1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン

  • ¥0

    無料

ピアノの先生必読!株式会社リーラムジカ代表が、毎日のレッスンに「役立つ」「使える」ピアノ教本を一冊ずつ厳選してご紹介。教材選びでお悩みの先生、ワンランク上のレスナーを目指す方へ、音楽のエッセンスが満載のメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン
発行周期
週刊
最終発行日
2019年01月23日
 
発行部数
1,223部
メルマガID
0000272194
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > クラシック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号






┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏                              
┏┏    ◆1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン◆Vol.536    

                               
     『 「なぜ?」が分かるとおもしろい和声学〈基礎編〉 』   


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(1)今日の教本

◆(2)和声理論を対話式で分かりやすく掘り下げて解説した本

◆(3)編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(1)今日の教本

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『「なぜ?」が分かるとおもしろい和声学〈基礎編〉』川崎絵都夫・石井栄治・共著
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4777628655/lilamusica-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


おはようございます。
株式会社リーラムジカ代表取締役の藤 拓弘です。


今日ご紹介するのは、

「「なぜ?」が分かるとおもしろい和声学〈基礎編〉」

という書籍です。


これまで、この教本メルマガでも
「和声学」の教材をご紹介してきました。

音楽を深く理解するため、またピアノを弾く上で
和声理論を勉強しておくことは必須ですね。


今回は和声学の教材のご紹介です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


巻頭の「前書き」から引用すると、


「本書は、基本的な楽典の知識を持った読者が
和声の学習に無理なく取りかかれるように様々な
工夫をしています(中略)レッスンの空気感が
伝わるように『対話式』を用いていることが特徴です」


とあります。


また、本書の表紙から引用すると、

「和声理論を徹底的に掘り下げて解説!」
「誰も教えてくれなかった和声の『なぜ?』を解消!」
「難しい規則も対話式だからストレスなく読める!分かる!」

とあります。


この本の大きな特徴は、やはり「対話式」と言う点でしょう。

お二人の著者が、先生と生徒という立場で対話、
和声の講義の実況中継のような体裁です。

対話式だけに、レッスンを受けているような
イメージで和声を学ぶことができます。

難しそうなイメージの和声学ですが、
対話式のため、取り組みやすい印象です。



本書の内容を「もくじ」からご紹介してみましょう。


【もくじ】

●序章 和声学の学習に用いる基礎知識
●第1章 和声学の基本
●第2章 禁則の基本
●第3章 各声部の役割
●第4章 機能和声の原理
●第5章 和音連結の基本
●第6章 第1転回形を含む和音連結
●第7章 第2転回形を含む和音連結
●第8章 属七の和音
●第9章 属七の和音の根音省略形
●第10章 反復進行の基本



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)和声理論を対話式で分かりやすく掘り下げて解説した本

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


私も音大受験や音大時代に和声の勉強をしました。

ただ、どうしても難しいイメージが付きまとい、
苦手なまま月日が流れる状態でした。


今思えば、それは単に正しい解答を
得ることを目的としてしまい、

和声の連なりから生まれる美しさや響き、
音楽の楽しさまで到達できなかった、

というのが正直なところでしょう。


さて、そこで今回の書籍。

先生と生徒の対話で、和声を学んでいきます。

個人的に、これまで疑問だった部分が
解消されたりと、分かりやすい印象です。


私がアンダーラインを引いた箇所を
いくつかご紹介すると、


●「基音(実際に弾いている音)に対しては、
その音を根音とする属七の和音が倍音として響いている」

●「禁則は響きの充実度のためにある」

●「省略できる第一候補は第5音と覚えよう」

●「3和音の第2転回形は独立した和音として扱えず、
決まった和声進行でしか使えない」


本書で学ぶにあたり、ただ読んで終わりではなく、

実際にピアノで音を鳴らし、音の響きや美しさなど、
感覚的に学ぶことも重要でしょう。


なお、巻末に掲載されている付録の、

「禁則ではないが、できれば避けたい進行例」

の一覧は参考になります。

また、楽曲分析の練習に「ピアノのワルツ様式の作品」が
おすすめというのもなるほどです。

さらに、アンリ・シャランのフランス式の和声課題を
おすすめしており、いつか見てみたいと思いました。


和声学の教材をお探しの先生はもちろん、
音大を受験する人が活用するのもよさそうですね。


ご興味がおありでしたら、
お手に取ってみてはいかがでしょうか。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『「なぜ?」が分かるとおもしろい和声学〈基礎編〉』川崎絵都夫・石井栄治・共著
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4777628655/lilamusica-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(3)編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


すっきりした青空が続く毎日ですね。

ただ、最近は本当にインフルエンザが流行っていて、
学級閉鎖のお話も聞こえるようになってきました。

マスクが手放せない毎日ですが、
とにかく気を付けていきたいです。


みなさまもどうぞお気をつけて!



それでは今号も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。


今日も素敵なレッスンを。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★おかげさまで重版されました!業界には類書のない小説仕立ての実用書
─────────────────────────────────

「夢をかなえたピアノ講師~ゼロからの180日(音楽之友社)」
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4276211557/lilamusica-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★新しい年には新しい手帳を!ピアノの先生向けの手帳も監修
─────────────────────────────────

★レッスン手帳2019【マンスリー&ウィークリー】
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4636963105/lilamusica-22/ref=nosim

★レッスン手帳2019スリム【マンスリー】
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4636963113/lilamusica-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★全国5,387名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
─────────────────────────────────

「成功するピアノ教室」(毎週土曜日朝配信)
https://www.pianoconsul.com/mailmagazine/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*株式会社リーラムジカ代表取締役 藤 拓弘(とう たくひろ)
*公式サイト:https://www.pianoconsul.com/
*E-MAIL:< info@pianoconsul.com >
*facebookページ< http://www.facebook.com/lilamusica >
*ツイッター:< http://twitter.com/takuhiroto >
*このメールマガジンの著作権は著者にあります。教室・ご友人など
への転送はご自由にして頂いて結構ですが、ブログなどへの無断転載
は厳禁です。出所を必ず明記してください。

------------------------------------------------------------------

■記事中でご紹介している商品・教本に関してのトラブル等に
ついて当方では一切責任を負いません。ご自身の責任でご判断下さい。
■お手数ですが、購読・配信解除はご自身でお願いいたします↓

『1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン』
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000272194.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ