ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ

  • ¥0

    無料

ピアノ初心者の方や1度挫折された方でも、独学でピアノを演奏する楽しさを感じていただけるような情報を配信しています。音楽の雑学的な事から、作曲家の話、いろいろな音楽情報まで、音楽を幅広く興味を持って楽しんでいただける様なお話も紹介しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ
発行周期
ほぼ隔週(月曜日)
最終発行日
2018年09月17日
 
発行部数
375部
メルマガID
0000253147
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > 楽器

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪
 はじめてのピアノ レッスン con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)

            ( 第255号 )
♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪


[ お知らせ ]

● ピアノ・コンシェルジェ

ピアノ・コンシェルジェでは、前回のメールマガジン(第254号)以降、以下のような
コンテンツを追加しました。

友人の娘さんの発表会。急遽連弾でお手伝いする事に
http://www.convivace.jp/co_588.shtml


[ ピアノ教室の出来事 ]

今回は、暑い夏が終わり秋を迎えたピアノ教室の様子です。

今年の夏は、だいぶ早い段階からかなり暑い日が続き、また、台風が多く発生したり、
大地震が起きるなど、自然の脅威を感じる日々となりました。9月に入り、暑さも一段
落した感じで、ほっとされている方も多いと思います。

ピアノ教室では、6月にお子様の発表会を終えていますし、大人の方は11月が発表会で
まだ時間がありますので、夏は比較的穏やかな気分で過ごせたのではないかと思いま
す。

連日35度を超えるような猛暑続きだったこともあり、70代・80代の生徒さん方は、かな
り体力的に辛かったようです。

いつもお元気で、楽しそうにピアノを弾いていた80代の生徒さんも、今年の暑さには
疲弊してしまったようで、暑くて通うのが大変ということで、秋までお休みをされて
います。復帰の日にちを決めていますので、その日を楽しみにしているところです。

学生さん方は、大学の授業の傍らインターンで企業に足を運んでいたり、帰省して教育
実習をしていたりと、なかなか忙しい日々を送っているようです。

インターンで企業に通っている生徒さんは、子供の時から囲碁を学んでいてかなり強い
らしく、授業が終わると囲碁サロンでアルバイトをしていたり、個人レッスンをして
いたり、大会の運営スタッフなどもやっているようです。現在の囲碁のお仕事でも、
生活をしていけるようなのですが、それでも企業への就職を考えているようで、イン
ターンなどを通して将来どのような職種を選ぶのか模索しているそうです。

帰省して教育実習をしていた生徒さんは、数か月レッスンをお休みされていましたが、
先日予定通り復帰されました。久しぶりの再会でしたが、笑顔で教室にいらっしゃい
ました。

教育実習は大変だったようですが楽しかったそうで、充実した日々を過ごしたような
印象を受けました。ただ、何となく今一つすっきりしていないような、少し影がある
ような気がしたので聞いてみますと、帰省中、自分の将来についてご家族に相談し、
意見が割れてしまって悩んでいるとのことでした。

教育実習をして、高校の先生になりたいという思いが強くなった一方で、まだまだ勉強
が足りないと感じたそうで、大学院進学を考え始めたそうです。現在は、退職する教員
も多いため、就職するタイミングとしては良いようで、また、進学するとなると学費も
かかるため悩んでいるとのことでした。

就職か進学か、生徒さんの迷いもわかりますし、ご家族の思いも想像がつきますが、
アドバイスは何とも難しく、お話を聞くことと、はるか昔の私自身の体験を話すこと
くらいしかできませんでした。

1週間経ってレッスンに来た時には、結論を出したそうで、すっきりした表情でいらっ
しゃいました。これからは、自分の決めた道を進むのみなので、ぜひ頑張ってほしいと
思います。

お子様の生徒さん方は、受験生が多いこともあり、普段以上のハードスケジュールを
こなしていたようです。

普段から、平日は学校の授業の後に塾通いや、週末も塾の特別授業やテストなどで忙し
そうな様子でしたが、夏休みになりますと、朝から一日中塾の授業があったり、合宿が
あったりして、忙しかったと話している生徒さんが多かったです。

受験生とはいえ、せっかくの夏休みが勉強だけで終わってしまうのは、ちょっと酷な感
じがしてかわいそうに思っていましたが、お友達と遊びに行ったり、ご家族でちょっと
遠出をしたりと、夏休みの楽しい思い出も作っていたようで安心しました。

今年めでたく高校進学した生徒さんは、昨年とは違いゆっくりと夏休みを過ごせるのか
と思っていましたら、実際には毎日部活の練習に明け暮れていたそうです。

ダンス部に所属していますが、9月の文化祭に向けて、連日朝からエアコンの効いて
いない部屋で、ひたすら踊っていたようです。熱中症対策は万全に行っていたそうです
が、「ホントに大変っ!」と話しつつ、終始笑顔で話していましたので、高校生活が
とても楽しい様子が伺えてなによりでした。

大人になりますと、どうしても目先の忙しさや、やらなければならない事をこなして
いく事で1日を終えてしまうことも多いので、学生時代に部活動に熱中していた頃が
懐かしく、また少し羨ましい感じもするものです。

もうすぐ本番を迎えるようなので、成果が存分に発揮できることを願っています。

11月に、大人の方の発表会に参加される生徒さんは、刻々と本番が近づいていることを
強く認識し始めたのか、最近上達のスピードが上がってきました。毎年発表会に参加さ
れている熱心な生徒さんなので、「そろそろ本腰を入れて練習しないと」と思っている
ようです。

オクターブを含む和音でメロディーを弾いていく曲で、最終的には少し速いテンポで
弾かなければならないため、なかなか難しく、一時は「今年は間に合わないかも」と
弱気な発言もしていましたが、モチベーションを上げてきたようです。

段々とスムーズに曲が流れてきましたので、これから難しいテクニックの部分練習や
細かい表現について、レッスンでお話していこうと思っています。

私自身も、数日前に11月の発表会で講師演奏の依頼があり、少々焦り気味ですが生徒
さんのようにモチベーションを上げて頑張ろうと思います。


[ ピアノ曲・無料楽譜/有料楽譜 ]

インターネットで見つけた無料の楽譜をご紹介するコーナーです。

今回は、ソナチネアルバム第1巻より第10番 クレメンティ作曲ソナチネ Op.36-4 第1
楽章をご紹介します。

この曲は、提示部、展開部、再現部からできているソナタ形式で書かれた作品です。
左手のオクターブの音を交互に弾くトレモロの伴奏に乗って、メロディーは華やかに
弾いていきましょう。

5小節目から、新しいフレーズが始まります。特に強さの指示はありませんが、9小節目
から曲の冒頭のメロディーが再び始まることを考慮しますと、少し弱くしておくとよい
かと思います。ただし、13小節目からピアノで弾くことになりますので、それよりは
弱くならないように、メゾピアノからメゾフォルテの間くらいの強さで弾くとちょうど
よいかと思います。

5・6小節目の右手には、二つの音を同時に弾く重音が出てきて、しかも指をくぐらせて
弾く部分があります。音の強さが変わってしまわないように、均等に、またスムーズに
弾くようにしましょう。部分練習も有効かと思います。

8小節目の右手に装飾音符が出てきますが、テンポが遅れないように注意しましょう。

9小節目から、曲の冒頭部分のメロディーが再登場します。今回は、2か所にフォル
ツァンドの指示が書かれていますので、その音だけ強調して弾きましょう。

華やかなオープニング後、13小節から曲想が変わります。

15・16小節目の右手は、16分音符がひたすら続きます。急がないように、注意しま
しょう。

17小節目は、リズムが崩れやすい部分なので、注意して弾きましょう。

18小節目から、新しいフレーズが始まります。このメロディーの形は、31小節目から
の展開部にも用いられています。小節の後半に重音の連打が出てきますが、重たい印象
や、抑揚のない一本調子の表現にならないようにしましょう。

19・21・24・26小節目の右手の2拍目の音にフォルツァンドの指示があります。本来は
弱く弾く拍子の音なので、忘れないようにしましょう。

34小節目からは、両手が微妙にずれやすい箇所なので注意しましょう。また、左手は
裏拍が強くなりやすいところなので気をつけましょう。

38小節目からは、テンポがどんどん速くなり、暴走しやすいところなので注意しま
しょう。

42小節目からは、重たくならないように、また遅くならないように気をつけましょう。

46小節目からの下降系では、46・47小節を一つのフレーズと感じながら弾きましょう。

48小節目からは再現部となり、曲の冒頭部分のメロディーが復活します。そして52小節
目からは調性が変化します。

68小節目の重音の連打は、軽やかさを忘れないようにしましょう。

69・70小節目は、それぞれ1小節に1つのフレーズが書かれていますが、2小節を1つの
フレーズと感じて弾くと大きな音楽の流れで弾くことができると思います。


無料楽譜:ソナチネアルバム第1巻より第10番 クレメンティ作曲Op.36-4 第1楽章
http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/9/90/IMSLP129817-PMLP253034-Sonatinen_Album.pdf

(楽譜はPDF形式で、44,45ページがご紹介した曲になります)

有料楽譜
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111012116 (Amazon)
https://www.print-gakufu.com/score/detail/309498/ (ぷりんと楽譜)

==================================================================
ご意見ご感想は、このメールに返信してください。
info@convivace.jp 宛てにメールが送られます。
(特定電子メール法に基づき、このメールアドレス宛には広告宣伝メール、
迷惑メール等を送信しないようお願いします。)

con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)のWebページ:
http://www.convivace.jp

Copyright(C) 2018 con Vivace. All Rights Reserved
==================================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ