小笠原昭治のマーケティング&ストローク

  • ¥0

    無料

3冊のマーケティング書と、1冊の自己啓発書を上梓した、マーケティングの現場たたき上げの著者が、経営戦略と、ストロークをテーマに贈るメールマガジン。売り上げて、経済的な満足を得るためのマーケティング編と、人間関係の仕組みを知って、精神的な満足を得るためのストローク編の二部構成。相互紹介・相互広告も募集中

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
小笠原昭治のマーケティング&ストローク
発行周期
3~1ヵ月に一回の不定期
最終発行日
2019年01月28日
 
発行部数
2,326部
メルマガID
0000111010
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > マーケティング理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏     小笠原昭治の マーケティング&ストローク
───────────────────────────────────
┏┏            【 マーケティング編 】
───────────────────────────────────
┏       No.554 時勢を読むマーケティング リサーチ[後編]
───────────────────────────────────
発行総数 2783部
まぐまぐ 2326部 https://www.mag2.com/m/0000111010.html
Melma!  0457部 http://melma.com/backnumber_96400/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【CONTENTS】DATE:2019.1.28(月)


    1 CONTENTS & introduction 
    2 【本編】No.554時勢を読むマーケティング リサーチ[後編]
    3 マーケティング&ストローク/付記
    4 マーケティング&ストローク/提携誌
    5 メールマガジン相互紹介
    6 メルマガ『マーケティング&ストローク』関連サイト
    7 メッセージ紹介 or クッキングマーケティング or ストローク編
    8 編集後記



introduction─────────────────────────────




一年半ぶりとなる月間二度目の配信(パチパチパチパチ)


“時勢を読むマーケティングリサーチ”三部作は、今回で終了になります。が、
次回は総集編!

お楽しみに!


(総論部分にあたる“できるようになるマーケティング”シリーズは、今後も
続きます)




───────────────────────────────────
ここから本編が始まります。恵方巻キャビア添え金箔付の用意はお済みですか?
https://metropolitana.tokyo/ja/archive/140
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




        No.554 時勢を読むマーケティング リサーチ[後編]




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




■ 時勢のほうからやってきた幸運な内装職人のケース ■



───────────────────────────────────



すすけた白いバンの後部いっぱいに建築資材や工具を詰め込み、6~7年ほど前
まで、

「仕事ください」「来月以降のスケジュールは空いてます」

と、移動しながら携帯電話で営業活動していたリフォーム専門の内装職人さん
が、ここ数年、

「見かけなくなったなあ」

と思っていたら、ある日、新車で1,000万円は下らない高級車に乗って登場。


建設・建築業界は景気がいいと、ニュース等で知っていましたが、その明証を
目の当たりにすると、

「本当に、景気がいいんだなあ」

と首肯しきり。

聞けば、リフォームに特化するのをヤメ、需要に応えるまま、仮設足場、塗装、
大工、左官、タイル等々、建築全般を請け負っているとか。


察するに、内装(クロス貼り等)の仕事のみ請け負い作業する「職人」業では
なく、

工事の一部をマネジメントし、人員を集めて差配する「一人親方」業になった
様子。


しかし、一人親方では、500万円以上の工事を請け負えませんので、建設会社に
なるべく、ただ今、許可を申請中とのコト(会社は設立済み)


反対に、工事の発注が多すぎて、人を集められず(需要に応えられず)、廃業
する建設・建築会社(一人親方)も多いんだとか。すさまじい状況ですね。


いずれにせよ、活況を呈している業界であることは確かなようです、建設建築
業界。(業界の構図は、建設 = 建築ではなく、建設業界 > 建築業界)


こうも景気が良い業界になるとは、彼(遠い知人)自身、夢にも思わなかった
ことでしょう。時勢のほうから、彼のもとへやってきました。


孟子が説いた「天地人」の、天の時(天が動く時)ですね。



───────────────────────────────────



■ 時勢のほうからやってきた幸運なシステム開発会社のケース ■



───────────────────────────────────



もう一例。マーケティング(リサーチ)なんざ「無用の長物」と思わせる事例
を。


十数年前、どこかでお会いしたシステム開発会社(社員数名)の社長いわく、

「新規営業で、アポを取って、訪問したら、システム開発なんて、終わってる
でしょ?と、イヤミを言われました」


ところが、2012年頃から、スマホの登場(アプリの開発)、アベノミクス景気、
2020年問題等々、開発案件が増え始め、IT技術者が足りなくなりました。


ITエンジニア(SE、サーバエンジニア、Webエンジニア等々)の人手不足です。


フリーのSEは、やりたいプロジェクトのみ選んで引き受けるほどの供給過多。

社内SEも派遣SEも、許容量を超えた開発プロジェクトを前に、過労死寸前。

プロジェクトマネージャーが高給を提示して技術者を探し回っても、応募なし。

この、空前のITエンジニア不足は、2019年の今も、続いているそうです。


これも、天の時(天が動く時)

時勢のほうが近づいてきました。


これらの例は、マーケティングを知らなくても、仕事が勝手に舞い込んでくる
典型。

バブル景気の頃も、そうでしたよね。ゴルフ会員権にしても、不動産にしても、
広告出稿にしても、お客様のほうから、買い注文が殺到しました。


そのまま、時勢の追い風に乗って、飛び続けられると良いのですが、

時勢に煽られただけのビジネスは、時勢が去るとともに、墜落してしまいます。


ほんろうされないためには、やはり、マーケティング(増収)戦略が必要です。


マーケティングに携わるならば、天に運を任せるのではなく、天の動きを調べ、
天運を味方に付けなければなりません。


これが、前々回から続くテーマ「時勢を読むマーケティング リサーチ」です。


(景気が良いとか人材不足とか)ニュースで知るのみならず、当事者に聴けば、
肌身に沁みて実感できますよね?


これ即ち、定性調査。人様の話を聴くリサーチです。




───────────────────────────────────



■ オープン情報とクローズ情報を集めて分析しよう ■



───────────────────────────────────



「マーケティングリサーチが必要なのは分ったケド、日々ナニすればいいの?」

って、答えはカンタン♪


情報収集です。


ヒト・モノ・カネに続く第四の経営資源といわれる『情報』を集める作業。


「情報を集める作業って、どうすればいいの?」

それが、マーケティングでいうところの、リサーチ(調査分析)です。


「マーケティングは、リサーチに始まり、リサーチに終わる」


と唱えているのは(検索してみると)筆者のみならず、沢山おられるようです
が、

それらのサイトを読むと、100%、テーマあってのリサーチを指しています。


テーマあってのリサーチとは、

「朝、コーヒーを飲む人」

といったテーマに基づく調査です。調査の仕事、と言い換えていいでしょう。


もちろん、それはそれで正解!かつ重要ですが、テーマなしの調査も必要です。


テーマなしの調査とは、時勢を読むこと。

時勢で分かりにくければ、社会のムード、時代の流れ、人心、傾向、トレンド、
新しい価値観、趨勢、世論、風潮、潮流といった、世の中の動きです。


世の中の動きというと、PEST(ぺすと)分析 ※ が挙げられがちですケド、


Politics(政治)
Economy(経済)
Society(社会)
Technology(技術)の頭文字をつなげた情報分析。規制緩和が好例。ぶっちゃけ、
日本経済新聞(の政治面、経済面、社会面、企業面)を読むこと。


PEST分析を用いて、こんにちの禁煙社会を予測していたマーケターが、いたか
どうか?


───────────────────────────────────


喫煙ピーク時の1966年には、83%もの成人男性が、たばこを吸っていました。


電車の席や、自動車には、灰皿が付いていて、当たり前でした。

わずか17年前の平成13年さえ、過半数(52%)の男性がスモーカーでした。


喫茶店や観光地では、マッチを無料で配っていました(東京ディズニーランド
のマッチがあったくらいです)


マッチが、キオスクでは、10円で売られていました(私事ですが、ライターを
忘れた時なぞ、よく買いました)

それが今では、まったく見かけなくなりました。時勢です。


こうした変化は、PEST分析からは読み取れない、人々の心の移り変わりであり、
民意のインサイト(本音)


以下は推測ながら、心のどこかで、

・たばこを吸っている多くの人々が、禁煙したいと思っていた

・たばこを吸わない多くの人々が、禁煙の社会になってほしいと思っていた

・WHO(世界保健機構)が時勢を作った(全世界が啓蒙された)

等、こうした、人々の気持ちや作為が、まさかの禁煙社会を実現したといって
いいのでは?


またも私事で恐縮ですが、禁煙するつもりのなかった筆者が禁煙してしまった
のは、その時勢に飲み込まれたから。


このように、時勢は、身近に在りて、他人事ではありません。


時勢を知るには、メディアでオープン情報を集めるのみならず、前掲のように、
当事者からも聴くことです。



───────────────────────────────────



■ 成功に再現性は無くても、失敗には2つの再現性がある ■



───────────────────────────────────



時勢を比喩するとしたら、大津波。気づかないうちに近づいてきます。

その津波の到来を、感知しようとする調査分析が「時勢を読むマーケティング
リサーチ」です。


仕事としての(期限や予算が決まっている)担当者レベルのリサーチではなく、

会社の10年後を展望するような、俯瞰したリサーチになります。


その高みにアンテナを立てられるかどうかは、従業員であっても、経営意識の
有無によりけり。

(経営意識については、このメルマガ創刊の頃から、耳にタコができるくらい、
繰り返してきましたね?)


そのマーケティング リサーチは、日々の仕事に追われて、いつしか、やらなく
なってしまいがち。それが現実です。


なので、リサーチを継続するには、情報を持ち合い、時勢を読む会議のような
定期的なミーティングを催すと良いでしょう。

───────────────────────────────────

まとめますと、時勢は、その時しか成し得ない大いなる力、天が動く時※です。

※天の時 地の利 人の和。天地人(孟子)


その力によって、上昇気流に乗った企業もあれば、失速した企業もあります。


時勢が変われば、ビジネスも変わります。

廃れるビジネスもあれば、興るビジネスもあります。


天地人の動きに呼応する時勢を読むには、テーマを設けない調査分析が必要
です。


なぜなら、起業や事業の成功に、レシピ(再現法)は無いからです。

あるとしたら、コンサルタントが後づけで分析した成功要因(KSF)でしょう。


成功の軌跡は、事業や商品の数だけありますが、失敗には、共通点があります。


1.情報不足(リサーチ)



2.思い込み(バイアス)

です。

情報を集める作業(リサーチ)から始めるマーケティングは、勝つ方法である
以前に、

負けない方法、会社を潰さない方法でもあります。


ぜひ、時勢を読むマーケティング リサーチを、取り入れてみて下さい。

何も難しいことはありません、オープン情報を集め、気になる情報があったら、
話を聴きに行って、クローズ情報も集めるのみ。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■マーケティング&ストローク■No.554 時勢を読むマーケティング リサーチ[後編]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Copyright(C)interActive co.,ltd. & OgasawaraShoji.AllRights Reserved.
このメルマガは無料で読めます(が 著作権フリーではありません)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ 付 記 ■このメルマガを初めて御覧になる読者の皆さんへ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガを「もっと読みたい」と思ったら、バックナンバーか、あるいは
http://www.mag2.com/m/0000111010.html

こちらの書籍をご覧下さい。

中小企業基盤整備機構/中小企業庁他協力「あの会社が元気なのには理由がある」
http://0gasawara.blogspot.com/2001/04/no3.html

1テーマ見開き2ページでテーマごとに読める「売りこむな!期待をくすぐれ!!」
http://0gasawara.blogspot.com/2001/04/no2.html

マーケティングが推理小説になった「あなたが会社の利益を殺す犯人だ!?」
http://0gasawara.blogspot.com/2001/04/no1.html

幸せを数えよう「こんなに頑張ってるのにうまくいかない!!と思ったら読む本」
https://stroke-c.blogspot.com/2014/04/blog-post.html

※このメルマガ『マーケティング&ストローク』の発行者が執筆した書籍です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            ■□■ 提 携 誌 ■□■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ『マーケティング&ストローク』は

■ 売れたマーケティング、バカ売れの法則(売れたま!)
http://www.mpara.com/mag.htm

と提携しています。売れたま!は何冊もの本になっています。登録は今すぐ!


アマゾンが本を売り始めて以来十数年の歴史の中でビジネス書ベスト100」
を選んだ「オールタイムベスト ビジネス書100」
ow.ly/Cd7Hc

経営のすべてを顧客視点で貫く<社長の最強武器>戦略BASiCS
http://tinyurl.com/m6t2lsu


───────────────────────────────────
メルマガ『マーケティング&ストローク』では、提携誌を募集しています。
※高品質のマーケティングorストローク系メルマガと提携しています。提携の
目的や提携後の展望など審査は厳格ですので、予め御了承の上お申込み下さい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         ■□■ メールマガジン相互紹介 ■□■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ『マーケティング&ストローク』では、相互紹介メルマガを募集して
います。ご希望の方は
https://0gasawara.blogspot.com/1999/01/mailmagsogo.html
をご覧ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■□■  メルマガ『マーケティング&ストローク』関連サイト  ■□■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インターアクティブ・マーケティング
https://www.interactive-marketing.co.jp/
マーケティングランド
https://0gasawara.blogspot.com/
ストローク・コミュニケーション
https://stroke-c.blogspot.com/
このメルマガへ対するお問い合せ・質問・読後感想は
https://0gasawara.blogspot.com/p/blog-page_28.html
こちら↑の問合せフォームからメッセージをお寄せ下さい。メールアドレスは
interactive7marketing@gmail.com
※寄せられた応援メールやメッセージは↓このメルマガにてご紹介しています
(多い姓の上位1,000[人口の50%]のみ苗字を載せています)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         ■□■ ス ト ロ ー ク 編 ■□■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



今回は、67回目のストローク編。


流行語大賞2018の年間大賞は「そだねー」でした。


「そだねー」は、プラスのストロークをルール化(チームスローガンに)した
ものだそうです。


北海道で女子カーリングチームを運営する一般社団法人ロコ・ソラーレの本橋
代表理事は、チーム内の約束事として、


「ポジティブな言葉だけを発するルールで活動してきた」

とのコト。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000120-dal-ent


というのも、カーリング競技は、選手同士で、意見を出し合い、作戦を立てる
スポーツなので、相手の意見を否定せず、

「そだねー」

と同意しながら作戦を立てる。これが、ステイ・ポジティブ(前向きな状態で
いる)というチーム・スローガンなんですって。


素晴らしいですねえ(パチパチパチ)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



          ■□■ 編 集 後 記 ■□■



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



前号の本編で、最後の年賀状を宣言する「終活年賀状」や「年賀状じまい」
https://www.asahi.com/articles/ASLC74J6KLC7PTIL00G.html
を取り上げました。タイムリーでしたので。前編の続編としては唐突でしたが。


それはそうと、年賀状を下さった皆様、ありがとうございました。

厚顔にも、プライベートの年賀状は、こちらから差し出さず、誠に恐れ入ります。


改めまして 新年のお慶びを申し上げます。

今年も よろしく お願いします。


って、遅すぎ?(苦笑)


思い起こせば、まだ、世間が「平成最後」の話題に沸いていなかった一昨年末
(2018年の年賀状)、

私の(プライベートの)年賀状で、平成最後の話題に触れていたことが、今回
の年賀状じまいを、予見していたのかもしれません。


常日頃より、人間関係は「接触あるのみ」と説いておきながら、自ら、接触を
断つなんて、言行相反そのもの(苦笑)ですが、


プライベートとは何ぞや?について深く考えると、親兄弟だからこそ、年賀状
を送らないようなもの(遠方や義理を除く)に似ていますよね。


その反対に、ビジネス用の年賀状は“必須”です(本編にも書きました通り)

なぜなら、経済的人脈を維持する戦術だからです(プライベートは精神的人脈)


このように、来年(今年2019年末)の年賀状のコンテンツは、プライベートと
ビジネスを、分けて考えてみては如何でしょう?


思わぬ気づきに遭遇するかも知れませんよ♪

「ビジネスの相手へ、喪中ハガキを送るな(経済的な人脈が切れる)」とか。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      メールマガジン ■ マーケティング&ストローク ■ 終


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「今日のメルマガは、あの人が気にしていた話題だったなあ。

そうだ!お役に立つかもしれない。転送してあげよう!共通の話題になるし」


と、当マガジンを、知人や顧客へ転送すれば、貴重な接触機会が一回増えます
ね?

しかも、作る手間いらずで、無料。Eメールを送るだけ。送信文のサンプルは、

----------------------------

○○○○様

お世話になっております。△△△△です。

さて、早速ですが、○○○○様が、以前、このメルマガに書かれてあることを、
https://archives.mag2.com/0000111010/

お気になさっていたような記憶がありましたので、お役に立つかも知れないと
思い、メールを差し上げました。

ご休憩のひとときにでも、お楽しみ頂ければ幸いです。

△△△△拝

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ