北欧ニュース

  • ¥0

    無料

北欧5カ国(デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・アイスランド)の社会・文化・エンターテイメントを中心に最新ニュースをお届け。『まぐまぐ大賞2007』ノミネートメルマガです!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
北欧ニュース
発行周期
毎週火曜日
最終発行日
2019年03月19日
 
発行部数
1,797部
メルマガID
0000039371
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

○● 北欧ニュース ●○ 2019/03/19号
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ http://www.hokuwalk.com/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

今日は「フィンランド」よりこんなニュースが届きました!
----------------------------------------------------------------------
2018年にフィンランドを訪れた外国人旅行者の宿泊数が、過去最高を記録
----------------------------------------------------------------------

フィンランドは、ヘルシンキ地域、ラップランド、湖水地方、沿岸・群島地域と、それぞれ異なる魅力を持った4つのエリアがあり、
毎年世界中から多くの観光客が訪れる。

Visit Finlandが発表したデータによると、2018年にフィンランドを訪れた外国人旅行者の宿泊数が、2017年より1.3%増加し、過去最高となる数字を記録。
2018年にフィンランドを訪れた外国人旅行者トップ5は、2017年と同じく、ロシア、ドイツ、イギリス、スウェーデン、中国(香港を含む)だったという。

日本人旅行者の宿泊数でいうと、2018年は215,683泊となり、これは前年と比較して9.5%減。
地域別宿泊数でみると、ヘルシンキ地域とラップランド地域はそれぞれ10.8%で、10.1%減と数を減らすことになったが、
湖水地方は横ばいで、沿岸・群島地域に関しては4.2%増となっている。

都市別で日本人旅行者の宿泊者数が多かった街・地域は、1位がヘルシンキ、2位イナリ(サーリセルカ)、3位ロヴァニエミということで、
首都ヘルシンキとオーロラ観測地として人気のラップランドの2都市の人気は変わらず。
5位に入ったタンペレは、2017年にオープンしたムーミン美術館の影響もあるようで、タンペレは前年度から14.6%も増加した。

リピーターは、よりディープなフィンランドのカルチャーを知るために、現地でサウナを体験したり、郊外に足を延ばす観光客も増えているようで、
フィンランドへの旅行も多様化しつつある模様。

3月31日からは、関西国際空港でフィンエアーの深夜便が就航予定。
2019年の日本・フィンランド外交関係樹立100周年で再び、フィンランドと日本の往来が活発化すると予想されている。

<2018年日本人旅行者のフィンランド地域別宿泊数>
1ヘルシンキ
2イナリ(サーリセルカ)
3ロヴァニエミ
4ヴァンター
5タンペレ
6キッティラ(レヴィ)
7クーサモ
8エスポー
9トゥルク
10オウル

※2018年の数値は、2019年2月7日現在の暫定値

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

北欧ニュース編集員:

2018年は少し減少したようですが、引き続きフィンランドは日本でも人気のデスティネーション。
北欧区でプレゼント企画を実施したときに、一部の読者の皆さんが行った国の感想や、これから行く場所への思いを書いてくださり、
それを楽しく拝見させていただくのですが、フィンランドへ行かれる方、リピートされる方がやはり多いと感じます。

Visit Finlandがリリースした「2018年における北欧諸国の月ごとの日本人旅行者の宿泊数推移」を見ると、
スウェーデンとフィンランドは8月、ノルウェーは7月、デンマークは7~9月までと夏が人気のようですが、アイスランドだけ2月と、冬が最も多いようです。
夏も冬も、北欧は魅力いっぱいですね!

※来週、再来週の北欧ニュースはお休みいたします。

http://www.hokuwalk.com/Topic/
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

----------------------------------------------------------------------
■北欧の情報は『北欧区(hokuwalk.com)』から
http://www.hokuwalk.com/
■Blog
http://ameblo.jp/hokuwalk/
■Twitter
http://twitter.com/hokuwalk/
■Facebook
http://www.facebook.com/hokuwalk/
----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
北欧ニュースの登録・解除は下記URLにて、お願いいたします。
https://www.mag2.com/m/0000039371.html
----------------------------------------------------------------------

Copyright(c)2019 eyebrains Inc.
-----------------------------
アイブレインズ株式会社
mailto:support@hokuwalk.com
編集:山名
-----------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ