イタリア文化講座

  • ¥0

    無料

イタリア大好き人間のための総合教養誌。美術、音楽、フード、ファッション、スポーツなど、一流の専門家が超ためになる今日コラムを満載。イタリアファンの他、イタリアビジネス関係の人、語学学習者も必読。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
イタリア文化講座
発行周期
週刊
最終発行日
2018年08月14日
 
発行部数
1,350部
メルマガID
0000124250
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

─[PR]──────────────────────────────
    ポリグロット ラジオ語学講座 INOchannel 絶賛放送中!

   新しく「やさしいグルメイタリア語」が放送開始です!
   http://www.polyglot.jp/radio/cucina_italiana.html

     イタリア語翻訳、作文、語彙の番組etc いろいろ
詳細は http://www.polyglot.jp/radio/radio_index.html
──────────────────────────────[PR]─
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ イタリア文化講座  vol. 377     http://www.polyglot.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Ciao a tutti!

厳しい暑さが続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 お盆の特集号です。

 このたび、研究所代表の猪浦先生が、ネットラジオ INO Channel で
「やさしいグルメイタリア語」の番組を放送なさることになりました。
この機会に、ぜひ楽しくてためになる先生のカリスマトークを堪能して
みませんか。詳しくは下記からご覧下さい。試聴もできます。

    http://www.polyglot.jp/radio/cucina_italiana.html

 本号では、これを記念して、お友達の猪浦先生が若いときに書いた
エッセイを投稿していただきましたので、掲載します。上のラジオ番組
で話している内容に似ているそうです。

 それでは、377号をご覧ください。


━━[INDICE]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【特別講義】 食べ物イタリア語の話        猪浦道夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─[PR]──────────────────────────────
       地方都市、海外にお住いの方に吉報!
   
     オンライン・トリヴィウムコース 8月生募集中!
オンラインセミナー・ラジオ講座を駆使して3か国語の翻訳者になろう
詳細は http://www.polyglot.jp/school/online_trivium_course.html     
──────────────────────────────[PR]─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【特別講義】 食べ物イタリア語の話        猪浦道夫
──────────────────────────────────

【たべものイタリア語の話】

1) スパゲッティ spaghetti

日本人が一番よく知っている単語はスパゲッティではないでしょうか。
この単語は、イタリア語のスパーゴ spago という語に縮小辞といって
単語をかわいらしくいうための語尾エット ettoというの音がついて
できたものです。スパーゴは「紐」の意味なので「紐ちゃん」「小紐」
とでもいうような意味です。


2) スパゲット spaghetto

何々? スパーゴ+エットなら、スパゲットではないか、って。その
通りです。でもそれは単数形なのです。イタリア語では複数の名詞を
つくるとき「オ」o で終わる単語はそれを「イ」i に変えるのです。
ふつうスパゲット(つまり1本だけ)を食べる人はいないので)いつ
も「スパゲッティ」と呼ばれるのです。でも、イタリアのレストラン
のボーイさんの中には「スパゲッティ1人前」という意味で、ふざけ
て「ウノ・スパゲット!」と叫んでいる人もいます。

3) ペンネ penne

他に、最近有名になってきたパスタにペンネというのがありますね。
これはやはり複数形でして、単数はペンナといい、ペンの意味です。
形が万年筆などのペンに似ているところからこのような名前がつけら
れたのでしょう。スパゲッティの単数が「オ」で終わるのにたいし、
ペンナのように「ア」 a の音で終わる名詞のほとんどは女性名詞で、
複数にするためには、「ア」の音を「エ」e に変えるのです。そこで、
ペンネと呼ばれるのですね。


4) マカロニ maccheroni

しかし、古典的なイタリア語として私たちがよく知っているのはマカ
ロニでしょう。何しろ、マカロニ・ウェスタンという言葉ができた
くらいですから。しかし、実はマカロニは本国イタリアではさほど
メニューには登場しません。どうやら、英米諸国で有名になったの
ではないでしょうか。イタリア語ではマッケローネ(複数はマッケ
ローニ)と発音されます。これは、ルネサンス時代にはマッカローニ
という発音だったので、それが英語を通じて普及したのです。


5) フェットゥチーネ fettuccine

最近の若い女性にとっては、フェットゥチーネも既に日本語といって
よいでしょう。やや細めのきしめん型パスタですね。しばしば緑色の
もありますね。この単語も実は複数形で、単数はフェットゥチーナ
ですが、現実には聞いたことはありません。
この単語もスパゲッティと同様フェットゥッチャ fettuccia といって
テープ、リボンを意味する単語にイーナ ina という縮小辞がついたの
で、「小さなテープ、リボンちゃん」とでもいう意味なのです。さらに、
このフェットゥッチャという言葉も、元はフェッタ fetta といって
「スライス、切り身」を意味する語にウッチャ uccia という縮小辞が
ついたものなので、二重に縮小辞がついた変わった言葉なのです。


6)タッリアテッレ tagliatelle

フェットゥチーネだけ紹介して、タリアテッレを紹介しないのは片手落ち
(これ、最近放送禁止用語らしい)ですね。これもきしめん型パスタです
が、通常フェットゥチーネよりはやや幅広で、卵が練りこんであります。
この名前も、タッリアータ tagliata という言葉にエッラ ella という
縮小辞がついたのです。したがって、ふたたびタッリアテッレは複数形
です。タッリアータは、タッリアーレ tagliare といって「切る、カット
する」という意味の動詞の過去分詞で、「カットされたもの」を意味し、
通常イタリア料理では、牛肩ロースを焼いて薄切りにした料理をいいます。
というわけで、タッリアテッレは「小さく可愛く切られたもの」の意味
なのです。


7)スプマンテ spumante

イタリアではスパークリングワインのことを「スプマンテ」と言います。
これは、ヴィーノ・スプマンテ vino spumante の略なのです。英語で
言えば「スパークリング」といっているようなものです。ヴィーノは
ワインのことですが、スプマンテはスプマーレ spumare という動詞の
現在分詞です。スプマーレは「泡立つ」という意味なので、ヴィーノ・
スプマンテは「泡立つワイン」の意味なのです。

     ↓     ↓     ↓
─[PR]───────────────────────────────
アート×語学 PIERIA  http://www.pieria.net/

●やさしいイタリア語翻訳講座●
8月16日(木)午前 10:00-12:00
8月21日(火)午前 10:00-16:30
8月23日(木)午前 10:00-12:00
8月30日(木)午前 10:00-12:00

▼9月までのセミナースケジュールはこちら
http://www.pieria.net/seminar.html
7月の翻訳演習「Lavazza旗艦店」 課題文をメールで配信中!
───────────────────────────────[PR]─
     ↓     ↓     ↓


8)フォルマッジョ formaggio

イタリアではチーズのことをフォルマッジョといいますが、この言葉は
英語で「形」を意味するフォームと同じ語源です。もともとラテン語で
「フォルマーティクム」といって、「製造用の型に流し込んでつくる
(チーズ)」の意味でした。チーズの部分の単語が省略されて、フォル
マッジョとなったのです。フランス語で「フロマージュ」と、「フォル
マージュ」になっていないのは、フランス人がOとRの音をひっくり
返してしまったからです。


9)アンティパスト antipasto

イタリア語でオードブルのことをアンティパストと言いますが、これは
「食事」意味するパスト pasto という語の前に、「前」を意味するアン
ティ antiがついてそれがなまった語だとする説が有力です。ときどき、
日本のレストランのメニューに「アンティパスタ」と書いてありますが、
これは誤りです。また、アンティの部分を「アンチ巨人」の反意を表
す接頭辞アンチと混同している人がいますが、上に述べたようにこの
場合には、あてはまらないようです。


10)サルティンボッカ saltimbocca

ローマの名物料理に「サルティンボッカ」というのがあります。イタ
リアでは定番のメニューで、最近では日本のイタリアレストランでも
よく見かけるようになりました。これは、子牛の肉に生ハムとセージ
の葉っぱを乗せて白ワインとアンチョビで作ったソースで焼いたもの
(だそう)ですが、この言葉、分析すると「サルト・イン・ボッカ」
salto in bocca つまり英語でいうと jump into (the) mouthという
ことで、口に飛び込む、という意味です。あまりにおいしいのでローマ
っ子たちが、カッパエビセンのように尾を引くようにたちまち食べて
しまうところから、このように名づけられたのでしょう。


11)オッソブーコ osso buco

サルティンボッカと並んで、最近日本でもよく見かける料理にオッソ
ブーコという北イタリアの料理があります。オッソは骨、ブーコは穴、
を意味し、骨の穴という不気味なネーミングです。これは骨髄の入って
いる子牛の骨付きすね肉をトマトソースで煮込んだもので、一般に冬に
北イタリアで好んで食べられます。つけあわせはだいたい、リゾット・
ミラネーゼ risotto Milanese というサフランを使った黄色いお米で、
最後には耳掻きの親玉のようなスプーンで髄をほじくって食べるのが、
好きな人にはたまらないとか。


12) ティラミス tiramisu’

20年前ぐらいから突然、ティラミスというイタリアのデザートが流行
しました。今では一段落の感がありますが、依然としてイタリア料理
店のデザートの中にその名をよく見ます。この単語は不思議なネーミ
ングで、分解すると「ティラ」はおそらくティラーレ tirare という
動詞のお命令形で「引っ張って」の意味、「ミ」mi は英語のミーの
ように「私を」、「ス」su は「上に」の意味の副詞です。つまり、英語
で言えば pull me up ということになります。イタリア語で「ティラ・
ス」は「元気づける、鼓舞する」という意味があるので、「私を元気
付けて」ということになりますが、プレイボーイのイタリア人の言う
ことには、これは女性が男に投げかける意味深な言葉だとか。


13) パンナ・コッタ panna cotta

ティラミスに続いて流行ったのデザートが「パンナコッタ」ですね。
今でもとても人気のあるデザートですが、イタリア語でパンナ pannaは
生クリーム、コッタ cotta は「焼く、火をかける」意味です。これは
クオーチェレ cuocere という動詞の過去分詞 cotto の女性形で、パン
ナ・コッタは「焼かれた生クリーム」ということになります。フランス
語で言えば、クレーム・ブリュレ crème brulee と同じネーミングです
が、できたものはだいぶ違いますね。イタリアではステーキをウェル
ダンにしてもらいとき、ベン・コット ben cotto と言いますが、この
コットは男性形の方です。


14)エスプレッソ espresso

最近日本のコーヒー屋でもエスプレッソ・コーヒーがあるところが多く
なってきました。正式にはカフェ・エスプレッソ caffe espressoといい
ますが、エスプレッソという言葉はもともとエスプリーメレ esprimere
という動詞の過去分詞です。エスプリーメレは現代イタリア語では「表
現する」という意味ですが、昔は「搾り出す」という意味がありました。
そこで、エスプレッソは「搾り出された」ということから「急いだ」と
いう意味が出てきて、現在では「急行」や「速達」の意味でも使われる
のです。
カフェ・エスプレッソは「強くローストしたコーヒー豆を細かく挽き、
これに高圧蒸気を通すことにより瞬間的につくる」ことからこのように
名づけられたのです。


15)カップッチーノ cappuccino

エスプレッソと並んで日本人に大人気なのがカプッチーノ。カップッ
チーノのという言葉は、イタリア語ではもともと「カプチン修道会の」
という形容詞でした。この修道会は16世紀初期に聖フランチェスコ会
から分派独立した戒律の厳しい修道会で、その総本山はローマにあ
るいわゆる「骸骨寺」として知られているサンタ・マリア・インマコ
ラータ・コンチェツィオーネ教会です。この修道会の修道士が身に
つける茶色の修道服に色が類似していることから、こうした名前が
ついたのでした。


─[PR]──────────────────────────────
   □□□ 8~9月の1日セミナー(東京)のお知らせ □□□

8月18日(土・午後): イタリア語会話中級演習(1)
8月21日(火・午前~午後): やさしいイタリア語翻訳(森講師)
8月24日(金・晩): イタリア語翻訳演習
9月8日(土・午後): イタリア語会話中級演習(2)
9月8日(土・午後): やさしいイタリア語翻訳(森講師)
9月11日(火・午前~午後): やさしいイタリア語翻訳(森講師)
9月28日(土・午後): イタリア語・冠詞の徹底研究

☆詳しい内容、9月までのその他の各国語のセミナーの予定は下記を参照
      http://www.polyglot.jp/seminar_info.htm
   お問合せは小川 seminar@polyglot.jp までどうぞ
──────────────────────────────[PR]─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールの内容の複製・転載、および本メールの転送を禁じます。
著作権はポリグロット外国語研究所に帰属します。
Copyright(C)2003-2018 Polyglot Linguistic Institute. All Rights Reserved.
発行元: ポリグロット外国語研究所 [ http://www.polyglot.jp/ ]
編 集 : 清岡美佳
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは『まぐまぐ』http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。解除は http://www.mag2.com/m/0000124250.html から
できます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ