今市太郎
ID: 0001673425

今市太郎の戦略的FX投資

今市太郎
  • まぐまぐ大賞2017
¥864(税込)/月 初月無料!
毎週 月・火・水・木・金曜日予定
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
→バックナンバーの購入はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001673425

今市太郎の戦略的FX投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズのとっておき情報を徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となります。また仮想通貨に関する情報もお届けしておりますので確実に取引の役にたつのが大きなポイントとなっています。

著者プロフィール

今市太郎

・外資系コンサルティングファーム、外資系生命保険会社を経て独立ビジネスコンサルタントとしてビジネスプロセスコンサルティング、クラウドコンピューティングのリプレイスメントや海外のファンドのM&A投資コンサルティングなどに従事しています。そのため、株の売買はインサイダーにならないようにFXだけに特化し2007年から本格的に売買をスタートしてすでに9年の実績です。最近ではコンスタントにFXで利益がでているため、FXに使う時間が増えています。月間5000PIPSから8000PIPS程度をコンスタントに獲得できるように日々精進しております。

FXは投資であってギャンブルではないと思っていますので、ギャンブルになりそうなときやどのように動くか全く想定できないときには取引をしないようにしています。また株式や商品、債券など他国を含めて1日に5%以上相場が変動するときには危ないので取引は見合わせるようにしています。FXで1日に10万から20万円程度の利益を出すなら平時のスキャルピングでも十分に可能です。FXはテクニカル3割、ファンダメンタルズ7割というのが基本発想で、売買していますが、ファンダメンタルズはいくら精通しても売買で利益を出すことはできませんので、あくまでもチャートを見てリーズナブルなエントリーポイントと判断できたときに売買するように心がけています。

サンプル号
ドル円フラッシュクラッシュはドル安相場開始の前兆か

正月真っ只中の1月3日のドル円フラッシュクラッシュ
から1週間ほど経過して大きな損失に見舞われた個人
投資家も納得はできないもののそれなりの踏ん切りが
ついたのではないかと思われる時間帯になってきました。

このフラッシュクラッシュと呼ばれる瞬間暴落は複合
的な材料が重なって起きるもので、決定的な原因が
あって起きるものではありませんが、これまでも
トレンドが下落へと転換する場合に示現することが
多く、これが間違いないとすれば昨年10月につけた
114円台中盤を頂点としてドル円相場は下落トレンド
入りした可能性も考えておく必要がありそうです。
実際2015年8月の中国人民元起因のフラッシュクラッシュ
は結果的にその後ドル安円高トレンドを進めるきっかけ
となっており、今回の下落も同様の機能を果たすリスクが
高まります。
昨年ドル円はたった9.9円ほどの年間値幅しかない
猛烈な狭いレンジの相場を展開したわけですが、
2015年から16年にかけての上述の下落トレンドは実に
27円近い下げを経験していますし、直近の2016年
年末に118円をつけたからの下落トレンドでは14円
の下落を示現しており、トレンドが出始めると昨年の
年間値幅を超える動きになることにも注意が必要です。

■3日の下落は東京タイムでいずれ再度試しに行く可能性
今回のドル円のフラッシュクラッシュは下値が業者に
よってまちまちの状況ですし、一部のインターバンクでは
100円に接近するところまで下げたという話もあり、
オフィシャルな下落ポイントがはっきりしない状況が
続いています。こうしたいわばどさくさ紛れの下落
で大きく下値を模索した相場は、必ずあとになって、
東京やロンドン、ニューヨークなど主要な相場の時間帯に
もう一度試しに行くことが多いのが特徴で、とくにドル円
の場合はメインマーケットが東京と認識されていますから
ここから3か月なり半年なりの期間中に再度このレベルの
下抜けを試しに行く相場展開が予想されるところです。

足元では3日の下落の真空地帯でほとんど売りも買いも
なかったレベルをすんなり戻して109円の手前レベルまで
全値戻しを示現していますが、ここから110円方向に
さらに戻すのは相当難しそうで、上は試しにいくので
しょうが、上抜けられないことを確認すれば再度下を
試しに行くことはほぼ確実と思われます。

ヘッジファンド勢も常にチェックしていると言われる
月足の20か月移動平均線をすでにドル円の実態は
完全に下抜けて推移していますので、これが上抜け
ない限りは戻り売りを意識しておくことが重要に
なります。

ここからは日米の貿易交渉もスタートしますし、BREXIT
の英国下院での承認投票もあり、米中の貿易交渉の結果
も気になるところとなりますが、こうした材料が再度
ドル円下落の引き金にならないかどうかについても相当
チェックしていくことが必要になりそうで、一旦落ち着いた
ドル円の下落が何をきっかけに再開するのかも非常に
注目されるところとなりそうです。
米株の戻りでドルの上昇を期待する向きも多いかとは
思いますが、どうもそうはならなさそうな雰囲気が強まり
つつあります。
ドル円やクロス円で再起を図ろうと考えている方は
十分にご注意いただきたいところです。
ID: 0001673425

今市太郎の戦略的FX投資

今市太郎
¥864(税込)/月 初月無料!
毎週 月・火・水・木・金曜日予定 今月11/20回(最終 2019/02/15)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバーの購入はこちら
2019/01/31 NEM財団破産か?煽りを食ってNEM価格大幅下落
2019/01/31 押し目なのかピークアウトの戻り局面か?ここからの米株の見方で大儲けか大損かが決まる
2019/01/30 馬鹿さ加減が際立つ英国議会のBREXIT投票
2019/01/30 厚労省の修正データ公表で賃金下落確定~消費税上げで先進国中トップでリセッション入りか
2019/01/29 楽観視だけが先行しリスクを無視する相場~このツケは一気にやってくる?
バックナンバー購入ページはこちら
さらに以前のバックナンバー一覧