軍事情報

  • ¥0

    無料

国際社会は力の均衡(バランス・オブ・パワー)の原理で動いています。その冷厳な事実を戦後日本で育った人の多くは理解していません。世界の中でわが国が、自立した国として生き抜いてゆくには、「力」への免疫をつけておくことが必要不可欠です。イデオロギーで動いていない国際社会を理解できるツール「軍事」の世界へようこそ!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
軍事情報
発行周期
不定期
最終発行日
2019年03月20日
 
発行部数
9,271部
メルマガID
0000049253
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 国際情勢

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは。エンリケです。

この本に書かれている内容で、
実際にクーデタが行われたという話もあります。

それほど危険で使える具体的な本です。

人間社会がある限り
永遠に残り続ける
「国を動かす権力」という存在。

その「国を動かす権力」なるものをいかに乗っ取るか?
を具体的に解説した前代未聞の内容です。

国のパワーとは何か?
何が国のパワーなのか?
国のパワーを動かすにはどうすればいいのか?

について、
クーデタというテーマを通して
具体的に記しています。

国のパワーとはどういうもので、どういう特質を
持っているのか?を赤裸々にした、
ひじょうに珍しく面白く、実際の役に立つ本ですね。

これらのことは、
政治を考える上でとても大切ですが、
ほとんど考究された形跡がありません。

というより、
研究はされているが、表に出ていない
というほうが正確なのかもしれません。


クーデタがテーマのせいか、
とにかく記述が具体的。

権力奪取後にパワーとパワーのバランスをいかに操るか?
など、最前線に的確な指示を与える上で欠かせない
ポイントも網羅しています。


世界で一番安定した政府と国家を持つわが国では
クーデタをあまり意識・注目せずに生きてゆけるが、
他の国の政府には常時クーデタの危険にさらされて
いるといって過言ではないところも多いです。

そういう弱い政府を持つ国の関係者にとっては、
クーデタを阻止する研究材料として大きな価値を
持つことになるでしょう。

監訳者も指摘する
「倫理的にどうなのよ?」
という大問題はあるものの、

毒は薬になる

ということわざを思い起こさせる内容。

応用範囲がほぼ無限で、
研究対象としては面白いと思いますが、
知る限り、現時点で他に類書はなく、
今後も出ないのではないのでは?

後世、
時代の限界にチャレンジした書
として評価を受けることは間違いないでしょう。


ルトワックの“クーデター入門"
http://okigunnji.com/url/25/


エンリケ

追伸

ちなみに、
いまベネズエラで起きていることを
本著と照らし合わせて読むと
非常に面白いですよ。


ルトワックの“クーデター入門"
http://okigunnji.com/url/25/



投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。
その他すべての文章・記事の著作権は
メールマガジン「軍事情報」発行人に帰
属します。

Copyright(c) 2000-2019 Gunjijouhou.All rights reserved
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ