ファーストクラスを狙う陸マイラー通信

  • ¥0

    無料

マイルを使ってファーストクラスを狙う方法を解説していきます。マイルを貯めるためには毎月ルーチン作業をしないといけません。その毎月のルーチンのタイミングをこのメルマガでお知らせします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ファーストクラスを狙う陸マイラー通信
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年06月23日
 
発行部数
137部
メルマガID
0001678840
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > 海外旅行全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは、ファーストクラス陸マイラーの佐藤です。

先日ダイナースの営業部から電話がかかってきました。
私はダイナースのブラックカード(ダイナース・プレミアム)紹介をしています。私には専任の担当者がついていまして、
その方からの電話です。

「今の紹介ペースで行くと景品表示法の関係でポイントがこれ以上付けられないかもしれない」
という話でした。

ダイナース・プレミアム(ダイナースブラック)は一人を紹介するごとに私に1万ポイント入ります。
※紹介者にカードが発行された場合のみ。

紹介は、通常インビテーション(招待)を待つしか無いブラックカードが最短で手に入る方法です。
ポイント還元率は2%です。誕生日月だけ◯%のようなカードと違い、ほぼ全ての支出が2%ポイント還元されるカードです。
ですので年会費は13万円+税がかかりますが、
もらったポイントをマイルに変えてビジネスクラスやファーストクラスの飛行機に乗る方なら年間200-300万円の決済で元が取れます。

このメルマガの読者からも多数お問い合わせ頂き、ほとんどの方がダイナース・プレミアムを手に入れています。

ここのところ、特に紹介のペースが増えているわけでもなく、
コンスタントに紹介を続けていたので何故今頃になって景品表示法を理由にポイントがもらえなくなるかもしれないのか
納得が行きませんでした。

最初はなぜ?と思った今回のダイナースからの電話でしたが、ひとつ思い当たる節があります。

先日、ハピタスの利用者感謝イベントでハピタスの社員に聞いた話です。すでに過去に書いた話ですが、もう一度おさらいしましょう。

Qなぜ以前のようなクレジットカード1枚発行で2-3万ポイントもらえる案件が少なくなったのですか?

A監督省庁からの指導が入ったため。最初にクレカ業界に「金銭で顧客を釣って会員を獲得する手法」が注意された。
その後FX業界にも同様の指導が入った。このため最近大きくポイントがもらえる案件が減ってきた。
本当は金融業界関係者はたくさんポイントを出して顧客を獲得したがっている。

このような話でしたね。この時はどこの省庁が、何の法律を根拠にこのような指導をしているのか疑問でした。

今回のダイナースからの電話で消費者庁が景品表示法に基づいて金融各社にポイントの抑制を指導していることがわかりました。

景品表示法は懸賞品の上限を1商品1000万円までにしなさいとか、
条件達成者全員におまけを配る場合、取引額の20%までに抑えなさいといった事を定めています。
また誇大広告の禁止も景品表示法で定めています。

景品表示法は消費者保護を主な目的とする法律です。
わたしも今回の件で景品表示法についていろいろ調べてみたのですが、
どうとでも読み取れる条文の曖昧さや罰則の緩さが問題であると感じました。

ネット上の弁護士の見解をみても同じような事象に対して適法か、違法かの判断が分かれています。
しかも罰則も違反企業名の公表くらいのものです。

実は6月からアメックスの新しい紹介キャンペーンが始まりました。
これが凄まじくてアメックス祭りの再来か?と思わせる内容です。
実は私もこの20日間ほどで友人にアメックスを紹介して6万ポイント程を稼いでいます。(手法の詳細は後述します)
ダイナースが心配していた景品表示法の基準でいくと明らかにもらいすぎの水準です。

同じカード業界でも法律の条文の解釈が違うようです。

どちらにしろ、クレジットカード業界とFX業界は消費者庁に顧客にポイントをばらまきすぎだと
目をつけられていることには変わりありません。

現在だと「サラリーマン大家さん業界」が面談で2-3万ポイントを配布していますが、これに規制が入るのも時間の問題だと思います。

携帯電話の過大なキャッシュバック戦争もそうですが、目立ちすぎると行政から睨まれます。

ということで、ポイントはもらえるうちにもらっておきましょう。

現在オススメなのは、先程も書きましたがアメックスの独自案件です。
いままでアメックスの案件は入会後40万円〜200万円買い物をしないとポイントがもらえないという条件で
なかなか人には勧めにくい案件でした。

現在の条件はかなり緩いのでオススメです。
紹介者がアメックスゴールドに1名入会するごとに15000ポイント入ります。
しかも初年度無料です。

つまり紹介できる人がいればみんな1円も使わずに数万ポイントを獲得出来るチャンスです。

友人たちには私の紹介で入ってもらい、奥さんや両親を友人を起点として紹介すれば3-4万ポイントが一気にはいるよ
ということで紹介をしています。

ただし、現時点でアメックスのプロパーカードを持っていないと紹介をする権利がありません。
まだお持ちでない方は下記の私のリンクからお申し込み下さい。
もちろん初年度年会費無料です。
 
 ※1過去にアメックスを契約して解約したことがある方でも、ビジネスカードの発行でなら別個人としてポイントが貰えることを
アメックスに電話をして確認しました。
ビジネスカードは下記リンクの「その他カードの契約→ビジネスカード」から契約をして下さい。
 ※2アメックスは入会者が多くなったり、想定外のポイント獲得方法がネットに広まると条件を変えたことがあります。
今回の紹介条件はメルマガ発行時点のものです。契約前によく条件を確認して下さい。
http://amex.jp/share/yoichi5hvf?XLINK=MYCP
1名の入会につき15000ポイント私に入ります。(ゴールドカードの場合)
そのポイントを基に、また皆さんにはファーストクラス世界一周の新たなルートをお見せすることになります。


年間200-300万円決済する、買い物で2%のポイントバックがもらえるダイナース・プレミアム(ダイナースブラックカード)の方が
欲しい方は下記のメールアドレスまでご連絡下さい。
ダイナース・プレミアムは営業担当者に電話で直接紹介者のお名前と電話番号を伝える必要があるため、
webからのリンク経由での紹介ができません。
info@first-class4free.com
件名にダイナース・プレミアムの件としてメールをお送り下さい。


最後にエミレーツ&ルフトハンザのファーストクラス座席を見つける教材の件です。

最近になりJALのシステム変更がありました。
いままで、JALマイルでのエミレーツの座席予約は電話予約のみでしたが、web予約も可能になりました。
また、羽田から最新シートを採用した777-300ERの就航が7/2から予定されています。
https://trafficnews.jp/post/80756
去年私が乗ったA380のファーストクラスは旧型のシートです。最新仕様の座席に日本から乗れるようになるとは思ってもいませんでした。
教材を出そうとしたところ、急にいろいろとJALやエミレーツ側で仕様変更がありましたので、最終の確認をしているところです。
※エミレーツに電話をしたところ、ビジネスクラスは最新シートに変更。ファーストクラスは旧機材のままとの回答でした。残念。

いつもメルマガは土日に発行していますが、教材ができ次第、週の途中でもメルマガを発行する予定です。

編集後記

2018年4月以降(新ソラチカルート)の対策版の無償教材の配布を開始しました。
https://drive.google.com/open?id=167rSZ5EiHfjto-uddNrfuiMYSJjiQf3J


感想、ご相談は下記まで
発行者:佐藤 容一
メール:info@first-class4free.com
web: https://first-class4free.com/


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ