軍事情報

  • ¥0

    無料

国際社会は力の均衡(バランス・オブ・パワー)の原理で動いています。その冷厳な事実を戦後日本で育った人の多くは理解していません。世界の中でわが国が、自立した国として生き抜いてゆくには、「力」への免疫をつけておくことが必要不可欠です。イデオロギーで動いていない国際社会を理解できるツール「軍事」の世界へようこそ!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
軍事情報
発行周期
不定期
最終発行日
2019年03月22日
 
発行部数
9,266部
メルマガID
0000049253
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 国際情勢

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

*439人が試して平均満足度4.7*
著書80冊以上・国際政治学者の
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント

無料で手に入れる
http://okigunnji.com/url/24/
---------------------
<国際政治学者の講演録>

ついに解禁:
47年非公開にされた元米国大統領の告発
史上最大の戦争仕掛けた真犯人は誰か?

http://okigunnji.com/url/18/
---------------------


───────────────────
ライターの平藤清刀です。陸自を満期除隊した即応予備自衛官
でもあります。
お仕事の依頼など、問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ

E-mail hirafuji@mbr.nifty.com
WEB http://wos.cool.coocan.jp
────────────────────
こんにちは。エンリケです。

加藤さんが翻訳した武器本シリーズ最新刊が出ました。
今回はMP5です。

「MP5サブマシンガン」
L.トンプソン (著), 床井 雅美 (監訳), 加藤 喬 (翻訳)
発売日: 2019/2/5
http://okigunnji.com/url/14/
※大好評発売中


きょうも読み応えありです。

さっそくどうぞ。


エンリケ


追伸
ご意見ご質問はこちらから
https://okigunnji.com/url/7/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
加藤大尉の軍隊式英会話     Takashi Kato

◆「最新兵器の一騎討ち
 ──F-15イーグル戦闘機 対 SU-35フランカー(1)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□今週の「トランプ・ツイッター」

 2018年10月現在、アメリカ50州のうち30州で死刑が
合法です。日本の都道府県とは異なり、米国の州はそれぞれの憲
法を持つ準国家。死刑に関する判断も州政府に委ねられています。
80年代以降、苦痛が少ないとされる薬殺刑が多くなりましたが、
州によっては銃殺、電気椅子、ガス室、絞首を選択肢として残し
ているところもあります。確定死刑囚は全米で2600人以上お
り、最も多いのがカリフォルニア州。先日、同州のギャビン・ニ
ューサム知事は死刑執行を停止する行政命令に署名しました。極
刑は「人種差別に基づいた制度」であり「異常で残虐な刑罰」だ
と判断した結果です。

 トランプ氏は今回のツイッターで、犠牲者遺族の処罰感情を考
慮し執行停止を批判しています。「カリフォルニア州有権者の死
刑制度支持を否定し、冷酷無比な殺人犯737名の処刑を差し止
めた」との辛辣な表現に「刑罰は罪に相応するものでなければな
らない」との確信が伺えます。殺人のなかには死刑をもって臨む
しかない残虐非道なものが頑として存在し、極刑を廃止すれば法
治国家の正義が失われるとの危機感でもあるのでしょう。

 いかなる裁判制度下でも冤罪の可能性を完璧になくすことはで
きません。同時に、圧倒的多数の目撃証言やDNA鑑定および証拠
の積み重ねから、被告の犯行であることに合理的疑いの余地がな
い殺人事件もあります。

 1995年に発生したオクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件
の主犯ティモシー・マクベイ元死刑囚や、2001年に池田小学
校無差別殺傷事件を引き起こした宅間守元死刑囚などが思い浮か
びます。最近処刑されたオウム真理教の元教祖や幹部らも同様で
す。

 これらの凶行は被告の死をもって贖(あがな)うしか正義を行
なう術がなかった、とわたしも思います。トランプ大統領の意見
に賛同します。


 本日のツイッターのキーワードはthrill。日本語では「ぞっと
する」という意味合いのスリルですが、英語では「感動する」
「わくわくする」「大喜びする」の意味もあります。

Defying voters, the Governor of California will halt all
death penalty executions of 737 stone cold killers. Friends
and families of the always forgotten VICTIMS are not
thrilled, and neither am I!

「有権者を否定し、カリフォルニア州知事は冷酷無比の死刑囚7
37名の死刑執行を停止した。忘れられた被害者と家族、友人ら
がこんな決定を喜んでいるものか。わたしだって同じだ!」


 それでは本編に入りましょう。

 F-15イーグル(Eagle)は1972年のデビュー以来、100を超える実
際の空中戦(dogfight)で負け知らずの制空戦闘機。ステルス性が
重視される前の第四世代機で、高速性能(high speed performance)
と機動性(maneuverability)を最優先した設計です。F-15Jはいま
も航空自衛隊の現用主力戦闘機として200機以上が空の守りについ
ています。

 SU-35フランカー(Flanker)はF-15に対抗する目的で開発され、
2008年に初飛行した第四世代++に分類される機体です。推力変
更ノズルを備え、非常に難易度の高い空戦機動(air combat
maneuvering: ACM)「コブラ」や「フック」を行なうことができ
ます(参考ビデオ参照)。

 これらのACMが実戦でどれほど有益なのかは諸説ありますが、
華麗かつ過激、そして斬新な動きに見えます。少なくとも素人目
には、近接ドッグファイトにもつれ込んだ場合、ロックオンしよ
うとする敵機を振り切るのには効果がありそうです。

 ちなみに、フランカーは中国空軍でも配備中。本ビデオが取り
上げた異機種間空中戦は、日本にとって絵空事ではありません。

教材ビデオ:
https://www.youtube.com/watch?v=EW3CXJ2iRIk

(2機の比較は0:00から始まります)

基本語彙(カタカナ発音表示はおおざっぱなものです)
Flanker(フランカー)アメフトのフィールド側面にある攻撃ポ
ジション
Find one’s match(ファインド ワンズ マッチ)好敵手に巡り
会う
In the shape of(イン ザ シェイプ オブ)?という姿をした

シナリオ(カウンターを 1:56に合わせてください)

Some defense analysts believe that one of the most successful
war planes in the world the F-15 may have finally found its
match in the shape of SU-35.
(防衛アナリストのなかには、世界でもっとも成功した軍用機の
一つであるF-15が、ついに、SU-35という好敵手に巡り会ったの
かもしれないと考える者もいる)

英語一言アドバイス:
find one’s matchは、直訳すると「能力が拮抗する競争相手を
見つける」です。より自然な訳なら「好敵手に巡り会う」でしょ
う。無敵を誇ったチャンピオンが、若手の挑戦者に苦戦する場合
などにも使える表現です。

“Selina Williams finally found her match”
(セリーナ・ウィリアムズはついに好敵手に巡り会った)

発音サイト
find one’s matchの発音:
https://www.howtopronounce.com/find-ones-match/

参考サイト(ウィキペディアのサイトで日本語版に移行してください)

F15戦闘機:
https://en.wikipedia.org/wiki/McDonnell_Douglas_F-15_Eagle

F15J戦闘機:
http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/sentouki/F-15/

SU35戦闘機:
https://en.wikipedia.org/wiki/Sukhoi_Su-35

空戦機動コブラ:
https://en.wikipedia.org/wiki/Pugachev%27s_Cobra

空戦機動コブラ動画: 
https://www.bing.com/videos/search?q=Pugachev%27s+Cobra&&view=detail&mid=F655EF5E96272F03B4A4F655EF5E96272F03B4A4&&FORM=VRDGAR



加藤喬(たかし)


●著者略歴

加藤喬(かとう・たかし)
元米陸軍大尉。都立新宿高校卒業後、1979年に渡米。アラスカ
州立大学フェアバンクス校他で学ぶ。88年空挺学校を卒業。
91年湾岸戦争「砂漠の嵐」作戦に参加。米国防総省外国語学校
日本語学部准教授(2014年7月退官)。
著訳書に第3回開高健賞奨励賞受賞作の『LT―ある“日本
製”米軍将校の青春』(TBSブリタニカ)、『名誉除隊』
『加藤大尉の英語ブートキャンプ』『レックス 戦場をかける
犬』『チューズデーに逢うまで』『ガントリビア99─知られざ
る銃器と弾薬』『M16ライフル』『AK―47ライフル』
『MP5サブマシンガン』(いずれも並木書房)がある。


追記
「MP5サブマシンガン」
http://okigunnji.com/url/14/
※大人気継続中

『AK-47ライフル』
http://amzn.to/2FVniAr
※大好評発売中

『M16ライフル』発売中♪
http://amzn.to/2yrzEfW

『ガントリビア99』発売中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4890633456/

『アメリカンポリス400の真実!』発売中
https://www.amazon.co.jp/dp/4890633405

『チューズデーに逢うまで』発売中
http://www.amazon.co.jp/dp/489063326X

『チューズデーに逢うまで』関係の夕刊フジ
電子版記事(桜林美佐氏):
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150617/plt1506170830002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150624/plt1506240830003-n1.htm

『レックス 戦場をかける犬』発売中
http://www.amazon.co.jp/dp/489063309X 

『レックス 戦場をかける犬』の書評です
http://honz.jp/33320

オランダの「介護犬」を扱ったテレビコマーシャル。
チューズデー同様、戦場で心の傷を負った兵士を助ける様子が
見事に描かれています。
ナレーションは「介護犬は目が見えない人々だけではなく、
見すぎてしまった兵士たちも助けているのです」
http://www.youtube.com/watch?v=cziqmGdN4n8&feature=share



きょうの記事への感想はこちらから
 ⇒ https://okigunnji.com/url/7/


---------------------------------------

日本語でも英語でも、日常使う言葉の他に様々な専門用語があ
ります。
軍事用語もそのひとつ。例えば、軍事知識のない日本人が自衛
隊のブリーフィングに出たとしましょう。「我が部隊は1300時
に米軍と超越交代 (passage of lines) を行う」とか「我が
ほう戦車部隊は射撃後、超信地旋回 (pivot turn) を行って離
脱する」と言われても意味が判然としないでしょう。

 同様に軍隊英語では「もう一度言ってください」は
 "Repeat" ではなく "Say again" です。なぜなら前者は
砲兵隊に「再砲撃」を要請するときに使う言葉だからです。

 兵科によっても言葉が変ってきます。陸軍や空軍では建物の
「階」は日常会話と同じく "floor"ですが、海軍では船にちな
んで "deck"と呼びます。 また軍隊で 「食堂」は "mess
hall"、「トイレ」は "latrine"、「野営・キャンプする」は
"to bivouac" と表現します。

 『軍隊式英会話』ではこのような単語や表現を取りあげ、
軍事用語理解の一助になることを目指しています。

加藤 喬
----------------------------------------


PS
弊マガジンへのご意見、投稿は、投稿者氏名等の個人情報を伏
せたうえで、メルマガ誌上及びメールマガジン「軍事情報」が
主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)
で紹介させて頂くことがございます。あらかじめご了承くださ
い。


最後まで読んでくださったあなたに、心から感謝しています。
マガジン作りにご協力いただいた各位に、心から感謝しています。
そして、メルマガを作る機会を与えてくれた祖国に、心から感謝
しています。ありがとうございました。

-----------------------------------------
メールマガジン「軍事情報」
発行:おきらく軍事研究会
(代表・エンリケ航海王子)

メインサイト:
https://okigunnji.com/

問い合わせはこちら:
https://okigunnji.com/url/7/

メールアドレス:
okirakumagmag■■gmail.com(■■を@に置
き換えてください)
------------------------------------------

配信停止はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000049253.html



<丸谷 元人の講演録&電子書籍>
謀略・洗脳・支配 世界的企業のテロ対策のプロが明かす…
知ってはいけない「世界の裏側」
世界の裏側を見る http://okigunnji.com/url/13/
---------------------


投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。
その他すべての文章・記事の著作権は
メールマガジン「軍事情報」発行人に帰
属します。

Copyright(c) 2000-2019 Gunjijouhou.All rights reserved
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ