赤倉温泉のメルマガ

  • ¥0

    無料

新潟県妙高高原温泉郷「赤倉温泉」発の情報を提供するメルマガです。 赤倉温泉は「温泉ソムリエ発祥の地」です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
赤倉温泉のメルマガ
発行周期
不定期
最終発行日
2018年09月25日
 
発行部数
1,347部
メルマガID
0001645161
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > 温泉

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

===================================
『赤倉温泉のメルマガ』(発行者:赤倉温泉観光協会)

2018年9月25日 Vol.00031

今回の内容↓↓↓

■赤倉温泉で心と体の錆落とし
■新潟県赤倉温泉での温泉ソムリエ認定ツアー要項
■温泉総選挙に清き一票を!
■動画で妙高高原温泉郷を満喫!

===================================
■赤倉温泉で心と体の錆落とし
===================================
★赤倉温泉の湯に体の錆落とし効果があることが証明されました!

温泉には「還元系」か「酸化系」がありますが、これを判定するのが
ORP法(酸化還元電位)です。
法政大学名誉教授の大河内正一先生が、このORPの第一人者です。

還元系には体の錆落とし効果があり、酸化系には体を錆びつかせる作用があります。

この度、大河内先生と助手の大波先生に赤倉温泉にお越しいただき、
赤倉温泉のORPを測定いただきましした。

その結果、赤倉温泉の湯は体の錆落とし効果がある還元系であることが
わかりました。

当地は「高原トマト」が名産品ですが、このトマトにも体の錆落とし効果があります。

一方、ストレスがたまると、体を錆びつかせる活性酸素ができるのですが、
赤倉温泉を中心とした妙高高原温泉郷の大自然は、ストレスを解消させて、
活性酸素の発生を抑制してくれることが期待されます。

温泉で体の外側から錆を落とし、トマトで体の内側から錆を落とし、
大自然の中で心の錆を落としましょう。

===================================
■新潟県赤倉温泉での温泉ソムリエ認定ツアー要項
===================================
★温泉に入って温泉ソムリエになろう!

●開催日時

第47回:平成30年10月22日(月)より1泊2日 赤倉温泉にて
第48回:平成30年10月27日(土)より1泊2日 赤倉温泉にて

【初日】
担当講師:遠間和広 他
12:30~12:50 受付
13:00~14:00 セミナー「温泉の基礎知識」(60分)
14:10~15:00 セミナー「温泉分析書の読み方1」(50分)
15:10~16:00 セミナー「温泉分析書の読み方2」(50分)
16:10~16:50 セミナー「正しい入浴法」(40分)
16:50~17:00 認定証授与
18:30~      夕食、自由時間

【2日目】
 8:00~      朝食
 9:00~11:00 燕温泉で入浴体験「黄金の湯」「河原の湯」
11:30~12:00 赤倉温泉で入浴体験「滝の湯」

※講師、スケジュールは予告なく変更する場合があります。
 特に天候により湯めぐりができないこともありますことをご了承くださいませ。

●場所

新潟県妙高市赤倉温泉
※開催宿の詳細はお申し込み後にお知らせします。

●参加資格

特に制限はありませんが、下記の通りお願いします。

湯めぐりは山道を歩きますので、通常のペースで歩ける方を対象といたします。
宿泊を伴っての資格認定ツアーですので、団体行動ができる方を対象とします。
ツアー開催中にメディアの取材をいただく場合がありますので、それをご了承いただける方を対象といたします。
セミナールーム、食事処、客室は基本的に禁煙といたします。

●参加料

お一人様につき 
セミナー受講料として23,760円(22,000円税別)
宿泊料(1泊2食)、湯めぐり料として8,790円(8,000円消費税・入湯税別)

お申し込みいただきましたら、セミナー受講料の振込み先をお知らせいたします。
宿泊料は現地の宿で現金にてお支払いください。

客室は男女別相部屋となります。

2名様以上でお申込みで同室を希望されるはご希望をおしらせくださいませ。
客室数が限られてるため、1名様1室は承っておりません。


■お申し込み方法

※「件名」「本文」ともにお願いしている通り完全に明記いただきませんと受付ができませんので、
下記をよくご覧の上、お申し込みくださいませ。

必ず2日以内に確認メールをお送りします。
確認メールに参加料の振込先を明記いたしますので、確認メール送付後1週間以内を目途にご入金くださいませ。

万一確認メールが届かない場合はサーバーのエラー等でお客様のメールが当方に届いていない場合があります。
確認メールが届かない場合はお手数をおかけいたしますが、再度ご連絡くださいませ。
当方からのメールが「迷惑メール(スパム)フォルダ」に入ることもありますので、ご確認くださいませ。

また、スマートフォン、タブレットからのご送信の場合、届かないことがあります。
特に「ezweb」は当方から送信したメールがサーバーで削除されることがあるようです。
携帯電話のアドレスに「.@」と「@」の前に「.」が入っているものや「..」など「.」が重なるものは
アドレスとして認識されず、当方からの送信ができない傾向にあります。
それらの場合はお手数をおかけいたしますが、パソコンから再送いただければ幸いです。

宛先は・・・
toma-kz@yc4.so-net.ne.jp
(携帯電話から送信の方は、上記アドレスの受信許可設定をお願いいたします

●「件名」は「温泉ソムリエ赤倉ツアー」と明記ください。
●「本文」に下記を明記ください。

【1】下記のいずれかを明記ください
   「10月22日(月)認定ツアー参加」
   「10月27日(土)認定ツアー参加」
【2】「ご氏名」と「ふりがな」
【3】生年月日 ※保険に必要です
【4】性別
【5】ご職業
【6】ご住所
【7】その他
  ・複数でご参加の場合は、上記につきまして全員の分をお知らせください。
  ・2名様以上でお申し込みの方で、同行される方との同室をご希望の場合はその旨をお知らせください。
   (ご希望がない場合は、男女別の相部屋となります)

※いただきました個人情報は、温泉ソムリエに関わるご案内以外には使用いたしません。

===================================
■温泉総選挙に清き一票を!
===================================
★温泉ソムリエ発祥の地「妙高高原温泉郷」もエントリーしています!

今年も「温泉総選挙」が開催されています!
今回は、来年1月31日までの長丁場です。

温泉ソムリエ発祥の地「妙高高原温泉郷」も「健康増進部門」で
エントリーしておりますので、清き一票をお願いいたします。
 ↓↓↓
https://onsen-ouen.jp/sousenkyo/2018/detail/385#

===================================
■動画で妙高高原温泉郷を満喫!
===================================
★7つの温泉地、5つの泉質、3つの湯色・・・妙高の七五三を動画で満喫!

妙高高原温泉郷の動画をアップしています。

ご覧いただき、温泉に入った気分になってくださいね。
 ↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=8kQW9OsQ35I

ショートバージョンはこちらです。
 ↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=RhFYwX0wmVM

===================================
このメルマガは「まぐまぐ」で配信しています。
http://www.mag2.com/m/0001645161.html
===================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ