プロが教える“お掃除アドバイス”

  • ¥0

    無料

お掃除のプロがご家庭でのお掃除のコツをお教えします。みなさんの生活に役立つ情報の発信を予定しています。是非ご登録下さい!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
プロが教える“お掃除アドバイス”
発行周期
不定期
最終発行日
2019年03月01日
 
発行部数
710部
メルマガID
0000090582
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 家庭 > 家庭全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

昼間の気温は上がってきていますが、まだまだ朝夕は寒いですね。


これから暖かくなるのは嬉しいですがこの時期は花粉が多くなり、アレルギーをお持ちの方はつらい時期ですよね。

花粉は持ち込まないのが一番ですが、なかなか難しいです。
外出した際の衣類・窓や玄関など、花粉は侵入してきます。
こまめな掃除を心がけましょう。
今回のテーマは花粉です。

花粉は舞い上がってもゆっくり床に落ちてきます。
花粉の時期、お掃除の基本は”拭き掃除”です。
花粉が舞い上がる前に拭き取ることが重要です。
固く絞った雑巾またはウェットタイプのシートなどをつかいます。
カーペットなどはコロコロを使うと便利ですね。
その後、掃除機をかける際は、フローリングや畳の目に沿ってゆっくりかけるようにしましょう。

掃除をするときは、花粉の時期でも空気の入れ替えはしたいですよね。
そんなときは花粉の多い10時~14時の時間帯をさけて、お掃除前に窓を細く10cmほど開け網戸を閉めてカーテンを閉めて、花粉の侵入を減らすことができます。 
次に加湿!が大事です。
空気が乾燥していると花粉が舞い上がりやすいので、加湿器で部屋の湿度を上げて花粉を床に落としてから掃除をします。 

花粉の量が意外に多いのはトイレや洗面所の床って知ってました?
換気扇からの侵入や、洋服の脱ぎ着もする場所なので付着している花粉が落ちやすい場所です。
床はこまめに拭き掃除をして花粉を取り除きましょう。
マットの交換もこまめにします。

窓の近くも花粉がたまりやすい場所です。こちらも花粉をふき取ることで対策を!
ダスキンモップは吸着剤効果で花粉を舞い上げずにからめとるのでおススメです。
すぐに使える場所においておけば、お掃除も楽チンです!
ぜひ一度使ってみてください!

そうそう・・・花粉症対策にはエアコンも効果的なんですよ!!
その理由はエアコンの仕組みにあるんです。
エアコンは部屋の空気を吸い込んで、その空気中の熱を熱交換器によって冷たく又は暖かくして室内に放出しています。 部屋の空気を吸い込む際に、空気中の花粉やホコリも同時に吸ってフィルターに引っかかる為、室内から花粉を除去できるんです!
ちなみに、エアコンは外気を取り込む構造にはなっていないので、エアコンを使っても外の花粉を室内に取り込む心配はありません。
最近のエアコンは空気清浄機もついているので利用すると効果的です。
ただ、汚れているエアコンでは逆効果!!
フィルターのお掃除も2週間に1回はしましょう。

部屋の空気もきれいにして快適な春へ!!


お掃除でお困りのときは、下記まで
→ダスキンピュア: http://www.duskinpure.com/sm
※ダスキンピュアのHPでは、様々な「おそうじアドバイス」を公開しています。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ