長尾一洋の「顧客創造マガジン」~明るい未来を見える化する【戦略的経営】~

  • ¥0

    無料

■27年・5000社超の実績で培ったノウハウをお届け。  例1)戦わずに勝つ!戦略的経営にシフトするには?  例2)安定的に高業績を生み出す「ストラテジック・セールス」とは?  例3)最強の兵法『孫子』を企業経営に活かすには?  例4)仮説検証体質に変える「経営の見える化」とは? ★人と企業の明るい未来を見える化する「経営レベル高度化」マガジン

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
長尾一洋の「顧客創造マガジン」~明るい未来を見える化する【戦略的経営】~
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2019年02月20日
 
発行部数
402部
メルマガID
0001117263
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<増刊号>━■□■

        長尾一洋の【 顧客創造マガジン 】

    ~人と企業の明るい未来を見える化する「戦略的経営」~
              http://www.ni-consul.co.jp

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
       発行部数:17,549部(自社配信+まぐまぐ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆《働き方改革施行直前》可視化経営セミナー /3月5日・品川

『働き方改革を企業革新につなげる可視化経営』
~知的労働の生産性を高めるには「未来」の見える化が必要~
 ⇒ https://www.ni-consul.co.jp/seminar/19_0305.html

第1部 「働き方を変え生産性を上げる業務改革」
    -時間と場所の制約を超えるテクノロジーの活用-
第2部 「働き方改革は組織に遠心力をもたらす」
    -可視化経営が求心力を生み自律と自発の社員を創る-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよいよ4月に迫った「働き方改革」関連法案の施行。

残業時間の規制など、一部は中小企業に対する1年間の猶予もある
とはいえ、待ったなしである。

働き方の柔軟性を高めることで労働参加率を高めて、人口減少・人
手不足に抗おうというのが本来の趣旨であり、働く人と時間の総量、
そしてそのアウトプットを増大させることが目的だったのではないか。

と昨今の風潮に物申したくもなるが、実際問題として、人を雇いた
くても雇えず、さらに長時間労働しようというわけにもいかないの
だから、我々企業は、
1)育児や介護、高齢化があっても、仕事が続けられる仕組みづくり
2)一人あたり、時間あたりの生産性向上
に取り組まなければならない。

これも待ったなしである。

そのためには、働き方改革の前に「業務改革」が必要であり、その
業務改革の要諦は「時間と場所の制約を超え、属人性を排す」こと
にある。

時間と場所にとらわれず、「いつでもどこでも」仕事ができるから、
ムダな移動時間を削減したり有効活用でき、業務の滞留もなくなっ
て生産性が高まる。そして働き方も柔軟になる。

また業務の属人化を排除して「誰でも」対応できるから、「あの人
がいないと仕事が進まない」「社長に聞かないと分からない」とい
うボトルネックを解消することができる。

そのために、ITやAIといったテクノロジーを活用して、業務をペー
パーレス化して、いつでもどこでも仕事ができる環境を整備しつつ、
その業務を標準化し可視化することに取り組んでいただきたい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆第1部 「働き方を変え生産性を上げる業務改革」
     -時間と場所の制約を超えるテクノロジーの活用-

講師:東海林 一正(株式会社NIコンサルティング 常務取締役)

・「働かない改革」ではなく「より良く働ける改革」
・時間と場所の制約を超え属人性を排す
・移動時間の短縮と活用で生産性が2割上がる
・決裁の流れとお金の流れをIT化したら経理部門の生産性が5割上がる
・部門間の壁を取り払い相互作用を促進したら効果は無限大となる
・モバイルワークの勤怠管理はこうする
・顧客情報が共有されるから「誰でもどこでもいつでも」対応できる
・AI秘書を使えば仕事の精度が確実に上がる  他
――――――――――――――――――――――――――――――――――

さらに、それだけで働き方改革が成功するかと言うとそうではない。

「働き方改革は組織に遠心力をもたらすと言っても過言ではない」か
らである。

モバイルワークや直行直帰や在宅勤務が増えれば、多様な働き方が実
現できるが、時間と場所の共有が減って人間関係が希薄化する。

副業・兼業の容認は、自己成長や人生100年時代への備えにもなるが、
本業への集中度を落とすだろう。

だから、企業には社員一人ひとりのベクトルを束ねる求心力としての、
理念や目的やビジョンがますます求められることになる。

頭を使って仕事をする知識労働者は、組織の目的や使命を知り、主体
性を発揮するからこそ創意工夫が生まれる。

そして、一人ひとりの頭脳工場が連携し、相互作用するからこそ、生
産性が高まる。

働き方のルールやプロセスだけでなく、実際に働く人たちの意識や行
動を変えてこそ、改革は成功するのであり、それらはルールやプロセ
スでは強制できないのである。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
第2部 「働き方改革は組織に遠心力をもたらす」
    -可視化経営が求心力を生み自律と自発の社員を創る-

講師:長尾 一洋(株式会社NIコンサルティング 代表取締役)

・離れた場所で時間もずらして働けば人間関係は薄れる
・副業・兼業を認めれば本業への集中度は当然落ちる
・「君にしかできない」仕事が「誰にでもできる」仕事になったら?
・知的頭脳労働は他人からコントロールすることはできない
・働き方改革を進めるには、組織に求心力が必要となる
・組織に旗印を掲げそれぞれの仕事を「見える化」せよ
・従業員をパートナーとして扱うためには納得と共感が必要
・「真・善・美」を感じるビジョンを作るには  他
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ぜひ本セミナーに参加いただき、働き方改革を契機とした企業革新、
経営体質強化のヒントにしていただきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆《働き方改革施行直前》可視化経営セミナー /3月5日・品川

『働き方改革を企業革新につなげる可視化経営』
~知的労働の生産性を高めるには「未来」の見える化が必要~
 ⇒ https://www.ni-consul.co.jp/seminar/19_0305.html

第1部 「働き方を変え生産性を上げる業務改革」
    -時間と場所の制約を超えるテクノロジーの活用-
第2部 「働き方改革は組織に遠心力をもたらす」
    -可視化経営が求心力を生み自律と自発の社員を創る-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社NIコンサルティング
 代表取締役 長尾 一洋(中小企業診断士/孫子兵法家)
--------------------------------------------------------------------
◯ブログ「経営風林火山」 ⇒ http://www.kazuhiro-nagao.com/suntzu-blog/
◯ブログではない雑記 ⇒ http://www.kazuhiro-nagao.com/notes.html
◯拙著一覧 ⇒ http://www.ni-consul.co.jp/msg/c3books.html
◯おすすめBOOKS ⇒ http://www.ni-consul.co.jp/books/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◯バックナンバー ⇒ http://archive.mag2.com/0001117263/index.html
◯配信停止 ⇒ http://www.mag2.com/m/0001117263.html
◯ご意見・感想・質問等 ⇒ ni-mag@ni-consul.co.jp
──────────────────────────────────
発行元:(株)NIコンサルティング http://www.ni-consul.co.jp/
──────────────────────────────────
『まぐまぐ』ならびに自社配信システムを利用しています。
──────────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧を歓迎します。
その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。
Copyright(C) NI Consulting Co.,Ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※NIコンサルティング教育研修&セミナー情報

■【全国】オープン参加型研修会(社員研修・公開講座)
「戦略構築からリーダー育成、営業マン教育まで」
→ http://www.ni-consul.co.jp/etp/

■【東京】《働き方改革施行直前》可視化経営セミナー 3/5
「働き方改革を企業革新につなげる可視化経営」
→ https://www.ni-consul.co.jp/seminar/19_0305.html

■【東京】失注ゼロ・無駄足ゼロに変える営業研修 3/7
「ストラテジック・セールス・マスターコース」
→ https://www.ni-consul.co.jp/etp/2019/strategic.html

■【東京】生産性向上セミナー 3/12
「生産性を上げ仕事の質を高める『フィードフォワード経営』とは」
→ https://www.ni-consul.co.jp/seminar/18_feedforward.html

■【大阪】ストラテジック・セールス研修入門セミナー 4/9
「マーケット縮小時代に成果を上げる戦略的営業手法『ストラテジック・セールス』」
→ https://www.ni-consul.co.jp/seminar/19_0409.html

■【福岡】営業改革セミナー 3/11
「実践者だから語れる営業改革のノウハウ」
→ https://www.ni-consul.co.jp/seminar/19_fukuoka1.html
 
 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ