クラシック音楽ぶった斬りプラス

  • ¥0

    無料

クラシック音楽評論家が言えない真実を語る。クラシック音楽CD・DVDレビュー、名曲名盤紹介、コンサート情報など。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
クラシック音楽ぶった斬りプラス
発行周期
週3回位
最終発行日
2019年02月15日
 
発行部数
282部
メルマガID
0000252469
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > クラシック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  クラシック音楽ぶった斬りプラス         2019/2/15

           発行部数1819部(まぐまぐ282部 独自配信1537部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■レヴァイン&ウィーン・フィルのスメタナ:「わが祖国」全曲


全体に構成が緻密で、なかなかよく考えられた演奏。現役盤では最も優れた演
奏として推薦できる。


レヴァインはウィーン・フィルの響きと表現力をくっきりと生かして、爽やか
に劇性にとんだ表現をつくっており、完成度が高い。


ややボヘミアの土の匂いには乏しいが、語り口のうまい演奏で仕上がりもきれ
いだ。


レヴァインはオーケストラを存分にドライヴし、ウィーン・フィルもその棒に
よく応えている。


レヴァインはオペラで鍛えた劇的なセンスで、これらの交響詩集を実に巧妙に
語り尽くしている。


伝説を主題にしたもの、風物を主題としたもの、それぞれに最も適切なアプ
ローチを聴かせ、特に「モルダウ」における、各場面の推移と情景描写の巧み
さは、彼の独壇場といえるだろう。


また「ターボル」とか「ブラニーク」のような伝説上の出来事を描いた曲では、
その劇的な性格を見事に把握して、一遍の叙事詩のように語り尽くしている。


そして「ヴィシェフラト」では、じっくりと歌い込んでこの曲のノスタルジッ
クな一面を見事に描き上げている。


全体的にはかなりドラマティックでスケールの大きいものとなっているが、オ
ペラでの劇的な構想に対する蓄積と、その一面で常に要求されている客観性が
ここでもはっきりと生かされている。


慣用版に必要な変更を加えての演奏だが、オーケストラにまったく妥協をみせ
ないほど自信ににみちた演奏を聴かせるレヴァインは、それでも、決してウ
ィーン・フィルのもつ性格や機能を弱めていない。


ドラマティックでスケールの大きい熱演が聴ける。


お求めはこちら
http://classicalmusic.livedoor.biz/archives/51211221.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 クラシック音楽ぶった斬りプラス
 発行人: 和田 大貴
 ホームページ: http://wadadaiki.com/furtwanglerweb/
 ブログ: http://classicalmusic.livedoor.biz/
 メール: このメルマガに返信してください。
 購読解除: まぐまぐの方は上記ブログで、独自配信の方は
wada16@gmail.comまでメールアドレスを付記してお知らせ下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ