若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン

  • ¥0

    無料

製造業に従事する若手技術者育成に対する人事、人材開発、育成担当の方々の悩みとその解決法をお教えします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン
発行周期
隔週月曜日
最終発行日
2018年08月20日
 
発行部数
28部
メルマガID
0001644040
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > ビジネスマナー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

技術者を指導する方へおくる


 「若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン」Vol.068 2018/8/20


                        (隔週月曜日発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


※このメールマガジンは送付を同意された方のみにお送りしています。

ご不要の場合は、このメールの末尾にて、読者登録変更・解除が可能です。



<目次> ━━━━━━━━━━━━━━━━

・今週の「製造業の若手技術者育成ワンポイントアドバイス」

・編集後記




<今週の「製造業若手技術者育成ワンポイントアドバイス」> ━━━━━━━━━━━━━━━━


- 手取り足取りまで教えないと動けない技術者が多い

という悩みについて考えてみます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のワンポイントは、

「手取り足取りまで教えないと動けない技術者が多い」

という時には、

「若手のうちからわからないことを調べながら仕事を進める」

という業務を増やしてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

手取り足取り教えないと動けない技術者に関する悩みの相談は尽きません。

特にある程度年齢を重ねたにもかかわらず、
一つ一つ説明していかないと動けないという技術者は、
給与ばかり高く、かつ一つ一つ教えないと動けないということは、
教育の手間もかかるということで組織にとってはお荷物にすぎません。


このような技術者が中年(主に35歳超)に差し掛かる前に対策をすることが重要です。


効果的な対策として技術者が若手のうちに、


「わからないことを調べながら仕事を進める」


という業務をやらせることが重要です。



技術の世界の多くは調べなければならないことばかりです。

先人の知恵をかりて進めるべきケースもありますが、
大切なのは上司もわからないことを自分で調べながら進めるという、


「未知のことに対する業務」


です。



書籍やインターネットでの調査に加え、
その道の専門家の話を聴きながら、
わからないことを一つ一つつぶしこみながら仕事を前に進める。



このような地道な作業こそが、いわゆる


「チャレンジングな仕事」


の源泉です。



チャレンジングな仕事は先人も上司もわからないことに挑戦するケースがほとんどです。


そのような仕事を進めるにあたってはわからないことを調べながら進めていく、
という粘り強さが必須。


しかしわからないことを調べながら進めるという習慣は若いうちにしかみにつきません。



より具体的には自社に必要で、しかし過去の知見が役に立たない、
という内容の仕事を簡単なものから若手に任せます。

そして期限とゴールを決め、
そのゴールに到達するために必要なものは自分で調べるように指示を出しておきます。


もちろん若手から助言を求められれば適宜助言を行い、
進捗のフォローもしてください。


しかし実際どのように調べるかは基本的に若手技術者に考えさせることがポイントとなります。



そして当然ですが若手技術者が上記のような業務に取り組む時間的猶予を与えてあげてください。


長時間である必要はありません。
1週間のうち何時間というように決めてあげれば十分です。



上記の仕事は客観的にみれば効率が悪い業務と映るかもしれませんが、
技術者育成には極めて効果的です。



チャレンジングな仕事に取り組んでもらいたいと考えている場合は、
是非育成業務に取り入れてみてください。



<編集後記> ━━━━━━━━━━━━━━━━

先日家族で県営プールに行きました。

その県営プールの中に(深さ)3メートルプールというものがあり、
子供たちも興味あるということで一緒に行ってみました。

同時に2人までしか入れず、常に監視員が2人いるという厳重体制の中、
早速入ってみました。

折角ですので少し深くいってみようと思い、
飛び込んだまま潜水してみました。

すると、水面がだいぶ上にありそこに向かって自分の口から出た泡が進んでいく景色を目撃。


そして何よりとても静か。


その静かさと神秘的な景色をしばし楽しみ、上に上がりました。


一歩間違えるとおぼれてしまう怖い水。
しかし、危険性をきちんと把握しながら潜ると素晴らしい世界が広がることを再認識しました。



・ 著書情報━━━━━━━━━━━━━━━━

”技術報告書”書き方の鉄則 独り立ちを目指す技術者の盲点 Kindle版
https://goo.gl/ARozMd

技術者が「自分の名前」で輝くための自己マネジメント力 企業に勤める技術者に必須 Kindle版
https://goo.gl/35EaQm

技術者が自信を取り戻すための7つの思考法 仕事に行き詰まりを感じた技術者必読 Kindle版
https://goo.gl/iV8iun



・ 読者登録変更・解除について━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは自社配信システム及び「まぐまぐ」を利用し、
読者登録された方のメールアドレスに自動でお送りしています。
読者登録にお心当たりがない場合や解除したい場合は下記URLにてお願いします。


まぐまぐの配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001644040.html

==================================
・メルマガ名 「若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン」
・責任者名  FRP Consultant 株式会社 技術者育成事業部 吉田 州一郎
・責任者メール info@engineer-development.jp
・オフィシャルサイト http://engineer-development.jp/
==================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ