若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン

  • ¥0

    無料

製造業に従事する若手技術者育成に対する人事、人材開発、育成担当の方々の悩みとその解決法をお教えします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン
発行周期
隔週月曜日
最終発行日
2019年02月18日
 
発行部数
33部
メルマガID
0001644040
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > ビジネスマナー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

技術者を指導する方へおくる


 「若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン」Vol.081 2019/2/18


                        (隔週月曜日発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


※このメールマガジンは送付を同意された方のみにお送りしています。

ご不要の場合は、このメールの末尾にて、読者登録変更・解除が可能です。



<目次> ━━━━━━━━━━━━━━━━

・今週の「製造業の若手技術者育成ワンポイントアドバイス」

・編集後記




<今週の「製造業若手技術者育成ワンポイントアドバイス」> ━━━━━━━━━━━━━━━━


- 専門知識の向上に貪欲な若手技術者が本ばかり読んでいる


という悩みについて考えてみます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のワンポイントは、

「専門知識の向上に貪欲な若手技術者が本ばかり読んでいる」

という時には、

「本当に必要な知識は実践経験でしか養えないことを伝える」

ということを心がけてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社の経験上、若手技術者の実に80%近くが自身の改善点として挙げる



「専門知識の向上」



ですが、その背景には、


「専門性至上主義」


という技術者が必ず陥る思考の癖があることは以下ようなコラムで、
何度も述べたことがあります。


※若手技術者人材育成で「 専門性 」は重要ではない
http://u0u0.net/PVa1


※若手技術者の専門性に関する 執着心 をモチベーションの原動力に
http://u0u0.net/WVib


※若手技術者の成長を許容できる 中堅技術者 を生み出すには
http://u0u0.net/UsMH



専門性至上主義は何故生まれるのか。


それは、知識量で成績をつけるという、
統治教育が根幹にあるというのは、
前回のコラムの編集後記でもご紹介した、
「教育とは何か」という本の著者である 大田 堯 先生の書かれていることと、
無関係とはいえないでしょう。


知っていることが正義というのは、
このような背景から培われてきたものなのです。



教育という大きな課題に向き合うためにはかなりの労力と時間と、
そして覚悟が必要ですが、
残念ながら民間企業が取り組めるスケールの話ではありません。


ここでは、その教育を受けた若手技術者をどのように引き上げるのかを考えることが優先でしょう。




専門性至上主義で、特に専門知識習得に貪欲な技術者がその対策として口をそろえて言うのが、


「参考書を読む」


「論文を読む」


といった、


「活字媒体での知識習得」


を最優先に挙げることが殆どです。



もちろんこれらの知識習得法は鉄則であり、
否定する理由は何もありません。


問題は、


「上記のような活字媒体での専門知識習得が、第一優先になっている」


ということです。


そのため、冒頭で言及した


「若手技術者が本ばかり読んでいる」


という状況に陥るのです。



このように活字でみにつけた知識は、言葉通り「知識」のレベルです。

知っている、つまりテストでは覚えていれば答えを記述できる、
ということでとどまります。


しかし、より重要なのは、


「知識を生かして実際に実務ができる実行力」


であることに間違いは無いでしょう。


知っているだけでは、顧客からお金を受け取るビジネスは製造業では成り立ちません。



この知識を生かして、実際に何か業務を前進できる力のことを、

「知恵」

と呼ぶ方も居ます。いわゆるこの知恵を養うことこそが重要なのです。



では、この知恵はどのようにして培われるのか。



それは、



「現場の最前線での実践力」



しかありません。



実際の現場で起こることは予想外、想定外、理不尽、不可能といった言葉が飛び交う世界です。

長時間かけて研究しようという現場では知恵はみにつきません。


いつまでに市場に出す、顧客に出す、といった明確な日程の決まっている仕事に対し、
真摯に向き合い、他人事ではなく自分事として責任もって取り組む経験こそが、


「本当の意味での知恵」


を習得できます。


上記のような修羅場と化す現場で、必要な事は自ら必死に調べるか、
経験のある人物にヒアリングする。


このようにプレッシャーのかかり続ける環境下でみにつけたものは、
血肉となり、まさに知恵へと進化していきます。


本で調べたこと、他人から聞いたことというのは、
それなりに伝えることができても、


「具体的にどうするのか」


というアクションプランまでは考えられないでしょう。


実際の実行力につなげないと、企業にとって専門知識は無用の長物になりかねません。



そういう意味では若手技術者に早い段階で厳しい環境下で仕事をしてもらい、
その若手を必要に応じてフォローしながら後付けで知識を肉付けしていく、
というプランが重要だといえます。


以上のことから、専門知識の向上を目指す若手技術者には、


「本当に必要な知識は実践経験でしか養えない」


ということを繰り返し伝え、フォローしながらも仕事を任せる、
という流れを作っていくことが重要です。



若手技術者が本ばかり読んでいると感じている際の、
育成教育の方向性として参考になれば幸いです。




<編集後記> ━━━━━━━━━━━━━━━━

来月一杯で所属している学会を2つほど退会しようと思っています。

それぞれ良い学会だったのですが、

「紙媒体の出版物発行を辞める」

というのが退会の最大の動機となっています。


デジタル化というのは印刷代を削減する、
紙というリサイクルごみを減らすという観点から私も否定的ではありません。


しかし、月に一回、それほど多くないページ数で、
なかなか学会に出られない会員向けに情報を提供してくれる、
というのはとてもありがたいものでした。


時代の流れで学会員も減少し、
論文投稿も減ってきたというのがその背景にあるようですが、
もう少しやりようがあったのではないか、とも思います。


教育の大切な部分を担ってきた学会も時代の流れによって、
岐路に立たされているのかもしれません。


・ 著書情報━━━━━━━━━━━━━━━━

”技術報告書”書き方の鉄則 独り立ちを目指す技術者の盲点 Kindle版
https://goo.gl/ARozMd

技術者が「自分の名前」で輝くための自己マネジメント力 企業に勤める技術者に必須 Kindle版
https://goo.gl/35EaQm

技術者が自信を取り戻すための7つの思考法 仕事に行き詰まりを感じた技術者必読 Kindle版
https://goo.gl/iV8iun



・ 読者登録変更・解除について━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは自社配信システム及び「まぐまぐ」を利用し、
読者登録された方のメールアドレスに自動でお送りしています。
読者登録にお心当たりがない場合や解除したい場合は下記URLにてお願いします。


まぐまぐの配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001644040.html

==================================
・メルマガ名 「若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン」
・責任者名  FRP Consultant 株式会社 技術者育成事業部 吉田 州一郎
・責任者メール info@engineer-development.jp
・オフィシャルサイト http://engineer-development.jp/
==================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ