北欧ニュース

  • ¥0

    無料

北欧5カ国(デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・アイスランド)の社会・文化・エンターテイメントを中心に最新ニュースをお届け。『まぐまぐ大賞2007』ノミネートメルマガです!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
北欧ニュース
発行周期
毎週火曜日
最終発行日
2018年07月24日
 
発行部数
1,826部
メルマガID
0000039371
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

○● 北欧ニュース ●○ 2018/07/24号
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ http://www.hokuwalk.com/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

今日は「フィンランド」よりこんなニュースが届きました!
----------------------------------------------------------------------
実は夏から秋がベストシーズン?!ヘルシンキから足を延ばしてみたい地方都市
----------------------------------------------------------------------

本場でオーロラ鑑賞やクリスマスの雰囲気を感じてみたいと、「冬」のイメージが定着している北欧。
しかし、ここ数年、「夏」に訪れる旅行者の数が伸びているという。
地元の人間に尋ねてみても、北欧は「夏がおすすめ」という声もよく聞かれる。

Visit Finlandによると、昨年の夏には430万人の外国人旅行者がフィンランドを訪問し、宿泊日数は2016年から14%増を記録。
夏季期間中のフィンランドへの直行便も今夏は座席数が15%も増加。日本からの旅行者数も2016年から2017年にかけて約8%増えているという。

首都のヘルシンキに留まらず、地方都市部にも興味が広がっている。
フィンランド中東部の無数の湖が広がるレイクランドエリア、また、南西部に広がる群島エリアは、沈まない太陽やフィンランドらしい自然を楽しむことができる。
ここでは、注目の5都市を紹介してみたい。

●中央フィンランド/ユバスキュラ(Jyväskylä)
建築家アルヴァ・アアルトが多くの時間を過ごし、最も多くのアアルト作品が残る街。
また、ユネスコ世界遺産に登録された古い教会も。中央フィンランドは、2015年に「サウナ・リージョン・オブ・ザ・ワールド」を宣言。
9月28日にはワールド・サウナ・フォーラムが開催され、世界中からサウナ関係者などが集まるという。
(ヘルシンキからユバスキュラまで電車で約3時間30分)

●ラハティ(Lahti)
ノルディックスキーの国際大会や有名F1ドライバー、バルテリ・ボッタスとともにデュアスロン大会を開催するなど、スポーツの街として知られる。
2000年に完成した作曲家ジャン・シベリウスの名前を冠したシベリウスホール(Sibelius Hall)は、ラハティ港のすぐそばにあり、美しい眺めを楽しむことができる。
(ヘルシンキからラハティまで電車で約1時間)

●ハメーンリンナ(Hämeenlinna)
作曲家ジャン・シベリウスの生家がある場所。赤レンガが印象的なハメ城があり、8月15日~19日にはハメ中世フェスティバルが開かれる。
期間中はマーケットが開かれ、中世音楽のコンサートや剣と盾による格闘ショーを見ることができる。
ハメーンリンナから電車で約15分のところには、イッタラのガラス工場やイッタラガラス博物館がある。
(ヘルシンキからハメーンリンナまで電車で約1時間30分)

●タンペレ(Tampere)
フィンランド最古のサウナと最新のサウナを楽しむことができる街。
1906年開業のフィンランド最古の公衆サウナ「ラヤポルティサウナ」は、古き良きフィンランドのサウナ文化を感じることができる。
また、サウナとレストランが併設された新しいデザインサウナ「クーマ」は、2018年6月にオープンしたばかり。
(ヘルシンキからタンペレまで電車で約2時間弱)

●ベンクトシャール島(Bengtskär Island)、オロ島(Örö Fortress Island)
1906年に建てられた石造りの灯台があるベンクトシャール島。1995年に再建され、6月から8月末まで一般に公開。
灯台の一部は、カフェ、ホテル、チャペル、博物館などになっており、フィンランドらしい夏の情景を楽しめる。
オロ島は、長い間要塞として軍事的に使用されていた島。現在は群島自然公園として、独特の地形や動植物を楽しむことができる。
両島には、カスナスからバスまたはフェリーで上陸可能。
カスナスまでは、ヘルシンキやトゥルクから出ているArchipelago HopOnのバスを利用するのが便利。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

北欧ニュース編集員:

タンペレに新しいサウナがオープンしたんですね!
名前は「Sauna Ravintola Kuuma」(サウナ&レストラン「クーマ」)というそうです。
クーマは、フィンランド語で「hot」(熱い/暑い)。「熊」ではないですよー。
(少しは涼しくなっていただけたでしょうか…?!笑)

▼タンペレの新しいサウナスポット「クーマ」
https://saunaravintolakuuma.fi/


※いつもご愛読ありがとうございます。
北欧ニュースは、夏休みに入らせていただきます。
9月にまたお会いしましょう!

Have a wonderful summer!

http://www.hokuwalk.com/Topic/
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

----------------------------------------------------------------------
■北欧の情報は『北欧区(hokuwalk.com)』から
http://www.hokuwalk.com/
■Blog
http://ameblo.jp/hokuwalk/
■Twitter
http://twitter.com/hokuwalk/
■Facebook
http://www.facebook.com/hokuwalk/
----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
北欧ニュースの登録・解除は下記URLにて、お願いいたします。
http://www.marble-plus.net/news/mag.htm
----------------------------------------------------------------------

Copyright(c)2018 eyebrains Inc.
-----------------------------
アイブレインズ株式会社
mailto:support@hokuwalk.com
編集:山名
-----------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ