母によると、不安な人たちは息子や娘たちが迎え
に来てもらって避難したとの事。

幸い、川の堤防は持ちこたえて、被害は床下浸水だけでした。命あって有
り難いと、近所に住む姪っ子たちはじゃぶじゃぶと水の中を歩いて車の避
難場所まで行き、そこから仕事に行ったとの事。

それを聞くと、やっぱり日本は安全な国なんだなと痛感します。もちろん
心無い人もいるとは思いますが、家から離れた所に路上駐車するなんて!

被災された方々に、一日も早い平穏な日常が訪れます様に、心からお祈り
申し上げます。

さて、ここ1週間、バングラデシュは大きく揺れています。
いつも揺れているんだけど、今回の揺れはちょっと違います。

独立以来47年、腐敗政治が当たり前のように続いており、停電、交通
渋滞はダッカ名物の一つとなっていました。
25年前からダッカの光景を見ている私としては、昔はなかったスーパー
マーケット、高層住宅、ショッピングモールが出来るのはまあ、発展の
過程でよくあるでしょう。

何が今回違っているかというと、学生運動のあり方です。

事の発端は7月29日(日)、ダッカ市内で2台のバスがカーレースの様
に追い越し合いをしながら乱暴な運転をしており、そのまま勢いよくバス
停でバスを待っている学生たちに突っ込みました。2人が亡くなり、重軽
傷が10数人という惨事を起こしたのです。
事故を起こした運転手は無免許、バスは正規の車検を受けておらず、
それにも関わらず客を乗せたまま追い越しをしあうという愚行の末の事故
に怒りの抗議を行いました。抗議に道路封鎖も想定内。
いつもならそこで終わるのですが、その事故を受けて事故報告の記者会見
で、運輸大臣はよくある事さと言わんばかりにサラッとメディアの前で報
告をし、最後にニコッと笑顔を見せたのでした。

この態度に学生の怒りが沸騰!
翌30日は事故現場で学生は道路封鎖を行い、道路の安全確保・大臣の謝罪
等を求め、デモをしました。ダッカ中が交通マヒになってしまい、異常事
態になりました。

翌8月1日からバングラデシュ全土にデモが広がり、学校の多くは休校しま
した。驚くべきはこのデモ、学生といっても中学生や高校生なのです。

もう大人に任せておけない!と立ち上がった子供たちが道路に飛び出し、
交通整理と通行する車の車検や運転手の運転免許の確認を始めました。
道路を封鎖して座り込む今までの抗議活動やデモとは全く違う姿です。

バングラデシュでは今まで、警察も軍も出来なかった緊急車両用道路を確
保し、救急車を通せるようにし、人力車用、乗用車用にレーンを分け、更
に順番を並んで待たせるという仕事をやってのけたのです。
そして、どんな車両に対しても運転免許の提示を求め、違反者には違反
切符をきちんと切らせます。

そこで、発覚したのは、警察車両、軍の車両に至るまでの整備不良車両と
無免許運転の膨大さ。
いかに今まで袖の下がまかり通っていたか。
バス会社、トラック会社が警察にお金を握らせてハンドルを操っていた
運転手は、運転するには免許証が必要になりました。人身事故を起こして
逃げていた人は逃げられなくなりました。
これを社会に問いかけるきっかけにを作った子供たちに誰もが拍手喝采し、
雨にぬれても変わらず道路で仕事する姿を応援し、差し入れする人たちも
出てきました。

そして、その子供たちにエールを送る声がフェイスブックに広がり、学校
の先生たちもバナーを持って、事故を起こした運転手とバス会社への正当
な裁きと、道路の安全を求めてデモに参加し、この運動はものすごい勢い
で全国に広がりました。

現政府への批判を恐れてか、政府は要求を全て受け入れる表明をし、
子供たちは速やかに学校に戻れと呼びかけました。

しかしながら今度は抗議した生徒を弾圧するかのように様々な勢力が出て
来ます。生徒に対して攻撃を加えた政府側の学生連盟に対して、ダッカ大
学をはじめとする大学生たちが自分たちの妹や弟を守ろうと立ち上がりま
した。

スラムの子供たちに制服を着せ、ニセ学生証を持たせ、暴力行為を起こさ
せた大人もいます。気付いたジャーナリストがカメラを向けると、ニセ者
はコソコソと逃げて行きました。
生徒を応援しているのか、巧みに反政府のプロパガンダに便乗しているの
か、子供たちが殺されているだの、女子学生ばかりが政府事務所に監禁さ
れているだの、学生に集団レイプされただの、ライブの配信が大量にシェ
アされました。結局ウソを拡散したと分かり、逮捕されるなどした後、
政府はライブ配信が出来ない様に、モバイルデータを切断しました。

そして、テレビでは学生運動が報道されなくなりました。
WIFIは繋がったり切れたりが続いており、この配信が出来るのか不安
な状況です。

もう、何が何だか分からなくなる中、休校が続いていた学校から、突然
開校するから登校の呼びかけが携帯電話に来ました。私は当然の事として、
翌日8月5日に子供を学校に送りました。
学校に来た生徒は12年生で私の娘だけ、9年生では息子を含めて3名だけ。
1クラス20人で1年生から12年生までの約千人の生徒の中で小学生にあたる
子供はゼロ、中学生にあたる子供からちらほら登校していたらしいです。
先生も殆どが休みで、結局授業にならなかったとか。
デモを恐れてまだ登校させない親もいます。

とは言っても、運動するのは子供ですから、夕方5時以降はいつものバン
グラデシュです。

デモしていた子供たちは学校に戻ったのか、ダッカ名物交通渋滞も戻り
ました。運転免許センターは、免許の更新や申請で長蛇の列です。
書類の申請だけで4時間6時間待ちとも言われています。
BBCでもCNNでも大きく取り上げられていたニュースでしたが、日本では
全く報道されていませんでした。
空港に昼間到着した人達は空港の幹線道路封鎖のため出られず、数時間
以上待たされて移動していました。この中には日本人もたくさんいまし
た。
日本以外の国からはお見舞いメールが届いていますが、日本では知られて
いないことがよーく分かりました。

脆弱さが露呈した出来事でしたが、
この1週間、物凄い勢いで交通規則が整備され、免許不携帯、無免許運転
への罰則、携帯電話で話しながら運転してはいけない、バスは危険運転を
してはいけない、車検を受ける事等、今までなかったんかい!という規則
が作られました。

お巡りさん、今日は真面目に交通整理しています。
子供たちに出来て自分たちに出来なかったら、本当に笑われます。
いつまで大人たちの頑張りが続くのでしょうか。しばらくは見ものです。



最後までお読み下さり、ありがとうございました。

ボショントでした
(ベンガル語で春を意味します)

感想は haruez@hotmail.com ボショントまで!


*次回916号号は、フィリピンからトムさんです。
 どうぞお楽しみに!!



☆アジア編ライター参加条件詳細☆
・アジア在住の方。(できれば既存ライターと異なる地域で、これから1年ほど
は海外で生活される予定がある方)
・基本的に2ヶ月に1本程度の頻度で原稿が書ける方。
・メールマガジン配信作業(ウェブメールを出す程度の簡単な操作)ができる方。
(マニュアルあります)
・参加ライターの連絡や雑談の場であるライター専用メーリングリストを原則と
して定期的にチェックし必要に応じてレスポンスのできる方。(メールの量は、
通常週1回にまとめてチェックできる程度です。)
【注意事項】
・原稿料は出ません。
・HPへのバックナンバー更新は、ライター各自が任意で行っています。

☆出たっきり邦人BBS。新掲示板開設しました。☆
 http://www1.rocketbbs.com/110/detahou.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇ アジア編共々、出たっきり出戻り各編をどうぞ宜しく ◇◇◇

【欧州編】【北米・オセアニア編】【中南米・アフリカ編】
【出たっきり邦人Extra(元・出戻り邦人)】
http://detahome.daiwa-hotcom.com/wordpress/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ