阿部 竜之介 『Pepeの視点』

  • ¥0

    無料

Trombone & Euphonium奏者の阿部竜之介(Pepe)です。 このメールマガジンでは、僕から見た今の音楽の世界で起こっていること、また演奏に関するヒントなどをお届けしていきます。 ブログでは書くことがない、音楽のことについて深く書いていこうと思っています。 メールマガジン内では、いろいろな質問にも答えていこうと思っていますので、どんどん質問してきてくださいね!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
阿部 竜之介 『Pepeの視点』
発行周期
月刊
最終発行日
2018年10月12日
 
発行部数
144部
メルマガID
0001601194
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > アーティスト・歌手

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

阿部竜之介 『Pepeの視点』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
音楽の世界で今何が起こっている??

    阿部 竜之介 『Pepeの視点』

  October / 12 / 2018 # 67
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Trombone & Euphonium奏者の阿部竜之介(Pepe)です。

このメールマガジンでは、僕から見た今の音楽の世界で起こって
いること、また演奏に関するヒントなどをお届けしていきます。

またメルマガ内でもいろいろな質問に答えていこうと思っていま
すので、どんどん質問してきてくださいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


INDEX

[1] 旬な話題、気になる話題
  『新しい楽器』
[2] Pepeのひとりごと
  『アンサンブル能力』
[3] おすすめ動画
  『Peter Steiner - Syrinx』
  『Devil's Duel by Peter Meechan』
[4] 演奏のヒント!
  『バランス Part 2』
[5] 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


[1] 旬な話題、気になる話題

  『新しい楽器』

9月中頃から、オーケストラで新しい楽器を使い始めました。
今まで吹いていた楽器との違いは、ベルの種類(材質)だけです。

イエローブラスでできている、俗にいう「黄色ベル」の楽器を
持つのは、実は初めて。 :)
オーケストラの中で吹くことにもだいぶ慣れてきましたが、
とってもいい感じです。 :D ;)

オーケストラの中で吹くときだけでなく、オーケストラや
吹奏楽伴奏でのソロのときにもいいと感じています。 :)

それまで吹いていたゴールドブラスのベルの楽器は、ピアノとの
アンサンブルにいいと思うので、これからはそのような使い分けに
なっていくと思います。 :)

いろいろと楽しみです!!



[2] Pepeのひとりごと

  『アンサンブル能力』

幸運なことに、僕はコンサートで演奏をすることを仕事として
日々過ごさせていただいています。 :)
そして、日々いろいろな形(奏者間だけでなく、指揮者との
アンサンブルなども含めて)でアンサンブルをしています。

そのアンサンブル能力なのですが、これが「音楽演奏活動をする上で、
とても重要なこと」だということに、改めて気づかせてもらえています。


アンサンブル能力がない人が中にいると、いろいろなものの
バランスが崩れてしまい、一気に「音楽を創る」という作業の外へ
追いやられてしまい、ただ「各人が音を出しているだけ」という
状況になってしまいます。

これは、楽器の演奏能力というよりは、各人の感覚の問題だと
思います(わかりやすく言うと、各人のセンス)。

前にも書いたことがあると思うのですが、このようなセンスを
磨くためには、いろいろな演奏をたくさん聴くことが大切
だと思います。

そのうえで、他の人たちの演奏を真似てみたり、ある人の演奏に
「付けて」演奏してみる、ということをすると、自然といろいろな
演奏のやり方が身についていくと思います。

1つの曲に対して1つの演奏方法しか見つけられない、というような人は、
ぜひ試してみてください。
きっと、いろいろな場面で役に立ちますよ!! :)



[3] おすすめ動画

『Peter Steiner - Syrinx』
https://www.youtube.com/watch?v=uWVMwZ5ebs8&index=3&t=0s&list=FLMnqqdLPBhh36yGuKu08PSg

今月の1つ目の動画は、先日、日本ツアーを成功させたTrombone奏者、
Peter(Steiner氏)の動画です。

演奏している曲は、Debussy作曲の「Syrinx」。フルートのための無伴奏曲です。

実はこの曲、かなり前にTrumpetでの演奏を聴いて衝撃を受け、「金管楽器
でもできるんだ!」と思っていつか自分でも演奏したいと思っていました。
(曲は、もう何年も前にE.Pahud氏のCDを聴いて知っていました)

僕も、いつか演奏したいなぁ、と思っている曲のひとつです!


『Devil's Duel by Peter Meechan』
https://www.youtube.com/watch?v=i-iBnRNPF1E&list=FLMnqqdLPBhh36yGuKu08PSg&index=3

2つ目の動画は、EuphoniumのGlenn(van Looy氏)の演奏です。
曲は、P.Meechan作曲の「Devil's Duel」。

この曲、もう何年も前に一度演奏したことがあるのですが、いろいろと
大変だったことを思い出しました(笑)。
難しそうに聴こえるところが実際はそうではなくて、そんなに難しそうに
聴こえないところが難しいんですよねぇ。 :)

このパガニーニのフレーズが好きです。
またさらってみようかなぁ? :D



[4] 演奏のヒント!

 『バランス Part 2』

今月は、先月に続いてバランスについて。
先月は音価に関するバランスでしたが、今月は音域についてです。

もう知っている人も多いと思いますが、音というものは、
低い音よりも高い音のほうが聴こえやすいものです。
ということは、音階を1オクターブ同じ音量で吹こうとすると、
気をつけることは何でしょう?


それは、低い音は少し大きめに、高い音は少し小さめに吹くことです。
音階を低い音から高い音へ吹く場合は、少しディミニュエンドを
するような感じで。反対に、高い方から低い方へ吹く場合は、
クレッシェンドをするような感じで吹いてみましょう。

どのくらいすればいいのか?
それは、よく聴いてみて、聴いてる人にとって「同じ音量」に
なるようにしてください。
今は簡単に携帯電話で録音もできますので、やってみるといいですよ。 :)


-----------------------------------------------

編集後記

最近、いろいろなコンサートを聴きに行くことができていて、充実した
時間を過ごすことができています。
改めて、生活の中に「コンサートを聴く」ということが入るといいなぁ、
と感じています。 :)

「芸術の秋」ということもあるのかなぁ?(笑)

聴く側としていい経験をすると、ますます自分たちのコンサートに
来てくれた人たちにも、そういう気持ちになってもらいたい!という
気持ちが強くなっていきます。

先月からなかなか休みがなくスケジュールはすごくキツイのですが、
しっかり前を向いて成長し続けていこうと思います!

-----------------------------------------------

阿部 竜之介(Pepe) オフィシャルウェブサイト
http://www.pepeabe.com
  ご意見、感想、質問などはメールでどうぞ!
info@pepeabe.com
-----------------------------------------------

◎阿部竜之介 『Pepeの視点』
のバックナンバー、配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001601194.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ