みどりの暮らしin東海

  • ¥0

    無料

原発のない、経済成長にとらわれない、身の丈に合った持続可能な暮らしって? 一緒に考えていきましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
みどりの暮らしin東海
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年12月31日
 
発行部数
66部
メルマガID
0001574007
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 家庭 > 家庭全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

==================================================================
  …■ ・ ■ ・ ■… みどりの暮らし in 東海…■ ・ ■ ・ ■…
=== 2019.1.1=============================================(第82号)
『柳原敏夫氏と共に福島の写真を通して見えるもの、そして今私達に出来ること』
  1月12日(土)~14日(祝) 10:00~17:00
アート・クラフト表現空間VOLVOX
       (三重県津市栄町1-888四天王会館1階)

ドキュメンタリー映画 「被ばく牛と生きる」(1,200円)
1月13日(日) 14時~
岡崎市甲山会館(市民会館隣)

政治ギャザリング4「民主主義について考える」
1月27日(日)14:00~17:00
アート・クラフト表現空間VOLVOX
━━━━━━━━━━━━━━━━≪ 目 次 ≫━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 2019年4月の統一自治体選挙に向けて、緑の党・東海の推薦・支持
■2■ 「10%消費税」が日本経済を破壊する
■3■ 「そろそろ左派は<経済>を語ろう」(松尾匡他)紹介
==========================================================================
■1■ 3人の推薦・支持    運営委員会
岐阜市議選 小森忠良(立憲民主党公認)
 長良川の下流になる長良川河口堰を開門し、アユが昇る清流長良川の自然を守り、未来に
向けて、岐阜の自然の豊かさを維持していきたいと考えています。
 また若狭湾の原発銀座の再稼働を止め、放射能を心配しないで暮らせる岐阜市を目指し
ます。(小森)

豊田市議選 岡田耕一(無所属)

安城市議選 石川翼 (無所属・新社会党推薦)

■2■ 「10%消費税」が日本経済を破壊する   藤井 聡 著
       (森永卓郎おすすめの本)
 97年、消費税5%に引き上げをきっかけに、日本経済はデフレに陥り、世界の22%を占
めていた日本のGDPシェアは、20年間で6%にまで転落した。14年、消費税を8%に引
き上げた後、実質賃金の下落で家計は貧しくなり、中小企業の経営は悪化した。税収も伸び
なくなった。
 今回、消費税を10%に引き上げれば、日本経済に破壊的なダメージを与える。
 消費税増税を凍結し、当面は躊躇なく国債発行をすべき。代替財源としては、法人税や所
得税の増税、金融所得課税、環境税を提言。
 消費税増税を凍結したうえで、さらに消費税減税或いは(国土強靭化を中心とする)大型
の財政出動をを行い、そのことで日本経済をデフレから脱却させ、税収を増やす


■3■ 「そろそろ左派は<経済>を語ろう」(松尾匡他)紹介
 経済成長には、供給能力の成長(長期の成長)と需要側の成長(短期の成長)がある。「失
われた20年」は後者。新自由主義者は前者の経済成長を問題にし、規制緩和だとかイノベ
ーション、あるいは派遣労働を認めたり公共事業を減らしたりする。ところが、不況期にこ
れをやると生産部門を効率化した分人手が不要になって失業者が出る。需要が減る。これが
小泉構造改革である。
 日本の財政赤字がここまで膨らんだ原因は「失われた20年」の低迷によって、ずっと景
気が悪かったからです。経済が低迷しているから税収も伸びない。
 財政赤字を解消するために消費税を上げるとますます景気が悪くなって財政赤字はもっ
と膨らむ。庶民を苦しめる「消費税増額」ではなく、「持てる者の応分の負担」つまり、法
人税や富裕層課税を強化することが重要です。法人税を民主党政権時代の2012年の引き下
げ以前の水準に戻すだけで、2014年の消費税分をほぼチャラにする規模の税収になります。
 法人税を上げると企業が海外に逃げるという人がいますが、企業が海外に逃げる要素は
第1に円高であり、法人税はそれほど大きな影響はありません。それでも懸念するなら、不
景気の間は設備投資や雇用促進のための補助金を増やす、あるいは累進課税を強化した人
に一律の給付金を配るなどをして、景気がインフレに向かったらそれらを削減していくな
どの再分配政策を行えばいい。
 金本位制でなくなって以来、日銀がお札を刷ることによって無からお金を作り出すこと
ができるようになった。もちろん、日銀が政府の国債を買うということは、国は借金をする
ことになるが、それは民間企業に対してでなく、日銀に対してである。ということは、無限
に借り換えができるということである。利子はどうなるのかということになるが、利子を受
け取った日銀は、その収益を国庫納付金として国に戻す。大事なのは、借金をなくすことで
はなく、景気をよくすることである。
 1929年の世界恐慌の際もワイマール政府は財政均衡にこだわって、失業対策怠り、緊縮
財政をとり続けていたら、ついに国民の不満が爆発してファシズムがやってきた。ナチスは
国民に「職とパンを与える」と公約し、実際に失業率を劇的に下げた。
 欧州の左派が反緊縮運動を進めているのは、この二の舞をしないためで(ナチスのような
政党に利用されないために)、EUの緊縮策に対抗するニューディール政策に注目している。
 日本では、逆に安倍政権が欧州左派の反緊縮的な政策と同じ「異次元金融緩和」を行って
、左派がこれを非難している。
 安倍政権の問題点は第1の矢にあるのではなく、金融緩和が人びとのために行っている
のではないという点です。需要側に立っていない。だから第2の矢の財政出動が公共事業
やオリンピックにむいていて、一方で財政赤字の拡大を恐れて介護保険や生活の保護の見
直しなど社会保障費をしようとする。第3の矢では、残業代ゼロ法案や国家戦略特区など
となる。
 「コンクリートから人へ」の理念のもとに金融緩和と財政出動をやればいいのです。
長期不況でたくさん失業者がいる中で小泉構造改革が行われ、民主党政権に期待した。し
かし、民主党政権は不況を解消することができず、かえって緊縮策をとって、消費増税の
決定までしてしまい、国民の中道左派・リベラル派への不信感を高めた。自民党は下野し
ている間に、どうやったら大衆の支持を集めることができるかを研究し、第2次安倍政
権では、崩壊しつつある中間層の不安をすくい取る形で、「右側からの反緊縮」を掲げた。
ゼロ成長、失業に苦しんだ庶民の実感から遊離した自分たちの思い込み、例えば「地球環
境の制約によって資本主義はいきづまり別のシステムが必要になった」を正当化して、立
ち上がらない大衆を蔑視する態度をもたらしてしまった。
 国民は右傾化しているのではない。改憲には反対の人の方が多い。経済の先行きに不安を
感じており、就職できる道を選んだに過ぎない。
                (要約:さかい)
【editor's note】
◆ (燃料税の値上げは)環境を守るためだと言うが、庶民に電気自動車が買えるわけはな
い。地方は公共交通機関も貧弱だ。弱者を無視している。フランスの看護師ソフィーさんの
意見である。
◆ 北朝鮮のミサイル能力の向上を念頭に、米海兵隊の司令官は昨年、「戦略的な情勢が変
わった」として、在沖縄海兵隊のグアム移転の再検討に言及しました。海兵隊を前線に固定
せず、柔軟に運用する姿勢に転換しつつある。(元防衛相・北沢俊美)
◆ 強欲なゴーンとメザシ神話の日本経営を思い浮かべる。
 資本主義が社会主義に勝ったのは、民主主義とか自由とかいった概念と結びついたから
である。もともと、経済は「経国済民」「経世済民」の略である。国を治め民を救済するこ
と。スミスは、市場がうまく機能するにはその背後に人々相互の共感が必要だと言っている。
ケインズやマクスウェルのキリスト教と資本主義を読んでも、人々の支持を感じる。道徳を
失った資本主義は滅びるであろう。
◆ われわれも天皇論議をはじめたらどうだろう。天皇制に賛成、反対だけでなく、たとえ
ば私は天皇を文化財にして、天皇個人の人権を回復してやったらどうだろうと思ってい
る。
   (さ)

◆皆さんの意見をお寄せください。
・HP「緑の党・東海」のしゃべり場ページ http://greens-tokai.jp/opinio/
・メルマガ投稿先 ogata@greens-tokai.jp 
・緑の党・東海のHPはこちら http://greens-tokai.jp/
・facebook pageはこちら https://www.facebook.com/greens.tokai
・twitterはこちらhttps://twitter.com/greenstokai======================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ