609studio

  • ¥0

    無料

フリージャーナリスト片山通夫のメールマガジン。Lapiz編集長・井上脩身氏の現代時評、ロシアやサハリンの話題、編集長のコラムなど多彩な話題満載!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
609studio
発行周期
週刊
最終発行日
2018年08月14日
 
発行部数
215部
メルマガID
0000052236
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 国際情勢

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

────────────────────────────────────
【609 Studio】email newsletter 2018年8月14日 No.869
──────────────────────────────────────
フォト・ジャーナリスト片山通夫のemail newsletter。現代時評、ロシアやサ
ハリンの話題、編集長のコラムなど多彩な話題満載!
──────────────────────────────────────
                 お知らせ 

          片山通夫オフィシャルサイト 609studio

               新連載「樺太夢幻」
 
            次週7月16日から始まります!
──────────────────────────────────────
                 お知らせ

        グラフ誌Lapiz22018夏号無償ダウンロードは以下から!

    Lapiz Site  http://lapiz-international.com/

──────────────────────────────────────
               好評発売中!

          《サハリン逍遥》 片山通夫写真集

 サハリン残留朝鮮人の取材のため15年間サハリンに通った写真家が自然や人
々の暮らしを折にふれて撮りためた素顔のサハリン。さり気ないアプローチでと
らえた被写体にユーモラスな文章をそえた魅力的な写真集。

        群像社刊 モノクロ152ページ、予価1800円+税

        群像社サイトからお買い求めいただけます!!
       http://gunzosha.cart.fc2.com/ca8/198/p-r-s/

        サハリン逍遥が電子ブックになりました!
       http://www.shinanobook.com/genre/book/3775
──────────────────────────────────────
    【著書案内】

     「追跡!あるサハリン残留朝鮮人の生涯」 片山通夫 著

  日本の植民地統治が生んだ一家離散「二重徴用」「急速転換」「樺太
  への逆密航」を語る貴重な証言!!

   凱風社 刊 http://www.gaifu.co.jp/index.html

           定価 1900円+税
──────────────────────────────────────
◆現代時評 <戦争が奪った若き命> 片山通夫
──────────────────────────────────────
 明日15日は我が国が無謀な戦争に負けた記念の日である。世に「終戦記念日
」と言い換えが行われている日でもある。筆者(片山)は長年、つまり1999
年からサハリンで取材を続けて今日に至る。そんな中で「9人の乙女」の話を何
度も聞いた。稚内には慰霊のための「殉職九人の乙女の碑(九人の乙女の像)」
もたてられている。

 周知のように彼女らは戦闘で犠牲になって亡くなったわけではない。碑文は次
のように書かれている。

 …その中で交換台に向った九人の乙女らは、死を以って己の職場を守った。…
静かに青酸カリをのみ、夢多き若き尊き花の命を絶ち職に殉じた…

 簡単に言うと真岡(現ホルムスク)にあった真岡郵便局に勤務していた9人の
電話交換手が青酸カリで自決したという事件である。碑文にあるように「死をも
って己の職場を守った」のかどうかはともかく、ソ連軍の真岡上陸に際して自決
したのである。

 彼女らの自決が「軍による強制」だったという説はどうも間違いだったようだ。
「一人、もしくは複数の軍人の強制」だったという説も、沖縄のそれのようでは
なかったようである。ではなぜ彼女らは自ら命を絶ったのか。彼女らの死が必要
だったのか否かはここでは問わない。いや問えない。

 今だから言えることもあろうが、当時の樺太の状況は混乱を極めていた。所謂
玉音放送は8月15日であり、樺太にもその声は放送されていた。しかしソ連軍
は侵攻を止めず戦闘が続いていた。当時のソ連は日露戦争で失った南樺太の奪還
を目的としていたように思える。

 このあたりの様子はウイキペディアに詳しいので転載する。
⇒ http://urx.red/Lspo

 真岡では8月16日、真岡郵便局長は豊原逓信局長から受けた「女子吏員は全
員引揚せしむべし、そのため、業務は一時停止しても止を得ず」との女子職員に
対する緊急疎開命令を通知し、女子職員は各地区ごとの疎開家族と合流して引き
揚げさせることにした。・・・
 同日真岡郵便局の朝礼で主事補の鈴木かずえにより残留交換手に関する説明が
なされた。主事補は緊急疎開命令が出されて職場を離れる交換手が出ている現状
を話し、仮にソ連軍が上陸しても電話交換業務の移管が行われるまでは業務を遂
行しなければならないと前置きし、残って交換業務を続けてもらえる者は、一度
家族と相談した上で、返事を聞かせてほしい旨を説いた。鈴木の言葉に誰もが手
を挙げ、声を出して残る意思を現した。これに対し鈴木は、本日は希望者を募ら
ないとし、一度家族と相談の上で班長に伝えるよう指示。後日希望を聞くと告げ
た。
 
 この主事補の「残留交換手の必要性」の記述が事実かどうかは筆者にはわから
ない。ただ状況を考えると事実だったのかもしれないと思えるだけである。いず
れにしても多数の交換手は残留した。

8月20日にソ連軍艦からの艦砲射撃が開始されると、真岡郵便局内も被弾す
るようになり、電話交換手12名は、別館2階に女性のみが孤立することになった。
高石班長が青酸カリで服毒自決、続いて代務を務める可香谷が自決。ただし、自
決の経緯については激しい銃砲火の中だったことや生存者が少ないことなどから、
証言が錯綜しており、高石班長はむしろ若い交換手をなだめたとするものや、青
酸カリを分け合って年齢の高い順に飲んだとするものもある。この後、一人また
一人と合計7名が青酸カリ、あるいはモルヒネで自決した。そしてその後2人が
後を追い、9人が自決した。

 いずれにしても、状況が状況なので情報は錯そうしていることは否めない。し
かし青酸カリ等で自決したことは間違いではない。
 ソ連軍兵士への恐怖が自決に走らせたのか、沖縄戦の時のように、日本の官憲
が自決に追い込んだのか、今となっては知りようがない部分もある。
 しかし言えることは、その主たる原因は戦争である。

 そのことを肝に銘じて明日という日を迎えたい。
──────────────────────────────────────
新刊ガイド《「大大阪」時代を築いた男 評伝・関一(第7代目大阪市長)》

大山勝男 著
定価(本体2,600円+税)
2016年2月10日発行
http://koujinnotomo.com/

──────────────────────────────────────
◆気になるサイト(国内の大マスコミは除く)
──────────────────────────────────────
◆情報通信・ラジオ「スプートニク」 ⇒ https://jp.sputniknews.com/
 
◆聯合ニュース ⇒ http://japanese.yonhapnews.co.kr/

◆朝鮮の声放送 ⇒ http://www.vok.rep.kp/CBC/

◆愛媛新聞  ⇒ https://www.ehime-np.co.jp/ 

◆しんぶん赤旗⇒ https://www.jcp.or.jp/akahata/

◆長周新聞  ⇒ https://www.chosyu-journal.jp/ 

◆日刊ゲンダイ ⇒ https://www.nikkan-gendai.com/

──────────────────────────────────────
◇きな臭い話、こぼれ話
──────────────────────────────────────
【政治】

辺野古を止める…病室で最後まで 翁長知事を県民大会で追悼 副知事「撤回は
毅然と判断」
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/297439

夏時間、共産・小池氏が批判 「生活が混乱、言語道断」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018080701002767.html

自民竹下派、石破氏支持に異論衆院議員に再聴取、首相派が多数
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/

杉田水脈さんのとんでもツイートがとまらない - ロジ・レポート
http://logicalplz.hatenablog.com/entry/2018/08/04/132314

安倍首相や閣僚の答弁は「赤信号だらけ」。一介の会社員が「信号無視話法」を
思いついたワケ
https://hbol.jp/172064

【社会】

東京医大の点数操作「もはや女性差別以外の何者でもない」と指摘。内部調査委
が会見
https://mail.google.com/mail/u/0/#inbox/FMfcgxvxBXpglzNKQWVWbgzcCpzKtGCQ

杉田水脈氏寄稿、出版社の責任は ネットと深化の影響も
http://ur0.work/LsKL

稚内―サハリン航路、運航開始 9月22日までに19往復
https://www.kochinews.co.jp/article/205869/

【国際】

ロシア、北方領土の軍備強化加速=戦闘機配備か、抗議にも反発
【モスクワ時事】ロシアが北方領土の軍備強化を加速する姿勢を鮮明にしている。
ロシア極東サハリン州のメディア「サハリン・インフォ」は3日、択捉島にロシ
ア空軍のスホイ35S戦闘機が試験配備されたと報道。日本政府は抗議したが、
ロシア側は「(北方領土は)ロシア領だ。いかなる抗議も根拠がない」(上院議
員)と反発している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080800689&g=int

サハリン・北海道航路 運航始まる
https://jp.sputniknews.com/russia/201808085203161/

北朝鮮、日本に「核の野望」と批判 - Sputnik 日本
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は広島県に原子爆弾が投下された8月6日の1日前に、
日本政府が核兵器への野望を持っていると批判した。
https://jp.sputniknews.com/asia/201808055194189/

オバマ大統領、ロバート・F・ケネディ人権賞を受賞
https://jp.sputniknews.com/world/201808085202687/

トランプ大統領、イランと取引を行う国に最後通牒
トランプ米大統領は7日、イランと取引を行う国は、米国と取引できなくなると
発表し、米国の対イラン制裁は厳しいものになると指摘した。
https://jp.sputniknews.com/politics/201808075202038/

独島入った朝鮮半島旗の使用断念か アジア大会で韓国と北朝鮮
http://ur0.work/LsKM

北朝鮮ミサイル発射場の解体進展 米サイト分析、復旧可能
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018080801000819.html

【こぼれ話】

《笑ってしまった…w》「北欧あたりの人名で使える大阪弁」のタグが面白すぎ
て吹き出した14選 | COROBUZZ
ナンヤ=ネン
コノ=タグハ#北欧あたりの人名で使える大阪弁
http://corobuzz.com/archives/122519

モスクワのソ連風バーで飲もう。一晩20ドルをやっと超えるほどの料金で
https://jp.rbth.com/lifestyle/80643-moscow-soren-style-vodka-bar

モスクワで会える有名な幽霊5選
https://jp.rbth.com/history/79260-moskva-yurei

────────────────────────────────────
◆編集長から:片山通夫
────────────────────────────────────
 明日15日はあの無謀な戦争で日本が負けた記念日だ。考えてみればあの時代
から我が国は「豊かな日本語の語彙」を駆使して言い換え(=改ざん)してきた。
 敗退を転身と言い換えるのは朝飯前。最後にはコテンパンにやられて「無条件
降伏」つまり「敗戦」を「終戦」だと…。
 もちろん国民の眼からの隠蔽は今も伝統的に続いている。

 こうしたいい加減さが時には人間関係の潤滑油となる場合もあるが、歴史の誤
った理解にも繋がりかねない。
 心しておくべきだ。 
 いずれにしても無辜の国民を狂気に走らせた罪は大きい。 合掌
───────────────────────────────────
発行    2018年8月14日 No.869
FB  https://www.facebook.com/michio.katayama.5
 配信 まぐまぐ配信システム ID:0000052236
MailuX配信システム ID:MM3E1B97842E020
contact us http://www.609studio.com/html/mailform.html
website http://www.609studio.com/
投稿   http://www3.ezbbs.net/06/609studio/
購読 解除 http://archive.mag2.com/0000052236/index.html

           ◇禁・無断転載◇
────────────────────────────────────
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ