長尾和宏の「痛くない死に方」

まぐまぐ大賞2021年受賞

殿堂入り

¥660/月(税込)  初月無料!

初月無料とは

※創刊前のメルマガに登録した場合は創刊前月と創刊当月が無料期間

毎週 金曜日(年末年始を除く) 発行予定
創刊日: 2017年6月2日

本邦初!100パーセント「死」のことについて語るメルマガ。2000人以上を看取った医師であり、日本尊厳死協会副理事として、日々「死」と向き合う医師と一緒に、死に方について考えませんか? 家族の死と向き合わなければならない人、大切な人が死んで、喪失感から抜け出せない人、今、どうしようもなく「死にたい」人も……あなたのこころに届くメッセージが満載です。


著者プロフィール

昭和33(1958)年6月生まれ。香川県出身。昭和59年東京医科大学卒業後、大阪大学第二内科に入局。昭和61年より 大阪大学病院第二内科勤務。平成3年より市立芦屋病院内科勤務。平成7年に、尼崎市に長尾クリニックを開業、外来と在宅医療を両立。あえて「町医者」という言葉にこだわり、「町全体が私の病棟、自宅は世界最高の特別室」をモットーに、病院で1000人、在宅で1000人を看取ってきた。在宅医療のリーダー的存在、また「日本尊厳死協会」副理事という立場から、高齢者の健康、終末期医療、尊厳死・平穏死について硬軟自在な論調で多くの提言を行っている。著書は『平穏死10の条件』『痛くない死に方』『ひとりも、死なせへん』など多数。


今月の配信号

  • 今月はまだ配信がありません。

ライブ配信情報

6月3日に配信した蛭子能収さんとの対談の一部をYoutubeで公開中!
【視聴はこちら】