アメリカに住みたい!国際弁護士がお届けする旬な情報

  • ¥0

    無料

アメリカで暮らしてみたい!…でも一体、どんな方法があるのでしょうか。情報はあふれているけれど、自分にマッチするのはどれ?そんなときは専門家の意見を聞いてみるのがイチバン!とっても身近なビザ情報を毎月10日にお届けします。17歳の時、単身渡米。その後カリフォルニア州弁護士会弁護士となった経歴を持つ筆者が、日本から渡米を希望する皆さんにお送りします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
アメリカに住みたい!国際弁護士がお届けする旬な情報
発行周期
月刊
最終発行日
2018年08月10日
 
発行部数
69部
メルマガID
0001645358
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > 北米

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

アメリカに住みたい!国際弁護士がお届けする旬な情報[mag vol.44]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆   執筆は鈴木淳司弁護士。17歳の時に単身渡米し、現在サンフランシスコ
◆◆  で弁護士数名が所属する中堅法律事務所のパートナー。日本とアメリカ
◆◆◆ を頻繁に行き来する現役の視点から、ホットな話題をお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆<1>◆ 今月の旬な記事

◆◆<2>◆ こんな質問ありました!─質問募集

◆◆<3>◆ アメリカビザ“ちょっと”お役立ち情報

◆◆<4>◆ ...事務局のつぶやき...。


┏━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆1 [ 今月の旬な記事 ]
┗━━━━━━━━━━━━━━━



『ビザスタンプ(査証)の有効期間』



 今回は、最近のビザ発給の傾向について考えてみたいと思います。



■ビザの形状


 興味深い変遷です。
 まず、ビザというのは、在外アメリカ大使館・領事館を通して発給され、パスポートに貼られる顔写真入りのシール状のものです。紙幣のように偽造がされにくい形状をしています。

 以前は、ビザというのはインクを使ったスタンプを押されていたので、今でも私はビザスタンプと呼んでしまいますが、今はかっこいい、シール状になっています。
 パスポートに貼付されたものをビザと呼び、「ビザが取れるよ」という許可を得ただけではビザを取れるという許可証(I-797)を持っているだけであります。ビザは許可証とイコールということではありません(この許可証とビザの違いは別稿で取り上げてみたいと思います。)



■ビザ取得には2つの流れ


 さて、まずビザ発給の流れを大まかに2つのパターンがあるので考えてみましょう。

 一つの例は、アメリカ国内の機関を通さず、在外大使館・領事館がそのままビザの許可をすることができ、ビザも発給できるパターンのものが考えられます。

 たとえば、観光ビザのBビザ、条約締結国の国民に発給されるEビザなどが考えられます。
 これらのビザはすべての申請用紙をたとえば、日本にある米国大使館・領事館に提出し、審査を経て、ビザを受けることができます。


 もう一つのパターンとしてまずスポンサーとなる個人や企業が米国内でスポンサーとしての申請をして、その米国内の許可を待ってから、今度は対象となる外国人が自国にある米国大使館・領事館において、ビザを申請するという形のものもあります。

 たとえば、Lビザとか、Hビザなどが考えられます。この米国内で受ける許可証をI-797と呼びます。
 この2つ目のパターンである、米国内でスポンサーが申請をし、その後外国人がビザを申請する場合に、大使館の行動に少し以前とは違う点が見受けられます。ですので、ここで考えていければと思います。



■Lビザの事例


 ここでは最近私も体験したLビザの事例を使って説明します。
 L-1Aビザというのは、会社内で外国からアメリカに転勤するビザであり、以前から、たとえば銀行、製造業および商社などでよく利用されてきました。

 L-1Aビザというのは、ビザですから、日本人なら原則日本において発給され、最長で連続7年間(最初3年、以後2年づつ)発給されます。そして、L-1Aビザを日本において申請する前提としてのI-797は米国において新規の事業をはじめる場合には、最初は1年間発給されます。

 以前から存在する米国内の事業の場合には、最初に3年間の許可を得ることができます。そして、I-797の期間にしたがって、通常はビザが発給されることになっていました。まあ、一見当たり前といえば当たり前です。I-797に1年と書かれていれば、ビザも1年、I-797に3年と書かれていれば、3年のビザが発給されていました。



■I-797の許可期間よりも長いビザ


 ところが、最近のL-1Aビザの事例では、I-797においては、許可は3年間と書かれているのに、ビザは5年間発給された例がでてきました。もしかしたら、大使館側のミスなのかもしれませんが、3年間を超えてビザが発給されている事実があります。
 現在、移民法は外国人に対して締め付けを厳しくしている方向なのに、出血大サービスといったところでしょうか。


 米国の在外大使館・領事館のビザ発給についてはいろいろな縛りがあるのですが、発給できるビザの最長期間について規定があります(9 FAM 403.9-4(B))。
 この規定によると、大使館・領事館は、10年間のビザまでは発給することができるとされています。10年間以内であり、他の法律に抵触しなければ、裁量で発給することが可能なのです。

 たとえば、Bビザのように観光ビザは、10年間でることも珍しくないですが、1年間とされてしまうこともあります。L-1Aビザは米国内での許可証(I-797)の期間に限りビザが発給されていたのですが、裁量で最大7年間までは理論的に発給できるわけです。


 企業にとっても、ビザが長期で出されれば、安定して人を送れるので非常に好ましいことではあります。


 このように、許可証(I-797)と、ビザの許可期間に齟齬が発生するケースが出てきましたが、申請する側にとっては利益にはなれ、不利益にはなりませんので、こういう場合は感謝しながら黙っておくのが得策ですね。




 次回また新しい話題を考えていきましょう。







┏━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆2 [こんな質問ありました!!]
┗━━━━━━━━━━━━━━━
 

  <Q>

 アメリカ永住権保持者との結婚についてうかがいます。
 当方学生ビザでアメリカに滞在中です。グリーンカード保持者との結婚、そして私自身もグリーンカードの申請を行う予定です。

 現在、申請後どのくらいでグリーンカードの取得は可能なのでしょうか?
 また、グリーンカード取得時まで私自身のステータスを保持しないといけないのでしょうか?


 [ 米国在住・K様 ]



  <A>

 現時点の予想となりますが、おおむね申請からグリーンカード取得まで、2年の見込です。

 申請は、I-130(永住権申請)をまず申請し、I-130の許可のあとI-485(資格変更手続き)を申請します。
ですので、少なくともI-485を移民局に提出するまでは、学生のステータスを保持する必要があります。



*上記は、あくまでも一般的な質問と回答ですので、個別の案件への正式回答ではありません。
同様の事例と思われても、かならず専門家にご相談をなさってください。




┏━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆ [ご質問募集中!!]
┗━━━━━━━━━━━━━━━

米国の滞在、出入国や生活トラブルなどに悩んでいる読者の皆さんのご質問を受け付けています。
鈴木弁護士へご質問のある方は、どうぞお気軽にお寄せください。
   i@jinken.com まで。
 ○ご質問は、そのまま全文掲載させていただくことがあります。
 ○できる限りニックネームでお寄せください。
 ○取り上げる質問は事務局が選び、すべてメルマガ上で回答させていただきます。



┏━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆3 [アメリカビザ“ちょっと”お役立ち情報]
┗━━━━━━━━━━━━━━━

  ▽台風の発生状況などが分かる米軍サイト
   カリフォルニアでは山火事によって深刻な被害がありますが、日本の台風も大型化しているようです。ご旅行の際などにチェックしてみてください。
    http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html



  ▽DV-2019のご当選者のサポート手続き受付中
   豊富な実績を存分に活かし、こまやかなサポートをお約束します!
   https://jinken.com/win/index.htm



 ▽DV-2020アメリカ抽選永住権の代行サポート受付中
   実施されない?!という憶測も飛び交いますが、当選してから永住権取得までのスムーズは他のビザからは考えにくいほどの魅力。
   不実施の際は<返金保証>で安心。
    https://jinken.com/win/index.htm



  ▽弊社代表のアメリカ法律ノート、1000号を超えて更新中
   アメリカの法律に関する読者からの質問を広く取り上げています。最新のものから掲載。
    http://momsusa.jp/archives/category/uslawnotes



  ▽弊社代表の著作がKindle版で入手できます
   アメリカで生活するなら、ぜひとも手元においておきたい一冊になります。 
    http://momsusa.jp/management
    ⇒『これでアメリカの法と社会の実際がわかる』(日本評論社刊)
     『これでアメリカのビジネス法務の実際がわかる』(日本評論社刊)



★☆★_____
★★★_____━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★_____

執筆は、MomsUSA(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士。
米国法曹協会、米国法廷弁護士協会、米国移民法協会所属。
日本人としては米国で法廷活動も行う草分け的存在。日本の弁護士会からも厚い信頼を寄せられている。
今現在も、多数の日本企業・個人を代理し、米国ビザや永住権取得も過去20年ほどサポート。
ビザ関連のペーパー業務のみならず、訴訟代理や刑事弁護、パートタイムでの判事もつとめる。
『これでアメリカの法と社会の実際がわかる』(日本評論社刊)等、執筆多数。日本の弁護士会での講演、執筆多数。



┏━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆4 [...事務局のつぶやき..]
┗━━━━━━━━━━━━━━━
 
 _日本大使館から、白人至上主義団体による抗議活動、そしてそれに反対する団体も抗議行動をするという注意喚起メールが届いていました。内容の良し悪しはともかく、色々な考え方の人たちがいて、それぞれの主張を表現するというのは(できれば良い形でですが)あるべき姿かと思います。バングラディッシュでの中高生の抗議行動にも、驚きました。政府を動かすほどの団結力と行動力を大切にして、次の時代を切り開いて欲しいです。(i.m.)




JINKEN.COM(MomsUSA)事務局 お問い合わせはお気軽に。
  【 i@jinken.com 】

■ [DV応募専用] MomsUSA  http://momsusa.jp/
■  DV応募ダイジェストページ  https://jinken.com/entry/
■ [DV応募/当選後] JINKEN.COM https://jinken.com/win/

    ツイッターやフェイスブックでも、随時情報提供を行っています
■ Twitter  https://twitter.com/jinkencom/
■ Facebook  https://www.facebook.com/Jinkencom/

 【 発行人 】弁護士 鈴木淳司
   
MomsUSAの運営会社はJinken.com, Inc. です。 






メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ