KMM 教師のエスプレッソタイム

  • ¥0

    無料

教師のための教材開発方法を、実例と理論に分けて提示します。また、村上の日々の教育実践、教室点描、教育情報等々をお送りします。村上が日頃何を考え、どんな授業をしているかを発信していきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
KMM 教師のエスプレッソタイム
発行周期
第1・3日曜日
最終発行日
2018年12月02日
 
発行部数
126部
メルマガID
0000129217
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■いかがおすごしでしょうか。私も今年58歳を迎え、教職生活
も今年を含めて3年間という時期に入ってきました。多くの先生
方に、このメルマガを紹介頂くと、有り難いです。



 こんにちは、村上です。

 太陽光発電を導入したのですが、最近になって、ブラックアウト
やら、蓄電池の報道やチラシが目につくようになり、オイオイ
という感じです。

 我が家は蓄電(ゼッチ方式)方式ではなくして、あくまでも
買電方式です。10年で元を取ろうという計算です。

 最近の土日、ブラックアウトを防ぐために、企業の太陽光発電
を買い取らないというニュースが話題を集めました。

 個人宅はそこまでいっていないのですが、これ以上、進むと、
個人宅まで買電を断るということにもなりかねないよなーと
思ったことでした。

 その蓄電という方式、すでに100万円を下るものも登場して
きたらしく、もっと早く知っていれば、再考の余地があった
のかなーと思ったりもしているところです。

 ま、設置すみなので、10年後に蓄電にするのかの再検討に
なるのだろうなーと思っているところです。

「Looop でんち」
https://looop.co.jp/smartlife/looop-denchi/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<2018/11/18号>


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

=============================
     KMM 教師のエスプレッソタイム NO.456
=============================

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━INDEX

【1】理科便り
【2】パンフレットより

INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━INDEX


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[[[[[[[[ 【1】 理科便り   ]]]]]]]]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■本校は、来年の研究発表に向け、「めあて」の列記が至上命題
となっております。

 この件に関しては、トスなどは批判していますよね。

 私の場合は、担任時代は、めあては意識してきませんでした。
 特に、国語・算数はそうだったような気がします。理解できて
いればOKというわけで。

 それはそうと、現在は理科専科でして、理科は教科書構成が
めあて(課題)から予想、実験、経過記録、結果発表、まとめ
という構成でして、さすがに「科学」ですよね。

 というわけで、めあては新聞チラシの広いもの(A3)の裏紙に
ペン書きしています。

 なぜ、こうするか、理由は簡単です。複数クラスの授業となる
ので、書いておくと、何度も書かずにすむからです。


■レストランみたいに、「本日のおすすめ」メニューなどを
見習って、A3版の画板をホワイトボード代わりにして、本日の
流れを記入しているところです。

 ここには、理科ノートと教科書のページ数を書いて、内容を
簡単に列挙しているわけです。

 こうすることで、子どもたちも目安がつくというものです。

 いわゆる「ユニバーサルデザイン」的な授業というわけです。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[[[[[[[[  【2】パンフレットより  ]]]]]]]]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■音楽のいいパンフを入手しました。

 公益社団法人国際音楽交流協会という箇所から発行されている
冊子です。

「クラシックって楽しいな! 楽器にまつわるエトセトラ」
「    同        オーケストラに  同  」
「    同        名曲   同      」
「    同        作曲家  同      」

 著名な全作曲家の生死の期間を一目瞭然となる表、ピアノが
なぜ88鍵なのか、それぞれの音域にどんな楽器があてはまるか、
等々、音楽に疎い私にとっては「へー」の連続でした。

 いい学習になったことでした。



■県立図書館(正確にはくまもと文学歴史館)にて開催されていた
「蒙古襲来絵詞」展、ここで無料配付されていたのが、以下の
パンフレットです。

「蒙古襲来絵詞と竹崎季長」(同館)

 執筆は、次の本を書かれた館長の服部氏です。

『蒙古襲来と神風 - 中世の対外戦争の真実』(中公新書)

 例のどの教科書にも載っている、蒙古兵3人vs竹崎季長との
接近戦の部分をこんな解釈をされています。

 蒙古兵3人の後に目に矢がささった別国の兵士がいるのですが、
この矢が竹崎季長が放った矢だと豪語されております。

 矢柄が同じというのです。

 これは有田先生の「長篠合戦の授業」で、旗の役割と同じ
わけです。何人、仕留めたかの「証拠」となるわけです。

 私もこの線で授業をしたのですが、どうも素人目には、
同じ矢柄に見えないのですよね。


■その他、いろいろな解釈が書かれているので、へーの世界
です。とても、勉強になります。

 本よりも簡易ですので、読みやすいですよ。第一に、
無料ですから!



■その他、会場には次のような冊子も置いてありました。

「アンゴルモア 元寇合戦記 対馬探訪マップ」(対馬観光物産
協会)

「鷹島神崎遺跡」(松浦市教育委員会 文化財課)

「松浦市立埋蔵文化センター」(松浦市)

 最初のは、アニメだそうで、こんなのがあると初めて知りました。
今後、読んでみようと思ったことでした。

http://angolmois-anime.jp/

 次は海底遺跡が中心で面白いですよ。

 最後は、センターのパンフですので、ちょっと固いですが、
役に立ちます。



■最後に、パンフレットではないのですが、月刊誌からの紹介
です。

『日経PC21』

 地図の面白いコーナーが紹介してありましたので、紹介します。

・国土交通省ハザードマップ
・地図蔵
・地理院地図
・キョリ測
・MAPfrappe
・今昔マップ on the web

 もう本当、何でもありの世界に突入していますよね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
 上記会場においてあったのですが、「うきモビ」というパンフ
がありました。

 何と、あのセグウェイが三角町のピラミッド前で体験乗車が
できるのです。

 16歳以上で、1人1時間の3000円、予約が必要ということですが、
私も挑戦してみたいなーと思ったことでした。

 来年3月までの休日対応のようです。
宇城市観光物産協会 0964-53-0566





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
を利用して発行しています。配信中止はこちら
http://www.mag2.com/m/0000129217.htm

********************
村上浩一の教材工房
http://kyouzai.biz/
********************

■最後まで、お読み頂き、ありがとうございました。感謝致し
ます。残りの教師生活で、しっかりと学んだことを伝えていき
たいと思っております。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ