アイ・ラブ・スウェディッシュデザイン

  • ¥0

    無料

シンプルで機能的な北欧スウェーデンのデザインやインテリアは、私たちの暮らしぶりを高めてくれます。自然との共存や持続可能なロハスな社会の先進国であるスウェーデンより、現地のエコなライフスタイルと優れたデザインを首都ストックホルムからお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
アイ・ラブ・スウェディッシュデザイン
発行周期
不定期
最終発行日
2018年07月03日
 
発行部数
1,115部
メルマガID
0000100992
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アイ・ラブ・スウェディッシュデザイン

2018年7月3日号

今求められるスウェーデンデザイン

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3ヶ月に1回程度の配信で失礼いたします。

当メルマガは北欧スウェーデンの首都
ストックホルムよりデザインと
ライフスタイル情報をお届けしています。

フェイスブックでは
さまざまな情報を常にアップしています。
http://www.facebook.com/swedenstylecom

ウェブサイト、インスタグラムもございます。
http://swedenstyle.com/
https://www.instagram.com/swedenstyle/
https://www.facebook.com/scandinavianpatterncollection

*******************************************

5月に猛暑の続いたスウェーデンは
6月になって少し落ち着き、
例年のごとくミッドサマーは寒くなり、
7月になって、またよいお天気になっています。

あっという間に過ぎ去ってしまう
北欧の夏ですが
短い夏を満喫したいと思います。

* * * * * *

スウェーデンで最も大きなデザイン賞
「デザインS/DesignS」の授賞式が
6月11日にストックホルムで行われました。

デザインの分野は多岐にわたり
持続可能なデザイン、工業デザイン、
建築、インテリア、グラフィック、
テキスタイル、家具などの分野から、
プロのデザイナー、建築家、
個人のスペシャリスト、プロデューサー、
企業がノミネートされます。

授賞式は2年ごとに行われ、
ノミネートされた人たちが一同に会して
最優秀賞が発表されます。
最もクリエイティブで
イノベーティブなアイデアに賞が与えられます。

デザインSは2006年から始まったデザイン賞で、
1845年に設立された
スウェーデン最古のデザイン協会
Svensk Formが主催しています。

デザインSは国を挙げて
多岐にわたる分野から選ばれています。

デザインというと形のあるもので、
家具やグラフィックは
最もわかりやすいデザインです。

しかし近年はデジタルも発達し、
形のないものもデザインとして
認識されるようになりました。

今までのスウェーデンデザインに
求められていたことは、
見た目が美しいのはもちろん、
持続可能なこと、
環境に配慮していること、
機能的であることでしたが、
今ではそれはもう当然の要素になっています。

それを踏まえて、
今のスウェーデンデザインに
求められている要素は、
知識があること、
革新的であること、
創造的であること、
先見の明があること、
トレンドの先端をいくことです。

デザインSは、デジタルも含めて
多岐の分野のデザインに賞を与えています。
デザイン大国でイノベーション大国
といわれるスウェーデンの
底力を感じられる受賞作品の数々です。

それぞれの分野から
最優秀賞受賞者と作品を紹介します。
受賞作品につきましては、下記サイトをご覧下さい。
https://swedenstyle.com/2018/06/design-s1/

*******************************************

「アイ・ラブ・スウェディッシュデザイン」の
ご意見、ご感想は下記までお願いします。
mailto:info@swedenstyle.com

速攻の情報はフェイスブックにアップしています。
http://www.facebook.com/swedenstylecom

-----------------------------------

このメールマガジンは、
『まぐまぐ』と『メルマ』を利用して発行しています。

『まぐまぐ』からの登録と解除はこちらから。
http://www.mag2.com/m/0000100992.htm

『メルマ』からの退会・解除はこちらから。
http://melma.com/contents/taikai/

スウェーデンスタイル・コムのウェブサイト
http://www.swedenstyle.com/

------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ