阿部 竜之介 『Pepeの視点』

  • ¥0

    無料

Trombone & Euphonium奏者の阿部竜之介(Pepe)です。 このメールマガジンでは、僕から見た今の音楽の世界で起こっていること、また演奏に関するヒントなどをお届けしていきます。 ブログでは書くことがない、音楽のことについて深く書いていこうと思っています。 メールマガジン内では、いろいろな質問にも答えていこうと思っていますので、どんどん質問してきてくださいね!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
阿部 竜之介 『Pepeの視点』
発行周期
月刊
最終発行日
2018年12月14日
 
発行部数
143部
メルマガID
0001601194
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > アーティスト・歌手

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

阿部竜之介 『Pepeの視点』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
音楽の世界で今何が起こっている??

    阿部 竜之介 『Pepeの視点』

  December / 14 / 2018 # 69
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Trombone & Euphonium奏者の阿部竜之介(Pepe)です。

このメールマガジンでは、僕から見た今の音楽の世界で起こって
いること、また演奏に関するヒントなどをお届けしていきます。

またメルマガ内でもいろいろな質問に答えていこうと思っていま
すので、どんどん質問してきてくださいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


INDEX

[1] 旬な話題、気になる話題
  『コンディション』
[2] Pepeのひとりごと
  『余裕』
[3] おすすめ動画
  『Peter Moore; James Baillieu - Rachmaninov Cello Sonata; iii Andante』
  『How to Breathe for Trombone - Ian Bousfield』
[4] 演奏のヒント!
  『口の中の容積 Part 2』
[5] 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


[1] 旬な話題、気になる話題

  『コンディション』

9月からずっとオーケストラのハードスケジュールが続いています。
体調管理に気をつけて、今のところは順調に過ごせています。

こういう状況に身を置いて、改めて感じること、確認できたことは、
日常的なコンディション(楽器演奏のための)の作り方です。

毎日の過ごし方ももちろん影響しますが、楽器演奏に関していうと、
ウォームアップをはじめ、基礎練習をどのように毎日の生活に
組み込んでいくか、ということが大切だと思っています。


いつも同じもの(同じパターン)をすることによってチェックできること
もたくさんあるので、もちろんそのようにするのはいいことなのですが、
なにか少しでも不安なものが見つかったときに、それに応じた練習が
できるようにしておくことはとても大切だと感じています。

コンディション維持のための引き出し(選択肢)をたくさん持って
おかないと、何か一つの不具合からその他の不具合を誘発すること
が起こり得ます。


日頃からいろいろなことに疑問を持ち、いろいろなことを試してみる
ことをおすすめします。

なにか起こってしまってからでは遅いですから、なんともない
「普通」の日々にしっかりと実験をしておいたほうがいいですよ。



[2] Pepeのひとりごと

  『余裕のある音』

最近、現場でもよく感じていることなのですが、高い音を
「高い音っぽく」吹く人が意外と多いなぁ、と感じています。

僕の考え方(目標?)なのですが、高い音は「高い音っぽくなく」
吹いたほうが上手に聴こえるし、格好いいと思っています。 :)

そのためにはどうすればいいのか。

ポイントとしては、「その音が出た時点で満足しないこと」
ではないかと思っています。


例えば、高いB♭の音を出すとします。
このを外さないできれいに当てる。
多くの人はここで終わってしまうと思うのですが、ここで、
その先を考えてみましょう。

その状態で、その1つ上か2つ上(半音3つくらい上?)の音が
出せますか?
それらの音まで出せる状態(主に身体の状態です)で、目的の
B♭の音を出すようにしてみてください。

そうすると、「当てている音」が「余裕のある音」になって
いきますよ。 :D



[3] おすすめ動画

『Peter Moore; James Baillieu - Rachmaninov Cello Sonata; iii Andante』
https://www.youtube.com/watch?v=_ThsmjC2aRU&t=0s&index=7&list=FLMnqqdLPBhh36yGuKu08PSg

今月の1つ目の動画は、ロンドン交響楽団、 副首席Tromboneの
Peter Moore氏の演奏です。

最近、いろいろなところでTrombone奏者たちがS.Rachmaninovの
チェロ・ソナタを演奏していますね。
なんだか一気に増えてきたように感じるのは僕だけ??

こうなってしまうと、敢えて今演奏するのを避けてしまいたい、と
思ってしまう僕です(笑)。


『How to Breathe for Trombone - Ian Bousfield』
https://www.youtube.com/watch?v=QQDI9pqbe98&t=0s&index=6&list=FLMnqqdLPBhh36yGuKu08PSg

2つ目の動画は、先月にも紹介したIan Bousfield氏の動画です。
今回のものは、ブレスの取り方について。

僕は、いろいろなことに関して彼の考え方と同じものが多く、とても
共感するところが多いのですが、まさにこれもそのひとつです。

僕は、曲想や音域などで、ブレスの取り方は変わっていくものだと
思っています。
いつも同じブレスでは、いろいろな危険が出てきちゃうと思うし、
音楽表現の幅が狭まってしまうと考えています。

この考え方を押し付けるつもりはさらさらありませんが、何人かの役に
立つのではないかと思っています。
一度、見てみてください。 :)



[4] 演奏のヒント!

 『口の中の容積 Part 2』

先月に続いて、今回も口の中の容積について書いていきます。
「最適な口の中の容積」ですが、これは、どのように探していけば
いいのでしょう?

これらのポイントをチェックしてみてください。


・早めのテンポでタンギングができるかどうか
*口の中の容積がその音域に最適なものより大きすぎると、タンギングが
不明瞭になったり、いつもより遅くなってしまったりします。


・音階練習の中などでアクセントやスタッカート、fp(フォルテピアノ)
をつけて、ちゃんと変化がつくかどうか
*口の中の容積がその音域に最適なものより大きすぎると、変化が
うまくつきません。スタッカートは、短く吹くように気をつけるの
ではなく、発音のツブがちゃんと聴こえるように注意してみましょう。


・リップスラーの練習のとき、例えば上がって下りてきたあとに、
もう一度上に上がることができるかどうかをチェックしてみる
*上がって下りてきたときに、必要以上に口の中の容積が広くなっている
ことが多々あります。その場合は、もう一度上がろうとしてみるとうまく
上がれません。試してみてください(最初から2往復しようと
思っているときにはちゃんと出来てるはずなので、1往復の場合でも、
もう1往復する気持ちを持っていると、うまくいきますよ)


これらのポイントを定期的にチェックしていくと、どのくらいの状態が
最適なのかがわかってくると思います。
その状態の中で、響きのあるいい音を目指して練習を
進めていってくださいね! :D


-----------------------------------------------

編集後記

あっという間に12月になり、今年も残すところあと2週間ほどと
なりました。
みなさん、インフルエンザなども流行ってきているようですが、元気に
過ごしていますか?

僕は、手洗い&うがいをしっかりやりはじめ、いろいろと予防に精を
出しています。

忙しいうちは気を張っているのですが、このハードなスケジュールから
一息つけるようになったときが要注意の時期だと思うので、しばらくは
気を抜かないように過ごしていこうと思っています。 :)


先月も少し書きましたが、12月19日(水)に、Osaka Shion Wind Orchestraの
Trombone奏者の戸井田くんと一緒にソロのコンサートをやります。

りそな銀行大阪本店の講堂にて、19時開演です。
チケットは当日券のみで、1,500円となっています。
珍しいAlto Trombone2本でのデュエットもやりますよ〜!

関西地域の方々、ぜひ聴きに来てください!
よろしくお願いします!! :D

-----------------------------------------------

阿部 竜之介(Pepe) オフィシャルウェブサイト
http://www.pepeabe.com
  ご意見、感想、質問などはメールでどうぞ!
info@pepeabe.com
-----------------------------------------------

◎阿部竜之介 『Pepeの視点』
のバックナンバー、配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001601194.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ