放浪記編集後記

  • ¥0

    無料

そんじょそこらにある旅行記ではありません。何事に対しても新鮮な感受性を有した昔の私と、何事についても理屈を付けたくなる団塊の世代特有(?)の行動パターンを有する現在の私の二つの視点から見た「複眼的ヨーロッパ放浪記」です。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
放浪記編集後記
発行周期
隔週木曜日
最終発行日
2018年12月06日
 
発行部数
93部
メルマガID
0000186566
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


■■■■■□□□■■■■■
■■■■□□□■■■■
■■□
■□■  黄昏後悔記
□■■   
■□■    

★★★エスプリの効いた絶妙の変則川柳★★★

長い人生の中で我々世代の立ち位置を確認すれば、間違いなく「黄昏時」。
黄昏時と呼ぶのは淋しいと言う人もおられます。しかし、黄昏時こそ何の
しがらみもなく自分自身の人生を謳歌できる黄金期。
こんな黄昏時の悲喜こもごもを「黄昏後悔記」と称して配信させていただきます。
皆様にご愛読いただき、チョットした気分転換にでもなれば望外の喜びです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲ 黄昏後悔記227回配信 ▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

居間のソファがかなりくたびれてきた。

もう孫たちがヨダレを垂らすこともないから買い替えることに。

思い起こせば今使っているソファは結婚以来3つ目。

一つのソファを十数年間使っていることとなる。

今度買い替えれば少なくとも私にとっては最後のソファ。

「納得のいくソファを探さねばならない」
と気合が入った。

最初は近所の家具屋を2,3軒見て回った。

そこそこ見栄えの良いソファもあったがシックリこない。

ネットでも見たが、こればかりは実際に座って確かめねば分からない。

色々見ていたら青山界隈にソファの店が多く集まっていることが分かった。

「人生最後のソファだからこれは見に行かねば」
と早速出掛けた。

青山に店を構えるくらいだからどの店にもなかなかセンスの良いソファが置い
てある

しかし、値段も超一流。

近所の店の一番高いソファが4つも5つも買える値段が付いている。

値段に糸目を付けないわけじゃないけど、最初は値段を気にせずに座り心地を
色々試した。

さすがに高級ソファ、どれも座り心地は良い。

しかし幾つかの店で、幾つものソファに座っているとどれが良いのか分からな
くなる。

これは妻も同じこと。

でも、頑張って3つの候補に絞り込んだ。

取りあえずカタログをもらい、最終決定はちょっと頭を冷やしてからすることに。

1週間ほど頭を冷やしてから再度出かけた。

頭を冷やしてもやっぱり選ぶのは難しい。

迷っても切りがないから最後は
「どちらがいいか、奥様の言う通り!」
で決定。

3日ばかり前に納品され、最後のソファとご対面。

今のところは大満足。


  ♪♪ 古いソファは 粗大ごみ
      俺もそろそろ 粗大ごみ 
       どちらの処分も 煩わしい ♪♪


〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓

古いソファの木部を再利用できないか考慮中

〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ