放浪記編集後記

  • ¥0

    無料

そんじょそこらにある旅行記ではありません。何事に対しても新鮮な感受性を有した昔の私と、何事についても理屈を付けたくなる団塊の世代特有(?)の行動パターンを有する現在の私の二つの視点から見た「複眼的ヨーロッパ放浪記」です。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
放浪記編集後記
発行周期
隔週木曜日
最終発行日
2019年02月14日
 
発行部数
92部
メルマガID
0000186566
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


■■■■■□□□■■■■■
■■■■□□□■■■■
■■□
■□■  黄昏後悔記
□■■   
■□■    

★★★エスプリの効いた絶妙の変則川柳★★★

長い人生の中で我々世代の立ち位置を確認すれば、間違いなく「黄昏時」。
黄昏時と呼ぶのは淋しいと言う人もおられます。しかし、黄昏時こそ何の
しがらみもなく自分自身の人生を謳歌できる黄金期。
こんな黄昏時の悲喜こもごもを「黄昏後悔記」と称して配信させていただきます。
皆様にご愛読いただき、チョットした気分転換にでもなれば望外の喜びです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲ 黄昏後悔記232回配信 ▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

家の書斎コーナーに文具などを整理できるように小さな引出しのある箪笥を買
おうと思い立った。

近所の家具店を見たが、あまり良いのはなかった。

どうせ買うなら格好いい小型箪笥が欲しい。

ヤフーオークションを覗いたら「船箪笥」と呼ばれる小型箪笥が幾つか出品さ
れていた。

船箪笥とは江戸時代の千石船に貨幣、帳簿、印鑑などの貴重品を入れて積み込
んだ小型箪笥。

扉とか側面は頑丈な金具に覆われ盗難に備え、船が転覆しても浮かぶ。

大きさは縦横高さそれぞれ3~40センチほど。

この船箪笥が実に格好いい。

それに何となく郷愁を誘うような味があり、自分が探していたイメージに
ピッタリ。

ヤフオクでは新品かと見まがうモノから、ボロボロで使い物にならないモノま
で千差万別。

綺麗な船箪笥は何十万円もで落札されている。

自分はそんなに出せないから、清水の舞台から飛び降りてもせいぜい数万円まで。

何日かヤフオクを見ていたが中々手ごろなモノが出ない。

そのうち、これは良いと思うのが出品された。

初値は千円。

6日間の入札期間の間にドンドン価格上昇。

締め切り30分前には既に5万円まで上昇。

どうしても欲しかったから、ここで意を決して6万円で入札。

「あなたが現在の最高値です」

との表示に一安心、と思ったらすぐに更新され6.1万円。

こちらも意地になり千円刻みでドンドン競り合った。

しかし、8万円になったところで正気に戻り断念。

静観してたら最後は残りの二人で競い合い落札価格は9.2万円。

また暫くは船箪笥探しで楽しめそうだ。


  ♪♪ 若き頃 教習受けし 社交ダンス
      歳とって 郷愁さそう 船箪笥 ♪♪


〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓

今日はバレンタイン。
義理チョコさえ来なくなって幾年月(涙)

〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ