部活研通信”部活顧問のための部員の心を変えるとっておきの話”

  • ¥0

    無料

日々、生徒と真剣に向かい合う部活顧問の先生たちに送ります。 「生徒のやる気を出したい。」これが全ての先生に共通する願いでしょう。 そのために厳しく接したり、優しく接したり、とにかく生徒の心の底に響く言葉やフレーズ、エピソードが頼りになります。 生徒をその気にさせ、背中を押す話はたくさんありますが、中で良いものを選りすぐって秀逸なネタを紹介していきます。きっと部員の心は元気になるでしょう。そして、部活指導に役立つ情報、日本部活指導研究協会の研修会情報もお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
部活研通信”部活顧問のための部員の心を変えるとっておきの話”
発行周期
おススメ研修の実施スケジュールに合わせて
最終発行日
2018年08月15日
 
発行部数
53部
メルマガID
0001670259
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 先生・専門家の声

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
一般社団法人 日本部活指導研究協会部活研通信
”部活顧問のための部員の心を変えるとっておきの話" < 30. 8. 10 配信 Vol.33>
info@bukatau-japan.com
http://bukatsujapan.jimdo.com/
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
蒸し暑い気候になってきました。
水分補給も大事ですが、汗をこまめに拭くことも意外と大切なことのようです。

さあ、今回も部活指導関連の情報をお届けします。
生徒をその気にさせ、背中を押すとっておきの話しもあります。

☆::::::::::::☆ お知らせ ☆::::::::::::☆
◎部活研通信”部活顧問のための部員の心を変えるとっておきの話”
のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0001670259/index.html
◎部活研通信、新規会員のご紹介のお願い
info@bukatsu-japan.com まで、
お名前とメールアドレスを明記のうえご連絡願います。
件名に「入会希望」とご記入下さい。

それでは、以下、今回の目次です。
☆::::::::::::☆ 目次 ☆::::::::::::☆
【1】部員の心を変えるとっておきの話
【2】部活News
【3】部活動学会が運動部活動ガイドラインについてアンケート
【4】板橋区教育委員会を訪問
【5】10月指導者講習会のお知らせ
【6】日本部活動学会第2回研究集会のお知らせ
文責 中屋晋
☆::::::::::::::::::::::::::::::::::☆
以上をお送りします。

【1】部員の心を変えるとっておきの話
~練習は努力、試合は判断~
競技力の向上やパフォーマンスを上げるためにトレーニングは欠かせません。
このトレーニングにはいろいろな種類のものがありますが、得てして筋力を上げることに目を向けてしまいがちですが、実は筋力アップと同時に判断力を上げるトレーニングも同様に重要です。

「練習は努力、試合は判断力」
こんなフレーズを聞いたことがあります。つまり、練習は努力で何とかなるけど、試合は試合中に努力すれば勝てるというものでもはありません。試合で重要になる能力は、実は判断力なのです。

判断力とは、状況を分析して答えを導き出す力です。これは明らかに脳の作業なので脳を鍛えるしかありません。これは筋力アップのトレーニングのように筋線維を太くする目的のものとは明らかに違います。

脳のトレーニングとは、すなわち神経回路への働きかけです。これには2つあります。1つは新しい神経回路を作ることと、もう1つは眠っている神経回路を呼び覚ますことです。

例えば見る力ですが、この力はほぼ後天的に備わるものと言われています。
なかでも動体視力は特に神経回路への働きかけが重要で、それは筋力よりも判断力がベースになるそうです。状況を分析して目に関わる神経回路をいかに的確に反応させるかがポイントになります。

対象物に焦点をあわせるべきタイミングを瞬時に判断することで動体視力と言われる力が発揮されます。

電車のなかから看板の字を目で追うトレーニングが有名ですが、実はこの眼球を動かす筋力のトレーニングよりその筋肉に信号を送る脳のトレーニングをすべきで、実戦のどのような状況に焦点を合わせるべき瞬間が生まれるのか、初動のタイミングの予測こそが動体視力の優劣を決めるポイントになるのです。

動体視力の例をあげましたが、より高いレベルでスポーツを楽しむためには、筋力だけでなく判断力をつけるトレーニングをすることが重要なのです。それには戦術を整理する、動作・フォームを確認する、試合をイメージするなどなど、脳を鍛える練習をしましょう。


【2】部活News
〇都立学校における学校閉庁日の先行実施について
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/press_release/2018/release20180703_02.html
(東京都教育委員会)
〇9都府県で部活指針策定 3県が朝練禁止、部活学会調べ
https://www.kyobun.co.jp/news/20180720_04/
(教育新聞)
〇部活の熱中症防げ、グラウンドに水風呂 食事や睡眠チェックも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000011-kyt-soci
(京都新聞)
〇部活中にハンマー当たり部員軽傷 神戸の高校、昨年12月
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201807/0011494613.shtml
(神戸新聞)
〇関学大、単位不足は試合出場禁止 スポーツと学業両立促進
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000000-kobenext-l28
(Yahooニュース)
〇忙しい先生、部活顧問に悲鳴 長田真由美(教育報道部)
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/newswotou/list/CK2016122502000205.html
(中日新聞)


【3】部活動学会が運動部活動ガイドラインについてアンケート
 平成30年3月にスポーツ庁が発表した「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」を踏まえて都道府県教育委員会がどのような対応(施策)を行ったかについて、日本部活動学会が今年6月、47都道府県教委に対して調査をしました。

◎以下、日本部活動学会のホームページ上に発表されている調査結果の概要です。※< >内は部活研としてのコメントです。 (調査結果の詳細はこちら→  https://bit.ly/2mSdzDD )
日本部活動学会では47都道府県教育委員会に対して標記の調査用紙を送付、39自治体から回答が得られた。
●約半数にあたる19の自治体で「運動部活動の在り方に関する方針」を既に策定済み
<各自治体の部活動問題についての問題意識の高さが窺えます。平成25年に文科省のガイドライン策定時より、各自治体の反応が迅速で内容も現実的なものになっているようです。自治体が昨今の部活動に関わる事件や事故に対する世論を感じ取った結果でしょう。部活動へのガバナンス面の本格的な体質改善に繋がることを期待します。>

●ほとんどの自治体で、中学の休養日および1日の活動時間について、スポーツ庁のガイドラインと同じ設定をしている
<中学については、多くの自治体で適切な休養日の設定が広く徹底していくことが見込まれます。なかには一日の活動時間を2時間以内としている自治体もあり、義務教育課程ということを考慮してなのか概ねガイドラインへの理解を示す自治体が多いようです。まずは、中学から改革の一歩が始まるということになりそうです。>

●8つの自治体で、高校の休養日および1日の活動時間について、スポーツ庁のガイドラインと異なる設定をしている(休養日を少なく、活動時間を長く設定)
<高校については、ガイドラインに沿った活動基準を現状の部活動に当てはめるためには、クリアしなければならないハードルが多く、根本的な組織改革から始める必要があるようです。無理に規制を押し進めれば、闇活動などをあおる結果にもなりかねない、現実問題としてそんな危惧を禁じ得ません。実質的な生徒の安全面を考えて慎重かつ的確な改革を進めなければ、かえって危険な方向に事態が陥ってしまうかも知れません。>

●3つの自治体で、朝練を禁止している
<朝練に関しては、一番問題視されるところは教員の勤務時間の点でしょう。8:30からの勤務という学校が多いと思いますが、その時間以前の勤務を強いられる状況は労務管理としてかなり問題があると言わざるを得ません。だからと言って朝練禁止となると生徒のやる気に水をさすようで、釈然としない気持ちになる先生方も少なくありません。
例えば部活動指導員として登録した教員又は外部指導員が別手当てで面倒をみるというかたちはどうだろうか。いずれにしても、ただやらなければいけないという空気だけに支えられている朝練は規制されるべきです>

●8つの自治体で、文化部活動についても既に方針を策定している
<文化部活動も運動部活動と同じテーブルで議論をすべき同様の問題を抱えています。運動部活動以上に文化部活動ならではの根深い独特の問題があり、各学校に判断を委ねるだけでは本質的な解決が望めない段階になってきています。運動部活動と違い、体力的な負担を考慮した制限をかけにくいという側面は文化部活動ならではの大きな課題です。>

アンケート結果詳細はこちらから
https://bit.ly/2mSdzDD


 
【4】板橋区教育委員会を訪問
7月18日、板橋区教育委員会を訪問して来ました。
統括指導主事と指導主事の方、2名と面談しました。

まず、当協会の取り組みと実績を含めて説明させて頂きました。
教育委員会としても、部活動の現状に対する新しい対策の必要性を強く感じているようでした。特に外部指導員の人材確保と研修育成については、急務という認識のようでした。

結果、当協会の活動実績を理解して頂き、10月の部活動指導員研修について、板橋区教育委員会の後援と板橋区内の全中学校へのチラシの配布協力を頂けるとの回答を得ました。

恐らく全国の自治体の教育委員会でも外部指導員の人材確保と研修育成について苦慮されていることと思われます。当協会では、今後も自治体との協力体制を組んで活動を広げていきたいと考えています。

※お願い
自治体の教育委員会をご紹介頂ける方、ご一報下さい。

【5】10月部活指導者講習会のお知らせ
部活動指導員研修 『学校教育の一環の部活動指導とは』   
             日本部活指導研究協会主催
           学習院大学文学部教育学科共催
               板橋区教育委員会後援

 スポーツ庁より運動部活動の在り方に関するガイドラインが策定され、発表されました。
 教師も部活動指導員も科学的な指導、安全の確保や事故発生後の適切な対応についての知識が求められています。 
 何より生徒が生き生きと活動出来る部活動運営のための心得などを踏まえ、実例を交えてわかりやすく解説をします。
  部活動研究の第一人者の長沼教授(学習院大学)をお招きしての講演があります。部活動を取り巻く問題を含め、今後の行方を占うホットな情報を語って頂きます。
◎講習終了時には、当協会認定の「部活動指導員研修」受講証書が交付されます。 研修実績としてご活用下さい。
<詳細>
2018年10月14日(日)
会場:学習院大学 北1号館308教室
 参加費及び資料費 学校教員2,000円  一般及び部活動指導員3,000円(当協会会員無料)
 1部:13:00~14:00 スポーツコミュケーション 
           講師:日本スポーツコーチング協会講師 大津信亮
  ~ 生徒のやる気に繋がる効果的な声掛けのスキルについて解説~
 2部:14:00~15:00 部活動指導のガイドライン解説  
           講師:日本部活指導研究協会 代表理事 中屋 晋
  ~長年の部活顧問の経験をもとに部活動指導のガイドラインを具体的に解説~
 3部:15:10~16:10 日本の部活動の現在・過去・未来 
           講師:日本部活動学会代表 学習院大学教授 長沼 豊 
  ~部活動の歴史を振り返り、部活動の現状と未来を考える~
質疑:16:10~
   懇親会 18:00~
 注1:申込みの際、受付確認用のメールアドレス(携帯メール不可)をお知らせ下さい。
◎お申し込みは以下サイトの申し込みフォームをご記入下さい。
https://kokucheese.com/event/index/520355/
◎お問い合わせ先
info@bukatsu-japan.com


【6】日本部活動学会第2回研究集会のお知らせ
2018年第1回研究集会の日時・場所が決まりました。
 日時・・・12月2日(日) 11~17時(予定)
 場所・・・宮城教育大学
◎申し込み、詳細は次号以降でお知らせします。



 今回もご高覧ありがとうございました。
 部活研はこれからも具体的に行動します。
*********************************************************************
過去の研修会の動画はこちらからご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UCEHsjgl1-q8dZMWPPUgAFgA/video
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□配信先の変更、購読停止について。
----------------------------------------------------------------------
発行システム:『まぐまぐ!』からご登録された方で配信中止を希望される方はこちら
http://www.mag2.com/m/0001670259.html
又はお手数ですが『配信不要』と記載してご返送下さい。
----------------------------------------------------------------
□ご意見・ご感想は まで info@bukatsu-japan.com
□発行 一般社団法人 日本部活指導研究協会
http://bukatsujapan.jimdo.com/
https://www.facebook.com/bukatsu.japan/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ