欧州小国の知恵

  • ¥0

    無料

欧州の小国で世界一豊かな国の謎に迫るブログ。欧州の小国ルクセンブルグが、なぜ世界一豊かな国になったのか。その秘密を探るとともに、ルクスとベルギーなど近隣国の観光案内特に最新のイベント案内、割引切符、 一味違った旅行先についても取り上げてみます。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
欧州小国の知恵
発行周期
不定期
最終発行日
2018年07月25日
 
発行部数
237部
メルマガID
0000194376
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

第442回 人口60万の過半数弱が外国人

日本では、酷暑が続いていますが、ルクセンブルクでも、熱中症による死者80人、
3万5千人が入院と大きく報じられています。
https://www.wort.lu/fr/international/japon-la-chaleur-a-fait-80-morts-et-conduit-35-000-personnes-a-l-hopital-5b56daba182b657ad3b906b4
ルクセンブルクも、今年は、冬が終わると、4月から急に夏の陽気になるなど、
暑い日が続いています。特に、6月中旬からは、雨が全く降らず、乾燥した25
度を超える高温が続いいています。特に24日は日なたでの電光掲示板の気温が
38度を記録していました。この暑さは今週いっぱい続くとの予報で、オゾンの
ピークを理由に高速道路の最高速度が時速130kmから90kmに制限されています。
https://www.wort.lu/fr/luxembourg/meteo-de-fortes-chaleurs-toute-la-semaine-5b56df6b182b657ad3b906b8
こんなに暑いのは2003年の猛暑以来で、しかも、雨が1か月以上も全然降らない
のは極めて珍しいです。

ところで、日本では、少子老齢化による深刻な人手不足で、単純労働でも外国
人労働者を受け入れることになりましたが、ルクセンブルクでは、移民によっ
て、2017年の人口増加率がマルタに次いで、欧州では2番目に大きくなっていま
す。1994年に40万人を超えた人口は、2018年1月に60万人強に達し、過去24年間
で人口が1.5倍も増加しています。2017年の1年間に11338人が増加しましたが、
自然増はわずかで、大多数は移民の10548人でした。移民のトップは、かって
最大の外国人人口を占めるポルトガル人(全人口の16%)でしたが、2014年の
16.9%から2017年には半減して8.4%になりました。一方で、急増しているのが
隣国のフランス人で、2017年には18.6%を占めています。全人口に占める割合
も7.6%に増加して、両移民で、外国人人口の約半数(49.4%)を占めています。
以下、3位にイタリア(3.6%)、4位ベルギー(3.4%)、5位ドイツ(2.2%)
です。首都の人口では、すでにフランス人が最大で、ポルトガル人を抜いてい
ます。2011年以来、フランス人は45.74%も増加しており、フランス人の約半数
(43.8%)は首都に住んでいます。総人口に占めるルクセンブルク人の割合は、
20世紀初めには88%、2000年代初めでも63%を占めていましたが、今では、わ
ずか52%と過半数割れ間近になってきました。自国民の割合を増加させるために、
二重国籍を認めるようになり、国籍取得者が2017年には、9千人を超えましたが、
外国人移民に追いついていません。国籍取得者で多いのは、ポルトガル人で全体
の22.4%を占め、次いで、ベルギー人(21.5%)、フランス人(18.7%)と続い
ています。発行人のかっての語学学校での仏語教師も昨年ルクセンブルク国籍を
取得して、仏英に続いて、3か国目の国籍を獲得しています。彼女によると欧州
では5か国まで国籍は保有できるとのことで、移民も二重国籍も公式には認めて
いない日本とは、大きく異なっています。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ