公共研究通信

  • ¥0

    無料

千葉大人文公共学府の公共研究センターに関して、シンポジウムのご案内などの最新情報をご提供するとともに、メンバーによる最新の研究動向や文献紹介などもご用意してまいります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
公共研究通信
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年12月19日
 
発行部数
388部
メルマガID
0000145216
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 大学・大学院 > 研究・論文

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 《公共研究通信 ReCPA-Letters》

      Research Center on Public Affairs(ReCPA)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/第84号(2018.12)_/

▼2/19(金)「ファシリテーター養成講座in大阪」開催

未来カルテを用いて、2040年の未来市長が直面する課題を把握し、今なにを
すべきかを考える「未来ワークショップ」の運営・進行の方法をレクチャー
します。中高生の教育現場、総合計画などへの若者の参加、市町村職員研修
などさまざまな場面で活用できます。

日時:2019年2月15日金曜日 10:00~16:00
会場:大阪駅前貸し会議室ユーズツウ
https://www.us2-fuji.com/

参加費:無料

参加希望者は、recpa @ chiba-u.jp に、お名前、年齢、連絡先、所属を
明記して、「ファシリテーター養成講座参加希望」というタイトルでメール
をお願いします。

定員:40名 

早めのご登録をお願いします。

以下、タイムスケジュールの詳細になります。

9:30-10:00 受付
10:00-10:10 未来ワークショップとは(目的、進行)
10:10-10:20 ファシリテーターとは 
10:20-10:50 アイスブレーキングの技術1
10:50-11:00 休憩
11:00-11:30 アイスブレーキングの技術2
11:30-12:00 未来カルテと作業帖1
昼食(各自)
13:00-13:30 未来カルテと作業帖2
13:30-14:20 課題の書き出しの方法・ジグソー式
14:20-14:30 休憩
14:30-15:20 提言の書き出しの方法・いいねシール
15:20-15:40 提言発表の準備の方法
15:40-16:00 質疑・受講証授与

▼公共学会講演会開催報告

今年度の千葉大学公共学会の講演会は、過日12月14日(金)に山脇直司 氏
(東京大学名誉教授・星槎大学副学長/学部長)をお招きして、「教養教育
と社会科学――その連関を再考する」と題するご講演をいただきました。
山脇直司氏は、今年東京大学出版会より『教養教育と統合知』と題する
編著を出版されましたが、その内容に基づき、本学の「法政経学部」の
独自性にも言及していただきました。学生との質疑応答も活発に行われ
ました。
当日の内容は、来年3月末に刊行予定の『公共研究』(第15巻第1号)に
掲載予定です。同年6月末にはオンラインでも公開の予定です。


♯このメールは「まぐまぐ」のシステムで配信をしています。登録の
変更・解除は下記ページからご自由に行えます。
http://www.mag2.com/m/0000145216.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
発行:千葉大学大学院人文公共学府公共研究センター
   Research Center on Public Affairs(ReCPA)
    http://public-affairs.jp/   
    http://blogs.yahoo.co.jp/chiba_recpa
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
       Copyright(c)2004-2018 ReCPA.All Rights Reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ