山のふるさと村ビジターセンター~湖畔の森だより~

  • ¥0

    無料

東京都立奥多摩湖畔公園山のふるさと村ビジターセンター発行のメールマガジンです。ビジターセンター常駐のインタープリター(自然解説員)による自然のお話、園内利用案内、環境教育関連イベント情報などを月2回ほどのペースでお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
山のふるさと村ビジターセンター~湖畔の森だより~
発行周期
月2回
最終発行日
2018年08月31日
 
発行部数
278部
メルマガID
0000199569
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > 関東

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

=========================================================



  山のふるさと村ビジターセンター発行メールマガジン

            ~湖畔の森だより~Vol. 286



======================================== 2018.8.31=====



8月初旬からアキアカネが山のふるさと村に降り始めました。
中旬頃になるとすっかりヒグラシの声が聞こえなくなり、
代わりに、ビジターセンターの前にはドングリと葉っぱのセットが
落ちてくるようになりました。チョッキリなどの小さな虫達が
子どものために張り切る季節が到来です。

今年は全国的にも猛暑の影響で、昆虫達の出現状況に変化が
起こっているようです。山のふるさと村ではフェノロジー(生物季節)が
今のところ例年よりも約2週間ほど進んでいます。

となると、このままでは紅葉は10月中に早まる可能性が!?
樹木も冬芽の準備を始めているし、自然達は少々混乱しているようです。



(みぎー/右田 裕基)



__MENU_______________________

■インタープリター四方山話「山ふるのカエンタケ事情」
■9/1~11/30の自然体験プログラムの時間割
■山のふるさと村イベント情報
__________________________



■インタープリター四方山話「山ふるのカエンタケ事情」

野生の毒キノコの中でここ数年、最もメジャーとなったのが
「カエンタケ」でしょう。秋になると、各ビジターセンターでは
カエンタケの注意書き看板やポスターが出てきますので、一度は
写真を見たことがあるのではないでしょうか。

では、カエンタケとは具体的にどんなキノコなのか?
大作 晃一『くらべてわかるキノコ』(山と渓谷社、2015)では、
以下のような説明書きがあります。

「夏~秋、ブナ科の広葉樹林に生える。猛毒で、食後30分で
胃腸系と神経系に症状があらわれ、その後、各臓器不全となり、死に至る。
皮膚や粘膜がただれたり、毛髪が抜けたりする。」

毒のインパクトが強い紹介ですね。

一方で1988年に出版されたキノコ図鑑では、カエンタケの説明は少なく、
稀に出るという表記がされています。

次に、山ふるのカエンタケ事情を日誌から見ていきます。
最初に園内で発見されたのが、2010年の8月でした。
その後はほぼ毎年発生しています。出現場所は様々で、湖畔、
ネイチャートレイル、レストラン前と年々違う場所で記録されています。
今年度はというと、8月18日に日指の森の道中でカエンタケが発生しました。
どうやら数十年の間に随分と分布が広がっていったようです。

触ってもいけない、食べたら死ぬ、と危険この上ないキノコですが、
炎のような真っ赤な色や、見つける度にカタチが違う
その姿はまさに野生の現代アート。そこに「美」を感じます(私だけか?)
今年、見つかったカエンタケの一つは、まさに「空に向かって伸ばす赤子の手」
そのものでした。

もし、山ふるで見つけたとしてもむやみに怖がらず、
ゆっくりと観察してみてください。目で見て味わいましょう。

そして、そっとその場を離れた後は、ビジターセンターまで報告してくださいね。


※カエンタケは来園者の安全を考え、人目につきやすい場所に発生したものは
ビジターセンターで回収しています。


■9/1~11/30の自然体験プログラムの時間割・・・・・・・・・・・・・・

9月1日よりビジターセンターの自然体験プログラムの
時間帯が「秋時間」に変更になります。
気温が少しずつ下がり、秋の虫の声が心地よい時期。
散策するのに気持ち良い時間帯にぴったりなプログラムをご用意いたしました。


<日中のプログラム>
10:30~ ガイドウォーク(45分間)
11:30~ スライドショー(15分間)
13:00~ ちびっこあーと(30分間)
14:00~ ガイドウォーク(45分間)
随時  ミニトーク(15分間)

※平日の個人利用に関しては、
 団体利用などが入っていない場合のみ
 随時プログラム実施となりますので、
 電話や窓口でご相談下さい。

<宿泊者向けプログラム>
18:30~ ナイトプログラム(60分間)
7:00~ おはようウォーク(60分間)

宿泊者向けプログラムの実施日について、
詳しくはホームページの「自然体験プログラム」をご覧いただくか、
直接お問い合わせください。



■山のふるさと村イベント情報・・・・・・・・・・・・・・

9月に園内で開催されるイベント案内です。

【Live in やませみ 10th ~秋~】
レストランやませみでコンサートが行われます。
奥多摩の山々の風景、おいしいごはんにデザート、音楽・・・
贅沢な時間を過ごしてみませんか?

(昼食・コーヒー&ケーキ付き)
演奏:Plum Friends(プラムフレンズ)
・平岡麻衣子(ピアノ)
・若槻直美(うた)
...and 参加者の皆さま

定 員:30名
参加費:3,000円(食事つき)
申込締切:2018年9月21日(金)

 <申し込み方法>
1.メールフォームでのお申込み
https://www.yamafuru.com/eventrestaurant/
アクセス後、申込みメールフォームに必要事項を記入してください。

2.電話でのお申込み
レストランやませみまでお電話でお申し込みください。
レストランやませみTel: 0428-86-2552 (担当:橋詰)
(受付時間9:00~16:30、火曜水曜定休)



*******

今回も最後までお読みくださりありがとうございます。
ビジターセンターでは、夏休みの間にたくさんのジュニアレンジャーが
誕生しました。また、今年度になって初めて、最終のステップ3を
クリアした子もいました!
今年の秋にステップ1~3をクリアする子は何人いるでしょうか?
とても楽しみです♪



==================================================== 

東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村ビジターセンター
開館時間/9:00~16:30
〒198-0225 東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
TEL:0428-86-2551 / FAX:0428-86-2316
E-mail:yamafuru@hkr.ne.jp
H P:https://www.yamafuru.com/

*配送協力:「まぐまぐ」 http://www.mag2.com
*読者登録・変更はこちら:
http://www.mag2.com/m/0000199569.html
====================================================

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ