黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

  • ¥0

    無料

人気の歴史ブログ「黒田裕樹の歴史講座」が、新たにメルマガになってパワーアップ!ブログにこれまで書かれてきた「通史」の詳細を、明治時代から改めて振り返ります。教科書の重要語句も文末に掲載しており、センター試験などの受験対策にも最適です。ぜひご購読ください!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年09月19日
 
発行部数
340部
メルマガID
0001672748
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
教育・研究 > 高校生向け > 歴史

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編
      Vol.128  H30.09.19

        http://rocky96.blog10.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!黒田裕樹です。
通史でたどる歴史講座の「昭和・戦後編」、今回は「激動する世界情勢
(前編)」です。米ソによる冷戦から、1950年代後半には「雪どけ
」とよばれる緊張緩和へ動き始めましたが、実際には様々な争いが世界
中で起きていました。

(※文章中の「◎」は、教科書において太字などで強調された重要語句
です。文末にもまとめて掲載しています)

「激動する世界情勢(前編)」
http://rocky96.blog10.fc2.com/blog-category-573.html

朝鮮戦争は1953(昭和28)年に休戦となりましたが、アメリカ・
ソ連の両大国は軍拡競争を繰り広げ、水爆や核兵器を他の大陸にまで撃
ち込める大陸間弾道ミサイル(=ICBM)を開発しました。

しかしその一方で、1955(昭和30)年にアメリカ・イギリス・フ
ランス・ソ連の各首脳がスイスのジュネーブで集まり、軍縮やヨーロッ
パの安全保障あるいは東西間の交流の拡大などを協議した「ジュネーブ
四巨頭会談」が行われました。

ジュネーブ四巨頭会談そのものは具体的な成果に乏しかったものの、米
ソによるこうした流れは両国間の緊張緩和への期待を高めることになり
ました。なお、これらの動きは今日では「雪どけ」と呼ばれています。

米ソの「◎雪どけ」を受けて、東アジアでも緊張緩和の動きが進みまし
た。1954(昭和29)年には中華人民共和国の周恩来(しゅうおん
らい)首相がインドのネール首相と会談を行い、主権尊重・相互不可侵
・内政不干渉・平等互恵・平和共存の「平和五原則」を確認しました。

第二次世界大戦終結後の1946(昭和21)年以後に、ベトナム民主
共和国(=北ベトナム)が独立をめぐってフランスと戦争を続けていま
した。これを「インドシナ戦争」といいます。

その後、1954(昭和29)年のジュネーブ国際会議で「◎インドシ
ナ休戦協定(=ジュネーブ協定)」が結ばれ、フランス軍がベトナムか
ら撤退しましたが、北ベトナムは1949(昭和24)年に誕生したベ
トナム共和国(=南ベトナム)と北緯17度線を境界に分離されました


一方、冷戦が続く中において連帯を強めたアジア・アフリカの新興独立
諸国を中心として、1955(昭和30)年にインドネシアのバンドン
で「◎アジア=アフリカ会議(=バンドン会議)」が開かれ、我が国な
ど29か国が参加しました。

史上初の有色人種だけによる国際会議となったアジア=アフリカ会議で
は、反植民地主義や平和共存などの「平和十原則」が採択され、全世界
に「第三勢力」としてのアジア・アフリカ諸国の存在と結束とを印象づ
けることとなりました。

1953(昭和28)年にソ連のスターリンが死去した後に最高指導者
となったフルシチョフは、1956(昭和31)年にスターリン政権に
おける不当な粛清(しゅくせい)や恐怖政治を批判する(これを「スタ
ーリン批判」といいます)など、東西平和共存路線を打ち出しました。

ソ連によるこうした動きは、それまで同国の支配下に置かれてきた東ヨ
ーロッパ諸国において、共産主義体制の過酷な抑圧からの解放を求める
声が高まる流れをもたらしました。

例えば、スターリン批判が行われた同じ1956(昭和31)年には、
ハンガリーで政治的自由化を求める改革運動が起こりましたが、東欧諸
国の自由化の波が拡大することを恐れたソ連が軍事介入を行って弾圧し
ました。これを「ハンガリー動乱」といいます。

また1968(昭和43)年には、チェコスロバキア(現在のチェコと
スロバキア)で政治や経済の自由化への改革が行われましたが(これを
「プラハの春」といいます)、ソ連などのワルシャワ条約機構軍が軍事
介入を行って強引に鎮圧しました。

これら一連の事件は、いわゆる「スターリン批判」後も、ソ連による共
産主義に基づく東欧の支配が軍事力による一方的かつ抑圧的なものであ
ることを世界中に認識させるとともに、国際的な非難を浴びたソ連の影
響力を次第に低下させる流れをもたらしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  今回の重要語句(教科書において太字などで強調されたもの)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎雪どけ
◎インドシナ休戦協定(=ジュネーブ協定)
◎アジア=アフリカ会議(=バンドン会議)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  最後までお読みいただき、有難うございました。
  次回(Vol.129)は9月26日に発行します。
  「激動する世界情勢(後編)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 黒田裕樹の「百万人の歴史講座」をご紹介します。
 http://1000000reki.jugem.jp/

 今なら10,000円をお支払いくださるだけで、これまで65回
 以上にわたる歴史講座(公民授業)のすべてと、今後も展開される
 講座のレジュメをずっと入手できます。

 過去に講座にご出席された方はもちろん、ご多忙あるいは遠方にご
 在住のために、講座へのご参加が難しい皆様にも特にお勧めです。
 ぜひご入会ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

黒田裕樹の歴史講座・メルマガ編

◎発行責任者:黒田裕樹(歴史講演者/大阪府内の公立高校非常勤講師)

◎公式サイト:黒田裕樹の歴史講座
http://rocky96.blog10.fc2.com/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ