ドイツ語圏文化講座

  • ¥0

    無料

ドイツ、オーストリア、スイスを中心にドイツ語圏の美術、音楽、料理、コラムなど盛りだくさんの総合教養誌。ドイツ語圏ファンの方、ビジネス関連の方、またドイツ語学習者にも有益な情報満載でお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ドイツ語圏文化講座
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年12月11日
 
発行部数
488部
メルマガID
0000262506
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

─[PR]──────────────────────────────
     オンライン・トリヴィウムコース 1月生募集中!

オンラインセミナー・ラジオ講座を駆使して3か国語の翻訳者になろう
詳細は http://www.polyglot.jp/school/online_trivium_course.html
──────────────────────────────[PR]─
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ドイツ語圏文化講座…vol.197     http://www.polyglot.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは。

今年もはや師走。毎年のことながら、あれよあれよという間に月日が経ち、
一年の終わりを迎えようとしています。

さて、今号から、フランクフルト在住の青山桃子(あおやま とうこ)さん
が執筆陣に加わってくださいました。現地にお住まいの方ならではの情報
を届けてくださいます。月1回のペースでお届けしますので、楽しみにお
待ちください。

それでは、第197号をどうぞご覧ください。


━━[INHALT]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.フランクフルト通信(1)             青山桃子 
2.ドイツ圏ひとり歩きの楽しみ(75)~年齢考 その2 森乃しぐれ 
3. 日本語になったドイツ語(64)       江本淑幸
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─[PR]──────────────────────────────
  EURO TRANSLATION SCHOOL ドイツ語翻訳コース 受講者募集!

  オンライン教材、通信教材、ラジオ講座 ベストミックスです

詳細は http://www.polyglot.jp/mercurio/euro_translation_school.html 
   お問い合わせは mercurio@polyglot.jp までどうぞ
──────────────────────────────[PR]─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.フランクフルト通信(1)             青山桃子 
─────────────────────────────────

 みなさん、初めまして。

 緑に囲まれた欧州の金融都市、フランクフルトに住んで15年目にな
る青山桃子です。この度ドイツ語圏文化講座に寄稿させていただくこ
とになりました。

 日本で2つの金融機関に勤めた後、2003年にドイツに渡り、現在は、
日系企業で編集アシスタントをしながら、二児の子育てをしています。
日本文学、絵画の学士を取り、仕事以外の時間は、子供達と絵本を読
んだり、絵を描いたりしながら、少しずつドイツでの生活を深めてい
ます。最近は、少し大きくなった息子と、お互いの日本語とドイツ
語の本を交換して読むこともでてきました。

 フランクフルトは、街の端から端まで自転車に乗れば20分で行けそ
うな、こじんまりとした街で、その周りを豊かな田園や周辺都市に囲
まれています。日本にいる時に想像した街とは少し違う、ゆったりと
した都市でした。

 街を歩くと、知り合いが「Hallo!」 と声を掛け合い、道ですれ違
う相手が幼稚園の知り合いだったり、友人だったり、和やかな雰囲気
が漂います。子供達の学校や、大人たちの仕事場でも、多国籍の人々
が一緒に時間を過ごし、街ぐるみでのお祭り等、様々な活動の中で緩
やかに繋がりながら過ごしています。

 街の中心にあるオペラ座の付近の Fressgass (お惣菜屋、カフェ、
バー、レストランが並ぶ通り)には、お昼時にはスーツを着た沢山の
銀行員や弁護士等がビジネスランチをしていますが、ワインを飲んで
いる人もいるので、日本から観光できた友人に、「あの人達は、仕事
をしているの?」と聞かれることもあります。

 そうは言ってもフランクフルトは欧州大陸の中心地、欧州のみなら
ず世界をつなぐ飛行場を擁する国際都市です。英国とはまた違う大陸
独自の価値観もあり、BREXITの影響で所在地をロンドンから移す企業
もあり、これからの変化が非常に気になる街でもあります。

 このようなフランクフルトの街から、子供達や大人達の普段着の生
活、美術、文学、音楽などの芸術、仕事等を通して、ドイツや欧州の
今を、色々な形でお伝えできればと考えています。どうぞよろしくお
願いいたします。


─[PR]──────────────────────────────
      猪浦先生のオンライン・セミナーがあいつで刊行!

      ドイツ語初級TGV(超速習) 絶賛発売中!
   独英比較文法、ドイツ語翻訳講座、独作文術 etc. も発売 

詳しくは http://www.polyglot.jp/mercurio/online_courses_1.html
   お問合せ・お申込みはmercurio@polyglot.jp までどうぞ
──────────────────────────────[PR]─ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.ドイツ圏ひとり歩きの楽しみ(75)~年齢考 その2 森乃しぐれ 
─────────────────────────────────

(vol. 196からの続き)

男性が、例えば20歳以上若い女性をパートナーにしたとしても、ヨー
ロッパでも日本でも今どき驚く人はそう多くはないだろう。これが、女
性の方が20歳以上年少の男性とどうにかなってしまうと、どうだろうか。

ドイツのお隣、フランスのマクロン大統領の奥様、ブリジットさんが
20歳以上も年上だと分かった時、フランスでも二人の年齢差や年上女性
の容姿を中傷する声があったそうだが、おそらくは、日本では、それを
はるかに凌駕するとんでもない誹謗・中傷・揶揄・侮蔑の雨あられでは
ないだろうか。なぜなら、日本は、「女房と畳は新しい方が良い」など
ど、誠に無礼極まりない野暮な価値観が罷り通ってきた社会なのだから。

 今、仲の良いフランス人男性が居るのだが、彼と私の年齢差は、マク
ロン夫妻とほぼ同じである。大統領夫妻の年齢差を知った時、私自身も
非常に驚いたが、双方に「あっぱれ!」と喝采した。そして、そのフラ
ンス人の友人を知っている周囲の人々に、「私と彼も(結婚が)無い話
ではないわねぇ」とうそぶいては笑いを誘い、二人で撮った写真を友人
に見せては、「そんなに年が離れているようには見えない」と言われて
ひとり悦に入っている。

 件の友人はフランスに居り、実際のところ、手紙やはがきのやり取り
をする程度の仲良しに過ぎない。しかし、世の中何が起こるかわからな
い。もしかすると、数か月後にメルマガ誌上で「あの彼と結婚します!」
と報告する時が来るかもしれない。乞うご期待。


─[PR]──────────────────────────────
アート×語学 PIERIA http://www.pieria.net

美術ドイツ語 専門コース 「美術史を読むための読解講座」、
音楽ドイツ語、料理ドイツ語、1月生募集中。
お試し受講が可能になりました。第1課を1,000円で。
http://www.pieria.net/trial.html
──────────────────────────────[PR]─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. 日本語になったドイツ語(64)      江本淑幸
─────────────────────────────────

今回は「ユダヤ人の姓」についてです。
昔、欧州ではユダヤ人に姓をもつことが禁じられていましたが、
16世紀以降、借金で困った寛大な領主が彼らに「姓」を「売る」
ようになりました。江戸時代に商人に帯刀を許すのに似ています。
しかし、それでもユダヤ人とわかるように、その名を植物や動物の
名前に限ったりしました。

そうした例をいくつか挙げてみましょう。

*エーデルシュタイン Edelstein(宝石)
*ゴールドマン Goldmann(金の人)
*ジルバーシュタイン Silberstein(銀の石)
*リリエンタール Liliental(百合の谷)
*ローゼンタール Rosental(バラの谷)
*アプフェルバウム Apfelbaum(リンゴの木)
*ブルーメンタール Blumental(花の谷)
*ブルーメンガルテン Blumengarten(花の庭)
*ビルンバウム Birnbaum(梨の木)

一見美しいように見えるこうした名前も、もともとは悲しい歴史が
背後にはあるのですね。


─[PR]──────────────────────────────
ドイツ語の全コースのご案内

ポリグロットのドイツ語に関する全てのコースは下記でご覧いただけます
http://www.polyglot.jp/school/deutsch.html
──────────────────────────────[PR]─
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
このメルマガでは特殊文字を次のように表記しています。
A Umlaut : ae  O Umlaut: oe  U Umlaut: ue
エスツェット: ss
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールの内容の複製・転載、および本メールの転送を禁じます。
著作権はポリグロット外国語研究所に帰属します。
Copyright(C)2008-2018 Polyglot Linguistic Institute.
All Rights Reserved.
●発行元: ポリグロット外国語研究所 [http://www.polyglot.jp/]
●編 集: 藤沢エリス、大石和香
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは『まぐまぐ』http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。解除は http://www.mag2.com/m/0000262506.html から
できます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ